小田急の新型特急ロマンスカー「GSE」を10倍楽しむ方法!


皆様お久しぶりです。「てつきち」です。ここの所、更新をサボっており気が付いてみたら11月も終わりになっていました。もう一つのブログの方は、1日1筆をモットーに毎日更新していますので、併せてご覧いただけると嬉しいです。このページも、せめて週に一度は書いて行けるよう努力いたします。

さて先日、撮影の仕事で箱根へと行ってきました。仙石原に1泊し、箱根ゴールデンコースや仙石原のススキなどを撮影してきましたが、帰りは、昨年秋にデビューしたばかりの小田急ロマンスカーの新車・70000形「GSE(Graceful Super Express)に念願かなって乗車することが出来ました!

箱根湯本駅の特急券発売窓口で、この「GSE」使用列車の空席がないか聞いてみたところ、展望席は売り切れだが一般席なら先頭の7号車に空席があるとのこと。すぐさま予約し、1番線ホームに向かいました。

1番線ホームには、新宿駅からの旅を終えてきた70000形ロマンスカー「GSE」が、折り返し運転に向けて車内清掃をしているところでした。

70000形ロマンスカー「GSE」のボディです。小田急ロマンスカー伝統のオレンジ色主体のカラーで、優美さを感じます。またこのロマンスカーは、展望席付きの過去のロマンスカーとは違い、連接車構造ではなく各車両が分かれたボギー車構造となっているのが特徴です。

車内清掃が終わり、いよいよ車内へとご案内といったところで耳寄りなアナウンスが流れました。

「只今から、1号車先頭部のところで撮影会を行います。参加ご希望の方は、1号車先頭部までお越しください。」

1号車の所では、家族連れなどが列を作っていました。車掌さんの帽子をかぶって、記念撮影ができるそうです。私も記念に1枚、撮影してきました。

それでは70000形ロマンスカー「GSE」の車内を見てみることにしましょう。

「GSE」の一般客室です。従来のロマンスカーに比べて、居住性などが向上していると言われています。見ているだけでゆったり感を感じます。

編成中4号車にある、車椅子スペースです。この部分は、リクライニングシートも1人掛になって、車椅子を接続できるようになっているのが特徴です。

4号車デッキにある、清涼飲料水の自動販売機です。最近では特急ロマンスカーでも車内販売営業休止の列車が多くなったので、有り難い存在です。でも、箱根特急ではやはり車内販売があると便利なものですね。

「GSE」の座席です。リクライニング角度は、従来の50000形「VSE」や60000形「MSE」よりも深めになっており、居住性が増しています。また、現在のニーズに合わせ、各座席に携帯電話充電用のコンセントが設置されているのが特徴です。

7号車の展望席です。定員は16名。従来の50000形「VSE」より窓は広めに作られており、展望の迫力が増してきます。特徴としては、荷物棚を廃止して各号車の車端部に「バゲージスペース(手荷物置き場)」を設置したことがあります。箱根行き特急、ということでインバウンド利用者も多いこの小田急ロマンスカーでは、便利な設備ですね。ちなみに中国語ではこの特急ロマンスカーの事を「浪漫特快」と呼んでいます。

7号車の展望席から見た車内です。展望室以外の客室も、天井の荷物棚がない分窓が広く取られているのが特徴です。これは列車の旅が楽しくなりそうですね!

私たちを乗せた特急ロマンスカー「はこね30号」は定刻に箱根湯本駅を出発しました。この車内では、携帯電話用のコンセントの他にもフリーのWi-fiがあります。外国人は、気に入るとすぐにFacebookやInstagram等のSNSで情報を発信してくれますので、この様なWi-fi機能も今では観光列車では標準装備となっています。これで車内から、リアルタイムの乗車リポートを発信することも出来ますね!

車内エンターテインメント「ロマンスカーリンク」です。お手持ちのスマホやタブレット、ノートPCなどで専用のページにアクセスすると、「GSE」車内限定のエンターテインメントを楽しめます。オーディオサービス、観光ガイド、鉄道ファン必見の小田急電鉄紹介ページ。中でも人気なのが、こちらの画面にもありますように運転席からのリアルタイムの展望画像を楽しめる、という点です。前展望、後展望両方切り替えることが出来、展望席で見るのと同じ風景を見ることが可能です。このサービス、今の飛行機のエンターテインメントサービスも顔負けの充実ぶりですね!

