【懐かしの画像から】のと鉄道のジョイフルトレイン「のと恋路号」

皆様おはようございます、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?

ちょっと遅れてしまいましたが、今日は懐かしの画像から1枚。石川県はのと鉄道で、NT800形気動車「のと恋路号」の画像がありましたので、ご紹介したいと思います。

このNT800形車両は、1988年(昭和63年)の能登線第三セクター化の際、観光列車として登場したものです。車内には展望が楽しめる展望室やラウンジ、サービスカウンター、自動販売機などがあり、専属の列車アテンダントさんも乗務して、観光急行「のと恋路号」として走っていました。

2002年(平成14年)に観光急行「のと恋路号」の定期運用が廃止となると、団体列車用として稼働していましたが、2005年(平成17年)に能登線が廃止となると運用を失い、廃車となりました。

ちなみにこの画像は、1998年(平成10年)に九十九湾小木駅で撮影したものです。この時からもう、22年経つのですね。

こちらも同じ時期に能登半島を旅した時に撮影したものです。この頃はのと鉄道も、輪島や蛸島までの路線があり、この写真の様なお座敷列車が走っていました。

今は路線縮小でこれらの車両も思い出の彼方に行ってしまいました。古い写真をスキャンしていると、その時々の思い出がふと蘇ってくることがあります。また能登の地を訪れ、懐かしい車両たちに再会できる日が早く来て欲しいものです。本当に、写真は一期一会ですね!

「てつきち」ですが、Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。

【乗車体験記】日比谷線「THライナー」乗りました!

皆様、おはようございます。「てつきち」です。毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」として、週に2回更新してきましたが、最近職務多忙により、週2回の更新が厳しい状況となりました。

そこで落ち着くまでの当面の間、毎週月曜日のみの更新とさせていただきます。

先日、運転を開始した東京メトロ日比谷線と東武スカイツリーラインを直通する通勤ライナー「THライナー」。早速、仕事帰りに霞ヶ関から久喜まで乗ってきました。

霞ヶ関駅は2分に1本電車が来る、超過密ダイヤ。そのためスマホで写真を撮り、ダイジェストとして動画に編集いたしましたので、是非ご覧ください。

座席は各座席の下にコンセント完備で、ゆったりしていました。車内Wi-Fiも完備していて、車内でのスマホでの調べものにも便利です。

最後の停車駅・上野駅を出ると、次の客扱い駅は新越谷駅。その間、乗務員交代として北千住駅に運転停車します。西新井までは各駅停車(日比谷線直通線)を走り、その先は急行線(通過線)を突っ走るという変わった線路の利用をしています。

新越谷からは、せんげん台、春日部、東武動物公園、久喜の各駅に停まります。尚、いずれも降車専用駅で「東武線区間のみの利用」は出来ない様になっています。

こうなると今度は、東上線系統の「TJライナー」と乗り比べもしてみたくなりました。

「てつきち」ですが、Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。

また、動画の方もよろしかったらチャンネル登録もどうぞよろしくお願いいたします。

【懐かしの1枚!】近鉄特急12200系「スナックカー」

皆様、おはようございます。「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」でしたが、昨日は取材のためお休みをいただき、今朝お送りいたします。

さて本日も、懐かしの画像から1枚。今日の1枚は、1988年(昭和63年)に中学の修学旅行で伊勢・奈良・京都を旅した時、近鉄名古屋から宇治山田まで乗った近鉄特急12200系「スナックカー」の写真です。

この時乗車したのが、近鉄名古屋11:10発の特急鳥羽行き。途中主要駅停車のいわゆる「乙特急」でした。当時の近鉄名古屋駅発の近鉄特急は、毎時00分が大阪難波行きのいわゆる「名阪ノンストップ特急(甲特急)」、10分と45分が鳥羽行きの「名伊乙特急」、25分が賢島行きの「名伊甲特急(宇治山田までノンストップ)、30分が大阪上本町もしくは難波行きの「名阪乙特急」でした。

この頃の近鉄特急では、オルゴール式チャイムが鳴ると同時にスチュワーデス(車内販売員)さんが、熱いおしぼりを各座席に配っていたものでした。今回の鳥羽行き特急でも、名古屋駅を出て地上線に出た時、ちゃんと熱いおしぼりが各座席に配られていました。

この「熱いおしぼりサービス」も、合理化のためいつしか無くなってしまったのは残念な話です。

ではこの12200系「スナックカー」とは、どんな車両なのでしょうか?
その初期車である12000系は1967年(昭和42年)に、名阪特急用として製造されました。この当時、近鉄特急の「名阪ノンストップ特急」は、開通したばかりの東海道新幹線に乗客を取られて苦戦していました。

そのため車内で快適なサービスを、という事で座席はグリーン車並みのリクライニングシートを採用、モ12000形の運転台後部には電子レンジを装備したスナックコーナーが設けられました。ここではカレーライスや中華ランチなどの軽食を電子レンジで調理して、各座席へシートサービスするものでした。担当が名古屋都ホテル(現在はありません)担当だったので、「みやこコーナー」の別名もありました。

このスナックコーナーは好評で、1969年(昭和44年)には増備車の12200系と、車両限界の関係で大型車が入線できなかった京都線系統専用の18400系が登場しました。京都線系統専用の18400系は従来の「スナックカー」より小さめに造られていたので「ミニスナックカー」の別名もありました。この「ミニスナックカー」は、乗車時間の長かった京都~賢島特急で使用されていました。

12200系「スナックカー」は、12000系よりスナックコーナーが大きくなり、近鉄特急の顔となりました。そして「名阪ノンストップ特急」で重点的に使用するため、10100系「二代目ビスタカー」の中間車1階部分にも小さなスナックコーナーが増設されました。

しかし華やかな時代は長くは続かず、「名阪ノンストップ特急」の利用者は落ち込むばかり。遂にはスナックコーナーは営業休止になり、スナックカウンターを撤去した車両もあった程です。

現在では、伊勢への観光特急「しまかぜ」でカフェ営業があり、本格的な食堂車の様な感じになっていますが、その元祖はこの「スナックカー」であったと言えます。

【素敵な駅です!】海を一望できる、江ノ島電鉄(江ノ電)鎌倉高校前駅!

