「世界三大夜景」までアクセス!函館バス「函館山登山バス」(北海道函館市)



函館空港に到着する直前のバニラエアから撮影した「上空から見た函館山と函館市街の風景」です。

2011年(平成23年)「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にて、眺望が三ツ星評価となったり、「世界三大夜景」の一つに数えられている函館山からの眺め。


函館公園入口から撮影した、昼の函館山展望台です。麓から見ると、こんな形をしているんですね!

函館山の山頂へは、山麓駅から「日本最大のゴンドラ」を誇る函館山ロープウェイでアクセスするのが一般的ですが、4月下旬から11月中旬までの「函館山観光道路」が開業している期間は、函館バスによる「函館山登山バス」が函館駅前から運行されています。(大人片道400円)

 

 


「函館山登山バス」停車停留場
函館駅前、東横イン函館朝市、函館国際ホテル、はこだて明治館、十字街、登山口
※尚、ほとんどの便は函館駅前発車時に満席になっているので、確実に座りたい場合は、始発の函館駅前からの乗車を推奨いたします。

◆お勧めの座席
往路の函館山山頂ゆきは「進行方向右側」、復路の函館駅前ゆきは「進行方向左側」の座席が、美しい夜景を眺める事が出来ます。

「函館山登山バス」乗車記
途中のバス停から乗車したので、車内は超満員。それでも何とか乗車することはできました。運転士の他車掌さんが乗務し、車窓案内や切符の出札を行っています。

途中で乗客を三々五々乗せ、「登山口」バス停を出ますと、夜景をより美しく鑑賞出来るように、と車内灯が消灯されました。今走っている「函館山観光道路」はカーブが多いので、夜景が右に左に流れるように見えて、飽きることがありません。


特におススメなのが2合目と7合目のビューポイントで、ここではバスも徐行してくれ、車窓から夜景を楽しむ事が出来ます。ちなみにこちらの画像は、2合目付近の夜景です。戦時中は軍の要塞として使用されていた事もあったので、地図から消されていた時代もあったそうです。


函館駅前から約30分で、終着の函館山山頂に到着しました。この時はロープウェイが法定点検でお休みだったこともあって、山麓駅からの臨時シャトルバスも運行されていました。


夜の函館山の賑わいです!函館山山頂は国内外の観光客で一杯で、写真を撮影するもままならないほどでした。この函館の夜景の特徴は、町の地形が独特な事。山頂から見て左側には函館港、右には津軽海峡と2つの海に挟まれる事によって、街明かりがぐっと引き立ちます。


函館山夜景の全体像です。2つの海に囲まれている、という事が一望できたのではないでしょうか。


函館駅前付近の夜景です。左側には、青函連絡船「摩周丸」がライトアップされるのもかすかに見る事が出来ます。

◆夜景の見頃の時間は?
太陽が沈んで漆黒の世界に入る時間、日没の10分~20分誤が狙い目です。また時間が経つと、人も多くなってくるのでゆっくり撮影したい場合は、早めの到着をおすすめいたします。


山頂で発車を待つ登山バスです。かなりの行列でした。帰りのバスでは、函館の観光名所の案内までもして下さい、益々函館の町が好きになりそうなアナウンスでした。

 

今も現役!ボンネットバス「伊豆の踊子号」(静岡県伊豆市)



伊豆半島を網羅するオレンジ色のバス・東海バス。中伊豆を走る新東海バスには、1台のクラシックなバスがあります。
それが、今となっては貴重なボンネットバス「伊豆の踊子」号です。

*正式名称:いすゞBXD30

*製造年:1964年(昭和39年)

このバスは伊豆の山々、特に天城峠を越えて走る「天城線」(修善寺駅~天城峠~河津駅~伊豆急下田駅)用として製造されたうちの1台です。


1台の定員は49名(うち座席は29席)。長年天城の顔として走ってきましたが、1972年ごろ一旦現役を引退しました。引退後は「教習車」として使用され、多くの運転士や整備士を育成してきました。


1976年(昭和51年)、伊豆の観光活性化の一環として修善寺駅~七滝口~河津駅間に「伊豆の踊子」号として観光運転を開始しました。絣に黄八丈の着物を着た踊り子姿の車掌さんが乗務して人気を集め、1979年(昭和54年)7月28日からは、日曜祝日に定期運転されるようになりました。

