【奇跡のショット!】2台揃った京王バス東の「ワンロマ復刻塗装車」

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」。今日も乗り物の話題をお届けしたいと思います。

今日の1枚は先日、永福町にある京王バス東の車庫で撮影したものです。従来の塗装車を挟むかの様に「ワンロマ復刻塗装車」が停車していましたので、思わず1枚。

では「ワンロマ車」とは一体、どんなバスのことを言うのでしょうか?

京王バスの場合、正式名称は「路線・高速兼用車」といい「ワンマン・ロマンス」の略称から「ワンロマ車」の通称で呼ばれていました。

この「ワンロマ車」が登場したのが、昭和50年代前半。当時の京王帝都電鉄バスは、路線網の拡張で新車を何両も増備していました。また浜松町・新宿~富士五胡間(現在、浜松町発は廃止されました)を走っていた「中央高速バス」は休日ともなると増発、増車が相次ぎ、料金箱設備のない貸切車まで車掌さんを乗せて駆り出すという状態でした。

そこで1978年の「中央高速バス甲府線」開業を機に、路線バス・高速バス両方で使用できるタイプのバスを登場させよう、という事で登場したのが、初代の「路線・高速兼用車」でした。

これが初代「ワンロマ車」のカラーリングです。平日は一般の路線バスに使用するという事で、2ドアにつり革と通勤仕様でしたが、車内は高速バスに対応できるようにリクライニングシートが設けられました。

数年後に登場したのが、トップ画像の左側にある「白と緑のワンロマ車」です。塗装は白色ベースに、オレンジやグリーンでカラーリングされ、降車用扉は4枚の折戸式となっていました。

中央高速バスの増発便に使用するという事で、方向幕には「河口湖」「山中湖」「本栖湖」「甲府駅」等の表示も入り、主に永福町と中野の営業所に集中配置され、平日は新宿駅西口~中野車庫間、新宿駅西口~永福町間等の一般路線バスに、休日は「中央高速バス」の増発便としてフレキシブルに活躍しました。

1986年頃には3代目の「ワンロマ車」が登場し、こちらは黒をベースとした貸切車と同一のカラーリングになりました。

しかし年月が経つにつれ、一般便と「ワンロマ車」による増発便のサービス格差が出たことや、車内が観光仕様であったため、ラッシュ時の使用に困難をきたしたことから、次第に「中央高速バス」の増発便は、貸切車に車掌さんを乗せてまかなう事が多くなりました。

こうしてかつての「ワンロマ車」は、一般路線車へ格下げされ、中には座席のリクライニング装置を撤去したバスもありました。そして短距離の貸切や、大学等の契約輸送専用車に転用され、波瀾万丈な人生を終えたのです。

子供の時に京王バスに乗った時、このバスが来たら「あー、ラッキー!」と思った事を、今も覚えています。そんな懐かしい時代のカラーリングを復活して下さった京王バスさんに脱帽です!

京王バスと言えば、こんな動画を作ってみました!良かったら、チャンネル登録もどうぞよろしくお願いいたします。

【バスの小さな旅】♪お寺めぐりの~バスは~走る~お寺の中を行く関東バス

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」。今日も乗り物の話題をお届けしたいと思います。

今日は路線バスの小さなバス旅の話題です。

歴史があるお寺の多い、烏山寺町(東京都世田谷区)。そこへのアクセスとして活躍しているのが、関東バスの循環バスです。

京王線千歳烏山駅を起点に、寺院通1番から5番まで停まっていき、久我山病院で反対方向へ折り返し。烏山寺町の中には、毎年冬になるとシベリアからの鴨が年を越す池のある高源院(「寺院通5番」下車)など、見どころも多いですので、コロナ収束後のお出かけに是非、いかがでしょうか?

【鉄道グルメ】新幹線の中でないと食べられない、スジャータのアイスクリーム!

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきち」の日。今日も乗り物発の話題をお届けしたいと思います。

今日の1枚は名古屋駅から。高速バス乗り場より新幹線方向を狙って撮影してみました。

さて、そんな新幹線の車内販売で欠かせないのが、「スジャータのアイスクリーム」です!通常のアイスクリームよりカチカチに硬く、スプーンが入れられない程です。

中身を見てみる事にしましょう。まるで冷凍庫から出した状態そのままで、提供されていました。これを食べるには、3~4分ほどそのまま置いて、落ち着いてからスプーンを入れると良いようです。

また味わいも、通常のバニラアイスクリームより卵を多く使っているせいか、とても濃厚な味わいがします。通の方の中には、ホットコーヒーとアイスクリームを一緒にオーダーして、交互で味わっている人もいます。一度是非、お試しあれ!

尚、東海道・山陽新幹線ではバニラ味と抹茶味が楽しめる他、路線によってアップルやコーン(期間限定)などの限定フレーバーもあるようですので、新幹線や特急列車にご乗車の際には是非、食べ比べなどいかがでしょうか?

【鉄道速報!】阪神電車から「青胴車」も2023年までに引退へ!

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」。今日も乗り物の話題をお届けしたいと思います。

さて、大阪の阪神電車から驚きの話題が飛び込んできました!

