さくらの山公園で飛行機眺めて、ランチは機内食!(千葉県成田市)


こんばんは、「てつきち」です。皆様、この夏はいい旅されましたか?私は仕事ばかりでしたが、8月のお盆前頃に成田界隈と、翌週に小海線で野辺山へ行ってきました。

今日はその成田への旅で行った「さくらの山公園」について書きたいと思います。その公園は、成田市中心部から少し行ったところにある公園で、成田空港の滑走路の北側にあります。その名前の通り、4月上旬には桜の花が咲き誇り、お花見に最高のポイントなのです!来シーズンのお花見はここで決まりました!

展望デッキからは、成田空港を離発着する飛行機を一望でき、天気の良い日はカメラマンが絶えません。

「ただいま離陸体制に入ったのは、キャセイパシフィック航空OOO便香港行き、機材はB777です。」

飛行機が離陸体制に入ると、この様なアナウンスが入る粋なサービスです。特に特殊塗装機やラッピング塗装機の時は、ギャラリーの数も増えています。私も負けじと撮影してきました!

今、離陸していこうとしている香港航空機です。機材はエアバスなのか、B737-800なのかはここでは見分けが付きませんが、熱心な航空ファンの皆様は、

「あ、あれがエアバスA320だ!」とか、

「あれはB737-800だね」とか口々に話していました。調べたところ、香港航空はエアバスメインに飛ばしている会社みたいです。

今度は我らがANA、全日空です。中国本土やアジア各地へ路線を飛ばしていることもあって、世界の空港でも青い全日空の機材を目にすることは当たり前の時代になってきました。さすがは、スターアライアンスのメインメンバーでもありますね!奥には、キャセイパシフィック航空の機材も見えます。

LCC(Low Cost Career[格安航空会社]の代表格・バニラエアのA320です。この飛行機は果たして、何処まで飛んでいくのでしょうね。

この公園内には空の駅「さくら館」が設けられ、地場産品の即売や軽食の販売をしています。

その中でも今年(2018年)3月26日、「世界でもっとも多くの航空会社に乗った」ギネス世界記録を持つ航空写真家チャーリィ古庄(ふるしょう)氏が「飛行機を見ながら、飛行機のシートで機内食が食べられる」をコンセプトに初プロデュースしたカフェレストラン「フライトカフェ・チャーリイズ」がオープンしました。開店は11時だが、店の外には開店時刻は今か今かと待ちわびる航空ファンや、家族連れで一杯でした。

このお店では、お店で飲食をすれば実際の飛行機のファーストクラスで使用していた座席で食べることも出来るので、速攻で席を取ってもらいました。(人数限定なのです)

チャーリィ古庄氏がプロデュースした機内食は1,780円(税別)。チキンと野菜のカレーをメインに、焼き立てパン、コーンと枝豆のサラダ、ラズベリーケーキ、といった「標準的なエコノミークラスの機内食」という感じでした。これを実際の飛行機で使用していた座席で食べると、実際に空を飛んでいるような感じになります。

飛行機に乗らずして機内食を食べられるレストランは関空の「レジェンド・オブ・コンコルド」や成田空港「エアポートレストハウス」(15名以上の団体のみ)全国に数ヶ所ありますが、実際の飛行機の座席で食べられるのはここだけです。

店内に飾られていた全日空のB747-400(テクノジャンボ)と、日本航空のDC-8のモデルです。いずれも名機ですよね!併設のショップでは、飛行機に関するグッズや本、飛行機内外の部品を即売しています。中にはマニア垂涎のものもあります。尚、ショップ方向は撮影禁止となっています。

【機内食】1996年(平成8年)のニュージーランド航空機内食


皆様、こんばんは。「てつきち」です。6月最初の週末ですが、いかがお過ごしでしょうか?

