【懐かしの1枚!】近鉄特急12200系「スナックカー」

皆様、おはようございます。「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」でしたが、昨日は取材のためお休みをいただき、今朝お送りいたします。

さて本日も、懐かしの画像から1枚。今日の1枚は、1988年(昭和63年)に中学の修学旅行で伊勢・奈良・京都を旅した時、近鉄名古屋から宇治山田まで乗った近鉄特急12200系「スナックカー」の写真です。

この時乗車したのが、近鉄名古屋11:10発の特急鳥羽行き。途中主要駅停車のいわゆる「乙特急」でした。当時の近鉄名古屋駅発の近鉄特急は、毎時00分が大阪難波行きのいわゆる「名阪ノンストップ特急(甲特急)」、10分と45分が鳥羽行きの「名伊乙特急」、25分が賢島行きの「名伊甲特急(宇治山田までノンストップ)、30分が大阪上本町もしくは難波行きの「名阪乙特急」でした。

この頃の近鉄特急では、オルゴール式チャイムが鳴ると同時にスチュワーデス(車内販売員)さんが、熱いおしぼりを各座席に配っていたものでした。今回の鳥羽行き特急でも、名古屋駅を出て地上線に出た時、ちゃんと熱いおしぼりが各座席に配られていました。

この「熱いおしぼりサービス」も、合理化のためいつしか無くなってしまったのは残念な話です。

ではこの12200系「スナックカー」とは、どんな車両なのでしょうか?
その初期車である12000系は1967年(昭和42年)に、名阪特急用として製造されました。この当時、近鉄特急の「名阪ノンストップ特急」は、開通したばかりの東海道新幹線に乗客を取られて苦戦していました。

そのため車内で快適なサービスを、という事で座席はグリーン車並みのリクライニングシートを採用、モ12000形の運転台後部には電子レンジを装備したスナックコーナーが設けられました。ここではカレーライスや中華ランチなどの軽食を電子レンジで調理して、各座席へシートサービスするものでした。担当が名古屋都ホテル(現在はありません)担当だったので、「みやこコーナー」の別名もありました。

このスナックコーナーは好評で、1969年(昭和44年)には増備車の12200系と、車両限界の関係で大型車が入線できなかった京都線系統専用の18400系が登場しました。京都線系統専用の18400系は従来の「スナックカー」より小さめに造られていたので「ミニスナックカー」の別名もありました。この「ミニスナックカー」は、乗車時間の長かった京都~賢島特急で使用されていました。

12200系「スナックカー」は、12000系よりスナックコーナーが大きくなり、近鉄特急の顔となりました。そして「名阪ノンストップ特急」で重点的に使用するため、10100系「二代目ビスタカー」の中間車1階部分にも小さなスナックコーナーが増設されました。

しかし華やかな時代は長くは続かず、「名阪ノンストップ特急」の利用者は落ち込むばかり。遂にはスナックコーナーは営業休止になり、スナックカウンターを撤去した車両もあった程です。

現在では、伊勢への観光特急「しまかぜ」でカフェ営業があり、本格的な食堂車の様な感じになっていますが、その元祖はこの「スナックカー」であったと言えます。

【駅ナカ飲料!】JR東日本「Acure」が今、面白い!

皆様こんばんは、「てつきち」です。毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」。今日も交通や乗り物にまつわる話題をお届けしたいと思います。

今日の話題は、JR東日本の各駅にある自販機「Acure」から。最近その自動販売機で売っている「天然水ゼリー」が注目を集めています。

その味は爽やかなラムネ味で、振るごとにフルフル感のあるゼリー飲料になります。最近ではマクドナルドでも、森永ラムネとタイアップした「森永ラムネシェイク」が出ているだけに、ラムネ味が今では人気ですよね!

もう一つはJR東日本とお茶の伊藤園がタイアップして販売している緑茶飲料「朝の茶事」に今、275ml用のペットボトルカバーが付いています。

種類は全部で4種類。どれが出てくるかは、買ってみてのお楽しみです。

この様なおまけ付きですと、ついつい買いたくなりますよね!

「てつきち」ですが、Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。

【鉄道グルメ】新幹線の中でないと食べられない、スジャータのアイスクリーム!

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきち」の日。今日も乗り物発の話題をお届けしたいと思います。

今日の1枚は名古屋駅から。高速バス乗り場より新幹線方向を狙って撮影してみました。

さて、そんな新幹線の車内販売で欠かせないのが、「スジャータのアイスクリーム」です!通常のアイスクリームよりカチカチに硬く、スプーンが入れられない程です。

中身を見てみる事にしましょう。まるで冷凍庫から出した状態そのままで、提供されていました。これを食べるには、3~4分ほどそのまま置いて、落ち着いてからスプーンを入れると良いようです。

また味わいも、通常のバニラアイスクリームより卵を多く使っているせいか、とても濃厚な味わいがします。通の方の中には、ホットコーヒーとアイスクリームを一緒にオーダーして、交互で味わっている人もいます。一度是非、お試しあれ!