このボンネットバス「伊豆の踊子」号はたちまち人気となり、全国のバス会社でボンネットバスの復活運行が始まるほどの火付け役となりました!東海バスに入社するバスガイドさんの中には、この伊豆の踊子の衣装に憧れて入社した人も少なくなかったそうです。

そうなると修善寺営業所所属の1台だけでは足りず、鞆鉄道(広島県)で走っていたボンネットバスを購入して「伊豆の踊子2号」として稲取営業所所属で走らせました。

こちらが、旧天城トンネルの所で撮影した「伊豆の踊子2号」です。ヘッドライトやフロントグリルの形が違うのにお気づきでしょうか。また乗降用のドアも中間部にあったのが特徴です。(画像提供:東海自動車株式会社)

1995年(平成7年)、稲取営業所所属の「伊豆の踊子2号」が引退し、エンジンは修善寺営業所所属の1号に載せ換えられました。

現役時代の「伊豆の踊子」号です。1号は天城峠越えの路線バスとして、3~11月の日曜祝日(夏休み期間中は運休)に観光運転されてきました。その他貸切運行や、2~3月の「河津桜まつり」の時には「お花見バス」として、河津町内を走っていました。

しかし各種部品の確保が困難なことや老朽化が進んだことから、晩年は天城峠を越えない修善寺駅~昭和の森会館間で運転されてきました。数年前からは定期運用こそないものの、イベント運行や団体貸切などで今も元気に活躍しています。

*昔懐かしの方向指示器「アポロ」


このバスを見るうえで欠かせないのが、左右に取り付けられた方向指示器です。こちらは通称「アポロ」と呼ばれ、曲がる方向にガチャンとレバーが出ます。現在は法令上、ウインカーの設置が義務付けられていますが、このボンネットバスでは昔ながらの「アポロ」も併用されています。

*夏は暖房完備のバス


このバスのエンジンは、前方のボンネット内部にあります。そのため夏は熱が車内にこもり、サウナ状態になるのが特徴です。よって真夏日はこのバスはお休みとなります。今では部品を確保するのも大変だとか。


こちらが運転席です。古いバスであるため、ハンドル操作にもコツが必要といわれています。それだけ長年、愛されて大切にされてきたバスといえましょう。

後ろから撮影した「伊豆の踊子」号です。丸っこいつくりになっています。これを見た子供さんが「あ~、トトロのバスだ!」と言っていたのが印象的でした。

【貸切料金】
中伊豆(修善寺地区)1日ワンマン貸切 60,000~70,000円程度(税別)
※古いバスのため、営業地区外や山岳路線方面への運行は不可。

【お問い合わせ】新東海バス 0558-72-1841

湯の町熱海を巡るのは、「湯~遊~バス」がいちばん!(静岡県熱海市)


日本でも有数の湯の町・静岡県熱海市。その熱海の町中には、グルグルと循環する観光路線バスが走っています。

その名は伊豆東海バス「湯~遊~バス」。ボディは黄色く塗られており、アートユニットUWABAMI」による熱海の観光スポットのイラストが描かれています。あたみ桜、梅園、温泉など熱海を代表する楽しいイラストですね。

車内にはられている、アートユニットUWABAMI」の解説です。この楽しいイラストのあるバス、乗る前から、ワクワクしてくるようなバスですね。

「湯~遊~バス」が出発するのは、熱海駅前のバスターミナル。定刻の約5分前に、黄色いバスが入線してきました。このバスは大人が乗車1回で250円ですが、町中を回る場合は「フリーきっぷ(1日乗車券)700円を買うのがお得です。

こちらが「湯~遊~バス」車内です。2人掛けの座席が並んでいる観光仕様のバスです。最前列の座席には地元のボランティアガイドの方が乗車し、見どころや車窓の案内をしてくれます。

