真鯛が泳ぐ不思議な世界へ!「鯛の浦遊覧船」(千葉県鴨川市小湊)


こんばんは、「てつきち」です。今日は先日行ってきた房総半島の旅の中から一つ。

外房線の電車を「安房小湊」駅で下車し、左方向へ歩く事約15分。「♪ゆったり たっぷり のんび~り」というCMソングでお馴染みのホテル三日月脇を通って、目的地へと向かいます。

その名も「日蓮交差点」という交差点で、トンネルに入らないで右折。段々と潮の香りが強くなってきます。

着きましたのは「鯛の浦」。その名前の通り、多くの鯛(マダイ)が生息している場所です。ここから遊覧船で、約25分程度のクルーズになります。

因みに、こんな感じの船です。定員は46名。後部のデッキには立席で9名乗れるそうです。また後部デッキに乗船する場合は、安全上ライフジャケット(救命胴衣)の着用が必須となります。出発が近くなるにつれて、20名ぐらいの団体さんがドヤドヤと乗ってきました。鯛の姿を間近で見たかった私「てつきち」は、デッキで乗船することにしました。

今日の船の船長さんです。安全運航、どうぞよろしくお願いいたします!

桟橋を後にした船は、真鯛たちの棲む「鯛の浦」へと向かって進んでいきます。桟橋から凡そ、5分ぐらい進んだころでしょうか。

「只今から、左手の方で餌を撒きます。左手のお客様は、窓を開けてご覧ください。尚、安全のため、右手のお客様はしばらくお待ちください。」と案内が流れました。確かに鯛に夢中になったお客様が左へ集中すると、バランスが崩れて危ないですよね。小さな船ならではのアナウンスでした。

そして、船の先頭部で係のおじさんが撒き餌を海に向かって撒きました。すると水面がバシャバシャと音を立てて、大小の鯛たちが集まってきました!思わず歓声が上がります。水槽でも生簀でもなく、ここは天然の海。こんなに多く見られることはなかなかない、と船頭さんは話していました。日によっては、全然見られない日もあるとか。

水面を悠遊と泳ぐ鯛です。水族館でもないのに、こんな間近で泳ぐ鯛を見たのは初めてでした。今度は右側でも撒き餌が撒かれ、大小の鯛が集まってきました。

それでは、なぜこの「鯛の浦」には、こんなに多くの鯛がいるのでしょうか?その由来を紐解くには、今から約800年前の鎌倉時代に歴史を遡ってみましょう。

1222年(貞応元年)2月16日、日蓮上人はこの地でお生まれになりました。その際、この地の海面近くに多くの真鯛が群れを成して現れ、まるでご誕生を祝うかのように飛び跳ねました。また、従来は回遊性の深海魚である鯛が、太平洋の荒波に面した水深わずか10~20m前後のこの場所に安住している事は、生物学的に見ても実例がなく、神秘とされてきました。

また1264年(文永元年)、日蓮上人が父祖供養のため海に向かって祈り、南無妙法蓮華経のお題目を書くと波の上にその文字が現れ、お題目は集まった鯛が食べたと言われています。

そのため、この「鯛の浦」の鯛は、日蓮上人の化身・分身であると伝えられ、殺生禁断、捕獲禁止となっており、1967年(昭和42年)12月には、史蹟名勝特別天然記念物にも指定されています。

「鯛の浦」を出た遊覧船は、少し沖に向かって走ります。外房の海は波が荒いせいか、船が上下に揺れました。この画像に見えている鳥居は「大弁天」で、毎年正月にはこの地の漁師さんはこの大弁天にお参りしてから漁に出るのが習わしと言われています。

海から見た「鯛の浦祓山遊歩道」です。鯛の浦海岸と祓山を結ぶ海沿いの遊歩道で、1973年(昭和48年)に天皇皇后両陛下が行幸されました記念碑が建っています。

 

約25分程度のクルーズを終えて、再び桟橋へと戻ってきました。乗り場の所には資料館もあり、乗船券で入場できると言うので入ってきました。

展示室に展示してあった「鯛みこし」です。さすがは、鯛を大切にしている小湊の人の気持ちの表れですね!

遊覧船乗り場のすぐ目の前にある誕生寺の境内には、「鯛塚」なるものまであります。これはこの地で亡くなった鯛を供養する塚で、鯛に対する人々の敬意が分かります。

最後に、誕生寺の仁王門です。本殿は現在、修復工事のためうまく撮影できませんでした。

外房の海の神秘的な世界、皆様も是非一度お訪ねになってみてはいかがでしょうか?