尚、東海道・山陽新幹線ではバニラ味と抹茶味が楽しめる他、路線によってアップルやコーン(期間限定)などの限定フレーバーもあるようですので、新幹線や特急列車にご乗車の際には是非、食べ比べなどいかがでしょうか?

【頑張れ銚電!】銚子電鉄途中下車の旅~屏風ヶ浦とぬれ煎餅駅の巻(最終回)

皆様、おはようございます。「てつきち」です。先日お伝えしました様に、現在、千葉県の銚子電気鉄道がピンチになっています!

そこでこのページでも「頑張れ銚子電鉄!」ということで、銚子電鉄各駅の沿線情報をお送りしていきたいと思います。コロナ収束後には、このページを参考にして是非銚子電鉄の旅を楽しんでいただけたら、という思いで書かせていただきます。

シリーズの最終回となりました今回は、銚子市内から少し足を伸ばしてみることにしましょうか。

まず最初にご紹介しますのが、「屏風ヶ浦」です。銚子電鉄の終点・外川駅からも歩いて40分程で行けますが、道が分かりにくいので、一度銚子駅に戻り、そこから千葉交通バス名洗・千葉科学大学線で「千葉科学大学・マリーナ前」で下車するとすぐです。

銚子マリーナ海水浴場のある銚子市名洗町から遊歩道が始まり、お隣、旭市の刑部岬まで約10キロメートルにわたり高さ40メートル~50メートル断崖絶壁の崖の様子を見る事が出来ます。

まるで地面が切り取られたかのような切り立った断崖が続くさまは、英仏海峡のドーバーの「白い壁」にも匹敵するといわれ、「東洋のドーバー」とも呼ばれています。その姿、見るものを圧倒させてくれる迫力がありますよね!

絶壁の近くは湯歩道になっています。長年の歴史が作り上げた地層を間近で見る事が可能です。天気のいい夕暮れ時には、ここから富士山も見えるそうです。少し行きにくい場所にありますが、行く価値は大です!

それでは銚子駅へと戻り、次の目的地へ行ってみましょうか。

銚子駅前から、旭方面行きのバスで約20分の「小浜新田」で下車。そこから少し戻った所には、「ぬれ煎餅駅」という銚子電鉄のぬれ煎餅の工場兼直売所があります。この外観のカラーリングは、2000年(平成12年)頃の電車で採用されていたものです。

それではお店の中に入ってみることにしましょう。

名物のぬれ煎餅が並んでいますね。そのまま食べても、ちょっとオーブントースターであぶっても美味しいです。最近では、マヨネーズを少しかけても美味しい、と公式サイトでは言われています。

銚子電鉄のオリジナルスナック「まずい棒」です。これは駄菓子の「うまい棒」にヒントを得て、「経営状態がまずい」という事をアピールして販売を開始したものです。現在はコーンポタージュ味、チーズ味、炭火焼鳥味とあり、味は抜群です!ぬれ煎餅と共に是非、いかがでしょうか。

工場直売店ということで、こわれ煎餅やお徳用、全国各地のおかきなども置いてあります。いずれも試食自由なのが嬉しいですね!

店内には、せんべい焼き体験コーナーもあります。事前の予約は不要で、店員さんに申し出ればお煎餅を焼く体験をすることが出来ます。旅の思い出に是非、いかがでしょうか。

銚子電鉄では、高齢者などのなかなか買い物に行けない人にとって、日用品の配達なども行っています。その軽トラックのカラーも、かつての電車の塗装になっています。

ここからの東京方面への御帰りですが、路線バスで銚子駅へ戻るのもいいですが、高速バスを利用するともっと便利です!

この「ぬれ煎餅駅」の最寄りバス停である「小浜新田」に隣接して、「高速小浜」という高速バス専用の停留所があります。銚子駅方面からこの「高速小浜」を経由する高速バスは、凡そ1時間に1本。約2時間半で東京駅八重洲口を経て浜松町バスターミナルまで帰ることが出来ます。

お買い物の後は、高速バスで一路東京へ。是非、旅の手段としてお役立てください。

さて、数回にわたりましてお送りしてきたこの「銚子電鉄応援特別企画」は、今回で最終回となります。私「てつきち」なりに、銚子電鉄や周辺の観光情報を取り上げてみましたが、いかがでしたでしょうか?この記事を見て、コロナ収束後に銚子電鉄を訪れる方が少しでもいらっしゃいましたら、私としては一番嬉しく思います。

これからも、銚子電鉄を応援していきましょう!

