【鉄博が面白い!】鉄道博物館のキハ41307号車に迫る!

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」ですが、昨日は疲労のため更新をお休みしてしまい、申し訳ございませんでした。そこで本日、1日遅れで発信したいと思います。

今回は大宮にあります鉄道博物館の、国鉄キハ41307号車についてお届けしたいと思います。

この車両・キハ41307号車が生まれたのは1934年(昭和9年)1月のことで、川崎車輛製です。当時はガソリンエンジンを取り付けたガソリンカーで、「機械式変速機」を備えていました。そのため連結運転の際の総括制御が出来なかったので、連結運転の際はそれぞれに運転士が乗務して、ブザーの合図でクラッチレバーをロー、セカンド、サード、トップと変速していた手間のかかるものでした。

キハ07形の一部が後年、総括制御可能車に改造されたのに対してこのキハ41000形(後のキハ04形)は、国鉄時代は最後まで総括制御化はされませんでした。

このキハ41307号車は、主に小海線(小諸~小淵沢間)で使用されており、後に「キハ04 8」に改番されました。

そして1958年(昭和33年)には、静岡県の遠州鉄道へ移籍して、同社のキハ802号車となりました。遠州鉄道と言えば、電化私鉄なのに何故キハが走るのか?とお思いの方も多いかと思われます。

この当時、浜松市と天竜市を直結して浜松から遠江二俣(現在の天竜二俣)を結ぶ直通列車が計画されました。しかし国鉄二俣線(現在の天竜浜名湖鉄道)は非電化路線。そのためには専用のキハが必要だ、ということで遠州鉄道は国鉄から3両のキハ04の払い下げを受けたのです。

ドアエンジンが設けられて自動扉に改造され、エンジンもガソリンエンジンからディーゼルエンジンに載せ替えられた3両のキハ04改めキハ800形は、新浜松発遠江二俣行きの直通列車として1日4往復が設定され、後には運転区間が遠江森(現在の遠州森)まで延伸されました。

この直通列車は歓迎をもって迎えられましたが、車両自体が老朽化していた上に電車線(現在の西鹿島線・新浜松~西鹿島間)のダイヤが過密化してきて、運行が難しくなりました。

結局、遠州鉄道の国鉄二俣線乗り入れは1966年(昭和41年)9月末をもって廃止となり、お役御免となった3両のキハ04は、石川県の北陸鉄道能登線(羽咋~三明間)へ移籍し、同線の「キハ5211」号車となりました。

その車内です。鉄道博物館がリニューアルした際、当時の様子をより感じてもらおうという事で、車窓シアターが新設されました。

北陸鉄道の路線では唯一の非電化路線だった能登線ですが、ここで変速機が載せ替えられて「機械式」から「液体式」になり、連結運転の際の総括制御が可能になりました。しかし北陸鉄道能登線も、1972年(昭和47年)6月24日で全線廃止。キハ5211には「さようなら能登線」と書かれたヘッドマークが付けられ、最終列車としての任務を担いました。

幸いにもこの「キハ5211」号車は、僚友のキハ5212号車、キハ5251号車、キハ5301号車と共に茨城県の関東鉄道への移籍が決まり、キハ5251号車は常総線、それ以外の3両は筑波線に配属となって「キハ461」となりました。

同じ遠州鉄道からやって来た仲間の「キハ5213」号車は、千里浜ドライブウェイ付近で食堂として使用されていましたが、食堂の廃業と共に解体されました。

筑波線で活躍していた「キハ461」は、1985年(昭和60年)に廃車となりました。僚友の「キハ462」は一足先の1981年(昭和56年)に廃車解体されましたが、「キハ461」は真鍋の車庫で保管されていました。

後に1987年(昭和62年)3月31日、筑波鉄道が廃止されると、鉄道愛好家の団体が購入し、つくば市内の公園で保存活動が行われてきました。

さらに2007年(平成19年)、東日本鉄道文化財団に寄贈されて、現在の鉄道博物館(埼玉県さいたま市)に安住の地を見付けたのです。この時に、登場当時に近い「キハ41307」の姿に復元されたのでした。

鉄道博物館で他の車両と並ぶその姿。それは昔話を孫たちに語っているおじいちゃんの様にも見えました。

「てつきち」ですが、Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。

【鉄道グルメ】新幹線の中でないと食べられない、スジャータのアイスクリーム!