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」。今日も、乗り物に関する話題をお届けしていきたいと思います。

今日の1枚は、頂き物から一つ。

鎌倉と藤沢の間を結ぶ電車・江ノ島電鉄(江ノ電)。その駅の中でも最も海に近い「鎌倉高校前」駅は、ホームから海岸線や江ノ島を一望できる素敵な駅です。その風景の美しさから「関東の駅百選」にも選ばれている程です!

そこに江ノ電一の人気者・305号電車の編成がやってきました!近代化が進む江ノ電の電車の中では、今では最古参になってしまった「305=355号編成」です。今では、見られればラッキー!という存在になりました。

この鎌倉高校前駅すぐそばの踏切は、漫画「スラムダンク」にも出てきた踏切で、今は「聖地巡礼」する人も多いようです。

駅に入線してくる10形電車です。オリエント急行をイメージした、欧風塗装になっています。1電車見送り、ボーっと海を眺めているだけでも癒されますね!

江ノ島へ向けて走っていく1000形電車です。これから夏の海水浴のシーズンですが、コロナ騒ぎの今年はどうなるのしょうね。夏になると、各駅から水着のまま乗ってくるお客さんが多かったことから、各駅や車内には「水着姿での着席はご遠慮ください」なんていう貼り紙がしてあったのも、今となっては昔話になりそうです。

でも江ノ電が一番イキイキと走っているのは、6月の紫陽花から8月の海にかけての季節だと言えましょう。鎌倉~藤沢間の小さな電車旅。皆様も是非、いかがでしょうか?

「てつきち」ですが、Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。

【元祖・特急電車!】九州鉄道記念館のクハ481-603号車

皆様こんばんは、「てつきち」です。毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」。いかがお過ごしでしょうか?

今日の1枚は、門司港にある「九州鉄道記念館」から1枚。車両展示場の所にあった、懐かしの「ボンネット特急電車」です!車号は「クハ481-603」といい、1969年(昭和44年)にグリーン車「クロ481-5」として誕生し、東北地方で活躍していました。

後に1983年(昭和58年)に鹿児島車両所に配属となり、普通座席車へ改造されて「クハ 481-603」と車号が変わりました。九州では日豊本線回りの宮崎特急「にちりん」、長崎本線回りの長崎特急「かもめ」、鹿児島本線回りの熊本特急「有明」として使用されたのち、1997年(平成9年)以降は小倉工場で保存されていました。

この交直流兼用特急電車が九州で使用されるきっかけになったのが、鹿児島本線の熊本電化だそうです。それまではディーゼル特急やディーゼル急行が主役だった九州に使用する、ということで白羽の矢が立ったのが481系だそうです。

ちなみに今では、東海道・山陽新幹線の顔でもある「ひかり」号の名前も、元はといえば1958年(昭和33年)にキハ55形気動車を使用して博多~別府間に運転を開始した、九州初のディーゼル急行でした。その後、急行「ひかり」号は一旦準急へと格下げになるものの、数年後には再び急行列車に返り咲き、九州を代表する列車として親しまれました。

そして1964年(昭和39年)10月1日、「急行」から「超特急」という「二階級出世」で、東海道新幹線の名前に採用されました。後の1975年(昭和50年)、山陽新幹線は博多駅乗り入れを果たして「ひかり」号は「九州に錦を飾る」ことになったのです!

それでは「クハ 481-603」の車内を見てみることにしましょう。青いシートがずらりと並び「これぞ特急電車!」という感じがしますよね!

座席は簡易リクライニングシートになっています。このシート、身体を起こすとリクライニングが戻ってしまう事から通称「バッタンシート」とも呼ばれていました。青森行きの急行「八甲田」で14系座席車の「バッタンシート」に当たったことがありますが、これのリクライニングが戻った時の音が大きく、深夜の時間帯はどことなく気まずくなったのを覚えています。

洗面所の所も昔のままに保存されています。おっと、左側には懐かしいものがありますね!

かつての新幹線や特急列車の洗面所には必ずあった冷水機。折り畳み式の紙コップで飲む水がまた、冷たくて美味しかったんですよね!新幹線には割合晩年まで設置されていましたが、ペットボトルの普及などにより、姿を消しました。

洗面所もこんな感じです。昔の長距離列車時代を、思い出させてくれます。

このボンネット型特急電車、最後まで活躍していたのが上野~金沢間の夜行急行「能登」号でした。私も最終日、上野駅へ見送りに行きましたが、最後の汽笛が鳴って上野駅を発車した時は、感情が高まって涙を流したほどです。その数ヶ月前、偶然にも糸魚川から越後湯沢間で特急「はくたか」号の代走として走った時に乗れたのが、貴重な思い出となりました。

ボンネット特急電車よ、永遠なれ!

クルージングトレイン「ななつ星in九州」も来ていた、門司港駅付近の鉄道の様子をiMoveで動画にしてみました。良かったら、チャンネル登録もどうぞよろしくお願いいたします。