※この情報は、緊急事態宣言以前に歩いて調べたものです。そのため、現在では緊急事態宣言を受けて営業休止や閉鎖になっている場合もありますので、宣言解除後のご来訪の折は最新の情報を確認されます様、よろしくお願いいたします。

【頑張れ銚電!】銚子電鉄途中下車の旅~終着駅・外川駅の巻

皆様、おはようございます。「てつきち」です。先日お伝えしました様に、現在、千葉県の銚子電気鉄道がピンチになっています!

そこでこのページでも「頑張れ銚子電鉄!」ということで、銚子電鉄各駅の沿線情報をお送りしていきたいと思います。コロナ収束後には、このページを参考にして是非銚子電鉄の旅を楽しんでいただけたら、という思いで書かせていただきます。

今回は終着駅・外川駅をご紹介したいと思います。

2015年(平成27年)に撮影した、外川駅の様子です。右のオレンジ色の電車は、元・営団地下鉄銀座線のデハ1001号車、左にいるのが既に引退したデハ801号車です。

2002年(平成14年)に撮影した、デハ301号車です。自宅のPCのハードディスクの中から見つけ出しました。この電車は鶴見臨港鉄道(現在のJR鶴見線)の電車で、同鉄道が国鉄に買収された後も「日本国有鉄道モハ115」として活躍を続け、銚子電鉄に移籍しました。最初はトロリーポールからの集電でしたが、後にビューゲル化。晩年はこの様に「架線点検車」として活躍していましたが、2008年(平成20年)限りで廃車となり、後に解体処分となりました。

現在の外川駅ホームの先には、引退したデハ801号電車と、郵便配達に使用される赤いバイクが飾ってありました。このデハ801号電車は、日中は車内も公開しているそうです。

2015年(平成27年)に撮影した外川駅の駅舎です。赤いレトロなポストがいい感じですね!

それでは駅から出て、ぶらぶらと歩いてみましょうか!

外川駅から外川漁港までは、この様に緩やかな坂道をぶらぶら下る事約6分です。都会の雑踏をしばし忘れて、散策するにはいいですね!(この画像を撮影した時は、生憎の雨でした)

また、旅行貯金(郵便局めぐり)をされている方に、耳寄りな情報です!外川駅から歩いて3分の「本州最東端の郵便局」外川郵便局では、局名印が3種類あり、文字のみ・イルカがデザイン・イワシがデザインの中から選ぶ事が出来ます。

こちらがイワシをデザインしたものです。この様な局名印がありますと、旅行貯金(郵便局めぐり)も楽しくなりますね!

地元のお魚問屋さんがやっている「外川ミニ郷土資料館」です。外川駅から徒歩1分。火曜日と水曜日は休館日です。

館内には銚子の観光、産業、漁業に関する資料が数多く展示されています。時間がある時は、ボランティアガイドの方が展示品について解説してくれることもあります。

歩き疲れたので、スイーツタイムにしましょうか!

「本州最東端の豆腐店」榊原豆腐店さんです。一見すると普通のお豆腐屋さんに見えますが、こちらのお店では大豆から作ったスイーツが大人気なのです!

その名も「豆乳プリン」!豆乳とにがりだけで造った、卵を使わないプリンです。この様にきな粉と黒蜜で味わうのが一番美味でした!(大納言味とメープル味もあります!)

店先ですぐに食べられるように、ベンチと自動販売機もあります。そして、何よりも嬉しいのは「自動販売機の飲料の値段が安い!」事です。缶コーヒー1本100円から!これも「街歩きの休憩をゆっくりどうぞ」という、お店のご主人の温かい心配りと言えましょう。

店頭の看板です。なるほど、「フ」が10個だから「トウフ」ということなんですね!明治時代から続いている老舗だけあって、長年に渡って愛されてきた味と言えましょう。

あとは地元でも評判のお寿司屋さん「治ろうや鮨処」で、人気の伊達巻と地魚のお寿司を食べたかったのですが、生憎と営業時間外でした。次回、銚子電鉄に乗りに行ける時はここでランチしたいものです!

さて、銚子電鉄の旅はこの外川駅で終点になりますが、私「てつきち」としては、是非とも読者の皆様へご紹介したい銚子のおススメポイントがあと2ヶ所あります!次回の最終回では、その2ヶ所をご紹介したいと思います。次回もどうぞお楽しみに!

※この情報は、緊急事態宣言以前に歩いて調べたものです。そのため、現在では緊急事態宣言を受けて営業休止や閉鎖になっている場合もありますので、宣言解除後のご来訪の折は最新の情報を確認されます様、よろしくお願いいたします。