【秋の味覚】明知鉄道「きのこ列車」に乗ってきました!(岐阜県恵那市)




皆様、こんばんは。「てつきち」です。一日遅くなりましたが、今週も乗り物の話題をお届けしたいと思います。

日本の鉄道でも今では「グルメ列車」として、車内で郷土料理等が味わえる列車が各地で走っていますが、その火付け役となったのが、この岐阜県恵那市を走る明知鉄道(恵那~明智間)なのです。まずは地元・山岡で生産される糸寒天に目を付けた「寒天列車」、車内で摺り下ろしたとろろご飯が食べられる「じねんじょ列車」、秋の味覚であるきのこをふんだんに使った「きのこ列車」等々。

その中でも、一番予約が取りづらい「きのこ列車」に乗ってきました!

恵那駅からは、食堂車「きのこ列車」に乗車。この日の急行「大正ロマン」号は4両編成で、うち3両が食堂車「きのこ列車」という盛況ぶり。今から楽しみです!

きのこ尽くしのフルコースで、見た目にも楽しくなっています。前菜の盛り合わせに鮎の甘露煮、焼き松茸、ロージ茸の生姜和えなど、兎に角きのこ、きのこ、きのこ🍄でした!聞いたことのない名前のきのこもあり、きのこって本当に奥が深いんですね!

ご飯は松茸ご飯。勿論、お代わり自由です。あまりの美味しさに6杯もおかわりしてしまいました!

松茸の土瓶蒸しです。薄味で、松茸そのものの味を味わうことが出来ます。

土瓶蒸しの中にも松茸!本当にきのこ尽くし🍄です。

この明知鉄道は、途中駅のホームが傾斜状になっている駅や、「極楽駅」というとても縁起のよい駅名の駅があったり、多くの案山子達が迎えてくれる駅があったり、と車窓の風景も味わえる素敵な路線です。

終点の明智駅で撮影したショットです。同鉄道で動態保存されているC12型蒸気機関車と明知鉄道のディーゼルカーが並びましたので、思わず1枚。普段は機関庫で保管されているC12型蒸気機関車ですが、この日は乗務員訓練があったせいか、明智駅構内を何往復もしていました。

思わず動画も撮ってきました。汽笛入りで、懐かしい光景をお楽しみください。宜しければ、チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

【機内サービス】スカイマークの機内でコーヒータイム




皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきち」の日。今週も乗り物の話題をお届けします。

最近では成田空港からLCC(格安航空会社)を使う機会が多い、私「てつきち」ですが、先日親戚関係の用事で関西へ日帰りで行ってきました。羽田空港のゴールドカードラウンジで、クロワッサンとコーヒーの朝食をとり、飛行機へ。神戸行きのスカイマークはB737-800でした。

スカイマークの機内では、キットカットが無料でサービスされたので、コーヒー(100円)をオーダー。神戸線を飛ばしていることもあって、神戸に本社のある「ネスレ日本」とタイアップしているのかもしれません。その関係で羽田~新千歳線や羽田~福岡線などの長距離路線では、コーヒーの無料サービスもあるようです。

神戸空港から三宮へ向かう「ポートライナー」の車内から撮影。ポートタワーも小さく見えます。

東京から大阪へ飛行機で向かう場合、伊丹線や関空線に目が行ってしまいますが、空港から都市部へのアクセスを考えた場合、神戸空港も便利と言えます。交通の要所である三宮駅までは、新交通システム「ポートライナー」で約17分。結構使い勝手のいい空港だなぁ、とも思われます。

【池袋で発見!】気分は空の旅!雰囲気と味で機内食を楽しめるレストラン!


皆様、おはようございます。「てつきち」です。強かった台風が去り、台風一過のカラリとした空模様になりましたね。


さて先日、池袋に機内食風のメニューを食べさせてくれるレストランがあると聞いたので、予約して行ってきました。

お店の名前は「ファーストエアラインズ」さん。お店の待合室には、空港をイメージしたこの様な出発案内があります。また、羽田空港や成田空港で実際に使用されているチャイムも再現されていました。

時間が来たので、機内へ案内。かつてのファーストクラスやビジネスクラスで使用されていた座席を実際に使用しています!

こちらが元ビジネスクラスの座席です。

キャビンアテンダントさんが出発の案内。これから2時間のハワイへの旅のスタートです。

壁にも映像で、この様な演出がされます。この後はVRスコープを付けて、ハワイへの立体旅行。その迫力と演出には圧倒されました!

VRツアーが終わると、お待ちかねの機内食です!

