【惜別】さようなら上野動物園モノレール

皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?今日の話題は、パンダで沸いてる上野動物園から。

この上野動物園の東園と西園の間には、日本で最初の「懸垂式モノレール」が走っていましたが、施設の老朽化等によりこの10月31日で休止されることになりました。

東園駅に停車している、40形モノレールです。現在の車両で四代目だそうです。窓の大きさが広く、眺望を堪能出来るように配慮されています。

東園駅では、乗車記念のグッズが配られていました。

今回いただいたグッズです。上野動物園モノレールのペンダントストラップでした。

運転席です。乗車時間は短いですが、本格的に作り込まれています。ミュージックホーンを鳴らして、ハイ発車!

発車シーンを動画でお楽しみください。

乗車時間にして約2分の「空中散策」でしたが、満足出来ました。西園駅は、乗車を待つ人とグッズを買う人で大行列!この日はパンダ🐼よりも、モノレールの方が行列出来ていました。

東園と西園を結ぶ「こおろぎ橋」の所で、下からモノレールを撮影。ここも「大同業者まつり」でした!

1両目が近づいてきました。

連結部はこんなカラフルです。

編成全体は、こんな感じでした。

「こおろぎ橋」の所で、下からモノレールを動画撮影してみました。

子供の頃、親に上野動物園へ連れてきてもらった際、このモノレールに乗りたいとせがみましたが、「歩きで十分」と却下され悔しい思いをしました。そのリベンジを果たしたのが2006年(平成18年)の時でした。

この上野動物園モノレールは、将来の都市交通の試験線として開業した日本最古のモノレールで、もしもこのモノレールが実用化されていたら東京の都市交通は大きく変わっていたでしょうね。

しかし施設や車両の老朽化が進み、その修復費用に莫大な金額がかかる事や、園内施設のリニューアルなどから今回の「運行休止」に繋がったのです。これで「懸垂式モノレール」が走るのは、神奈川県の湘南モノレールと、千葉県の千葉都市モノレールのみになりました。

【日本で唯一!】名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」



皆様、こんばんは。「てつきち」です。明日は嬉しい週末。このページもWordpressを使いこなす練習として、定期更新日の毎週月曜日以外にも不定期に更新していきたいと思います。

今日の話題は、尾張名古屋発。鉄道のようで、鉄道ではない。バスのようで完全なバスではない。そんな不思議な乗り物「ガイドウェイバス」が名古屋では走っています。

その名も、名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」

バスの始発地は、中央西線の「大曽根」駅。駅前の高架部分から発車しています。

「大曽根」を出発し、カーブを曲がるところを最前列からパシャリと1枚。

この大曽根駅~小幡緑地駅の区間は「軌道」扱いで、このバスを運転するには大型二種免許の他、無軌条電車[トロリーバス]の運転免許(無軌条電車運転免許)が必要となります。無軌条電車[トロリーバス]は、以前にもご紹介しましたが、現在では立山黒部アルペンルートの室堂~大観峰間にのみ残っています。

この区間はハンドル操作は行わず、バスの側面から出る補助車輪が高架区間(案内軌道)に接して走ることになります。また時速は60kmに抑えられ、普通の路線バスの様な「続行運転」は行われていません。高架区間内では、凡そ10分ヘッドで運行しています。

小幡緑地駅で撮影した、大曽根駅行きの「ガイドウェイバス」です。バスの様でバスではない、電車の様で電車ではない、不思議な乗り物ですね。

大曽根駅を出てすぐ、車窓右手にはナゴヤドームが見えてきます。バスを駅から撮影してみますと、両端に「案内軌道」があるのが見えます。走行音もかなり静かで、まさに「未来の乗り物」といった感じです。

バスの写真を撮りたかったので、「小幡緑地」駅で途中下車。ここで高架区間は終わり、「ガイドウェイバス」は一般の路線バスとして運行されます。

「小幡緑地」駅に入線してくる「ガイドウェイバス」です。

一見すると、普通の路線バスにしか見えませんが、この「ガイドウェイバス」は日本で唯一の存在なのです。

「小幡緑地」駅に停車中の所を1枚。

ここで「ガイドウェイバス」はスロープ(坂道)を下り、専用道(高架区間)から一般道へと入ります。

今度は一般道から専用道(高架区間)へ登って行くところを1枚。本当はもう少し近くで撮影したかったのですが、ここから先は安全のため立入禁止だったので、この様なショットになりました。次回の訪問時には、望遠レンズ持っていくぞ!

