【秋の味覚】明知鉄道「きのこ列車」に乗ってきました!(岐阜県恵那市)




皆様、こんばんは。「てつきち」です。一日遅くなりましたが、今週も乗り物の話題をお届けしたいと思います。

日本の鉄道でも今では「グルメ列車」として、車内で郷土料理等が味わえる列車が各地で走っていますが、その火付け役となったのが、この岐阜県恵那市を走る明知鉄道(恵那~明智間)なのです。まずは地元・山岡で生産される糸寒天に目を付けた「寒天列車」、車内で摺り下ろしたとろろご飯が食べられる「じねんじょ列車」、秋の味覚であるきのこをふんだんに使った「きのこ列車」等々。

その中でも、一番予約が取りづらい「きのこ列車」に乗ってきました!

恵那駅からは、食堂車「きのこ列車」に乗車。この日の急行「大正ロマン」号は4両編成で、うち3両が食堂車「きのこ列車」という盛況ぶり。今から楽しみです!

きのこ尽くしのフルコースで、見た目にも楽しくなっています。前菜の盛り合わせに鮎の甘露煮、焼き松茸、ロージ茸の生姜和えなど、兎に角きのこ、きのこ、きのこ🍄でした!聞いたことのない名前のきのこもあり、きのこって本当に奥が深いんですね!

ご飯は松茸ご飯。勿論、お代わり自由です。あまりの美味しさに6杯もおかわりしてしまいました!

松茸の土瓶蒸しです。薄味で、松茸そのものの味を味わうことが出来ます。

土瓶蒸しの中にも松茸!本当にきのこ尽くし🍄です。

この明知鉄道は、途中駅のホームが傾斜状になっている駅や、「極楽駅」というとても縁起のよい駅名の駅があったり、多くの案山子達が迎えてくれる駅があったり、と車窓の風景も味わえる素敵な路線です。

終点の明智駅で撮影したショットです。同鉄道で動態保存されているC12型蒸気機関車と明知鉄道のディーゼルカーが並びましたので、思わず1枚。普段は機関庫で保管されているC12型蒸気機関車ですが、この日は乗務員訓練があったせいか、明智駅構内を何往復もしていました。

思わず動画も撮ってきました。汽笛入りで、懐かしい光景をお楽しみください。宜しければ、チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

【駅弁紀行】直江津駅「海の幸弁」(ホテルハイマート)



皆様こんばんは、「てつきち」です。今夜も楽しい乗り物の話題をお届けしたいと思います。
今日の話題は、8月に行ってきた北陸の「青春18きっぷ」旅から。上野駅を早朝に出て、上越線で一路越後湯沢から小千谷、長岡と旅して長岡花火大会を鑑賞し、新潟泊。

翌日は新潟から、日本海沿いに金沢まで旅しました。途中の長岡から直江津までは、時間短縮のため特急「しらゆき」号でワープ。かつて「フレッシュひたち」で使用されていたE653系が移籍してきて、新潟~上越妙高間の北陸新幹線連絡特急「しらゆき」号として使用されています。

青海川駅付近の海岸線の風景です。海水浴を楽しんでいる方が沢山いますね!この青海川駅はかつて、TVドラマ「高校教師」のラストシーンで出てきた事でも知られています。

日本海の海岸線です。冬には激しい吹雪となることもある日本海も、夏の時期はまるで別人の様に優しい笑顔を見せていました。海水浴客の歓声が、こちらまで伝わってくるようです。

直江津駅で、特急「しらゆき」号を降ります。信越本線のE127系による普通電車と、えちごトキめき鉄道「日本海ひすいライン」を走るディーゼルカーとの並びです。かつての北陸本線はこの駅が始発駅で、高崎駅からこの直江津駅までが直流電化、直江津駅から先の富山・金沢方面が交流電化と分かれており、この先の境には無電区間(デッド・セクション)がありました。

しかし北陸新幹線が開通して北陸本線の直江津~津幡間が、泊駅を境に第三セクター「えちごトキめき鉄道」「あいの風とやま鉄道」に変わりますと交直流両方走行可能な電車ではなく、コスト削減のため直江津~泊間はディーゼルカーでの運行に切り替わりました。

丁度お昼時で、ここの駅でランチタイムにすることにしました。この直江津駅の駅弁は、駅前にあるビジネスホテル「ホテルハイマート」さんが作っています。

「すみません、『磯の漁火弁当』ありますか?」

「申し訳ございません、今売れちゃったんですよ。今は1日3個しか作らないんです。」

ここで名物の『磯の漁火弁当』を食べたかったのですが、売り切れだったのは残念です。その代わりに、立ち売りのおじさんおススメの『海の幸弁』にしました。

こちらが『海の幸弁』の中身です。スルメイカの天ぷら、甘辛く煮たニシン、帆立貝、南蛮エビ(甘エビ)が所せましと乗っかっています。さすがは日本海ならではの味を集めたな、と感心しました。

今度こそは、予約して『磯の漁火弁当』を食べるぞ!

