【今はバス専業】東濃鉄道の由来は何でしょう?



皆様、おはようございます。「てつきち」です。この週末はまた台風。かなり強いと聞いてますが、大事にならないといいですね。

今日の一枚は、新宿で撮影した東濃鉄道の高速バス「中央ライナー可児号」です。東濃地方の中心地である可児、多治見と新宿の間を中央高速経由で結んでいます。

さて鉄道線もないのに「東濃鉄道」というのは何故なのでしょうか?その謎を紐解くには戦時中まで歴史を遡る必要があります。

1944年(昭和19年)3月1日、駄知線の前身である駄知鉄道、笠原線の前身である笠原鉄道など6社が合併し、東濃鉄道株式会社を設立。同日より笠原線(多治見駅~笠原駅4.9km)および駄知線(土岐津~東駄知駅10.4km)の鉄道事業と周辺地域における乗合バス事業を開始したものです。

笠原線、駄知線とも陶磁器の生産地を控えていたこともあって、陶磁器の輸送も担っていました。後に駄知線は電化され、電車が走るようになりましたが、昭和40年代になりますと陶磁器の輸送もトラックに取って代わられるようになりました。

そんな中で1971年(昭和46年)、笠原線の旅客営業を中止。1972年(昭和47年)7月13日には駄知線の土岐市駅~神明口駅間の土岐川鉄橋が流失。資金の不足のため復旧が困難なことから駄知線は営業休止となり、そのまま1974年(昭和49年)に全線が廃止されました。

1978年(昭和53年)11月1日には、最後まで残っていた笠原線の貨物輸送も廃止となり、東濃鉄道は鉄道事業から撤退したのです。

笠原線の廃線跡は、現在は「陶彩の径」というサイクリングコースになっています。桜の名所とも聞いていますので、桜シーズンには是非歩いてみたいものです。

【関西のバスから】阪神バスフォトグラフ


皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?今日の一枚はバスの話題です。

大阪から神戸の阪神電車の線路沿いを網羅している、阪神バス。かつては阪神電鉄の直営バスでしたが、平成の世に入ってまず西宮市内の路線が分社化されたのをきっかけに、尼崎市内や他の地区も分社化され「阪神バス」に統一となりました。

このバスは阪神国道を走っていたことから、昔の人(うちの祖母もそうです)の中には「阪国バス」と呼ぶ人もいます。

また尼崎から宝塚までの路線を有していますが、これはかつて阪神が「宝塚尼崎電気鉄道」という鉄道線を計画していた時の名残です。この路線は用地も確保して路盤工事にまで至りましたが、諸般の事情により鉄道としての開業は断念。1932年(昭和7年)11月に同軌道を活用したバス専用道路が完成し、12月25日より神戸 ~宝塚間、大阪福島~宝塚間での阪国バスによるバス運行が開始されました。

後の1942年(昭和17年)、このバス専用道路は兵庫県に買い上げられて一般道路となり、現在の「兵庫県道42号尼崎宝塚線」となりました。

ある意味阪急の「聖地」であった宝塚へ、ライバル阪神も殴り込み。その経緯から阪神バスの「宝塚」バス停は、阪急側ではなくJR宝塚駅側にあります。この当時の関係者が、現在は阪急と阪神が同一経営になった、と知ったらびっくり仰天するでしょうね!

この阪神バス「尼崎宝塚線」、是非一度乗りバスしてきたいと思います。

【日本で唯一!】名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」



皆様、こんばんは。「てつきち」です。明日は嬉しい週末。このページもWordpressを使いこなす練習として、定期更新日の毎週月曜日以外にも不定期に更新していきたいと思います。

今日の話題は、尾張名古屋発。鉄道のようで、鉄道ではない。バスのようで完全なバスではない。そんな不思議な乗り物「ガイドウェイバス」が名古屋では走っています。

その名も、名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」

バスの始発地は、中央西線の「大曽根」駅。駅前の高架部分から発車しています。

「大曽根」を出発し、カーブを曲がるところを最前列からパシャリと1枚。

この大曽根駅~小幡緑地駅の区間は「軌道」扱いで、このバスを運転するには大型二種免許の他、無軌条電車[トロリーバス]の運転免許(無軌条電車運転免許)が必要となります。無軌条電車[トロリーバス]は、以前にもご紹介しましたが、現在では立山黒部アルペンルートの室堂~大観峰間にのみ残っています。

この区間はハンドル操作は行わず、バスの側面から出る補助車輪が高架区間(案内軌道)に接して走ることになります。また時速は60kmに抑えられ、普通の路線バスの様な「続行運転」は行われていません。高架区間内では、凡そ10分ヘッドで運行しています。

小幡緑地駅で撮影した、大曽根駅行きの「ガイドウェイバス」です。バスの様でバスではない、電車の様で電車ではない、不思議な乗り物ですね。

大曽根駅を出てすぐ、車窓右手にはナゴヤドームが見えてきます。バスを駅から撮影してみますと、両端に「案内軌道」があるのが見えます。走行音もかなり静かで、まさに「未来の乗り物」といった感じです。