「このバス、特別料金かかるのかしら?」女性二人連れが運転士さんに聞いていました。

「いえ、かかりませんよ。乗車1回で250円か、700円の一日乗車券でご利用いただけますよ。」と運転士さんは答えていました。

定刻になり、「湯~遊~バス」は熱海駅を発車、いくつかのカーブを曲がって海岸沿いの国道135号線に出ます。

まずは4番目の停留所「お宮の松」で途中下車してみる事にしましょう。

ここには、熱海の知名度を一気にアップさせた尾崎紅葉の「金色夜叉」の舞台として知られている松があります。現在の松は二代目だそうで、そばには初代の松の切り株も保存されています。

熱海の海岸で、貫一とお宮が別れるあの名シーンが、銅像にて再現されています。
「♪熱海の海岸散歩する・・・」と、BGMに「金色夜叉の歌」が流れているのも雰囲気あって良いです。

「今の世の中だったら、立場逆転してお宮がやり返すでしょうね。」居合わせた方の一人が言っていました。

また時代の流れでしょうか、「暴力を助長するものではありません」という注意書きが銅像にはありました。またここにも市民ボランティアガイドさんがいて、「金色夜叉」のお話や、二人のその後、お宮の松についての色々な話をして下さいます。

そこから観魚洞トンネルをくぐり、次は「錦ヶ浦入口」で降りました。トンネルを出るとガイドさんが、「左手の風景をご覧ください」と言ったので見ると、そこは断崖絶壁の海岸線になっており、車内の乗客からは歓声があがりました。

「少し怖いけど、すごいね。」

「自然の力って、見事なのね。」口々に言います。

ここ錦ヶ浦は、熱海でも有数の景勝地で、岩場がゴツゴツした崖の海岸が目を惹きます。下をのぞき込むと一瞬怖いですが、その風景は訪れる人を楽しませてくれます。ちょうど辺りが散策路になっており、眼下にこのような海岸線を一望する事が出来ます。

この錦ヶ浦からは、天気がいいと初島や伊豆大島を望む事が出来ます。(上の画像は初島です)初島へは、熱海港から高速艇で約25分。南国リゾート気分が気軽に味わえる島として人気を集めています。

また高台には、熱海城の天守閣がそびえているのが見えます。ここは歴史上の名城ではなく、観光向けに作られたお城で、城内には展望台の他、城郭史料館、浮世絵秘画館、無料ゲームコーナーなどがあります。

後続のバスに乗り継ぎ、坂道をえっちらおっちら上って行くと、次は「熱海城」バス停です。

ここからの熱海市街の眺めが最高で、「熱海海上花火大会」の時は、隠れた「特等席」になります。またここから歩いて3分の所には、最早全国で唯一となった「大人の遊艶地」熱海秘宝館があります。尚、熱海城、熱海秘宝館とも、このバスの「フリーきっぷ(1日乗車券)を見せると、入場料が割引となるサービスがあります。

熱海城の高台を下り、国道135号線を走ります。そして4分で「アカオハーブ&ローズガーデン」に到着します。ここは世界のバラとハーブを集めた植物園で、眼下に見える海岸線がとても美しいことでも知られています。ここでも、「フリーきっぷ」の割引が適用されます。尚、入場料は季節に応じて変動しますのでご注意ください。

入場料を払うとまずはシャトルバスに乗せられ、一番最高所の日本庭園まで連れて行ってもらえます。ここから下りながら園内をお楽しみください、という趣向です。バラのシーズンを外してきたので園内は静かでしたが、今度はバラの時期に再訪したいものですね。

また、売店で売っている「ラベンダーソフトクリーム」が大人気です!1本380円なり。ラベンダーの香りと、甘いミルクの味がマッチしていて、ここを訪れる人のほぼ9割の方がオーダーするほどの人気なのです。

後続のバスに再び乗り、国道135号線を走ります。ホテル大野屋のところで分岐して、次の目的地は「起雲閣西口」です。

ここから徒歩1分の「起雲閣」は、大正時代の富豪・内田信也の別荘として建てられたもので、後に「鉄道王」根津嘉一郎の手に渡り、戦後には旅館として営業していました。旅館時代には太宰治、志賀直哉、谷崎潤一郎など多くの文豪に愛されていたことでも知られています。

こちらが起雲閣の旧ローマ風呂です。1999年に旅館としての営業は終了しましたが、現在では博物館として熱海市が管理しており、当時の建物や庭園の見学が可能となっております。ここも「フリーきっぷ」で割引が適用されます。

