【リゾート列車】JR北海道「クリスタルエクスプレス」


皆様、おはようございます。「てつきち」です。5月も今日で終わりになりましたね。今日は、北海道のリゾート列車の話題をお送りしたいと思います。

こちらの列車は、JR北海道の「クリスタルエクスプレス」です。1989年(平成元年)、団体・臨時列車用として企画した「リゾート列車」のひとつで、石勝線方面への観光輸送を主目的として、自社の苗穂工場で設計、製作されたものです。撮影したのは2001年(平成13年)の事で、隣のホームには今はなき「赤い電車」711系が停車しているのが見えます。

最初は中間車1両を組み込んだ3両編成でしたが、後にラウンジや個室、ビュッフェ(現在は営業休止)を備えた、気動車列車では日本初の2階建て車両である中間車「キサロハ182形」を増結して4両編成となりました。

先頭車のキハ183形5101番台の車内です。先頭部は小田急ロマンスカーや名鉄パノラマカーの様な展望席になっていましたが、2010年(平成20年)1月に他の特急列車で踏切事故が発生し、安全を確保するため現在は展望席は閉鎖されています。

3号車であるキサロハ182形の2階席です。ここはグループ客向けにボックスシートになっています。座席がゆったりとしていて、グループでワイワイとやりながら旅するにはいいですね!

3号車「キサロハ182形」の車端部にあるラウンジです。窓が広く、眺望がいいのが特徴です。惜しむらくは合理化のため、ビュッフェの営業が休止されてしまったことです。ここで軽食や飲み物を楽しみながらの旅、なかなか楽しそうでしたね!

この「クリスタルエクスプレス」は、札幌~富良野間の「フラノラベンダーエクスプレス」号や、臨時特急等に今でも使用されています。JR北海道でも珍しい「リゾート列車」となりましたので、ご乗車や撮影はお早めにどうぞ。

【懐かしの1枚】2001年(平成13年)の札幌駅から


皆様、こんばんは。「てつきち」です。5月もあと1日で終わりですね。

今日は懐かしの画像から1枚。2001年(平成13年)の札幌駅にて撮影した、駅弁の立ち売りの光景です。今は売店やキオスク、車内販売での発売がメインになったため、この様なワゴンもなかなか見られなくなりました。

それでも旅情を感じるにはやはり、この様な立ち売りさんから買うのが一番強く感じますよね。

札幌駅にも個性的な駅弁が数多くありますが、イチオシは何といっても「石狩鮭めし」です。醤油味の茶飯の上に、鮭のフレークとイクラをこれでもか!という程どっさりと散らしたお弁当で、1923年(大正12年)から発売を開始したロングセラー駅弁です。札幌御来訪の折には、是非ご賞味あれ。

【体験記】今では全国に2ヶ所だけとなった「屋上遊園地」の観覧車に乗りました!(埼玉県川越市)


皆様、こんばんは。「てつきち」です。季節の変わり目、暑くなったり寒くなったりしていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今日の話題は、埼玉県川越市からお送りいたします。彩の国埼玉県を代表するデパート・丸広百貨店。地域密着型の百貨店として川越に本店を置き、県内に8店舗を展開しています。中でも1964年(昭和39年)に移転開業した川越本店は、昔ながらの「百貨店」の雰囲気を色濃く残しています。

子供の頃の百貨店へのお出かけと言えば、よそ行きの服を着せてもらい、百貨店(敢えて「デパート」とは言いません)へ行き。お買い物。そして最上階の大食堂で「お子様ランチ」を食べ、屋上の遊園地で遊ばせてもらう、というのが王道のコースでした。かつて、デパートの屋上と言えば遊園地があり、観賞魚売り場があり、ミニステージがあり、と何でもござれの楽しいスペースでした。

しかし、1973年(昭和48年)に発生した熊本・大洋デパート火災により多数の犠牲者が出て、屋上のあり方が見直されることになりました。そしてレジャーの変化と遊具の老朽化、陳腐化により多くの「屋上遊園地」が閉鎖されていきました。

しかし、この丸広百貨店川越店の屋上には、今となっては全国唯一となった屋上遊園地「わんぱくランド」が今でもあるのです!コイン式乗り物、ゲームコーナーの他、全国でも2ヶ所となった屋上観覧車、屋上を一周するミニモノレールなどが揃っています。

1968年(昭和43年)にオープンした当時からあるのが、小さな屋上観覧車「わんぱくホイール」です。

早速、乗ってきました!ゴンドラは登場当時の物をそのままメンテナンスして使用しているのが特徴です。ガラスのない「吹きさらし」なので、風を気持ちよく感じる事が出来ます。乗車時間は約3分ほど。眼下に、川越の街並みを一望することができます。