今日も機内食のお話です。1996年(平成8年)に、生まれて初めて行った海外旅行は南半球はニュージーランドでした。その帰りの飛行機NZ23便の機内食のお話をひとつ。

オークランドを飛び立ち、軽いランチが出ました。この時はブロッコリーのたっぷり入った焼きそばでした。

この時に流れた機内放送もユニークなものでした。
ニュージーランド航空の男性パーサーが、たどたどしい日本語で、

「ミナ様、おラクになさって、大いに飲み食いし、快適で楽しい空の旅をお楽しみくださいませ~」

とアナウンスしたのには、皆大笑いでした。

その後、給油のためフィジーのナンディ国際空港に着陸。ここで給油のため乗客は一旦降機しました。今日のトップ画像はその時の飛行機・B747-400です。このB747-400も、この塗装も今となっては思い出となってしまいました。

ナンディ国際空港を飛び立つと、再びランチのサービス。とんかつか海老かを選べ、というので海老メインのミールをチョイス。

そして日本到着約2時間前に「軽い夕食」と称して3回目の機内食。こちらのメインは、照り焼きソースのステーキをメインに、日本行き国際線機内食ではお約束の「茶そば」が出ました。さすがは日本人の気持ちを分かっていらっしゃいますね!

この話をうちの親にしたところ、

「機内食3回はまだ甘いよ。今はなき日航の『南周りヨーロッパ線』なんか、飛んでは降りての繰り返しで、その度に何回機内食が出た事か」

と笑われてしまいました。そう言えば、今はヨーロッパ各地へも休憩・給油なしのノンストップで行く時代になりましたが、アラスカのアンカレッジ経由「北回りヨーロッパ線」とか、バンコク、カラチなどを回ってパリに向かう「南回りヨーロッパ線」なんていうのが、かつては一般的なルートでしたね。

なかなか海外へは行けない今日ではありますが、また資金を貯めて国内外をあちこち飛び回りたいと思います。

【機内食】全国唯一!機内食を体験できるレストラン


皆様おはようございます、「てつきち」です。今日は機内食の話題をお届けいたします。飛行機に乗った時の最大の楽しみと言っても過言ではない機内食。その機内食を、飛行機に乗らずとも体験できるレストランがあります。

そのお店は、関空(関西国際空港)の敷地内にある「レジェンド オブ コンコルド」です。お店の名前は、2003(平成15)年に引退した超音速旅客機「コンコルド」の日本最終フライト地が関西国際空港になったことに由来しています。

このお店では、カレー、スパゲティなどのアラカルトメニューの他、機内食を体験することが出来ます。

こちらがその「体験機内食」です。牛肉のマディラソースサフランライス添えをメインに、ハムサラダ、サラダ、パン、ラズベリーケーキなどで1,700円なり。(300円でフリードリンク付き)国際線の飛行機の標準的なエコノミークラスの機内食ですね。

こちらが「お子様向け機内食」1,200円です。チキンライスにハンバーグ、エビフライ、ハムとポテトのサラダ、パン、プリン、お菓子とお子様好みの内容のメニューですね。量が手頃なので、女性の方や年配の方のオーダーも多いとか。

お店から眺めた関空の風景です。目の前に関空を発着する飛行機を間近に眺めることが出来ます。またこのお店が入っているビルの屋上は展望デッキになっていて、飛行機の離発着を眺められます。(何時にどの飛行機が来るかのインフォメーションボードがあります)

さて飛行機の機内食にも様々な種類があります。宗教上の戒律により使用する食材に制約のあるもの、菜食主義者のための「ベジタリアンミール」、またベジタリアンの中でも、卵、乳製品、蜂蜜、野菜の中でも根菜を使用しない「ストリクト・ベジタリアンミール」、疾病などにより特定の食材を使用しないもの、そして今回もご紹介したお子様向け機内食。これらの特別食は航空会社によっても違いますが、おおよそ搭乗72時間前には航空会社に連絡して申し込む事になります。

またLCC(Low Cost Career[格安航空会社]では、機内食も有料という所がほとんどです。事前予約のものと当日機内で購入の物がありますので、搭乗の際のお楽しみですね。

尚、この「レジェンド オブ コンコルド」では時折、航空会社フェアをやっており、その会社の機内食を体験する事が出来ます。

以前行った時は「タイ国際航空フェア」を行っており、タイ国際航空の機内食を体験することが出来ました。ちょっとピリ辛のタイカレーをメインにパン、マフィン、スモークサーモンのサラダ、チョコレートケーキが付いていました。

タイ国際航空でしたら、いつの日か「完全2階建て」のA380型旅客機に乗ってみたいものです。

このお店では3日前までの事前の予約が必要ですが、「ビジネスクラス」(トレイ3,900円、コース6,200円)「ファーストクラス」(10,000円)の機内食も体験することが出来ます。

また成田空港第一ターミナルに隣接しているホテル「成田エアポートレストハウス」でも「機内食体験プラン」(スタンダード2,700円、デラックス3,800円、エグゼクティブ5,200円)を楽しむ事が出来ますが、こちらは15名様以上からの団体のみとなっています。

関空御来訪の折には、飛び交う飛行機を眺めながら機内食を体験など是非いかがでしょうか?