一般道への入口で信号待ちをしている「ガイドウェイバス」です。信号が変わったら一般道へと入り、途中の中志段味(なかしだみ)行きや、終点の高蔵寺行きなどに分かれて運行されます。

終点の「高蔵寺」駅に到着した「ガイドウェイバス」です。特に朝夕のラッシュ時には、一般道路区間だけでは渋滞するところを、高架区間で定時運行しているので、通勤・通学輸送にとても重宝されています。このバスが開業する前は、名古屋市内の区間は慢性的な渋滞。その渋滞とは無縁の専用軌道で走るのですから、他の渋滞が慢性的な都市でも是非、実現して欲しいものですね。

高蔵寺駅では中央西線の他、愛知環状鉄道線にも接続しており、岡崎方面へ足を伸ばすのにも便利な存在となっています。

名古屋御来訪の折には、是非いかがでしょうか。

【惜別】さようなら!川越丸広「わんぱくランド」は9月1日が最終日


皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきちの日」。今週は、9月1日(日曜日)限りでなくなる、「最後のデパート屋上遊園地」である川越丸広百貨店の話題をお送りしたいと思います。

まずは、もう日本に二台しかない「屋上観覧車」。こちらが現役稼働中のものとしては、日本最古の屋上観覧車になります。その乗車風景を、まずは動画でお楽しみください。

屋上観覧車からの風景です。乗車時間にして約3分というものでしたが、ちょっとした空中散策でした。

屋上をほぼ一周するミニモノレール「わんぱくビード」です。小さなモノレールですが、時折揺れてちょっとしたスリルも味わえます。

出発から到着までの様子を、動画で撮影してきました。約2分間の小さな旅です。

ミニ飛行機「わんぱくエアプレーン」です。こちらにも乗ってきました。飛行時間3分の小さな空の旅です。

動画でお楽しみください。

飛行機が飛んでいる時は、こんな感じで飛んでいます。

この様な「お子様専用のミニ飛行機」もありました!

コイン式のバス型遊具です。これで「未来のバス運転士さん」を目指した人は何人いたのでしょうね。

こんな、ミニドライブが楽しめる遊具もありました。

クレーンゲームも、こんなに充実していました。

昭和30年代は「デパートへのお出かけ」といえば、それはよそ行きの大行事でした。服装もちゃんと整え、デパートでお買い物。お昼は最上階の大食堂で「お子様ランチ」を食べ、最後は「屋上遊園地」で遊ばせてもらう。まさに夢のようなお出かけでした。

しかし先述の様に、1973年(昭和48年)に発生した熊本・大洋デパート火災で多数の犠牲者が出たことから、デパート屋上の在り方が見直される様になり、同時に遊具も老朽化したことから、「屋上遊園地」は次第に姿を消して行きました。

その中で、最後まで「本格的な屋上遊園地」として残っていた、ここ丸広百貨店川越本店の屋上遊園地「わんぱくランド」も、耐震化工事の資材置き場になることを理由により、今年9月1日限りで姿を消すことになりました。当初は工事終了後、屋上遊園地を再開する予定でありましたが、観覧車の部品がもう確保できない状態であり、再開は断念されました。

同時にこれは「デパートの屋上遊園地」の幕引きでもありました。

この週末は、川越へのお出かけなどいかがでしょうか?最終日は、16時30分までの営業になるそうです。

詳しくは丸広百貨店川越本店のホームページをご参照ください。

【懐かしの1枚】1996年(平成8年)の名鉄・犬山遊園駅


皆様、こんばんは。「てつきち」です。今日の東京は、寒い1日でした。

今日も懐かしの1枚からお送りします。1996年(平成8年)の春に、名鉄犬山線・犬山公園駅で撮影した1枚です。この時は、犬山線から各務原線経由で新岐阜(現在の名鉄岐阜)行きの7300系電車と、名鉄犬山モノレール(2008年12月に全線廃止)が並んだ姿が撮れました。

