【懐かしの1枚】1996年(平成8年)の名鉄・犬山遊園駅


皆様、こんばんは。「てつきち」です。今日の東京は、寒い1日でした。

今日も懐かしの1枚からお送りします。1996年(平成8年)の春に、名鉄犬山線・犬山公園駅で撮影した1枚です。この時は、犬山線から各務原線経由で新岐阜(現在の名鉄岐阜)行きの7300系電車と、名鉄犬山モノレール(2008年12月に全線廃止)が並んだ姿が撮れました。

この名鉄7300系電車は、名鉄特急のネットワークを支線網にも広げよう、という目的で1971年(昭和46年)に旧型電車(3800系29両・800形1両)の機器を流用し、車体を更新して製造された特急電車です。

座席指定特急運用に使用するため、冷房装置の他、「座席指定」表示器と「どけよホーン(ミュージックホーン)も設置されましたが、駆動装置は吊り掛け式モーターの旧型でした。1972年(昭和47年)には、三河線の碧南駅から犬山を経由して上飯田駅へ向かう座席指定特急「明治村」号として使用されました。(犬山~上飯田間の小牧線内は普通列車扱いでした)

車内は特急用という事で、ゆったりとした転換式クロスシート(戸袋窓部はロングシート)が並び、7000系「パノラマカー」にも引けを取らない車内設備でした。車体は「パノラマカー」とほぼ同一でしたが、貫通式で展望席がない事や、吊り掛け式駆動であることから「ニセパノラマカー」等という有り難くないあだ名まで付けられていました。

名鉄時代は三河線を中心に、小牧線や各務原線、広見線などで多く使用されており、急行電車などで力強いモーター音を響かせて走っていました。1997年(平成9年)4月13日のさようなら運転を最後に名鉄での活躍を終了し、系列の豊橋鉄道渥美線へと転属しました。

豊橋鉄道では「観光電車」という事で塗装の変更が行われ、主に伊良湖岬方面への観光輸送として活躍しましたが、2扉電車であるという事がネックとなってしまいました。特に朝夕の通勤ラッシュ時間帯には、扉が2つしかないためお客様が集中し、列車遅延やダイヤの乱れが発生する事態が頻発しました。そしてわずか3年程で、元・東急の7200系電車が「1800系」として入線すると全車引退となり、廃車されました。

左に写っています「名鉄犬山モノレール」は、日本モンキーパークへのアクセス手段として、ゴムタイヤでコンクリート製のレール上を走行する「日立アルウェーグ式」による「日本初の跨座式モノレール」として1962年(昭和37年)3月21日に開業したものです。このモノレールは、後に開業した「東京モノレール」の礎にもなったモノレールであり、「東京モノレール」が浜松町~羽田間で開業した際には、技術指導、ということで名鉄の社員が数名出向で行った程です。

長らく日本モンキーパークや、成田山名古屋別院大聖寺へのアクセス鉄道として親しまれてきたこのモノレールでしたが、レジャーの多様化とニーズの変化により乗降者数は落ち込んでいきました。そのため、2008年(平成20年)12月18日、惜しまれつつも全線廃止となりました。

廃止後は、3両編成の車両のうち2両が旧「動物園」駅跡で展示保存され、外から見る事が出来ます。(中に入ることはできません)1両は、岐阜県可児市にある温泉施設「スパリゾート湯の華アイランド」にて、展望台として保存されています。

これからも「乗り物」にこだわった、楽しい画像や話題、懐かしい画像をどんどんお届けしていきたいと思います!

【復刻塗装】渋谷駅前にて都営バスの復刻塗装車


皆様、こんばんは。「てつきち」です。今日は都営バスの話題からお送りします。

東京都内を走る都営バス。現在は緑と黄色の塗装がメインですが、何台かは昔の塗装に復刻塗装されたバスが走っています。
そのうちの1つが、1982年(昭和57年)に登場した緑色と白色の塗装です。その1代前の赤と黄色の塗装が「どぎつい塗装だ」と悪評だったので、イメージアップを図って導入されたものです。

この様な軽快な塗装で、爽やかな感じがしますよね。バスの前面には、昔の東京都交通局のマークが取り付けられていました。(現在は東京都のイチョウマークが取り付けられています)

この塗装のバスを数年前、宮城県の気仙沼市で見かけてビックリ仰天しました!

