【観覧車】蒲田東急プラザ屋上の屋上観覧車


皆様、こんばんは。「てつきち」です。6月最初の週末、いかがお過ごしでしょうか?

さて先日、川越丸広百貨店の屋上観覧車の話題をこのページでお送りしましたところ、

「蒲田東急プラザの屋上観覧車の情報はないの?」

というお声を幾つかいただきました。

そこで本日は、蒲田東急プラザ屋上「かまたえん」の屋上観覧車の話題をお送りしたいと思います。

JR京浜東北線と、東急池上線、多摩川線が分岐する蒲田駅。東急の方の蒲田駅は駅ビル「東急プラザ」になっており、屋上にはちょっとした広場があります。

ここには「幸せの観覧車」という名前の屋上観覧車があり、1乗車300円で乗ることが出来ます。早速乗ってみることにしましょう。

この様に、チューリップのつぼみをイメージしたゴンドラは、ゆっくりと空の上へと上がって行きます。乗った時間がちょうど夕方だったせいでしょうか、黄昏ゆく街並みがちょうど綺麗に見えました。

観覧車から見下ろした、蒲田の街並みです。1周約3~4分の空中散策でした。

この屋上観覧車「幸せの観覧車」が蒲田東急プラザに登場したのは、1968年(昭和43年)の事でした。当時はデパートの屋上と言えば、遊園地あり、観賞魚売り場あり、ステージあり、と子供たちにとっては「夢の様な広場」でありました。

その後、1973年(昭和48年)の熊本・大洋デパート火災などで屋上のあり方が改められたことや、レジャー志向の変化から、この様な「屋上遊園地」は姿を消していきました。

現在の蒲田東急プラザの観覧車は二代目で、1989年(平成元年)に取り換えられたものです。この当時の蒲田東急プラザには、まだ「屋上遊園地」が健在で、子供汽車やステージ、プラレールコーナー、コイン式遊具等が設けられていました。

しかし2014年(平成26年)のビル全面改装で、屋上遊園地は廃止に。この時、観覧車も撤去される運命にありました。

すると多くのお客様から署名や投書が相次ぎました!

「観覧車をなくさないでください!」


「思い出の観覧車を残してください!」

その反響の大きさに驚いた蒲田東急プラザ側では方針を変え、屋上を緑地公園にして、観覧車は整備の上残すことにしました。
先にも書きましたが、デパートの屋上観覧車で現存(乗客が乗れる形)しているのは、この蒲田東急プラザと川越丸広百貨店のみとなりました。

この蒲田東急プラザの屋上観覧車も、親子三世代で乗った人も多いそうです。いつまでも元気に動いて欲しいものですね。

屋上から撮影した、「出発していく東急多摩川線の電車」です。この様に屋上からは、蒲田駅を出発していく電車をも一望できる、鉄道ファン垂涎のスポットとなっています。

【機内食】1996年(平成8年)のニュージーランド航空機内食


皆様、こんばんは。「てつきち」です。6月最初の週末ですが、いかがお過ごしでしょうか?

今日も機内食のお話です。1996年(平成8年)に、生まれて初めて行った海外旅行は南半球はニュージーランドでした。その帰りの飛行機NZ23便の機内食のお話をひとつ。

オークランドを飛び立ち、軽いランチが出ました。この時はブロッコリーのたっぷり入った焼きそばでした。

この時に流れた機内放送もユニークなものでした。
ニュージーランド航空の男性パーサーが、たどたどしい日本語で、

「ミナ様、おラクになさって、大いに飲み食いし、快適で楽しい空の旅をお楽しみくださいませ~」

とアナウンスしたのには、皆大笑いでした。

その後、給油のためフィジーのナンディ国際空港に着陸。ここで給油のため乗客は一旦降機しました。今日のトップ画像はその時の飛行機・B747-400です。このB747-400も、この塗装も今となっては思い出となってしまいました。

ナンディ国際空港を飛び立つと、再びランチのサービス。とんかつか海老かを選べ、というので海老メインのミールをチョイス。

そして日本到着約2時間前に「軽い夕食」と称して3回目の機内食。こちらのメインは、照り焼きソースのステーキをメインに、日本行き国際線機内食ではお約束の「茶そば」が出ました。さすがは日本人の気持ちを分かっていらっしゃいますね!

この話をうちの親にしたところ、

「機内食3回はまだ甘いよ。今はなき日航の『南周りヨーロッパ線』なんか、飛んでは降りての繰り返しで、その度に何回機内食が出た事か」

と笑われてしまいました。そう言えば、今はヨーロッパ各地へも休憩・給油なしのノンストップで行く時代になりましたが、アラスカのアンカレッジ経由「北回りヨーロッパ線」とか、バンコク、カラチなどを回ってパリに向かう「南回りヨーロッパ線」なんていうのが、かつては一般的なルートでしたね。

なかなか海外へは行けない今日ではありますが、また資金を貯めて国内外をあちこち飛び回りたいと思います。