この名鉄7300系電車は、名鉄特急のネットワークを支線網にも広げよう、という目的で1971年(昭和46年)に旧型電車(3800系29両・800形1両)の機器を流用し、車体を更新して製造された特急電車です。

座席指定特急運用に使用するため、冷房装置の他、「座席指定」表示器と「どけよホーン(ミュージックホーン)も設置されましたが、駆動装置は吊り掛け式モーターの旧型でした。1972年(昭和47年)には、三河線の碧南駅から犬山を経由して上飯田駅へ向かう座席指定特急「明治村」号として使用されました。(犬山~上飯田間の小牧線内は普通列車扱いでした)

車内は特急用という事で、ゆったりとした転換式クロスシート(戸袋窓部はロングシート)が並び、7000系「パノラマカー」にも引けを取らない車内設備でした。車体は「パノラマカー」とほぼ同一でしたが、貫通式で展望席がない事や、吊り掛け式駆動であることから「ニセパノラマカー」等という有り難くないあだ名まで付けられていました。

名鉄時代は三河線を中心に、小牧線や各務原線、広見線などで多く使用されており、急行電車などで力強いモーター音を響かせて走っていました。1997年(平成9年)4月13日のさようなら運転を最後に名鉄での活躍を終了し、系列の豊橋鉄道渥美線へと転属しました。

豊橋鉄道では「観光電車」という事で塗装の変更が行われ、主に伊良湖岬方面への観光輸送として活躍しましたが、2扉電車であるという事がネックとなってしまいました。特に朝夕の通勤ラッシュ時間帯には、扉が2つしかないためお客様が集中し、列車遅延やダイヤの乱れが発生する事態が頻発しました。そしてわずか3年程で、元・東急の7200系電車が「1800系」として入線すると全車引退となり、廃車されました。

左に写っています「名鉄犬山モノレール」は、日本モンキーパークへのアクセス手段として、ゴムタイヤでコンクリート製のレール上を走行する「日立アルウェーグ式」による「日本初の跨座式モノレール」として1962年(昭和37年)3月21日に開業したものです。このモノレールは、後に開業した「東京モノレール」の礎にもなったモノレールであり、「東京モノレール」が浜松町~羽田間で開業した際には、技術指導、ということで名鉄の社員が数名出向で行った程です。

長らく日本モンキーパークや、成田山名古屋別院大聖寺へのアクセス鉄道として親しまれてきたこのモノレールでしたが、レジャーの多様化とニーズの変化により乗降者数は落ち込んでいきました。そのため、2008年(平成20年)12月18日、惜しまれつつも全線廃止となりました。

廃止後は、3両編成の車両のうち2両が旧「動物園」駅跡で展示保存され、外から見る事が出来ます。(中に入ることはできません)1両は、岐阜県可児市にある温泉施設「スパリゾート湯の華アイランド」にて、展望台として保存されています。

これからも「乗り物」にこだわった、楽しい画像や話題、懐かしい画像をどんどんお届けしていきたいと思います!

【体験記】今では全国に2ヶ所だけとなった「屋上遊園地」の観覧車に乗りました!(埼玉県川越市)


皆様、こんばんは。「てつきち」です。季節の変わり目、暑くなったり寒くなったりしていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今日の話題は、埼玉県川越市からお送りいたします。彩の国埼玉県を代表するデパート・丸広百貨店。地域密着型の百貨店として川越に本店を置き、県内に8店舗を展開しています。中でも1964年(昭和39年)に移転開業した川越本店は、昔ながらの「百貨店」の雰囲気を色濃く残しています。