バスの写真を撮りたかったので、「小幡緑地」駅で途中下車。ここで高架区間は終わり、「ガイドウェイバス」は一般の路線バスとして運行されます。

「小幡緑地」駅に入線してくる「ガイドウェイバス」です。

一見すると、普通の路線バスにしか見えませんが、この「ガイドウェイバス」は日本で唯一の存在なのです。

「小幡緑地」駅に停車中の所を1枚。

ここで「ガイドウェイバス」はスロープ(坂道)を下り、専用道(高架区間)から一般道へと入ります。

今度は一般道から専用道(高架区間)へ登って行くところを1枚。本当はもう少し近くで撮影したかったのですが、ここから先は安全のため立入禁止だったので、この様なショットになりました。次回の訪問時には、望遠レンズ持っていくぞ!

一般道への入口で信号待ちをしている「ガイドウェイバス」です。信号が変わったら一般道へと入り、途中の中志段味(なかしだみ)行きや、終点の高蔵寺行きなどに分かれて運行されます。

終点の「高蔵寺」駅に到着した「ガイドウェイバス」です。特に朝夕のラッシュ時には、一般道路区間だけでは渋滞するところを、高架区間で定時運行しているので、通勤・通学輸送にとても重宝されています。このバスが開業する前は、名古屋市内の区間は慢性的な渋滞。その渋滞とは無縁の専用軌道で走るのですから、他の渋滞が慢性的な都市でも是非、実現して欲しいものですね。

高蔵寺駅では中央西線の他、愛知環状鉄道線にも接続しており、岡崎方面へ足を伸ばすのにも便利な存在となっています。

名古屋御来訪の折には、是非いかがでしょうか。

【今、人気のバス】ラブライブ!サンシャイン!!バス(静岡県三島市)


皆様、こんばんは。「てつきち」です。この週末は、大学のOB会の支部会で静岡県は三島に行ってきました。

翌日、ホテルを出て駅前のバスターミナルに着いた時、派手なラッピングのバスがいるのを発見!

見たところ、これが噂には聞いていた人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」とタイアップしたラッピングバスでした。

ボディには一面、アニメのキャラのイラストとサインが描かれています。正面には、主人公のヒロインたちが通う「浦の星女学院」の校章があるのがアクセントです。

これだけキャラが描かれていますと、アニメファンならずとも思わず写真を撮りたくなります。この日も多くのファンや通行人達が、珍し気なラッピングのされているこのバスをスマホなどで撮影していました!

こちらは左サイドです。ここまで凝って、アニメファンの目を惹いたラッピングバスはないでしょう。

このバスを運用している東海バスオレンジシャトル(沼津管内路線を担当)によりますと、この「ラブライブ!サンシャイン!!」バスは路線用が3両あり、それぞれ運用固定で使用されています。運用時刻は東海バスホームページで参照することが可能です。また物語の舞台となっている内浦地区(西浦線)では、伊波杏樹さん(Aqours・高海千歌役)が東海バスの車内アナウンスを務めます。

また4号車は、高速バス「三島エクスプレス」(バスタ新宿~三島駅~大平車庫間)として運用されています。今度はバスタ新宿で見てみたいものです。

【何と乗船無料!】県営渡船と鉄道廃線跡をめぐる!(富山県射水市)




皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきち」の日。今日も楽しい乗り物の話題をお届けしたいと思います。

今日の話題は、渡し船の話題を富山県射水市からお送りします!

高岡駅から万葉線電車に乗り、終点の越ノ潟駅で下車。この越ノ潟駅は富山新港の西側にあり、駅を降りるとすぐ富山県営渡船の待合室があります。朝夕の通勤通学時間帯は15分間隔、それ以外は30分間隔で朝から夜まで、越ノ潟と対岸(富山新港東側)の堀岡の間を結んでいます。

定員80名の小さな船2隻が旅客と自転車を搭載して進む、所要時間4分の小さな船旅です。「ふるさと」のオルゴールが鳴り始めると、乗船改札の始まりです!

こちらがその船室内です。かつては地元民以外は有料でしたが、1986年(昭和61年)に完全無料化されました。乗ったかなと思うと、すぐに到着する。なぜこの様な渡船が存在するのでしょうか?

