【秋の味覚】明知鉄道「きのこ列車」に乗ってきました!(岐阜県恵那市)




皆様、こんばんは。「てつきち」です。一日遅くなりましたが、今週も乗り物の話題をお届けしたいと思います。

日本の鉄道でも今では「グルメ列車」として、車内で郷土料理等が味わえる列車が各地で走っていますが、その火付け役となったのが、この岐阜県恵那市を走る明知鉄道(恵那~明智間)なのです。まずは地元・山岡で生産される糸寒天に目を付けた「寒天列車」、車内で摺り下ろしたとろろご飯が食べられる「じねんじょ列車」、秋の味覚であるきのこをふんだんに使った「きのこ列車」等々。

その中でも、一番予約が取りづらい「きのこ列車」に乗ってきました!

恵那駅からは、食堂車「きのこ列車」に乗車。この日の急行「大正ロマン」号は4両編成で、うち3両が食堂車「きのこ列車」という盛況ぶり。今から楽しみです!

きのこ尽くしのフルコースで、見た目にも楽しくなっています。前菜の盛り合わせに鮎の甘露煮、焼き松茸、ロージ茸の生姜和えなど、兎に角きのこ、きのこ、きのこ🍄でした!聞いたことのない名前のきのこもあり、きのこって本当に奥が深いんですね!

ご飯は松茸ご飯。勿論、お代わり自由です。あまりの美味しさに6杯もおかわりしてしまいました!

松茸の土瓶蒸しです。薄味で、松茸そのものの味を味わうことが出来ます。

土瓶蒸しの中にも松茸!本当にきのこ尽くし🍄です。

この明知鉄道は、途中駅のホームが傾斜状になっている駅や、「極楽駅」というとても縁起のよい駅名の駅があったり、多くの案山子達が迎えてくれる駅があったり、と車窓の風景も味わえる素敵な路線です。

終点の明智駅で撮影したショットです。同鉄道で動態保存されているC12型蒸気機関車と明知鉄道のディーゼルカーが並びましたので、思わず1枚。普段は機関庫で保管されているC12型蒸気機関車ですが、この日は乗務員訓練があったせいか、明智駅構内を何往復もしていました。

思わず動画も撮ってきました。汽笛入りで、懐かしい光景をお楽しみください。宜しければ、チャンネル登録もよろしくお願いいたします。