まずは前菜から。右よりアボカドとクリームチーズのマリネ、ガーリックシュリンプ、マグロのポケです。この他、ドリンク1杯のみ無料です。

オックステールスープです。お好みでパクチーを加えてもいいそうです。


メインはローストビーフです。ハワイ路線に相応しく、フルーツソースで仕上げられています。

デザートの「ハワイ風パンケーキ」です。この時に、コーヒーか紅茶が出ます。

この日はお誕生日の方がいて、バースデーソングが流れ、オリジナルプレートが出ていました。この演出、他のお客様からも拍手👏が起こりました!

内容としては満足したこのレストラン、「航空会社とタイアップした機内食メニュー」を出せばもっといいのにな、とアンケートに書いておきました。

飛行機の乗らなくても機内食風のメニューを食べられるレストランは、この「ファーストエアラインズ」の他、成田さくらの山公園にある「レストランチャーリィズ」、芝山町の「航空科学博物館」の展望レストラン、成田空港「エアポートレストハウス」(15名以上の団体のみ)、関西国際空港「レジェンドオブコンコルド」がありますが、本格的な飛行機内を模した雰囲気の中で食べられるお店はこの「ファーストエアラインズ」のみです。

空の旅の楽しみである機内食。空の旅に思いをはせながら、是非行かれてみてはいかがでしょうか?

【駅弁紀行】直江津駅「海の幸弁」(ホテルハイマート)



皆様こんばんは、「てつきち」です。今夜も楽しい乗り物の話題をお届けしたいと思います。
今日の話題は、8月に行ってきた北陸の「青春18きっぷ」旅から。上野駅を早朝に出て、上越線で一路越後湯沢から小千谷、長岡と旅して長岡花火大会を鑑賞し、新潟泊。

翌日は新潟から、日本海沿いに金沢まで旅しました。途中の長岡から直江津までは、時間短縮のため特急「しらゆき」号でワープ。かつて「フレッシュひたち」で使用されていたE653系が移籍してきて、新潟~上越妙高間の北陸新幹線連絡特急「しらゆき」号として使用されています。

青海川駅付近の海岸線の風景です。海水浴を楽しんでいる方が沢山いますね!この青海川駅はかつて、TVドラマ「高校教師」のラストシーンで出てきた事でも知られています。

日本海の海岸線です。冬には激しい吹雪となることもある日本海も、夏の時期はまるで別人の様に優しい笑顔を見せていました。海水浴客の歓声が、こちらまで伝わってくるようです。

直江津駅で、特急「しらゆき」号を降ります。信越本線のE127系による普通電車と、えちごトキめき鉄道「日本海ひすいライン」を走るディーゼルカーとの並びです。かつての北陸本線はこの駅が始発駅で、高崎駅からこの直江津駅までが直流電化、直江津駅から先の富山・金沢方面が交流電化と分かれており、この先の境には無電区間(デッド・セクション)がありました。

しかし北陸新幹線が開通して北陸本線の直江津~津幡間が、泊駅を境に第三セクター「えちごトキめき鉄道」「あいの風とやま鉄道」に変わりますと交直流両方走行可能な電車ではなく、コスト削減のため直江津~泊間はディーゼルカーでの運行に切り替わりました。

丁度お昼時で、ここの駅でランチタイムにすることにしました。この直江津駅の駅弁は、駅前にあるビジネスホテル「ホテルハイマート」さんが作っています。

「すみません、『磯の漁火弁当』ありますか?」

「申し訳ございません、今売れちゃったんですよ。今は1日3個しか作らないんです。」

ここで名物の『磯の漁火弁当』を食べたかったのですが、売り切れだったのは残念です。その代わりに、立ち売りのおじさんおススメの『海の幸弁』にしました。

こちらが『海の幸弁』の中身です。スルメイカの天ぷら、甘辛く煮たニシン、帆立貝、南蛮エビ(甘エビ)が所せましと乗っかっています。さすがは日本海ならではの味を集めたな、と感心しました。

今度こそは、予約して『磯の漁火弁当』を食べるぞ!

【富山で再会!】富山地方鉄道「アルプスエキスプレス」に乗ったぞ!


皆様、こんばんは。「てつきち」です。またまた、前回の更新から日が開いてしまいました。今回は、4月に行った富山の旅からひとつ。

立山駅で、次の電鉄富山行き列車は特急「立山」号。しかも観光列車「アルプスエキスプレス」使用!それを聞いて、すかさず2号車の指定席を確保しました。

この観光列車「アルプスエキスプレス」は、かつての西武特急「レッドアロー」を移籍させたもので、1編成のみ水戸岡鋭治氏のデザインによりこの様にされました。

特にリニューアルが施されたのが、座席指定車両である2号車で、ラウンジ仕様になったようです。どんな車内か、ワクワクしてきますね!