【体験記】JALのファーストクラスに乗ってきました!


皆様、こんばんは。先日、北海道へ行ってきた「てつきち」です。池田、帯広、札幌と回ってきた2泊3日の旅でした。帰り道には、一生に一度乗りたかった「JALのファーストクラス」乗ってきました!

今回は、そのレポートをお送りいたします。

新千歳空港に搭乗手続きを済ませて、専用の「サクララウンジ」へ。

保安検査場はどこにあるのかな、と思っていたらラウンジ内に、専用の保安検査場がありました。このラウンジを使用できるのは、ファーストクラスの乗客と、JGC(JALグロ-バルクラブ)の会員のみ。ここからVIP気分が味わえます。

こちらが「サクララウンジ」の内部です。ゆったりした座席にはそれぞれ、専用のコンセントとUSBポートが付いています。これは今の時代にとって、便利なサービスですよね。

ちょっとシックな雰囲気のラウンジです。まさに「大人の旅人だけに許された旅の憩いの空間」でした。

「サクララウンジ」のドリンクバーです。お好みの飲み物を好きなだけ味わうことが出来ます。ゆったりとした時間を楽しむには、欠かせない存在ですね。

「サクララウンジ」からの風景です。この様に飛行機を間近に感じることが出来るのも、乗り物好きな私「てつきち」にとっては、最高の風景です!

「サクララウンジ」のインフォメーションカウンターです。そろそろ、乗る飛行機の時間が近づいてきましたので、ラウンジを出ることにしましょう。

「サクララウンジ」の、搭乗待合室側の入口です。高級感溢れてきますね。

そして、これから登場するJAL524便・羽田空港行きの出発案内がありました。まずは優先搭乗、という事で真っ先に機内へ。新千歳空港の搭乗口は前後2ヶ所あり、前の入口はファーストクラスと「クラスJ」専用、後方の入口はエコノミークラス(一般席)専用となっています。

まずはファーストクラスの機内を撮影させてもらいました!このB777-200型旅客機には14席のファーストクラスが設けられています。後の方に見える黒い座席は「クラスJ」の座席です。

「お写真お撮りしましょうか?」とパーサーのYさんが声をかけてくださいましたので、座席に座っているところを何枚も撮ってもらいました。恐らく、ファーストクラス初体験で浮き浮きしているのだろう、というこちらの思いを分かってくださったのかもしれません。

「てつきち様、本日はご搭乗ありがとうございます。本日担当をさせていただきます、Yと申します。」先ほどのパーサーが直々にご挨拶に来ました。僅か14席という事もあるのでしょうが、どこの席にどのお客様が座っているのかを細かく把握している、これはシティホテルのホテルマンも顔負けの「おもてなし」でした。

ほぼ定刻にJAL524便・羽田空港行きは新千歳空港を離陸しました。離陸してしばらくすると、機内食のサービスが始まります。今回はこれが楽しみで、大枚はたいてファーストクラスを利用したのですから!

今回サーブされた機内食です。JAL国内線のファーストクラス機内食は10日ごとにメニューが変わり、JALホームページでそのメニュー内容をチェックすることができます。従ってJALファンの中には、機内食のメニューをチェックしてから予約を入れる、という強者もいるそうです。

*今回のおしながき*
小鉢
茶碗蒸し 鶏飯風 梅肉のせ(蒸し鶏、椎茸、生姜、青葱、みかん皮)
ほんだま お浸し 人参

主菜
奄美島豚八幡巻(ゴーヤ、牛蒡)、奄美みき豆腐 黒胡麻味噌
赤うるめ 島ウコン豆乳煮
青パパイヤ漬け 海老塩茹 はじかみ 黄パプリカ

俵ご飯 宮崎県えびの産ヒノヒカリ

味噌汁 焼きばら海苔の味噌汁

茶菓 甘味きょら海工房“あまみ黒糖饅頭”