それはかつてこの地を走っていた鉄道線の事が関係してくるのです。

かつて富山地方鉄道では、新富山~新湊間の「射水線」と地鉄高岡~伏木港間の「高伏線」(現在の万葉線の一部)を有していました。

国鉄新湊線の旅客営業が廃止されたのをきっかけに、「高伏線」米島口から新湊(現在の万葉線「六渡寺」駅)まで新線を敷き、「射水線」と繋いで、富山から高岡までの直通運転を開始しました。この富山~高岡間直通電車は、富山市内線の「西町」電停を始発駅にして富山駅前を経由し、射水線と高伏線を通って地鉄高岡駅(現在の万葉線「高岡駅」まで運転されていました。

後に市内線への直通は廃止となり、高岡行きの直通電車は射水線の始発駅・新富山から発車するようになりました。高岡駅から新湊駅の間は1959年(昭和34年)「加越能鉄道」に移管されましたが、直通運転は続けられました。

しかし1965年(昭和40年)、放生津潟を活用した「富山新港」の建設計画が浮上しました。これに伴い、潟の出口にあった射水線の鉄橋がネックとなり、射水線の堀岡駅~越ノ潟駅間が廃止されて路線は分断されました。同時に越ノ潟駅~新湊駅間も「高岡市内の交通機関の一元化」を理由に加越能鉄道に移管されました。

そして射水線は新富山駅と、堀岡渡船場前に新設された「新港東口」駅間を結ぶ路線となりました。新港東口駅と越ノ潟駅の間は、24時間運航の県営渡船が連絡するようになります。いわばこれも「鉄道連絡船」の範疇に入れてもいい航路ですね!

ところが富山の町から新湊へ出るには「船に一度乗り換えなければならない」という手間があって、射水線の乗客数は激減。富山駅前乗り入れなどの方策をあれこれ採用しましたが時は既に遅しで、結果的には1980年(昭和55年)3月31日限りで、富山地方鉄道射水線は全線廃止されました。また加越能鉄道の伏木線(米島口~伏木港間)も、モータリゼーションの発達で利用者が減り、1971年(昭和46年)に廃止されました。

その当時走っていた、加越能鉄道デ5022号車です。この電車は1950年(昭和25年)の日立製作所製で、富山~高岡間の直通運転に使用されていました。1971年(昭和46年)の伏木線廃止の際、除雪用となったこのデ5022号車を除き、廃車となりました。除雪用としての役目を終えた後、現在は万葉線「新吉久」電停前の広場に静態保存されています。

県営渡船も、新湊大橋の開通などによって利用者数が激減し、現在は1日69便が運航されています。この写真は、船の中から新湊大橋と越ノ潟渡船場を撮影したものです。この新湊大橋は、日中は歩いて渡ることも出来るので、次回の訪問の際には是非、歩いて見たいものです。あとは新湊で、富山湾の美味しい魚も食べたいな!

県営渡船の堀岡渡船場です。ここからはバスで、小杉駅や富山駅へと抜けることが出来ます。

渡船場前から続いていたサイクリングロードです。おそらくこの辺りが、射水線の分断後の終点・新港東口駅の跡ではないかと思われます。

時刻表を見ると、富山大学前を経て富山駅に至るバスが丁度あるようです。言わば「射水線の廃止代替バス」のようですね。

「すみません、これは射水線の跡を走るバスですか?」と運転士さんに聞いてみましたが、若い運転士さんは、

「申し訳ございません、分かりません。」という回答でした。確かに射水線が廃止されたのは、1980年(昭和55年)の事でしたから今から40年前の話。もう射水線の事を知る人も少ないだろう、と思いました。

私とあと1人の乗客を乗せて、バスは新港東口から富山駅を目指します。

走っていると、車窓右手にさっきのサイクリングロードが見えてきました。これは間違いなく、富山地方鉄道射水線の廃線跡でした!かつてはこの路に鉄路が敷かれ、小さな電車が1~2両でのんびりと走っていたものでした。

今は堤防に囲まれて海岸線を見る事は出来なくなりましたが、途中の打出浜はかつては県内有数の海水浴場の一つで、射水線の前身である「越中電気軌道」が海水浴場を開発し、夏の時期には誘客に努めていたそうです。

「鯰温泉口」の辺りでバスは廃線跡とお別れして、富山の市街地へと入っていきます。親孝行息子と鯰の秘話で知られている「鯰温泉」は今でもビジネス旅館として、そして地元の人に愛される日帰り温泉として盛業しています。そう言えば射水線の駅にも「鯰鉱泉前」という名の駅があったのを思い出しました。

しばらく走っているうちに、バスは富山大学の近くへとやって来ました。ここからは富山市内を走る「富山市内線」の路面電車も出ています。

路面電車に乗ると、大学前の次は「富山トヨペット本社前(五福末広町)電停に着きます。ここが実は、かつての射水線の富山方のターミナル・新富山駅だったのです!射水線廃止後、電停の名前は「新富山駅前」から「新富山」に変わりましたが、2015年(平成27年)に現在の名前に変わりました。また1986年(昭和61年)まで、射水線時代の駅舎がそのまま残っていたようです。

ここで神通川にかかる富山大橋を渡ります。ここでは天気がいいと、立山連峰の山々をバックに路面電車の撮影をする事が出来るようです!次回富山来訪の折には、是非来てみたいところです!

こうなりますと、富山では「鉄道ファンの聖地の喫茶店」に行ってみたいものです!そこで次の「安野屋」バス停で、バスを降りる事にしました。

次回の「てつきち」では、その「鉄道ファンの聖地の喫茶店」のお話をしたいと思います。来週もどうぞお楽しみに!