【秋の味覚】明知鉄道「きのこ列車」に乗ってきました!(岐阜県恵那市)




皆様、こんばんは。「てつきち」です。一日遅くなりましたが、今週も乗り物の話題をお届けしたいと思います。

日本の鉄道でも今では「グルメ列車」として、車内で郷土料理等が味わえる列車が各地で走っていますが、その火付け役となったのが、この岐阜県恵那市を走る明知鉄道(恵那~明智間)なのです。まずは地元・山岡で生産される糸寒天に目を付けた「寒天列車」、車内で摺り下ろしたとろろご飯が食べられる「じねんじょ列車」、秋の味覚であるきのこをふんだんに使った「きのこ列車」等々。

その中でも、一番予約が取りづらい「きのこ列車」に乗ってきました!

恵那駅からは、食堂車「きのこ列車」に乗車。この日の急行「大正ロマン」号は4両編成で、うち3両が食堂車「きのこ列車」という盛況ぶり。今から楽しみです!

きのこ尽くしのフルコースで、見た目にも楽しくなっています。前菜の盛り合わせに鮎の甘露煮、焼き松茸、ロージ茸の生姜和えなど、兎に角きのこ、きのこ、きのこ🍄でした!聞いたことのない名前のきのこもあり、きのこって本当に奥が深いんですね!

ご飯は松茸ご飯。勿論、お代わり自由です。あまりの美味しさに6杯もおかわりしてしまいました!

松茸の土瓶蒸しです。薄味で、松茸そのものの味を味わうことが出来ます。

土瓶蒸しの中にも松茸!本当にきのこ尽くし🍄です。

この明知鉄道は、途中駅のホームが傾斜状になっている駅や、「極楽駅」というとても縁起のよい駅名の駅があったり、多くの案山子達が迎えてくれる駅があったり、と車窓の風景も味わえる素敵な路線です。

終点の明智駅で撮影したショットです。同鉄道で動態保存されているC12型蒸気機関車と明知鉄道のディーゼルカーが並びましたので、思わず1枚。普段は機関庫で保管されているC12型蒸気機関車ですが、この日は乗務員訓練があったせいか、明智駅構内を何往復もしていました。

思わず動画も撮ってきました。汽笛入りで、懐かしい光景をお楽しみください。宜しければ、チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

【機内サービス】スカイマークの機内でコーヒータイム




皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきち」の日。今週も乗り物の話題をお届けします。

最近では成田空港からLCC(格安航空会社)を使う機会が多い、私「てつきち」ですが、先日親戚関係の用事で関西へ日帰りで行ってきました。羽田空港のゴールドカードラウンジで、クロワッサンとコーヒーの朝食をとり、飛行機へ。神戸行きのスカイマークはB737-800でした。

スカイマークの機内では、キットカットが無料でサービスされたので、コーヒー(100円)をオーダー。神戸線を飛ばしていることもあって、神戸に本社のある「ネスレ日本」とタイアップしているのかもしれません。その関係で羽田~新千歳線や羽田~福岡線などの長距離路線では、コーヒーの無料サービスもあるようです。

神戸空港から三宮へ向かう「ポートライナー」の車内から撮影。ポートタワーも小さく見えます。

東京から大阪へ飛行機で向かう場合、伊丹線や関空線に目が行ってしまいますが、空港から都市部へのアクセスを考えた場合、神戸空港も便利と言えます。交通の要所である三宮駅までは、新交通システム「ポートライナー」で約17分。結構使い勝手のいい空港だなぁ、とも思われます。

【惜別】さようなら上野動物園モノレール

皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?今日の話題は、パンダで沸いてる上野動物園から。

この上野動物園の東園と西園の間には、日本で最初の「懸垂式モノレール」が走っていましたが、施設の老朽化等によりこの10月31日で休止されることになりました。

東園駅に停車している、40形モノレールです。現在の車両で四代目だそうです。窓の大きさが広く、眺望を堪能出来るように配慮されています。

東園駅では、乗車記念のグッズが配られていました。

今回いただいたグッズです。上野動物園モノレールのペンダントストラップでした。

運転席です。乗車時間は短いですが、本格的に作り込まれています。ミュージックホーンを鳴らして、ハイ発車!

発車シーンを動画でお楽しみください。

乗車時間にして約2分の「空中散策」でしたが、満足出来ました。西園駅は、乗車を待つ人とグッズを買う人で大行列!この日はパンダ🐼よりも、モノレールの方が行列出来ていました。

東園と西園を結ぶ「こおろぎ橋」の所で、下からモノレールを撮影。ここも「大同業者まつり」でした!

1両目が近づいてきました。

連結部はこんなカラフルです。

編成全体は、こんな感じでした。

「こおろぎ橋」の所で、下からモノレールを動画撮影してみました。

子供の頃、親に上野動物園へ連れてきてもらった際、このモノレールに乗りたいとせがみましたが、「歩きで十分」と却下され悔しい思いをしました。そのリベンジを果たしたのが2006年(平成18年)の時でした。

この上野動物園モノレールは、将来の都市交通の試験線として開業した日本最古のモノレールで、もしもこのモノレールが実用化されていたら東京の都市交通は大きく変わっていたでしょうね。

しかし施設や車両の老朽化が進み、その修復費用に莫大な金額がかかる事や、園内施設のリニューアルなどから今回の「運行休止」に繋がったのです。これで「懸垂式モノレール」が走るのは、神奈川県の湘南モノレールと、千葉県の千葉都市モノレールのみになりました。