スタッフの方によれば、

「現役の屋上観覧車は、うちと蒲田東急プラザさんの2台だけ。それも、開設当時からのものを使っているのはうちだけです。」

と自慢げにおっしゃっていました。(蒲田東急プラザのものは1989年[平成元年]に交換したものです)

屋上観覧車で日本最古なものは、名古屋のオリエンタル中村(現在の名古屋三越)のもので、1956年(昭和31年)に設置されたものです。現在は重要文化財に指定されていることや老朽化などの理由により、乗車することは出来ません。よって、現役の屋上観覧車で最古なのは、この丸広百貨店川越店の「わんぱくホイール」ということになるのです。

この屋上遊園地「わんぱくランド」のもうひとつの目玉が、ミニモノレール「わんぱくビード」です。

こちらにも乗ってきました!この屋上遊園地の周りを1本レールで一周する2人乗りのミニモノレールで、乗ってみると結構揺れます。でも、そこから見る景色は最高で、大人でもハマるほどでした!

屋上遊具は、ミニ飛行機「わんぱくプレーン」を含めて昔からの機械をそのまま使用しています。それ故にメンテナンスも大変なのだそうです。でも、おじいちゃん、お父さん、子供の三世代で訪れるお客様もかなり多く、皆の笑顔を見ていると「機械が動くうちは続けないと」という気持ちになり、まめにメンテナンスを欠かしていないとの事です。その心意気には感服しました!

その心意気は、ゲームコーナー店内に貼ってあったポスターからも感じ取れました!これらの乗り物は大人、子供とも1乗車300円均一。お財布にも優しいお値段ですね!

他にもミニ飛行機や乗用ドラえもん、乗用アンパンマンなどのコイン式遊具があり、屋上遊園地「わんぱくランド」健在なり!です。

屋上遊園地「わんぱくランド」の1フロア下には、昔の「デパート大食堂」の雰囲気を色濃く残している「ファミリーレストラン」があります!

ラーメンあり、寿司あり、オムライスあり、ハンバーグありと和洋中何でもあり、メニュー選びが迷ってしまう程ですね!

「ファミリーレストラン」の店内です。昔の「デパート大食堂」という感じがしてきますね。ただ食券制ではなく後でレジで払う、というようなスタイルです。

「ファミリーレストラン」「キッズプレート」です。この丸広百貨店川越店では、大人の方も200円プラスでキッズメニューを食べることが出来ます。(但し、おまけのおもちゃは付きません)旗の立ったご飯にハンバーグ、海老フライ、フライドポテト、鶏のから揚げ、ゼリーと付いた充実の内容でした。

昭和レトロを感じる丸広百貨店川越店、皆様も川越へお出かけの際には是非いかがでしょうか?

【特別車】東武鉄道634型「スカイツリートレイン」に乗ってきました!

日付が変わりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか?昨日は、今年の鉄道友の会「ブルーリボン賞」「ローレル賞」が決定し、このページで以前ご紹介した東武鉄道500系特急電車「リバティ」「ローレル賞」を受賞する、というおめでたい話題となりました。

そんな訳で、今日も東武の特急電車の話題をお届けいたします。

快速用の6050系電車のうち、6177編成と6178編成の2編成を展望車として改造した634型「スカイツリートレイン」です。これは東京スカイツリーをPRするために誕生したもので、登場当時は日光・鬼怒川特急の他、会津鉄道に直通して会津田島まで走ったり、浅草~春日部~大宮間で走ったりしたこともありました。

2017年(平成29年)4月16日で定期運行を終了し、以後は団体専用車両として使用されています。

その634型「スカイツリートレイン」へ2016年(平成28年)8月に乗る機会がありました。鉄道愛好家の有志でこの「スカイツリートレイン」を貸し切り、上毛電鉄のデハ101号電車も貸し切ろう、というツアーで、浅草駅から赤城駅まで乗ってきました。

浅草駅の急カーブホームで撮影した634型「スカイツリートレイン」です。乗務員さんと話をしているのは、東武トップツアーズの添乗員さんです。(プライバシー保護のため、画像を修正してあります)

この乗った日は大雨で、ダイヤも乱れがちでした。それでも「余計にスカイツリートレインに乗っていられる」という皆の思いの方が強く、車内は大盛り上がりでした。


ワインレッドのモケットのシートが並んでいます。1人掛けと2人掛けのリクライニングシートが並び、2人掛けの方は景色を楽しめるように窓向きになっています。

窓側に向いた、2人掛けのリクライニングシートです。観光列車にはふさわしい車内ですね!