「本州一遅い紅葉」を湖上から!~亀山湖紅葉クルーズ(千葉県君津市)


皆様、こんばんは。「てつきち」です。季節は師走に替わり、いよいよ年の瀬が近づいてきましたね。

rblog-20181127114818-01.jpg
さて房総半島では、11月下旬から12月上旬が紅葉の時期となっており「本州一遅い紅葉」と言われています。千葉県君津市にある亀山湖では、紅葉🍁の時期になると、ボート屋さんによる「紅葉クルーズ」が楽しめます。

木更津駅から「久留里線」というローカル線に乗り、終点の上総亀山駅にて下車。そこから歩く事約5分で、亀山湖の湖畔に出ます。この亀山湖は千葉県最大のダム湖で、貯水量は、東京ドームに換算して約16個分。主に農業用水に使われているそうです。釣りはヘラブナとブラックバスがメインだとか。

今回お世話になった、「トキタボート」さんです。

普段は釣り船屋さんですが、紅葉の時期にはモーターボートによって亀山湖の湖上から紅葉を巡る「紅葉クルーズ」を行っています。所要時間は約50分間で、料金はお一人様1,200円なり。お手頃な値段ですね。

亀山湖桟橋の入口です。事務所で料金を払い、乗船券を貰った後はここで待機します。

いよいよボートに乗り込みます。安全のため、乗船前にはライフジャケット(救命胴衣)を着用するよう指示が出ます。この日は20名もの団体さんがあったので、2隻に分かれての分乗となりました。

rblog-20181127114818-02.jpg
さぁ、出航です。こんな感じで約50分間、亀山湖の紅葉をモーターボートで巡るのです。

湖上に浮かぶ鳥居です。こちらは「亀山水天宮と呼ばれる神社だとか。その脇を、ボートはゆっくりと進んでいきます。

亀山湖の水面です。この辺はまだ、紅葉が少ないようですね。これからの航路に期待です。船頭のユキさんというお姉さん(若女将)曰く、この「紅葉クルーズ」には、これから向かう「笹川渓谷コース」の他、奥地を巡る「猪ノ川渓谷コース」というのもあり、それぞれ複数のボート屋さんが船を出しているそうです。今回お世話になっています「トキタボート」さんでは、「笹川渓谷コース」を楽しむ事が出来ます。このコースのポイントは、迫力ある絶景を楽しむ事が出来るという点です。

ボートでブラックバスを釣っている方を見かけました。この亀山湖では、釣った魚はキャッチ&リリースがルールなのだそうです。

紅葉に彩られた斜面です。湖畔道路から見る湖の紅葉とは、また違ったアングルで見えますね。船頭のユキさん曰く、この亀山湖の紅葉は赤だけでなく、緑や黄色などの他の色の紅葉もあるのだとか。

亀山第一、第二大橋です。この橋は道路がほぼ1車線の狭さなのだそうです。真ん中の島の所が、うっすらと赤く色づいていました。

湖上へ向かって伸びる紅葉です。私が見たかったのは、この風景でした!思わず、何枚もカメラのシャッターを切ります。色とりどりの紅葉と、水面に写るその鮮やかな色。今年は台風による塩害が少しあったようですが、それでもこの色は見事です!

ボートの左側に見えた紅葉です。見事な位の朱色ですね!既に関東地方の紅葉は終わりを告げていた時期でしたが、ここ亀山湖の紅葉は「本州一遅い紅葉」と言われるだけあって、この時が一番のピークのようでした。

湖上の入江です。ここから先は現在、安全のため立入禁止になっているそうです。



rblog-20181127114818-03.jpg
ユキさん曰く、この岩はサメに見えるとか。言われてみれば、確かにそう見えますね!これもまた、自然が造りだした絶景と言えましょうか。

rblog-20181127114818-04.jpg
前の夜に雨が降ったこともあり、沢の流れも滝のように豪快に流れています。この様に奥地まで入れるのも、小型のモーターボートならではの特性です。

更に見えてきた、湖上の紅葉です。今まで水面から紅葉を見たことがなかったので、この水面に写る紅葉の赤を見られただけで感激ものでした。また、カワセミやカワウなどの野鳥も、運が良いと見られるそうです。

ユキさんの名調子のガイドと、抜群の操船技術に皆魅了され、桟橋へ戻ってきた時は拍手喝采ものでした!