【鉄道ファン必見!】富山にある鉄道ファン垂涎の喫茶店!(富山県富山市)



皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は、「てつきち」の日。今週も、乗り物の話題をお届けします。

先週は、富山新港の県営渡船と富山地方鉄道射水線の廃線跡のお話をしましたが、今週はその後で行った「鉄道ファン必見!の喫茶店」の話題をお届けいたします。

新港東口から乗った富山地鉄バスを「安野屋町」で下車し、歩く事2分。お目当ての店がありました!

その名も、珈琲駅「ブルートレイン」!外観からして、ワクワクしてきますね。

ショーケースのところに、模型がたくさん!鉄道ファンにとっては嬉しい光景ですね。左手には、グリーン車マークもきちんとあります。

店内に入ってみると、これまたびっくり!

まずはカウンター席から。鉄道ファンのご主人が、長年に渡って収集・製作したHOゲージの鉄道模型が店内をぐるりと一周走り回っています。それを眺めながら飲むコーヒーは、まるでビュッフェ車で飲んでいるような感じにさせてくれます!

ボックス席もご主人のオリジナル。ご主人曰く「オリエント急行の座席」をイメージして造ったとの事です。

模型の中には、北は北海道から南は九州まで全国の路面電車を集めたコーナーがありました。その中には、既に廃止されている路線の車両や、かつて富山の町を走っていた古い電車の模型もあります。最初見た時は事務的そうに見えたご主人でしたが、「今日、射水線の廃線跡を回ってきたのですよ」話を振ると、まるで堰を切った様に富山県の鉄道の話を色々としてくれました。

「富山から高岡行く直通電車は、西町から出ていたんですよ。そこから新富山まで市内線、新富山から射水線と入ってね。」

現代の話の他、今は廃止されてしまった路線の話も出て、ご主人の話も興味深く楽しめました。

肝心の珈琲の味は、豆からこだわって淹れているので、濃厚な味。是非ともブラックで味わいたい香りとコクでした。

特にボックス席で、走っている模型を眺めながらコーヒーを飲んでいると、まるで食堂車にてお茶しているような感じにもなります。

富山地方鉄道の模型のコーナーもありました。マルーンにベージュ色、というかつての急行型車両がまとっていた塗装は初めて見ました。今でもリバイバルカラーとして復活してもらいたいものですね!

ここには出ていませんが、元・京阪特急の10030形や、元・西武レッドアローの16010形の模型もちゃんとあり、さすがは富山県の、いや全国の鉄道ファンを釘付けにするお店だなぁ、と思いました。この雰囲気、どことなく東京は祐天寺にある鉄道カレーの名店「ナイアガラ」にも似ていますね!東の「ナイアガラ」に、西の「ブルートレイン」といったところでしょう。

富山の路面電車めぐり、鉄道旅のお供にこちらのお店へ是非いかがでしょうか?

【バスの旅】春は雪の壁、秋は紅葉の中を行く立山高原バス!



皆様、こんばんは。「てつきち」です。前回お知らせしました様に、このページは基本、毎週月曜日に更新していきたいと思います。尚、取り上げたい記事が多い場合は臨時便を「増発」という形でお届けしていきます。

今回の話題は、先日行ってきた「立山黒部アルペンルート」の中から、立山高原バスの話題をお届けいたします。

富山地方鉄道の立山駅からケーブルカーに乗り、美女平駅へ7分の旅。ここから室堂までは、立山高原バスの旅になります。美女平駅前には、多くのバスがスタンバイして観光客や登山者を待ち受けていました。

室堂行きの立山高原バスです。山岳路線を走るため、立席での乗車は出来ません。また、途中の弥陀ヶ原などに停まる定期便の他、多客時には美女平駅と室堂バスターミナルをノンストップで結ぶ直行便が臨時で運転されることもあります。バスの種類としては日野「セレガ」やいすゞ「ガーラ」が多く、全て環境に優しいハイブリッド車になっているのが特徴です。

発車するとすぐ、ビデオによる観光案内放送が流れます。以前は車掌さんが乗務して沿線案内を行っていましたが、現在はワンマンバスのためビデオでの案内となっています。この道路は乗鞍岳同様、路線バスと許可車両以外は通行できない道路なので、スイスイとバスは走っていきます。秋になると、野生のサルが道路に出て餌をおねだりする光景も見る事が出来ます。

