【ラッピング電車】乗った時から別世界!京王電鉄「サンリオピューロランドトレイン」



皆様、こんにちは。「てつきち」です。猛暑でダウンし、執筆が疎かになっていたことをまずはお詫び申し上げます。このページもせめて、当初のお約束通り毎週月曜日にはアップしていけたらと思います。

京王電鉄相模原線「京王多摩センター」駅から歩いて数分の所にある夢の国「サンリオピューロランド」。そこへ向かう列車として、とても夢のある列車が京王線で走っています。

その名も「サンリオピューロランドトレイン」!従来の9000系電車にピンク色のラッピング塗装を施し、側面にサンリオのキャラクターが描かれている「夢のような電車」です。

車内に吊るされている、この電車のPRポスターです。ハローキティが多摩センター親善大使に任命されたのも走ったである、と言われています。

まずは我らが、ハローキティです。今や世界的なキャラクターとなった、ハローキティ。独特の偉大なオーラを発しているかにも見えます。

ポムポムプリンです。最近ではオリジナルのカフェなども出来た、癒し系の犬キャラクターですね!

電車のボディにも、ポムポムプリンの絵がでっかく描かれています。これはお子様が大喜びですね!

女性にファンが多い、マイメロディちゃんです。このキャラクターも、息が長いですよね。

電車ボディに描かれた、マイメロディちゃんです。

サンリオでは珍しい「悪役キャラクター」バッドばつ丸です。個人的に一番好きなキャラクターなので、まさかラッピング電車で見られるとはとは思ってもいませんでした。

やはり、ばつ丸には赤いバラがお似合いですね。

けろけろけろっぴです。これも結構、長い歴史のあるキャラクターですね。

この配置、皆が笑顔になれるようなラッピングです!

ハローキティ、バッドばつ丸、けろけろけろっぴが揃った車両です。

キキララの兄妹が描かれています。このキャラクターも、何気に古くからいる人気のキャラクターですね。

この「サンリオピューロランドトレイン」は固定での運用はなく、本線系統の特急や準特急に使われる事もありますが、電車の特性上、相模原線系統の特急、準特急、急行、区間急行で使用されることが多く、運用によっては都営地下鉄新宿線に乗り入れて本八幡駅まで乗り入れる事もあります。従って、どこの線路で見られるかは運次第です。

でも実現するのなら、新5000系「京王ライナー」の1編成をサンリオラッピングして、新宿から多摩センター間ノンストップで「サンリオピューロランドライナー」なんて是非やってもらいたいものです。

次回もどうぞお楽しみに。

【今、人気のバス】ラブライブ!サンシャイン!!バス(静岡県三島市)


皆様、こんばんは。「てつきち」です。この週末は、大学のOB会の支部会で静岡県は三島に行ってきました。

翌日、ホテルを出て駅前のバスターミナルに着いた時、派手なラッピングのバスがいるのを発見!

見たところ、これが噂には聞いていた人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」とタイアップしたラッピングバスでした。

ボディには一面、アニメのキャラのイラストとサインが描かれています。正面には、主人公のヒロインたちが通う「浦の星女学院」の校章があるのがアクセントです。

これだけキャラが描かれていますと、アニメファンならずとも思わず写真を撮りたくなります。この日も多くのファンや通行人達が、珍し気なラッピングのされているこのバスをスマホなどで撮影していました!

こちらは左サイドです。ここまで凝って、アニメファンの目を惹いたラッピングバスはないでしょう。

このバスを運用している東海バスオレンジシャトル(沼津管内路線を担当)によりますと、この「ラブライブ!サンシャイン!!」バスは路線用が3両あり、それぞれ運用固定で使用されています。運用時刻は東海バスホームページで参照することが可能です。また物語の舞台となっている内浦地区(西浦線)では、伊波杏樹さん(Aqours・高海千歌役)が東海バスの車内アナウンスを務めます。

また4号車は、高速バス「三島エクスプレス」(バスタ新宿~三島駅~大平車庫間)として運用されています。今度はバスタ新宿で見てみたいものです。

【空の旅】バニラエア「お名残搭乗」で嬉しいサプライズ!




皆様、こんばんは。「てつきち」です。先週は北海道に、伊豆にと飛んでいたのでお休みをいただきました。今週から、毎週月曜日に定期更新してまいります。

思い立って行ってきた、北海道。その目的は、愛用しているLCC・バニラエアのお名残搭乗でした。この10月をもって、同じ全日空系列のLCC・ピーチと統合合併のため、バニラエアは姿を消します。既に成田~那覇線はピーチに移管され、愛用していた成田~新千歳線も8月31日を最後に移管されます。

ウイングレットのVの文字も、間もなく見納めです。今回は窓際の席に当たったので、上空からの写真を撮りまくっていました。

今回オーダーした機内食です。奄美大島の郷土料理・鶏飯雑炊と、バニラエアクリームパン(コーヒー付セット)で合計1,000円なり。バニラエアの就航している、奄美大島の郷土料理をまさか機内食で味わえるとは思いませんでした!