子供の頃の百貨店へのお出かけと言えば、よそ行きの服を着せてもらい、百貨店(敢えて「デパート」とは言いません)へ行き。お買い物。そして最上階の大食堂で「お子様ランチ」を食べ、屋上の遊園地で遊ばせてもらう、というのが王道のコースでした。かつて、デパートの屋上と言えば遊園地があり、観賞魚売り場があり、ミニステージがあり、と何でもござれの楽しいスペースでした。

しかし、1973年(昭和48年)に発生した熊本・大洋デパート火災により多数の犠牲者が出て、屋上のあり方が見直されることになりました。そしてレジャーの変化と遊具の老朽化、陳腐化により多くの「屋上遊園地」が閉鎖されていきました。

しかし、この丸広百貨店川越店の屋上には、今となっては全国唯一となった屋上遊園地「わんぱくランド」が今でもあるのです!コイン式乗り物、ゲームコーナーの他、全国でも2ヶ所となった屋上観覧車、屋上を一周するミニモノレールなどが揃っています。

1968年(昭和43年)にオープンした当時からあるのが、小さな屋上観覧車「わんぱくホイール」です。

早速、乗ってきました!ゴンドラは登場当時の物をそのままメンテナンスして使用しているのが特徴です。ガラスのない「吹きさらし」なので、風を気持ちよく感じる事が出来ます。乗車時間は約3分ほど。眼下に、川越の街並みを一望することができます。

スタッフの方によれば、

「現役の屋上観覧車は、うちと蒲田東急プラザさんの2台だけ。それも、開設当時からのものを使っているのはうちだけです。」

と自慢げにおっしゃっていました。(蒲田東急プラザのものは1989年[平成元年]に交換したものです)

屋上観覧車で日本最古なものは、名古屋のオリエンタル中村(現在の名古屋三越)のもので、1956年(昭和31年)に設置されたものです。現在は重要文化財に指定されていることや老朽化などの理由により、乗車することは出来ません。よって、現役の屋上観覧車で最古なのは、この丸広百貨店川越店の「わんぱくホイール」ということになるのです。

この屋上遊園地「わんぱくランド」のもうひとつの目玉が、ミニモノレール「わんぱくビード」です。

こちらにも乗ってきました!この屋上遊園地の周りを1本レールで一周する2人乗りのミニモノレールで、乗ってみると結構揺れます。でも、そこから見る景色は最高で、大人でもハマるほどでした!

屋上遊具は、ミニ飛行機「わんぱくプレーン」を含めて昔からの機械をそのまま使用しています。それ故にメンテナンスも大変なのだそうです。でも、おじいちゃん、お父さん、子供の三世代で訪れるお客様もかなり多く、皆の笑顔を見ていると「機械が動くうちは続けないと」という気持ちになり、まめにメンテナンスを欠かしていないとの事です。その心意気には感服しました!

その心意気は、ゲームコーナー店内に貼ってあったポスターからも感じ取れました!これらの乗り物は大人、子供とも1乗車300円均一。お財布にも優しいお値段ですね!

他にもミニ飛行機や乗用ドラえもん、乗用アンパンマンなどのコイン式遊具があり、屋上遊園地「わんぱくランド」健在なり!です。

屋上遊園地「わんぱくランド」の1フロア下には、昔の「デパート大食堂」の雰囲気を色濃く残している「ファミリーレストラン」があります!

ラーメンあり、寿司あり、オムライスあり、ハンバーグありと和洋中何でもあり、メニュー選びが迷ってしまう程ですね!

「ファミリーレストラン」の店内です。昔の「デパート大食堂」という感じがしてきますね。ただ食券制ではなく後でレジで払う、というようなスタイルです。

「ファミリーレストラン」「キッズプレート」です。この丸広百貨店川越店では、大人の方も200円プラスでキッズメニューを食べることが出来ます。(但し、おまけのおもちゃは付きません)旗の立ったご飯にハンバーグ、海老フライ、フライドポテト、鶏のから揚げ、ゼリーと付いた充実の内容でした。

昭和レトロを感じる丸広百貨店川越店、皆様も川越へお出かけの際には是非いかがでしょうか?