ここは東京都内ではなく、確かに宮城県の気仙沼市。何故ここに都営バスが走っているんだ?と最初はぶったまげました。

後で調べてみたところ、これは2011年(平成23年)に発生した東日本大震災の際、津波で大打撃を受けたミヤコーバスを救済するため、全国各地のバス会社から移籍した車両のうちの1台という事でした。最初は、それぞれの事業者の塗装のまま走っていたものが多く、この元都営バスも都バス時代の塗装のままで活躍していました。

海外、特に東南アジア諸国では、日本のバスの中古車が今でも現役で走っています。中には都市間高速バスとして、バリバリに活躍している車両もあるらしいです。一度、それらのバスも見てみたいものですね!

【懐かしの1枚】旧塗装時代の松本電鉄バス(1993年撮影)

皆様、こんばんは。「てつきち」です。今日の関東地方は蒸し暑い1日でしたが、皆様のところではいかがでしたでしょうか?

今日も懐かしい画像から1枚。1993年(平成5年)に上高地で撮影した松本電鉄バスです。今では「アルピコ交通」と改名し、バスもクリーム色にストライプカラーの「Highland Shuttle」になってしまいました。

この当時私はGWの間だけの期間限定でしたが、松本電鉄バス新島々営業所でアルバイト車掌をしていました。毎朝3時半から4時起きで始発の新島々バスターミナル発上高地行きに乗務したり、マイカー規制のための駐車場がある沢渡(さわんど)地区からのシャトルバスに乗務したりしていました。

この頃バスの塗装は、クリーム色にストライプカラーの「Highland Shuttle」に移行しつつありましたが、一部の増発便や沢渡ピストン線(沢渡大橋~中の湯~大正池~上高地)では、この赤と青とクリーム色の「松電カラー」のバスがまだ健在でした。

後で調べたところ、このバス(いすゞBU10)は、1973年(昭和48年)前後にデビューし、長らく松本平や上高地、白馬地区などを走り抜いていました。かなりの年季が入ったバスでしたが、出す馬力は相当のもので山道坂道何のその、山岳路線は任せてくれ、と言わんばかりのバスでした。

後にこの塗装のバスが引退するときには「さようなら旧デザインバス」という記念乗車券が発売された(私も勿論、買いました!)もので、近年には松本営業所のバスが1台、この塗装に復元されて走ったほど松本市民には馴染みのある塗装でした。

1998年(平成10年)に上高地の道路が整備され、同時に数年前に安房トンネルも開業したことから、上高地本線(松本バスターミナル~新島々バスターミナル~沢渡~中の湯~大正池~上高地)と平湯線(上高地~中の湯~平湯温泉)が車掌の乗らないワンマンカーになり、現在「ツーマン路線(車掌が乗務する路線)として残るのは、白骨温泉線と乗鞍岳線、白休線(乗鞍高原~白骨温泉~上高地)のみとなりました。

今となっては思い出となったこの塗装のバスですが、私「てつきち」にとっては青春そのものでした。

この秋、久しぶりに上高地を訪れてみようかな・・・・。

【名物駅弁】東海道本線・静岡駅「鯛めし」


皆様、こんばんは。「てつきち」です。関東地方も遂に梅雨入りしたみたいですね。私の地元を走る京王井の頭線沿線には、多くの紫陽花(あじさい)の花が植えられ、目を和ませてくれます。また東松原駅のライトアップ、撮りに行こうかな。

今日も駅弁の話題で、本日ご紹介いたしますのは東海道本線・静岡駅の名物駅弁「鯛めし」です。

この駅弁、何と発売されたのは明治時代なのです!