「特別車両」ということで、2号車の入口には暖簾がかかっていました。水戸岡氏の手掛ける全国各地の観光列車ではお馴染みのデザインですね!

車内の富山地方鉄道全線路線図も、この様な遊び心一杯のデザインになっていました。

車端部のファミリーシートです。4名定員で、家族連れにはちょうどいいですね!

車内に設けられたサービスカウンターです。「有料特急列車」としてこの編成が使用される場合は専任のアテンダントが乗務して、車窓案内やドリンク類、グッズの販売を行います。(冬季は営業休止)

サービスカウンター付近の座席です。山向きの座席はこの様に、座席に向かってカウンターがあり、1人掛の椅子が並んでいます。

車内の中央部には、ライブラリーコーナーがあります。鉄道や山の本、絵本、沿線の鉄道写真家が撮影した地鉄電車のアルバムなど、旅の読書タイムには楽しいコーナーです。

3号車の車内です。西武特急「レッドアロー」時代のリクライニングシートがそのまま活用され、シートモケットを張り替えて「豪華さ」を出しています。

これが3号車のリクライニングシートです。有料特急には相応しいつくりですね!

先頭車の車端部にあったキッズカウンターです。これならお子様も、堂々と窓の外を見ることが出来ますね。

ちなみにこちらが1号車です。3号車とは座席のモケットが違いますね。「有料特急列車」として走る場合、中間車の2号車が指定席、1号車と3号車が自由席になります。尚、富山地方鉄道の特急電車は、乗車の際には乗車券の他に別途、大人200円の特急券が必要となります。また、2号車の指定席は、空席がある場合は車内のサービスカウンターでも販売しています。

電鉄富山行き特急「立山」号は、定刻に立山駅を発車しました。発車するとすぐ、アテンダントさんが車内検札にやって来て、指定券の拝見を求められました。

富山地方鉄道の立山線は山岳区間を走る路線だけあって、川の渓谷美や緑が目を楽しませてくれます。車内販売で買った200円のコーヒーも、より味わい深く感じるほどです。

西武鉄道時代は、秩父の山々へ向かう観光客や登山者を乗せて走っていた特急「レッドアロー」。池袋~西武秩父間の「ちちぶ」号、池袋~所沢・飯能間の「むさし」号の他、デビュー当時は毎週金曜日の深夜に運転された夜行特急「こぶし」号というのもありました。これは秩父の山々の一つ・甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)から名前を取り、金曜の深夜に池袋駅を出発して西武秩父駅へと向かいました。到着後は車内で仮眠ができ、早朝の登山バスに接続する、というダイヤでした。

後に新宿線系統でも西武新宿~西武秩父間に、休日限定ではありますが「おくちちぶ」号が走り、秩父への足として、そして通勤ライナーとしてこの特急「レッドアロー」は走ってきたのです。

私が初めてこの特急「レッドアロー」に乗ったのは、1993年(平成5年)の大晦日、秩父に当時あったユースホステルの年越しパーティーに行くため、所沢から西武秩父まで乗ったのが最初です。奇しくもこの日は、西武特急での車内販売営業が最終日で、「本日をもちまして、西武特急レッドアロー車内での車内販売を終了させていただきます。」と車内放送が流れたのを覚えています。

5000系特急「レッドアロー」の後継車として、まず新宿線系統「小江戸」(西武新宿~本川越間)デビューした10000系特急「ニューレッドアロー」では、車内販売の代わりに先頭車にジュース類の自動販売機が設置されました。またカード式公衆電話も設置されましたが、携帯電話の普及によりこちらは現在、撤去されました。

西武特急も新型特急車「ラビュー」のデビューにより、10000系特急「ニューレッドアロー」が秩父線系統から離脱する日も近くなりました。編成の中には「レッドアロークラシック」題して、この5000系初代「レッドアロー」が纏っていた、赤とクリームの塗装を復刻したものもあります。

秩父の山から、北アルプスの立山へ。この5000系初代「レッドアロー」は、山に縁が深い特急列車なんですね!

そんな事を考えているうちに特急「立山」号は、終着駅・電鉄富山駅へと到着しました。乗車時間は約1時間弱。ちょっと物足りないかな、という感じもしました。次回は乗車時間の割合長い、「アルペン特急」(立山~寺田~宇奈月温泉間)で乗ってみたいものです。