日本一の名瀑・称名滝が見えるところで、バスは一時停止してくれます。これは粋なサービスですね!この画像は昨年の秋に行った時の画像ですが、春の雪解けの時期に行きますと水量もこれより豊かに見えます。

秋に乗った時は弥陀ヶ原湿原を歩いてみたかったので、「弥陀ヶ原」バス停で途中下車。降りる時はバスの待合所で、次の乗車予定のバスを予約する必要があります。これを行わないと、バスは通過してしまうのでご注意ください。

昨年10月に訪れた時の弥陀ヶ原湿原です。種類は分かりませんが、赤い葉っぱが色づいており、格好のシャッターチャンスでした。

少し霧が出ていましたが、自然の中を歩くのは気持ちが良いものですね。都会の疲れや悩みが飛んで行ってしまうかのようです。

「ガキの田」と呼ばれる部分です。その名前は立山信仰からあり、地獄に落ちた餓鬼が飢えを凌ぐため耕した田んぼだから、と言われています。

それでは、「弥陀ヶ原」バス停から再びバスの旅を楽しむ事にしましょう。ここからは「平成最後の日」である今年4月30日に行った時のレポートとなります。

室堂に近くなるにつれて、雪の積雪量が多くなってきました。ここが「立山黒部アルペンルート」の春のハイライト部分である「雪の大谷」です。ここではバスも徐行して走ってくれて、乗客の皆様は車内からその雪の壁を撮影していました。私も今回、この「雪の大谷」見たさにこの室堂を訪れたのです!

室堂バスターミナルでバスを下車し、「雪の大谷」を歩いてみることにしましょう!

室堂側から見ると、左側がバス道路、右側が遊歩道として除雪されています。最近ではインバウンド旅行者も多く、中国や台湾から来た人たちはその雪の多さにびっくりし、何枚も写真を撮っていた程でした。外国人は、その風景が気に入りますとすぐInstagramやFacebookなどのSNSに上げて宣伝してくれますので、世界的な知名度アップになっているかもしれませんね。

路線バスがやってきました。富山地方鉄道、とあることから富山市内からの直行バスみたいですね。バスの高さと比較してみますと、この雪の壁の高さが如何に高いかお分かりですよね!ちなみに最高地点で、何と16メートルもありました。

「端午の節句」も近いということで、雪の壁には鯉のぼりも掲げられていました。

この「雪の大谷」ウォークは、行き(下り)が15分、帰り(上り)20分だそうです。私が行った時は、雪の中を進む期間限定のパノラマロード「ZEKKEI」がありました。降り積もる雪を踏みながら、遥かに聳える立山連峰の山々を眺めることが出来る、滅多に出来ない経験です。

雪の中にある「日本最高所の本格派リゾートホテル」ホテル立山です。ここで冷えた身体を熱いコーヒーで、という事でコーヒーショップ「りんどう」にやってきました。

ホテル立山内にあるコーヒーショップ「りんどう」です。

店内は登山者や観光客で一杯でした。その多くの方がオーダーしている人気メニューが、このお店にはあるのです!

そのメニューとは、立山名物「ダムシフォンケーキ」!ものすごくでっかいシフォンケーキでダムを現し、たっぷりのホイップクリームでダム湖の放水を、ほろ苦いキャラメルソースでダム湖を表現しています。コーヒー付きで1,400円。小食の人なら、お昼御飯いらないや、と思えるほどです。

電鉄富山駅と室堂間の往復を計画している皆様に情報です。特に4月中旬の開業日から雪の融ける6月中旬ごろまでは、電鉄富山駅と室堂駅間を結ぶチケットは、朝一番で買いましょう。何故ならこの方面のチケットは、チケット購入の際に立山ケーブルカーの乗車時間が指定されるため、あまり遅い出発だとスケジュールが立てられなかったり、午前中に「富山~室堂間の往復チケットは完売しました」という時もありますので、ご注意ください。

それでは今度は、どこの乗り物ネタになるでしょうか?次回もどうぞお楽しみに!

【憧れの箱根行路】ロマンスカーVSEの展望席で、限定弁当を味わう!



皆様こんばんは、「てつきち」です。このページも今までは気まぐれ更新でしたが、他のページもハイペースで執筆しているので、せめて週に1回はこのページも新しい話題をお届けしたいと思います。

そんな訳で今夜のお話は、「小田急ロマンスカーの限定弁当を食べる」というお話です!