いずれも直前までオーブンで温められていたもので、まさか機上で温かい味噌汁が味わえるとは思わなかっただけに感激ものでした!(ちなみに羽田~伊丹間などの搭乗時間が短い路線では、加熱されず常温で出される物もあります)

今回のメニューは「奄美大島の郷土料理」をイメージしたもので、味にも身体にも良い「いい所取り」のメニューでした。

「食後のお飲み物、何になさいますか?」とパーサーのYさんが聞いてきました。

そこでJALのオリジナルドリンク「スカイタイム」をオーダーしました。キウイフルーツジュースベースのソフトドリンクで、JALに乗ると必ずオーダーするほど好きなドリンクです。おつまみに「ドライなっとう」とアラレの小袋を持ってきてくださいました。

この「ドライなっとう」は、従来の納豆を油で揚げ、フリーズドライしたもので、納豆の旨味を凝縮してあります。また揚げる事によって、納豆特有のにおいと糸引きさを抑えているので、納豆が苦手な人にも美味しく食べられるようになっています。

「私の出身都道府県シールです。良かったらお受け取りください。」パーサーのYさんが再び席に回ってきました。Yさんのご出身は神奈川県、江ノ島がデザインされたシールでした。

やがて飛行機は着陸態勢になり、ほぼ定刻に羽田空港に到着しました。

「本日はありがとうございました。またのご搭乗を心よりお待ち申し上げております。」パーサーのYさんが、一人一人に声をかけてくださいました。

国内線、国際線と数えきれない位、飛行機に乗った私ですが、これだけ「おもてなし」を受けた空の旅は初めてでした。

今度はANAの「プレミアムクラス」と、北海道新幹線の「グランクラス」にも乗ってみたいものです。

【機内食】ジェットスタージャパン「豆腐ステーキ丼」


久しぶりの話題です。
先日、札幌から帰る時に乗ったジェットスタージャパンの中で、有料の機内食をオーダーしてきました。

まずは、離陸前の救命設備のデモンストレーションから。

まずはシートベルトから。バックルの留め方まで詳しく説明しています。これがレガシーキャリア(大手航空会社)になると各席のモニターで事務的に説明となりますので、この光景を実演してもらえるのもLCC(格安航空会社)ならではでしょう。

次は、酸素マスクについての説明です。非常事態になって機内に酸素が必要な状態になると、この様に酸素マスクが、バンと下りてきます。それの口への付け方やその後の方法も詳しく説明していました。

最後は、救命胴衣の付け方。水中に入ると、自動的に発光されるとのことです。願わくは、この様な救命機材のご厄介になることなく、安全に飛んでもらいたいものです。

新千歳空港を離陸し、安定飛行状態になると機内販売が早速始まります。この時、事前にオーダーしていた有料機内食が来ました。予約サイトで「ベジタリアンメニュー」とあったので、どんなものかなぁ、と楽しみにしていました。

キャビンアテンダントさんが、ミネラルウォーターと一緒に運んできたのは、何と「豆腐ステーキ丼」でした!白いご飯の上に、照り焼きにしたお豆腐が2丁。あとは野菜の煮つけが添えられていました。これにミネラルウォーターが付いて1,000円なり。高いと言えば高い、手頃と言えば手頃といった価格帯でした。

この様なLCC(格安航空会社)では、機内食も有料。レガシーキャリア(大手航空会社)では事前に予約の出来る機内食(特別食)があります。宗教上の戒律で、食材に制約のあるもの、今回の様な魚肉貝類を一切使わない「ベジタリアンミール」、あるいはベジタリアンの中でも卵、乳製品、蜂蜜、野菜の中でも根菜類を一切使用しない更に厳格な「ストリクト・ベジタリアンミール」、疾病の関係で食材や調味料に制約がある特別食、お子様向きの機内食など、「特別な機内食」を語るだけで実に幅広い種類があります。

今回の「豆腐ステーキ丼」でしたが、少し薄味すぎたかなというお味でした。ここにお醬油をほんの一滴垂らせば、もっと味わいが良かったような気がしました。

#ジェットスタージャパン #ジェットスター #機内食 #特別食 #機内販売 #ベジタリアンミール #豆腐ステーキ