【号外!】明るい話題です!箱根登山鉄道が7月末に復旧します!

皆様、おはようございます。「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?コロナウイルスの影響で、全国的にこの週末の外出は控えましょう、という事態になってしまいました。

そんな中で、箱根から明るいニュースが飛び込んできました!

それは、昨年秋の台風で線路がやられて不通になっていた箱根登山鉄道の箱根湯本~強羅間が、思いより復旧工事が早く進んだため、今年の秋に全線復旧の予定が、7月下旬に早まることになりました。

先日は、強羅から早雲山を結ぶ箱根ケーブルカーも3月20日に工事が終わって運転を始め、この箱根登山鉄道の復旧に合わせるかのように早雲山駅もリニューアル工事をしています。

これに伴い、箱根を乗り物で一周する「箱根ゴールデンコース」も復活します。この7月下旬の運転再開の時には、コロナウイルス騒ぎも収束してもらいたいものですね!

【速報】3月20日、ついに復活!箱根ケーブルカー

皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきちの日」。いかがお過ごしでしょうか?今日の話題は、箱根から。

車両交換のため一時休業していた、強羅駅と早雲山駅とを結んでいた「箱根登山ケーブルカー」が3月20日から新型車両にての営業運転を開始することになりました。

今回も2両編成ですが、混雑緩和のため車内はロングシート(ベンチ式)になっており、また車掌さんが発車時に車内をチェックしやすいように、車内カメラが設けられたようです。

先日、関係者向けの試運転並びに試乗会が行われました。


強羅駅を出発する、試運転列車を動画で撮影してみました。よろしかったら、チャンネル登録もどうぞよろしくお願いいたします。

今、箱根登山鉄道線は昨年の台風による土砂災害で、全線でバス代行輸送となっておりますが、このケーブルカーの車両リニューアルは明るいニュースですよね!是非、箱根ご来訪の折にはいかがでしょうか?

特に強羅駅前の餃子センターは、メニューも多くおススメですよ!

【駅弁紀行】幕の内食べるなら、千葉駅の「万葉弁当」!

皆様こんばんは、「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきちの日」。いかがお過ごしでしょうか?

今日の話題は、千葉駅からお届けします。千葉駅には「やきはま弁当」「菜の花弁当」「黄色いトンかつ弁当」などの人気駅弁がありますが、その中でも幕の内弁当である「万葉弁当」が気になっていました。

その中身です。オーソドックスな内容ですが、どことなく安心するおかずのラインナップです。

千葉駅ということで、マグロの照り焼き、あさりの串焼き、ピーナツみそがさりげなく入っていることで、「千葉県らしさ」を出しています。

また、何よりもお米が美味しいです!おかずの味をより引き立てる重要な存在のご飯。見た目にも胃袋的にも、十分「千葉県らしさ」が感じられる内容です。

かつて房総各線が賑やかだった頃は、房総の主要駅で駅弁が販売されていました。内房線から回りますと、木更津駅「バーベキュー弁当」、館山駅「磯弁」、安房鴨川駅「あわびちらし」

ここから外房線に入り、勝浦駅「わかしお弁当」、大網駅「とりめし」。今度は総武本線・成田線に移り、四街道駅「いせやのやきとり弁当」、佐倉駅「歴史の散歩道」、成田駅「桑原のとんかつ弁当」、銚子駅「スペシャルお好み弁当」

今となっては、皆思い出話になってしまい、残っているのは安房鴨川駅「あわびちらし」に、勝浦駅「わかしお弁当」ぐらいになってしまいました。

尚、木更津駅「バーベキュー弁当」は、駅弁という範疇ではなくなりましたが、駅のキオスクで今でも販売しています。

千葉駅御来訪の折にはぜひ一度、この「万葉弁当」はいかがでしょうか?

【鉄なニュース】中央線と総武緩行線が運転系統を分断

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?今日は、3月14日のダイヤ改正に関する話題から。

現在、中央線(東京〜高尾間)では、早朝と深夜は各駅停車、それ以外では快速運転が行われています。

今回のダイヤ改正で、中央線系統の各駅停車の運転がなくなり、中央線は東京〜高尾間の快速運転、総武線は三鷹〜千葉間の各駅停車に終日なることになりました。

同時に、深夜走っていた総武線車両による武蔵小金井行きなどの運用もなくなります。

この「各駅停車 東京行」の表示も、間もなく見納め。

英文の表示です。中央線快速では、一部の電車にグリーン車とトイレも近く新設されますから、便利になりますね。そのうち、特別快速の甲府行きなんて登場かもしれませんね!(そうなりますと、世の18きっぱーとしては久しぶりの朗報になりますよね!)

【乗車レポート】特急「スーパービュー踊り子」のグリーン車にお名残乗車!

皆様、こんばんは。「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日は「てつきちの日」。これからはサボらない様に、更新していきたいと思います。

さて先日、この3月13日限りで引退する伊豆特急「スーパービュー踊り子」のグリーン車に、河津駅から伊東駅まで乗って来ました!

チケットをビューレディに見せて車内へ。ゆったりとしたグリーン席は、足下の間隔も広く、悠々と座れます。最近では格安高速バスやLCC(格安航空会社)などの安い座席にしか座っていなかったので、足下の間隔の広さに思わず感激でした!

座席につきますとビューレディが、ウエルカムドリンクのオーダーを取りにきますので、ホットコーヒー☕️をオーダー。

やがて運ばれてきた、ウエルカムコーヒーです。この様に座席でウエルカムドリンクが楽しめる列車は、今では「ななつ星in九州」などのクルージングトレインや、新幹線のグランクラス位になり、一般の特急列車ではこの「スーパービュー踊り子」が唯一と言えます。

こちらは2人がけの座席💺です。リクライニングも深く倒れるようになっています。

それでは車内の他の設備も見ていきましょう。まずは2号車1階の個室から。

こちらがその個室内部で、グリーン料金プラス個室料金がかかります。グループ旅行なんかにはいいスペースですね。後継車である「サフィール踊り子」にもグリーン個室が出来ますので、今から楽しみです!

個室部分の座席です。一度、ここで宴会やりながら伊豆へと旅したかったなあ!

1号車1階部分の、グリーン車乗客専用のサロンです。この時は「お名残乗車」の方も多く、皆譲り合いながら写真を撮っていました。

車内販売のメニューです。以前に比べると寂しくなりましたね。かつてはこのサロンで、カレーライス🍛も出されていた時期がありました。

サロンの片隅にある、厨房設備です。電子レンジなどもあり、ちょっとした軽食も出せるようになっていました。

車内販売品の数々です。これも時代の流れでしょうか?

ちなみに今回は撮影できなかったのですが、東京寄り先頭車である10号車は二階建になっており、1階部分はフリースペースの子ども室になっています。

少しデラックスな気分を味わっているうちに伊東駅到着です。後継車としてデビューする「サフィール踊り子」にも期待ですね!

熱海駅を発車する特急「スーパービュー踊り子」の出発シーンを、動画で撮影してみましたのでお楽しみください。良かったら「チャンネル登録」もどうぞよろしくお願いいたします!