もう一方の車内は、ブルーのモケットのリクライニングシートが並んでいます。

運転席後ろのミニロビーです。ここでおしゃべりすることも出来ます。またこの近くには、定期列車営業の際に車内販売の基地ともなるミニカウンターもあります。

車内に設けられたミニステージで、車内イベントの司会をしている東武トップツアーズの添乗員さんです。(プライバシー保護のため、画像を修正してあります)この後はカラオケ大会となり、私も細川たかしの「応援歌いきます」を熱唱してきました。このステージのカラオケは、各車両のモニターテレビに映し出されるそうです。

車内には、この様に記念撮影用のボードもあり、観光列車として相応しいサービスです。ちなみに写っているのは、筆者本人です。(プライバシー保護のため、画像を修正してあります)

この634型「スカイツリートレイン」の「634」とは、東京スカイツリーの高さの634mから取ったそうです。

この楽しい列車、また定期で走ってくれるといいなぁ。そして欲を言えば、東上線にも是非来てもらいたいものです。

【機内食】全国唯一!機内食を体験できるレストラン


皆様おはようございます、「てつきち」です。今日は機内食の話題をお届けいたします。飛行機に乗った時の最大の楽しみと言っても過言ではない機内食。その機内食を、飛行機に乗らずとも体験できるレストランがあります。

そのお店は、関空(関西国際空港)の敷地内にある「レジェンド オブ コンコルド」です。お店の名前は、2003(平成15)年に引退した超音速旅客機「コンコルド」の日本最終フライト地が関西国際空港になったことに由来しています。

このお店では、カレー、スパゲティなどのアラカルトメニューの他、機内食を体験することが出来ます。

こちらがその「体験機内食」です。牛肉のマディラソースサフランライス添えをメインに、ハムサラダ、サラダ、パン、ラズベリーケーキなどで1,700円なり。(300円でフリードリンク付き)国際線の飛行機の標準的なエコノミークラスの機内食ですね。

こちらが「お子様向け機内食」1,200円です。チキンライスにハンバーグ、エビフライ、ハムとポテトのサラダ、パン、プリン、お菓子とお子様好みの内容のメニューですね。量が手頃なので、女性の方や年配の方のオーダーも多いとか。

お店から眺めた関空の風景です。目の前に関空を発着する飛行機を間近に眺めることが出来ます。またこのお店が入っているビルの屋上は展望デッキになっていて、飛行機の離発着を眺められます。(何時にどの飛行機が来るかのインフォメーションボードがあります)

さて飛行機の機内食にも様々な種類があります。宗教上の戒律により使用する食材に制約のあるもの、菜食主義者のための「ベジタリアンミール」、またベジタリアンの中でも、卵、乳製品、蜂蜜、野菜の中でも根菜を使用しない「ストリクト・ベジタリアンミール」、疾病などにより特定の食材を使用しないもの、そして今回もご紹介したお子様向け機内食。これらの特別食は航空会社によっても違いますが、おおよそ搭乗72時間前には航空会社に連絡して申し込む事になります。

またLCC(Low Cost Career[格安航空会社]では、機内食も有料という所がほとんどです。事前予約のものと当日機内で購入の物がありますので、搭乗の際のお楽しみですね。

尚、この「レジェンド オブ コンコルド」では時折、航空会社フェアをやっており、その会社の機内食を体験する事が出来ます。

以前行った時は「タイ国際航空フェア」を行っており、タイ国際航空の機内食を体験することが出来ました。ちょっとピリ辛のタイカレーをメインにパン、マフィン、スモークサーモンのサラダ、チョコレートケーキが付いていました。

タイ国際航空でしたら、いつの日か「完全2階建て」のA380型旅客機に乗ってみたいものです。

このお店では3日前までの事前の予約が必要ですが、「ビジネスクラス」(トレイ3,900円、コース6,200円)「ファーストクラス」(10,000円)の機内食も体験することが出来ます。

また成田空港第一ターミナルに隣接しているホテル「成田エアポートレストハウス」でも「機内食体験プラン」(スタンダード2,700円、デラックス3,800円、エグゼクティブ5,200円)を楽しむ事が出来ますが、こちらは15名様以上からの団体のみとなっています。

関空御来訪の折には、飛び交う飛行機を眺めながら機内食を体験など是非いかがでしょうか?