それは先日お話した、武庫川線の「赤胴車」7961形に続いて、本線系統の普通車に使用されている5001形(二代目)が、老朽化とバリアフリーの問題から、2023年を目途に全車引退するというものです。

この5001形(二代目)は、普通電車用に急加速・急減速が出来るような機能を備え、別名「ジェットカー」と呼ばれていました。1977年(昭和52年)に、普通電車の冷房化をも目指して登場し、初代5001形を引退させました。

側面の阪神のマークも輝いていますね!

しかし、老朽化とバリアフリー化が進む中で、世代交代の波が阪神電車にも押し寄せてきました。武庫川支線の「赤胴車」7961形に続いて、この青とクリームの塗装が目印の「青胴車」も、間もなく引退。今では各駅停車でしか見なくなっただけに、引退の日まで是非、撮影や乗車しておきたいものです。

尼崎駅から歩いて5分のところの「ヒノデあめ」さんです。手作りの飴が美味しく、芸能界の中でも愛用する方が多いと聞いております。

【滅多に見れない経験!】東海汽船「三代目さるびあ丸」の進水式を見てきました!

皆様、おはようございます。「てつきち」です。毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」。今日も楽しい、乗り物の話題をお届けしたいと思います。

東京(竹芝桟橋)から大島、利島、新島、式根島、神津島を結ぶ東海汽船の伊豆七島航路。日中はジェットフォイル(高速船)が活躍していますが、東京を夜出て翌朝神津島へ向かい、そして折り返してくる航路は、純客船(フェリーではない純粋な客船)が活躍しています。

その新しい純客船「さるびあ丸」は今回で三代目。6月下旬にデビュー予定です。それに先立って昨年11月、下関の三菱造船所で進水式が執り行われました。

その普段ではなかなか見る事の出来ない進水式、旅行会社のツアーで行って「この目で」見る事が出来ましたので、その様子をお届けしたいと思います。

集合が福岡のホテルに前泊集合だったので、一足早く福岡入り。太宰府天満宮や竈門神社などを巡ってきました。

翌朝は添乗員さんの案内のもとバスに乗車し、一路下関へ。ツアー参加者の中には、伊豆諸島から来られた方もいらっしゃいました。それだけ東海汽船の航路は「生活にはなくてはならない」存在なのですね!

途中休憩を挟みながら関門橋を行き、目的地の三菱造船所へ到着です。

まずはその姿に圧倒されました。東海汽船の船舶には何回か乗った私にも、そのデカさには圧倒されます。今回は、各地からのツアーや地元の学校・保育園からの「かわいいお出迎え」の姿もありました!

舳先で割るくす玉とシャンパンの調整をしている係員です。今からワクワクしてきますね!

舳先で割られるシャンパンの用意も出来ました!

来賓席では東海汽船の社長や各方面のVIPの方がいらしていました。白い服を着ている女性は、東海汽船のマスコットガール・小池夏海さんです。東海汽船の社長様と彼女で、船と地上とを繋いでいる支鋼を断ち切るそうです。

やがて東海汽船の社長から新しい船の名前の発表があり、「さるびあ丸」の名前が来場者に披露されました。

さぁ「さるびあ丸」の名前が披露され、いよいよ進水式です!東海汽船の社長とマスコットガールによって支鋼が黄金の斧で断ち切られました!

くす玉が割れ、シャンパンが舳先に叩きつけられて割られました。いよいよ「さるびあ丸」進水です!

ゆっくりと「さるびあ丸」が水面へと進んでいきます。この瞬間をしっかり胸に焼き付け、何枚もカメラのシャッターを切りました。

「さるびあ丸」はしっかりと海に浮かびました。思わず拍手が飛びます!こんな瞬間、なかなか見る事が出来ませんね。

動画で、進水式のダイジェストを撮影してみました。良かったら、チャンネル登録もどうぞよろしくお願いいたします。

思えば、私が東海汽船の船で乗ったのは、いつも「さるびあ丸」でした。

まず1979年(昭和54年〉の小学校1年生の時、当時通っていたスイミングスクールの夏合宿で新島に行った時、行きは熱海まで貸切バス、熱海から新島までと、帰りの新島から竹芝桟橋まで乗ったのが、初代の「さるびあ丸」でした。当時の東海汽船の船舶の中では、主に八丈島航路に使用されていた「ふりいじあ丸」に次ぐ大きさで、子供心に「とっても大きな船なんだなぁ」と思った事を思い出します。

帰りの竹芝行きでは少し揺れ、船酔いになる子もいましたが、何故か私は「乗り物酔い」というものには縁がなく、ケロッとしていたのも思い出します。

二代目の「さるびあ丸」は、2009年(平成21年)と2010年(平成22年)に、夏の「東京湾納涼船」で乗りました。乗船時間は1時間45分という短い時間でしたが、船の上から港や東京都内の灯りを見る事が出来、とても楽しかったです!今年も乗りたかったのですが、コロナの影響で全便欠航となってしまったのが残念です。

そして造船所を後にして、フグで有名な唐戸市場でフリータイム。下関駅にて離脱しました。

今回、この様な素晴らしい企画を組んでいただきました旅行会社・トラベルロードの守家社長に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。そして添乗員という大役を務められた村上様、本当にありがとうございました!

定期航路としては6月下旬から、主に東京~神津島航路で使用されるそうです。コロナが収束したら、この三代目「さるびあ丸」で大島の旅に是非行きたいものですね!