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきち」の日。今日も乗り物発の話題をお届けしたいと思います。

今日の1枚は名古屋駅から。高速バス乗り場より新幹線方向を狙って撮影してみました。

さて、そんな新幹線の車内販売で欠かせないのが、「スジャータのアイスクリーム」です!通常のアイスクリームよりカチカチに硬く、スプーンが入れられない程です。

中身を見てみる事にしましょう。まるで冷凍庫から出した状態そのままで、提供されていました。これを食べるには、3~4分ほどそのまま置いて、落ち着いてからスプーンを入れると良いようです。

また味わいも、通常のバニラアイスクリームより卵を多く使っているせいか、とても濃厚な味わいがします。通の方の中には、ホットコーヒーとアイスクリームを一緒にオーダーして、交互で味わっている人もいます。一度是非、お試しあれ!

尚、東海道・山陽新幹線ではバニラ味と抹茶味が楽しめる他、路線によってアップルやコーン(期間限定)などの限定フレーバーもあるようですので、新幹線や特急列車にご乗車の際には是非、食べ比べなどいかがでしょうか?

【鉄道速報!】阪神電車から「青胴車」も2023年までに引退へ!

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」。今日も乗り物の話題をお届けしたいと思います。

さて、大阪の阪神電車から驚きの話題が飛び込んできました!

それは先日お話した、武庫川線の「赤胴車」7961形に続いて、本線系統の普通車に使用されている5001形(二代目)が、老朽化とバリアフリーの問題から、2023年を目途に全車引退するというものです。

この5001形(二代目)は、普通電車用に急加速・急減速が出来るような機能を備え、別名「ジェットカー」と呼ばれていました。1977年(昭和52年)に、普通電車の冷房化をも目指して登場し、初代5001形を引退させました。

側面の阪神のマークも輝いていますね!

しかし、老朽化とバリアフリー化が進む中で、世代交代の波が阪神電車にも押し寄せてきました。武庫川支線の「赤胴車」7961形に続いて、この青とクリームの塗装が目印の「青胴車」も、間もなく引退。今では各駅停車でしか見なくなっただけに、引退の日まで是非、撮影や乗車しておきたいものです。

尼崎駅から歩いて5分のところの「ヒノデあめ」さんです。手作りの飴が美味しく、芸能界の中でも愛用する方が多いと聞いております。

【鉄道スケッチ】頑張れ、長野電鉄の「マッコウクジラ」!

皆様、おはようございます。「てつきち」です。毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」。いかがお過ごしでしょうか?

今日も前回同様、長野電鉄から話題をお届けします。今回ご紹介しますのが、長野電鉄3500系(2両編成)、3600系(3両編成)です。こちらは元営団地下鉄日比谷線で活躍していた車両で、今でも通勤通学輸送の第一線で活躍しています。

1981年(昭和56年)に長野市内の地下線(長野~市役所前間)が開業した時、従来から走っていた旧型電車を屋代線へ回して、元・東急の「アカガエル」5000系を2500系にして、通勤用の主力で活躍させました。

その後、2500系電車が老朽化などで引退して入線したのが、元・営団地下鉄日比谷線の3500系(2両編成)、3600系(3両編成)です。

この後に長野電鉄入りした、元東急の8500系はブレーキの関係で信州中野〜湯田中間を走れないため、全線に渡り活躍しています。

須坂駅に留置してある編成です。長野電鉄に入線した編成には、窓下に、赤帯が巻かれていますがら、こちらは元の姿に戻されていました。

さて長らく活躍してきた、この長野電鉄3500系も同じ東京メトロ日比谷線から後継車として03系が入線してきました。本来でしたら、間もなく交代の儀式となりますが、コロナの影響で2022年を目処に3500系、通称「マッコウクジラ」は引退だそうです。

ちなみに一足先に現役を引退した第1編成は東京メトロへの里帰りを果たし、現在では日比谷線時代の姿に復元されて綾瀬の車両基地で保管されています。こちらはイベントの時などに公開されており、懐かしい行先の方向幕も出ます。

コロナ収束後には、是非長野への撮影はいかがでしょうか?

※この情報は、緊急事態宣言以前に歩いて調べたものです。そのため、現在では緊急事態宣言を受けて営業休止や閉鎖になっている場合もありますので、宣言解除後のご来訪の折は最新の情報を確認されます様、よろしくお願いいたします。

【首都圏特急のOBに再会!】長野電鉄の電車が、今面白い!