その歴史を紐解くには、1889年(明治22年)にまで歴史を遡ることになります。この年、静岡駅が開業したのですが同時に市内で大火が発生してしまい、駅近くの市の中心部が殆ど焼けてしまうほどの火事になりました。現在、静岡駅で駅弁を発売している東海軒さんの前身である加藤弁当店の主・加藤滝蔵さんは、自分の店が燃えているのも物とせず、救命・消火活動に身を挺していました。そして呼吸器をやられ、病の床に伏せってしまいます。

加藤弁当店は焼け跡で営業を再開し、奥さんのかくさんが店を切り盛りしていました。出入りの魚屋さんは毎日、「滝蔵さんの見舞いに」とアマダイを数匹置いていきました。しかしこのアマダイという魚は、火を通すと身がボロボロに崩れてしまうので、お弁当の素材としては使用できませんでした。そこでかくさんは、このアマダイを甘く煮つけ、おぼろにして食べていました。

そんなある日のことです。鉄道の高官方が子供連れで滝蔵さんのお見舞いに来ました。しかし、その子供は偏食が激しかったのか、出されたご馳走に一向に箸を付けようとしませんでした。

そこで一計を案じたかくさんは、アマダイのおぼろを乗せたご飯を「たいのご飯だよ」と言って子供に食べさせたところ、子供は大喜びで食べました。これを病床で聞いていた滝蔵さんは、かねてから「子供でも美味しく食べられる駅弁は出来ないか」と考えており、かくさんと調理人の長谷川氏と共に、この鯛のおぼろご飯を何とか駅弁に出来ないか、と試作を重ねました。

滝蔵さんは弁当の完成を待たずに世を去ってしまいますが、かくさんや調理人の長谷川氏らの努力で1896年(明治29年)「鯛めし」が発売を開始しました。茶飯の上に鯛のおぼろ(現在は少し、白身魚が入っています)をのせたこの駅弁はたちまち東海道本線の名物駅弁となり、他の駅でも別の弁当屋さんによって売り出されるようになりました。

さて、静岡駅の東海軒のお弁当と言いますと、かつての東京発大垣行き375M普通電車、通称「大垣夜行」のことを思い出す方も多いのではないでしょうか。下り375M大垣行きは、午前2時前後に静岡駅に到着し、貨物列車の退避のためかなり長時間停車していました。

そこで「べんとー、べんとー!」と、幕の内弁当の立ち売りが行われていました。この「大垣夜行」の到着する時間に合わせてご飯を詰めていたため、あったかい幕の内弁当が食べられたのを今でも覚えています。

今は375M「大垣夜行」も、臨時快速電車「ムーンライトながら」号に変わり、青春18きっぷシーズンのみの運転となったため、深夜の駅弁の立ち売りも無くなりました。

今まで、全国各地の名物駅弁や幕の内駅弁を食べてきた私「てつきち」ですが、幕の内弁当の駅弁で一番美味しかったのは、この静岡駅で食べた幕の内弁当でした。この幕の内弁当のお話もまた、機会を改めてできたらいいなと思います。

【幻の駅弁】関西本線亀山駅「志ぐれ茶漬」弁当


皆様、こんばんは。「てつきち」です。名古屋駅から関西本線の電車に乗って、電化区間の終点・亀山駅へとやって来ました。

この亀山駅には、完全予約制の全国唯一となった「お茶漬け駅弁」があるのです!

その駅弁の名前は「志ぐれ茶漬」弁当・900円なり。駅前にあります、製造元のいとう弁当店さんで買うことが出来ます。またお茶漬けとして食べるため、100円でお茶も別売りされています。まずはそのまま食べて、次に熱いお茶を注いで食べます。すると上に乗っかっているアサリの時雨煮がチリチリと縮んでいきます。

「♪桑名の殿様 時雨で茶々漬・・・」と昔の囃し唄で歌われた様に、三重県桑名市はハマグリの特産の地で知られていました。そのハマグリ料理の締めに出てくるハマグリの時雨茶漬けを駅弁に、ということで登場したのがこの亀山駅「志ぐれ茶漬」弁当なのです。

名古屋~奈良間に走っていた、急行「かすが」号なき今では、関西本線を通しで乗ることが出来なくなり、亀山から奈良方面へはローカル線の様になっています。それでも「青春18きっぷ」シーズンには、乗りつぶしの鉄道ファンが同線を旅する姿が見られます。

その折に、この全国唯一となった「お茶漬け駅弁」などいかがでしょうか?

【お店データ】
*営業日:平日と土曜日(日曜日は定休日です)

*電話番号:0595-82-1225