車内販売のロマンスカーアテンダントさんが回ってきましたので、コーヒーをオーダー。ビスケット付きで350円でした。小田急ロマンスカーのコーヒーは、豆からこだわっているので本格的な味わい。コーヒータイムも楽しくなります。これが一昔前でしたら、日東紅茶でした。私にとっては「日東紅茶」と言えば小田急ロマンスカー「走る喫茶室」のイメージがありましたので、ロマンスカーの中でのティータイムは旅への楽しみでもありました。

向ヶ丘遊園駅を通過した辺りで、車掌さんが7号車の展望室へとやってきました。

「間もなくこの列車は、多摩川の鉄橋を渡ります。運が良いと、羽田空港を離発着する飛行機や東京タワー、東京スカイツリーをご覧いただくことが出来ます。」

展望室には他のお客様がいらっしゃったので詳しい風景は見えませんでしたが、確かに彼方に東京スカイツリーらしき塔があるのが見えました。この様にお客様を楽しませよう、という小田急ロマンスカーの乗務員さんのサービス精神には脱帽ものです。

その後、代々木上原駅を通過して車窓左手に新宿新都心のビル街が見えてきた辺りで、間もなく終着駅・新宿に到着する旨告げた、最後の車内放送がありました。それはまた、この70000形ロマンスカー「GSE」に乗りたくさせてくれる様な、心温まる車内放送でした。

新宿駅に到着した70000形ロマンスカー「GSE」です。慌ただしく車内整備が行われ、折り返し「ホームウェイ81号」として片瀬江ノ島まで1往復の旅に出発していきました。

小田急ロマンスカーの運用情報(展望室付き特急のダイヤ)は、小田急電鉄ホームページから確認することが出来ます。皆様も、この楽しい70000形ロマンスカー「GSE」にて、箱根へお出かけになってみてはいかがでしょうか?

【乗り鉄】空港に一番近い「日本最短の私鉄」芝山鉄道


残暑お見舞い申し上げます、「てつきち」です。この夏、皆様はどんな乗り物旅をなさっていますか?

私は先日、成田方面へ小さな旅をしてきました。その時に「日本最短の私鉄」である芝山鉄道を乗り鉄してきました!その時のレポートです。

芝山千代田駅ホームからの風景です。同駅は、単線で1面のみのホームなので、成田空港の貨物地区を一望する事が出来ます。ここは基本では貨物機メインのエリアですが、一部のLCC(格安航空会社)も、ここに駐機して発着することがあります。その時は、第3ターミナルから10分ほど延々とランプバスに揺られてここまで来ることになります。

今年の5月に、成田空港からバニラエアで北海道に行った際、ランプバスから見た芝山鉄道線の線路です。

芝山千代田駅に、京成成田行きの電車がやってきました。日中は40分間隔なのだそうです。全国各地に「空港駅」は数多くありますが、飛行機をこんなにより近く感じることができる駅は、この芝山千代田駅ではないでしょうか。この電車と飛行機のショットは、電車が遠すぎても近すぎても絵にならないので、難しい撮影でした。

この芝山鉄道を走るのは大半が京成電鉄の電車ですが、同電鉄の3500形電車の中で4両1編成が芝山鉄道にリースされて活躍しています。(この写真の編成です)ただ、4両と短い編成なので芝山鉄道線で見る事はあまりなく、金町線や千葉線で「アルバイト運用」しているのをよく見かけます。

ほどなくして、芝山千代田駅を出発して東成田駅へと向かいます。ここが芝山鉄道と京成電鉄の境界駅となります。

東成田駅には、今は使われなくなったプラットホームが残っていました。果たして、何のホームでしょうか?

それは、1991年(平成3年)の空港新線開通まで存在した、旧・成田空港駅の特急「スカイライナー」専用のホームでした。1978年(昭和53年)の空港線開通当時は、この東成田駅が「成田空港」駅を名乗っていたのです。ただ、ターミナルビルまでは距離があったため、成田空港までは連絡バスを利用しての連絡でした。

「成田空港(なりたくうこう)」の文字が残る駅名板です。どれだけ多くの人が、この駅を利用していたでしょうか?最初は連絡バスへの乗り継ぎが必要、という点からリムジンバスに大きく水をあけられていましたが、首都高速の渋滞が慢性化してきたことから、定時運行が確実な鉄道のメリットが活かされ、特急「スカイライナー」の利用者も多くなりました。

その後、国鉄分割民営化により「成田新幹線」計画が破談となり、その予定地を活用した空港新線が1991年(平成3年)に開通し、京成電鉄、JRともターミナルビル地下への乗り入れを果たすと、この旧・成田空港駅も「空港アクセス駅」としての役割を終えて、「東成田」駅と改称されました。今の利用客は、主に成田空港で勤務する人達がメインなのだそうです。

かつては多くの海外旅行者が歩いていた、「東成田」駅の地上への出口です。消された日通の広告の痕が、華やかだった時代を物語っているかのようです。

ちなみに、東成田駅から空港第2ビル駅までは、全長約700mの地下道で繋がっています。

これからも、乗り物の様々な話題を取り上げていきたいと思います。皆様、良い旅を!