皆様こんばんは、「てつきち」です!いかがお過ごしでしょうか?ペースが乗ってきましたので、このページも毎週月曜日と木曜日に定期更新していこうと思います。

今日の1枚は長野電鉄(長野~湯田中間)から。ここ長野電鉄で活躍している1000系「ゆけむり」。こちらは見てみると、元・小田急ロマンスカーの10000形「HiSE」車です。長野電鉄では11両編成を4両に短縮し、窓周りのワインレッドを赤い「りんごレッド」塗り替えて活躍しています。

小田急時代は全車指定席でしたが、長野電鉄では特急料金さえ払えば自由席。そのため、展望席の所には早くから行列が出来ています。また季節運転のイベント列車「ワイン列車」などにも使用されています。

現在では車内放送が自動化されているので聞けなくなりましたが、かつては車掌さんによるその駅ならではの到着案内放送が流れていました。例えば須坂駅なら、
「次は『蔵の町』須坂でございます。本日のご乗車、誠にありがとうございました。」

小布施駅なら、
「次は『栗と北斎の町』小布施でございます。本日のご乗車、誠にありがとうございました。」

信州中野駅なら、
「次は『土人形の町』信州中野でございます。本日のご乗車、誠にありがとうございました。」と駅ごとに特徴あるアナウンスでした。

この面構えは、かつてJR東日本で「成田エクスプレス」として活躍していた253系ですね。引退後はこの様に2編成が長野電鉄へ移籍して2100系となり、地獄谷の猿から「スノーモンキー」の愛称もつけられました。

こちらも特急なので、乗車の際には特急券が必要です。また湯田中寄り先頭車にある、かつてのグリーン個室は「スパサルーン」として、別途個室料金がかかり、事前予約はできず車内で先着順に購入だそうです。

小布施駅に保存されている、大先輩2000系「りんご特急」と並んだところを撮影してみました。

それではここで、2000系特急電車についても簡単に触れておきましょう。この2000系特急電車は、志賀高原への観光輸送を視野に入れて1957年(昭和32年)から1964年(昭和39年)にかけてA編成からD編成まで3両固定編成4本が日本車輌で製造されました。車内にはゆったりとした回転式クロスシート(戸袋窓部はロングシート)が採用され、C編成には当時としては珍しかった車内ラジオや、音楽を流すためのテープレコーダーも装備されていたデラックス特急電車でした。

また長野電鉄では、その年に入社した女子社員から背の高い数名を選抜して「特急ガール」という名前でキャビンアテンダントとして乗務させ、車内改札(当時は座席指定制度が取られていました)や観光案内などの業務も行っていました。

最初は阪急電車の様なマルーンに白帯でしたが、1964年(昭和39年)に登場したD編成は、マルーンとクリームの金太郎塗りになり、その風体から「栗まんじゅう」のあだ名が付きました。

長年、志賀高原や木島平への特急電車として活躍してきた2000系特急電車も、後継車である1000系「ゆけむり」が小田急電鉄より入線すると、段々と一線を退くようになりました。そして2011年(平成23年)にJR東日本で「成田エクスプレス」として活躍していた253系が2100系「スノーモンキー」として運用を開始すると引退し、2012年(平成24年)にイベント用として最後まで残っていたD編成が引退すると、長野電鉄からは姿を消したのでした。

そしてD編成のみが現在でも、小布施駅構内に屋根付きで保存されており、日中は車内を見学することも出来ます。また登場時の「マルーン塗装」に復元されたA編成は、屋代線(2012年3月31日全線廃止)の信濃川田駅構内に、保存を前提として留置されていましたが、やがて荒れ果ててしまい、惜しくも先日解体されてしまいました。

そして、長野電鉄の特急を語る上でもう一つ忘れてはいけない列車があります!

それは上野発湯田中行きの急行「志賀」号です!長野行の急行「信州」号に連結されて上野駅を出発。最初はキハ57形気動車で運転されていましたが、後に電化されて169系電車で信濃路を走りだしました。碓氷峠を越えて、屋代で「信州」号と切り離されて長野電鉄屋代線へ。

長野電鉄内では「特急」扱いとなり、松代・須坂・小布施・信州中野に停車して湯田中まで走りました。この急行「志賀」号は、1982年(昭和57年)のダイヤ改正で廃止されました。

現在、上信越自動車道の横川サービスエリア上り線には「峠の釜めし」でお馴染みのおぎのやが出店し、イートインコーナーにはかつてのキハ58形気動車のカットモデルがあります。サボが急行「志賀」になっているのが嬉しいですね!

コロナが収束したら、是非小布施や志賀高原の旅に長野電鉄の特急電車はいかがでしょうか?都会で逢えた懐かしい電車達に再会できますよ!

※この情報は、緊急事態宣言以前に歩いて調べたものです。そのため、現在では緊急事態宣言を受けて営業休止や閉鎖になっている場合もありますので、宣言解除後のご来訪の折は最新の情報を確認されます様、よろしくお願いいたします。