その次は再びバスに乗って、2つ目の「大湯間歇泉」で下車です。

徳川家康公ゆかりの大湯が噴き出る大湯間歇泉までは歩いて1分。今でもお湯が勢いよく周期的に噴き出すことを見る事が出来ます。

熱海に来たら是非温泉に入りたい、ということで、大湯間歇泉から更に歩く事2分で、温泉「日航亭大湯」に着きます。かつては旅館でしたが、現在は日帰り専門の温泉となっています。

ここは自家源泉のお湯を贅沢にも源泉かけ流しで楽しめる温泉で、男女別の大浴場と露天風呂(日によって男女の入れ替わりあり)、家族風呂、休憩室などがあります。海が近いせいでしょうか、お湯は少ししょっぱめで、身体がよく温まります。休憩室では、お昼には丼物などの軽食も食べられるそうです。飲食物の持ち込みも出来るので、お弁当持参で来て、ここでのんびりとお湯につかるのも良いでしょう。

「大湯間歇泉」を出ると、バスは車窓右手に「小沢の湯」を見て走ります。ここでは、ゆで卵を実際に温泉の熱で作って食べる事が出来るので有名です。

最後のバス停「咲見町」を出るとバスは一気に坂道を登り、程なく終点「熱海駅」へと戻ってきます。

またこの「湯~遊~バス」「フリーきっぷ」を持っていれば、伊豆山神社、伊豆山温泉方面へ向かう一部のバスも、その日限りで乗り降り自由になるので便利です。

熱海の市内観光などに便利な「湯~遊~バス」を是非活用してみてはいかがでしょうか?平日は30~45分間隔で13便、土日祝日には15~30分間隔で18便を運行しています。

電車とバスの博物館の運転シミュレーターで遊ぶには?(神奈川県川崎市宮前区)


東急田園都市線・宮崎台駅から徒歩1分。駅に隣接した高架下にあるのが、「電車とバスの博物館」です。
1982年(昭和57年)、東京急行電鉄が会社創立60周年を記念して、田園都市線・高津駅のガード下にオープンしたのがその始まりでした。その当時は、入場料が大人・子供ともに何と「10円」でした!

その後、展示物の充実化や、宮崎台駅への移転など大幅なリニューアルが行われ、今年(2016年)2月にリニューアルオープンしました。館内は以前よりも充実した内容になった、と口コミで聞いたので、どんなものかな、とワクワクしながら行ってまいりました。

こちらは「パノラマシアター」です。東京急行電鉄(東急)の歴史をパネルや模型で紹介しています。またHOゲージの鉄道模型が、鉄道音楽の第一人者・向谷実氏のオリジナル楽曲に合わせて、広いレイアウトの中を走るのは見ものです。また、その前にはNゲージ鉄道模型のレイアウト「Nゲージパーク」があり、自分の鉄道模型車両を持ち込んで走らせることもできます。

「東急コレクション~旧高津駅~」です。ここには昭和30年代の田園都市線・高津駅の駅舎が再現されています。ここには鉄道雑誌のバックナンバーが置いてあり、自由に読むことが出来ます。(貸し出しは行っていません)

復元された、旧・高津駅の普通運賃表です。お隣の「二子新地」駅が「二子新地前」駅になっていたり、「二子玉川園」駅から「砧本村」駅までの砧線(昭和44年5月10日廃止)があったり、東横線の終着駅が「桜木町」駅になっていたりと、細かいところまで再現されています。

同じく復元された、旧・高津駅の定期運賃表です。今となっては、貴重な鉄道財産ですね。

こちらは「デハ3456号車カットボディ」です。戦前に登場し、長らく東急で活躍したデハ3450形電車のカットボディで、運転台とモーターのセットとなっています。

これが、デハ3450形電車で実際に使用されていたモーターの実物です。運転席のマスコンハンドルを回せば、懐かしい「吊り掛けモーター」の音とともにモーターが作動し、ブレーキハンドルを回すと、実際にブレーキがかかるようになっています。どの様に電車が動くのか、遊びながら学ぶ事が出来る「生きた教材」と言えますね!