こちらがバニラエアの名物クリームパンです。成田ゆめ牧場のミルクを使ったカスタードクリームがぎっしりと詰まっていました。バニラエアのロゴが焼き付けてあるのがいい感じですね!

新千歳空港のラウンジから見た、バニラエアのA320です。

北海道では札幌、余市を回り、帰りもバニラエアでした。帰りの便は使用機材の到着遅れとかで10分ほど遅れての出発。

安定飛行になったと同時に、キャビンアテンダントさんに機内食をすぐさまオーダーしました。

今回は、ビーフシチュー(クロワッサン付き)とバニラエアピーチクリームパン(コーヒー付セット)、それにお土産としてクリアファイルも購入して1,300円なり。クロワッサンの袋は、気圧の関係でパンパンに膨らんでいました。

こちらがバニラエアピーチクリームパンです。ピーチ味のクリームがぎっしりと詰まっていました。キャビンアテンダントさん曰く、6月の限定商品なのだそうです。

「札幌行く時はいつもバニラエアだったんですが、ピーチと統合でお名残搭乗ですよ」と言った事もあってか、容器の蓋にはキャビンアテンダントさんからの直筆メッセージが書かれていました。日航や全日空などのレガシーキャリアでも、この様なサービスはないでしょう!

「本日のご搭乗、誠にありがとうございます。こちらをどうぞ。」空き容器を下げに来たキャビンアテンダントさんが、1枚のカードを下さいました。

こちらがその、手書きのメッセージカードです!今まで幾度となく飛行機には乗ってきましたが、この様なカードを頂いたことは初めてでした!これだけで「札幌行く時はいつもバニラエア使って良かった!」と思える出来事でした。

約1時間20分の空の旅を終えて、バニラエアJW920便は成田空港へ着陸。その到着アナウンスでも、バニラエアとピーチが統合することが告げられました。新しい路線のネットワーク、そして双方の会社のいい所を活かした新しいサービスに期待がかかります!

バニラエアのキャビンアテンダントの皆様、いい旅の思い出をありがとうございました!

【これからが必見!】箱根登山鉄道とあじさい(神奈川県箱根町)



皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきちの日」と銘打っておきながら、昨日は更新できずに申し訳ございませんでした。そこで今週と来週は、火曜日にこのページを更新したいと思います。

今週の「てつきち」は、箱根からタイムリーな話題をお届けいたします!箱根と言えば登山電車、登山電車と言えば沿線の紫陽花(あじさい)!今年は例年に比べまして開花が遅いせいか、今頃辺りが紫陽花の見頃といえます。

元々は線路の法面補強の為に植えられた紫陽花ですが、いまでは立派な観光資源になりました。中でも一番のビューポイントは、箱根湯本駅から数えて二段目のスイッチバックがある大平台駅の辺りです。ここには、箱根湯本方向へ向かう線路と強羅方向へ向かう線路と二本あり、その間に紫陽花の群落があります。狭い場所のため、三脚を使用しての撮影には不向きと言えます。

強羅駅へと向かって山を登っていく「ベルニナ」号です。箱根登山鉄道の標準色ですね。赤いボディカラーと赤色の電車がよく映えますね。

箱根湯本駅から山を上がってきた「ベルニナ」号の旧塗装です。登場時はこの様に、小田急ロマンスカーを意識した塗装でした。

箱根湯本駅から1つめの駅・塔ノ沢駅です。箱根湯本方面のホームには紫陽花の花壇や、銭洗弁天があり、観光客の目を楽しませてくれます。

強羅方面のホームにも紫陽花が植えられ、電車がくると丁度いい絵になりますね!特にモハ1形やモハ2形などの旧型電車ですと、思わず「やったー!」と小躍りしたくなります。

塔ノ沢駅ホームの銭洗弁天です。提灯の雰囲気がいい感じですね!

「夜のあじさい電車」に乗ってきました!

箱根登山鉄道では、毎年6月中旬から7月上旬にかけて見頃を迎える「あじさいシーズン」の間、沿線のライトアップをするところがあります。そして、そのライトアップされた紫陽花を電車の中からどうぞ、ということで夜行の座席指定電車「夜のあじさい電車」を箱根湯本発、強羅発それぞれ毎日1便ずつ出します。

今年(2019年)からはネット予約限定となりましたが、私が乗った時はまだ電話予約で、予約の電話もなかなか繋がらず、ようやく繋がったと思ったら、

「箱根湯本発は全便満席になりました。〇月〇日の強羅発ならまだ空いてます」

てな具合の人気でした。また一人客は「ボックス席ではなく、ロングシート部分になるのでご了承ください」とも言われました。

強羅駅で受付を済ませて、予約していた「夜のあじさい電車」へ。発車のベルが鳴ると同時に、カウベルの音がカンカンと。ホームを見ると強羅駅の駅長さんや助役さんが、「夜のあじさい電車、行ってらっしゃい!と書いたボードを持って見送ってくれました。

「夜のあじさい電車」は、ライトアップされた区間を走るのでその時は車内灯が減光または消灯する旨告げられました。主なビューポイントは、彫刻の森駅付近、大平台駅、塔ノ沢駅がいいと車内放送がありました!