小田急ロマンスカーに乗る度に、何気なく眺めていた車内販売のメニュー。その中の「事前予約限定弁当」というページに心惹かれました。そんな中、我が母校・國學院大學が箱根駅伝へ出場することが決定!

これは箱根町ゴールへ応援行かないと、ということで2019年1月2日の朝一番のロマンスカーを初日に予約。前展望は既に売り切れでしたが、後展望の最前列の席を確保できました。

やって来ました、新宿駅。50000形ロマンスカー「VSE」車が、箱根への旅路を前に発車を待っています。定刻になるとドアが閉まり、ミュージックホーンを鳴らして、新宿を出発です。

こちらが後展望の最前列です。本厚木駅近くで、人がいなくなったのを見計らって撮影させていただきました。

「てつきち様ですね。お弁当のご用意が出来ておりますので、お茶とご一緒にお持ちいたします。」と、ロマンスカーアテンダントさんが、お弁当とお茶を持ってきてくださいました。

こちらが、その「大名弁当」1,500円なり!二段重ねの御弁当で、白ご飯とおこわの二種類のご飯の部、焼き魚や天ぷら、野菜の煮物と言った和風のおかずが入ったおかずの部。江戸時代、飛脚が持っていた運びかごをモチーフにした容器に入り、見た目もとっても楽しいお弁当です。

さて、小田急ロマンスカーの「車内で食べるお弁当」と言えば、かつての日東紅茶、森永エンゼルが担当していた「走る喫茶室」時代にもありました。私が中学校2年生だった1986年(昭和61年)当時の森永エンゼル担当便のメニューから見てみますと、「スペシャルロマンス幕の内弁当」(700円・緑茶付)「花づくし弁当(押し寿司・のり巻・ざるそば)」(800円・緑茶付)「マス寿司」(あさぎり号のみ、900円・緑茶付)とあります。

なかでも一番お気に入りだったのが、「花づくし弁当(押し寿司・のり巻・ざるそば)」(800円・緑茶付)で、これを食べながら江ノ島特急「えのしま」号の3100形NSE車の展望席で、至福の気分にひたっていました。本線内では「騒音公害」という理由で鳴らしていなかったミュージックホーンも、江ノ島線内では思う存分に鳴らしており、これぞロマンスカーだ!という感じでした。

御殿場特別連絡急行「あさぎり」号限定だった「マス寿司」(900円・緑茶付)は、御殿場駅前にある和食屋さん「妙見」さんの名物商品で、古くから御殿場駅で販売されてきた「鱒の姿寿司」でした。小田急ロマンスカーでは、1955年(昭和30年)10月1日にキハ5000形ディーゼルカーで運転を開始した特別準急「銀嶺」号、「芙蓉」号の車内販売として売り出しを開始しました。ちなみにこの車内販売は、小田急サービスビューロー(現社名:小田急商事)が担当していました。

1968年(昭和43年)7月1日、御殿場直通列車がキハ5000、5100形ディーゼルカーから3000形SSE車に変わり、車内販売が森永エンゼル担当に変わっても、この「鱒の姿寿司」は、「あさぎり」号の隠れた名物となっていました。1991年(平成3年)3月に、連絡急行から沼津ゆき特急へ格上げされ、小田急とJR東海の共同運行になってもその人気は不動で、中でも新宿を10時過ぎに出た「あさぎり3号」では、車内でオーダーしておけば、御殿場駅で出来立てほやほやの「鱒の姿寿司」が受け取れる、という嬉しいサービスがありました。

後に「あさぎり」号の車内販売は、2011年(平成23年)3月のダイヤ改正で廃止されましたが、「鱒の姿寿司」は今でも、御殿場駅前のお店で購入することが出来ます、御殿場へ行かれた折には、是非いかがでしょうか?(火曜日はお休みです)

食後にコーヒー(350円)をオーダーすると、ビスケットがお茶請けに付いてきました。これは嬉しいサービスですね!小田急ロマンスカーのコーヒーは、豆からこだわって淹れているので、旨さもまたひとしおです。

箱根登山線内ですれ違った1000形の登山塗装車です。この塗装車は、小田原~箱根湯本間の区間運転をメインに使用されています。

美味しいお弁当を味わい、景色もワイドに味わって、すっかり小田急ロマンスカーの旅を満喫しているうちに「ロマンスをもう一度」のオルゴールが鳴って、間もなく終着駅・箱根湯本駅に到着する旨が告げられました。また駅伝ゴール地点の箱根町へは、駅前からノンストップの臨時急行バスが運行されている旨も案内されていました。

箱根湯本駅前の歩道橋から撮影した、50000形VSE車の編成美です。この後、臨時急行バスで箱根町ゴールへと向かったのでした。