8090系電車のシミュレーターです。こちらはリニューアル後の最大の目玉施設と言っていいでしょう。かつて東急東横線の花形として走っていた8090系電車の運転台部分が再現され、田園都市線・大井町線・東横線の中から好きな路線をチョイスし、運転台体験をすることが出来ます。

こちらのシミュレーターを利用するには、1回300円の整理券が必要となっています。整理券は、開館後からこの電車の前の発行機で発券しています。尚、日曜祝日や学校の休みの時などの多客時には、整理券が早くなくなることもあるのでご注意ください。

東急玉川線(玉電)デハ204号電車です。1969年(昭和44年)5月に廃止された東急玉川線(渋谷~二子玉川園間の路面電車)で活躍していた連接車です。その丸っこい形と塗装の塗り分けから、「いもむし」「タルゴ」「たまご」などの様々な愛称がありましたが、一番知られていた愛称は、不二家の宣伝人形に似ていたことから「ペコちゃん」でした。休憩スペースとなっており、車内でお弁当を広げることもできます。

路線バス「日野RB10」です。昭和40年代の「ワンマンバス化」時代の路線バスで、方向幕の作動体験や車内放送装置体験、後部ドア開閉体験ができます。また床は透明で、バスの構造をリアルに学ぶことができるのが特徴です。

「東急コーチバス」で使われていた「三菱ふそうB623B」です。1975年(昭和50年)より運行を開始された「東急コーチバス」の初代車両で、乗客の要望に応じて迂回ルートを走ったり、停留所以外の所で降車を取り扱う「デマンドバス」の先駆けとして運行していました。

運転席はシミュレーターとなっており、運転体験のあとは点数が出るようになっています。これは楽しいですね!尚、このシミュレーターは整理券不要の先着順で楽しむ事が出来ます。(区間ごとの交代制となっています)

車内にあった「行先案内」の電光掲示です。迂回ルートのバス停(コールボックス)でボタンを押すと、その情報が運転席に伝わり、そのバスは迂回ルートを走るようになっていました。

「東急コーチバス」の車内です。観光バスの様に、乗降用扉が前1枚だけの「トップドアー車」で、シートも普通の路線バスとは違った豪華なつくりのハイバックシートになっていました。この博物館に安住の地を見つけてからは、「未来のバス運転士さん」達へ夢を与える第二の人生を送っています。

本館から少し離れた別館「キッズワールド」にある「モハ510形」電車です。戦前から東京横浜電鉄(現在の東横線の前身)で活躍していた電車で、現在は車内も公開されています。

「モハ510形」電車の車内です。ニス塗りで、木目調を活かしたデザインなど、今の時代にも十分通用するデザインですね。こんなタイプの「レトロ電車」が今走ったら、きっと大人気でしょうね!

別館「キッズワールド」に行くと、電車とバスの他にも更に、日本初の国産旅客機・YS-11の操縦席部分が展示されています。

このYS-11型旅客機は、かつて東急グループだった「東亜国内航空」(後の日本エアシステム)にて、「なると」号の名称で飛んでいたものです。

かつては操縦席シミュレーターとして営業していましたが、現在は営業を休止しているのが残念です。今では飛行機もハイテク時代になりましたが、ひと時代前の飛行機の操縦席のことを学べる貴重な資料です。

別館「キッズワールド」には他にもママ鉄さん、子鉄くん必見の、自由にプラレールで遊ぶことが出来る空間「プラレールパーク」(30分ごとの入れ替えで、要整理券。尚、プラレール車両の持ち込みは不可)やお子様向けシミュレーター「キッズ・シミュレーター」など、見逃せない施設が多数あります。尚、別館「キッズワールド」は、本館の入場券でそのまま入館できます。

【施設データ】

◆所在地 神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-12

◆電話番号 044-861-6787

◆営業時間 10:00~16:30(最終入場は16:00まで)

◆入館料 大人(高校生以上)200円、子供(3歳~中学生)100円

◆8090系運転シミュレーター 1回300円

◆Nゲージレイアウト 10分100円

◆休館日 毎週木曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

※尚、駐車場の設備がありませんので、電車またはバスでのご来館をお勧めします。

電車とバスの博物館ホームページ