皆様も来シーズンは是非、この「本州一遅い紅葉」をクルーズで楽しまれてみてはいかがでしょうか?この亀山湖畔には温泉もあり、湖畔のホテルや旅館ではこの時期、「紅葉クルーズ」乗船券付き宿泊プランなども販売しています。また、イベントなどもありますので注目ですよ~!

【惜別】さようなら関電トロリーバス


皆様、おはようございます。さて本日は、乗り物の話題から一つ。富山県の立山駅から、長野県側の信濃大町駅までを結ぶ山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」。その中で、黒部ダムと長野県側の扇沢駅との間には、全国でも珍しいトロリーバスが走っていました。

しかしこのトロリーバス、来年から最新鋭の電気バスに置き換えられることになったので、この「立山黒部アルペンルート」の本年度の営業最終日となった11月30日をもって廃止される事になりました。

今日は、10月に「立山黒部アルペンルート」を訪れた際に撮影してきた画像から、この「関電トロリーバス」の話題をお送りしたいと思います。

立山駅を早朝に出発して、大観峰の紅葉や黒部ダムの大放水に感激して旅を続けてきました。黒部ダム駅からは、いよいよ今回の「立山黒部アルペンルート」の最大の楽しみと言っても良い「関電トロリーバス」の旅です。

時間になり、改札口には三々五々乗客が集まってきました。(今日のトップ画像です)廃止が近い事もあって、各旅行会社でもこの「関電トロリーバス」乗車を絡めたアルペンルートのツアーを組んでいるらしく、このラッシュなのだそうです。

こちらがトロリーバスの走る「関電トンネル」内です。富山県と長野県の県境を貫いており、全長5.4kmの長さです。

こちらがそのトロリーバスです。現在の車輌で三代目なのだそうです。見た目はバスですが、動力は架線からトロリーを介して電気で走っているため、電車の部類になります。そのため、このトロリーバスの正式名称は「無軌条電車」と言います。

トロリーバスの側面に描かれたサボ風のイラストです。

英文で書かれた、このトロリーバスのイラストです。来年からの電気バスをよろしく!という内容でした。

発車を待つ、トロリーバスの車内です。車内放送でも「この列車は・・・・」と、電車の扱いでこのトロリーバスが扱われていました。

やがて定刻になり、「関電トロリーバス」は静かに黒部ダム駅を発車しました。

この「関電トロリーバス」が登場したのが1964年(昭和39年)8月1日のことで、黒部ダム工事にあたって掘られたトンネル等を活用した観光ルート「立山黒部アルペンルート」の一環として登場しました。何故、トロリーバス(無軌条電車)になったのかと言いますと、この長い関電トンネルの場合、普通のディーゼルエンジンのバスだと排気ガスがこもってしまい、環境破壊や健康面の悪化に繋がるから、という理由で採用されたと言います。

このトロリーバス(無軌条電車)は当時、東京、川崎、横浜、名古屋、京都、大阪で走っており、大都市でも近代的な交通機関として活躍していました。しかし、ほぼ同時に路面電車が廃止になったことや、変電所等の設備投資などでコストがかかることから、1972年(昭和47年)の横浜市を最後に、都市部のトロリーバスは全て廃止されました。そのため、この扇沢~黒部ダム間が「日本で唯一残るトロリーバス」として知られるようになりました。

その後、1997年(平成9年)に、従来のバスで運行していた室堂~大観峰間のトンネルバスが、環境への配慮、ということでトロリーバスに変更となりました。そのため「立山黒部アルペンルート」では、日本でも貴重なトロリーバスに乗れるルートとして、注目を浴びました。

途中のトンネル内で列車交換(上りと下りの行き違い)を行い、約16分で長野県側の扇沢駅に到着しました。

扇沢駅の駅名標です。トロリーバスが到着すると、あちこちで記念撮影をする人がいました。

扇沢駅に到着した「関電トロリーバス」です。前から撮ってみると、本当に電車というよりバスにしか見えないスタイルです。

今度は、後部から撮影してみました。バスの後部に、2本のトロリーを支える部分があるのにお気づきかと思われます。この様に終点は「行き止まり式」ではなく、テニスのラケットの様な「ループ式」になっているのが特徴です。これも運転台が片側にしかないトロリーバス(無軌条電車)ならではの光景と言えましょうか。

先日11月30日のTVニュースでも大きく取り上げられました、この「関電トロリーバス」引退の話題。最終便には整理券が発行されて、目立った混乱も無かったようです。これでトロリーバス(無軌条電車)は、日本国内では室堂~大観峰間のみの運行となりました。

この「立山黒部アルペンルート」のお話はまた、小出しに出していきたいと思いますので、どうぞお楽しみに。