【名物駅弁】函館本線・森駅「いかめし」


今日は、駅弁の話題をお届けします。今、京王百貨店新宿店で「駅弁の甲子園」という別名もある程の大規模な駅弁大会が開催されています。

その出ている駅弁の中でも人気なのが、函館本線・森駅の「いかめし」弁当、730円なり。この「いかめし」を、昨年の秋に北海道に行った際、現地で食べてきました!今日はそのお話をしたいと思います。

函館本線の特急列車も停車する森駅。この駅にて、「日本三大駅弁」の一つに数えられる「いかめし」弁当が売られています。

下足(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に、研いだ米を詰め込み醤油ベースの出し汁で炊き上げたもので、爪楊枝等で米が飛び出さないように留めています。米はもち米とうるち米を混ぜているのが特徴で、腹持ちがいいのが人気です。

「いかめし」弁当の歴史を遡れば、太平洋戦争中にたどり着きます。函館本線森駅の駅弁調製業者だった阿部弁当店(現在のいかめし阿部商店)が、第二次世界大戦中の1941年(昭和16年)、戦時体制による食糧統制で米が不足していたために、当時豊漁だったスルメイカを用いて米を節約しても作れる料理として考案したのがその始まりです。当時の森駅は鉄道交通の要衝として、ソ連軍の侵攻に備えて北海道に配置された若い兵士たちを乗せた列車が乗り入れていました。そのため駅弁として売り出したところ、もち米入りで腹持ちが良いと評判を呼んだといいます。

函館本線を走る普通列車は、行き違いや特急列車退避のためこの森駅にて比較的長時間停車します。そのため、駅のキオスクで「いかめし」を買いやすいのが特徴です。また、イカのシーズンであり観光シーズンでもある7~8月には、特急列車の到着時刻に合わせて、プラットホームでの立ち売り販売も行われます。

キオスクで売られている「いかめし」グッズです。ちょっとしたお土産にもいいですね。

森駅駅前の直営売店です。ここで「いかめし」を買う事も出来ます。

 

駅前売店の店頭です。「いかめし」の他、「いかめし」味のスナック菓子も販売しています。お土産に是非、いかがでしょうか?

イカの不漁でこの夏(2017年)から780円に値上げしましたが、イカの大きさは以前と変わらず。イカにもち米入りのご飯を詰めて、秘伝のダシで煮込んだ味は変わらなかったです。

「駅弁の甲子園」という別名もある、新宿京王百貨店の駅弁大会には、1966年(昭和41年)の第1回大会から登場。翌年の第2回には、早くも売り上げ第1位を獲得。毎年、各地の駅弁大会では欠かせぬ存在となりました。

駅弁大会や名産展にいかめしが出店するときには、いかめしの中身の味付けご飯に衣をつけて揚げた「いかめしコロッケ」も売り出され、人気を集めています。

森町を代表する名産品として、同町の郵便局で売り出されている「ふるさと切手」には、名所旧跡の他この「いかめし」もデザインされています。

駅弁大会で買って食べるのも美味しいですが、本場の森駅を通過した際に食べた「いかめし」の味は最高でした!皆様も是非、いかがでしょうか。

#森駅 #いかめし #駅弁 #日本三大駅弁 #北海道 #森町

【期間限定】東急世田谷線の「招き猫電車」が福を招く!


久しぶりの執筆です。皆様、お元気でしたか?
さて、今年で開業110周年を迎えた東急世田谷線(下高井戸~三軒茶屋間)。ここでは、沿線にある豪徳寺の招き猫にあやかった電車が、期間限定で走っています。その名も「招き猫電車」

そのカラフルさから、駅ではたちまち人気の的になっています。鉄道ファンの方は勿論のこと、通りすがりの方々までスマホを向けていたほどでした。

電車のボディのあちこちには、招き猫の絵が描かれています。見ているだけでほっこりする光景ですね。猫の絵を描いた電車と言えば、西は和歌山電鐵貴志川線の「たま電車」が有名ですが、この「招き猫電車」もそれに負けず劣らずという感じでした。

駅近くの踏切から「招き猫電車」を撮影してみました。この電車は今年3月までの限定運行で、運行ダイヤの情報は、東急電鉄ホームページからも見る事ができます。

また、この東急世田谷線では、他にも楽しいラッピング塗装電車が走っています。

まずは玉電復刻塗装車。これは玉川電気鉄道が明治時代に渋谷~二子玉川間で走らせていた電車の塗装をラッピングしたものです。昔風で、いい感じの色合いと塗装ですね。

玉電カラー車のヘッドマークです。この様なマークのシールが貼られていました。

線内を走る「ペコちゃん塗装」の電車です。「ペコちゃん」とは、1955年(昭和30年)に製造され、1969年(昭和44年)5月10日の東急玉川線廃止の日まで走り続けたデハ200形電車のことです。この玉川線廃止で、デハ200形は全車が廃車になりましたが、デハ204号車が宮崎台駅併設の「電車とバスの博物館」にて展示保存されています。

下高井戸駅での「ペコちゃん塗装」です。この塗装は、デハ200形をそのままイメージしており、サイドの塗装にも細かく再現されています。

側面に再現された「T.K.K」のロゴです。「T.K.K」とは、東急電鉄の正式名称である「東京急行電鉄」の略号なのです。

サイドに書かれた「301」の車号です。この車号も、デハ200形に合わせて書き加えられたものです。

この様に楽しい電車が走っている、東急世田谷線の旅、是非いかがでしょうか?特に1月15日と16日には沿線で「世田谷ボロ市」が開催されます。ボロ市散策もなかなか楽しいですよ!