ライトアップされた、大平台駅付近の紫陽花です。ここの紫陽花を昼間に撮影してみたい、と思って後日再訪した程でした。

三ヶ所のスイッチバックを経て山を下ってきた「夜のあじさい電車」は、塔ノ沢駅で時間調整と列車交換のため11分間停車します。ここのホームの紫陽花は間近で見ると本当に見事でした!また、車掌さんの制帽を借りてヘッドマークを持って記念撮影も出来、行列が出来ていました。勿論、私も1枚撮影してきました!

終着駅・箱根湯本駅に到着した「夜のあじさい電車」です。この日の担当は、「ベルニナ」号の旧塗装でした。紫陽花と電車は実にいい絵になるな、とうっとりさせられたひと時でした。

「夜のあじさい号」の予約ページはこちらです。(箱根登山鉄道HPより)

また、このページでも既にお知らせしましたが、箱根登山鉄道最後の「吊り掛けモーター車」である、モハ103号車とモハ107号車の通称「サンナナ編成」が7月19日(金)にラストランを迎えます。そこで6月上旬より、オリジナルの装飾が施されて走っていますので、併せて撮影などいかがでしょうか?

混雑が予想されますので、撮影は譲り合いの気持ちを持って皆が気持ちよく撮影出来る環境を作りましょう!

【今が見頃!】あじさいと伊東線を絡めて撮影出来るポイント(静岡県熱海市)



皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は、「てつきち」の日。今週も楽しい乗り物の話題をお届けして参りましょう。

というわけで今回やって参りましたのは、静岡県熱海市。熱海と伊東を結ぶ伊東線ですが、その沿線に紫陽花と電車を絡めて撮影出来るスポットがあると聞いて、前から行ってみたいと思っていました!

その場所とは、電車の駅で言えば伊豆多賀駅と網代駅の間。国道135号線沿いで、小山臨海公園のある辺りです。JR網代駅からでも徒歩15分位で行けますが、熱海駅からでしたら東海バスの「網代旭町」行きもしくは「弘法滝」行きで、「小山」もしくは「多賀車庫」下車が便利です。

ここではJR伊東線が国道135号線に沿って走り、線路の生け垣区間約400mに法面補強も兼ねて、紫陽花約800株が植えられています。地元の「小山あじさいを愛する会」の会員約30人が手入れを続けてくれて、毎年6月中旬頃に見頃を迎えます。

国道を跨ぐようにして位置する歩道橋の上から撮るのが一番のポイントで、三脚の使用もできますが、周りの方への配慮をお忘れなく。

まずは伊東駅始発の東京行き特急「踊り子」号です。185系の緑色のストライプは、1981年(昭和56年)に登場した時は度肝を抜かれるような斬新なデザインでした。当時は普通電車としての運用も多くあったので、普通車の座席は転換式クロスシート。一時は「ぼったくり特急」とまで揶揄されましたが、現在は特急運用がメインで普通電車としての運用は無くなったので、普通車の座席もリクライニングシートになりました。

ただ、この185系も老朽化が進み、後任に「あずさ」号、「かいじ」号で使用していたE257系を改造して投入する事が決まったため、この姿を撮影出来るのもあと少しとなりました。

今度は伊豆急下田へと向かう下り特急「スーパービュー踊り子」号です。色とりどりの紫陽花に迎えられ、251系もどことなく嬉しそうですね。全車座席指定のこの「スーパービュー踊り子」号は、下田方先頭の2両がグリーン車で、展望が楽しめることや、ゆったりくつろげるグリーン席専用のラウンジ、グループ用の個室があります。また東京方先頭の10号車の1階には、家族連れでの利用を意識した「子ども室」もあります。

この251系特急「スーパービュー踊り子」号も、全車グリーン車指定席となる新型車両の登場が先日プレス発表され、それと入れ替わる形で引退のようです。その前に、東京から伊豆急下田までフル区間にてこの251系特急「スーパービュー踊り子」号の旅を楽しんでみたいものです。

熱海方向へと向かう、伊豆急2100系リゾート21「黒船電車」です!リゾート21も、赤い「金目鯛電車」「黒船電車」だけになりました。「アルファリゾート21」は、今や「The Royal Express」として改造され、価格的にもおいそれと乗れる列車ではなくなってしまいましたが、この度JR北海道に貸し出され、北の大地をツアー列車として走るそうです。

鉄道写真は一期一会、その時その時を大切にして撮影したいものです。

次回もどうぞお楽しみに。