【思い出の1枚】山陽新幹線「ウエストひかり」のビュッフェ


皆様、お久しぶりです。今日は懐かしい画像から1枚。

かつて山陽新幹線の新大阪~博多間で走っていた新幹線「ウエストひかり」。6両という短い編成ながら、座席は2列―2列になり、ゆったりとした座席に取り換えられました。これは、航空路や夜行高速バス「ムーンライト」号に対抗して、乗り心地のいい列車で勝負、というJR西日本ならではの思いでした。

6両編成、という短い編成ながら中間車にはビュッフェも設けられました。従来カウンターで立ち食い型のビュッフェを大改造して、ファミレスのような座席配置にしました。ビュッフェ営業休止時には、旅のサロン的な役割をしていました。

扉側の画像を撮ってみました。デジタル式の速度計や、テレホンカード式の車内公衆電話、テレホンカードの自動販売機などに時代を感じます。この画像は1998年(平成10年)に撮影したもので、既にビュッフェの営業は行われていませんでした。

当時、東海道・山陽新幹線の食堂車や車内販売を担当していた会社には、日本食堂(後にジェイダイナー東海、と改名)、帝国ホテル、都ホテル、B.T(ビュッフェとうきょう)がありましたが、この「ウエストひかり」では、大阪の大手給食会社・丸玉食品(現在のマルタマフーズ)「M-Rest」として、1往復のみ担当しました。

「M-Rest」が担当していた時のビュッフェメニューです。新大阪駅を早朝に出発する列車だったので、モーニングセットがメニューにありますね。利用した方の話によれば、カレーライスが特に美味だったとか。

この「ウエストひかり」は好評で、後には12両編成にまで増強され、車内で映画が楽しめる「シネマカー」まで連結されたこともありました。しかし車両の老朽化や、「のぞみ」号の増発に伴って「ウエストひかり」は廃止。今となっては思い出の列車となりました。

【惜別】さようなら小田急ロマンスカー7000形「LSE」車


皆様こんばんは、「てつきち」です。久しぶりの更新となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今日、1980年(昭和55年)のデビュー以来38年間に渡って走り続けてきた、小田急ロマンスカー7000形「LSE」車が、定期列車としてはラストランを迎えました。私は仕事のため行けませんでしたが、新宿駅では当該列車に乗務する乗務員たちへの花束贈呈などのセレモニーが行われた模様です。

そこで本日は、今まで撮りためた7000形「LSE」の画像の中から、いくつかピックアップしてご紹介したいと思います。今回のトップ画像は、代々木上原駅で撮影したものです。

まずは箱根湯本駅で折り返し待ちの所を1枚。今年の箱根駅伝の応援に行くため、わざわざこの7000形「LSE」が使われる列車を選んで行きました。それが私の最後の7000形「LSE」乗車となりました。

箱根湯本駅駅前の歩道橋から撮影した編成美です。特徴ある風景で、何人かの同業者が撮影をしていました。

1987年(昭和62年)の元旦に走った正月特急「初詣号」です。この列車は新宿~片瀬江ノ島間を走り、いつもは普通列車しか停車しない参宮橋駅に臨時停車する列車でした。現在は「ニューイヤーエクスプレス」号と名前を変え、運転形態を変更して走っています。

一時は10000形「HiSE」車を意識した、この様な塗装で走った時代もありました。

それでは今度は7000形「LSE」車の車内も見ていくことにしましょうか。

新宿寄り先頭車の展望席です。3100形ロマンスカー「NSE」車の時は10席だった展望席が、この7000形「LSE」車では14席に増え、眺めも以前に比べて俄然良くなりました。

3号車と9号車に設けられた売店(喫茶コーナー)です。かつてはここが車内サービスの基地となっていましたが、サービス体系がシートサービスから一般のワゴンサービスに変わった事に伴い、小改造が行われました。

4号車と8号車に設けられた洗面台です。場所を確保するため、デッキに隣接するように作られているのが大きな特徴でした。

2007年(平成19年)7月、3000形ロマンスカー「SE」車誕生50周年を記念して、7004F編成が懐かしい旧塗装に塗り替えられ、後にもう1編成も旧塗装に変わりました。

そして新ロマンスカー70000形「GSE」のデビューで第3編成が運用を離脱して廃車解体、残る第4編成も70000形「GSE」の第2編成登場で引退となったのでした。

小田急ロマンスカーの歴史を振り返ってみますと、この7000形「LSE」はとても画期的な車両でした。それまでのロマンスカーは、停車駅が少なかった事から乗降用ドアは手動式、座席の回転も「走る喫茶室」のスタッフが担当していましたが、7000形「LSE」からは乗降用ドアも自動化され、座席の方向転換も自動化されて大幅な改革となりました。

また1955年(昭和30年)にデビューした2300形ロマンスカー以来、実に25年振りのリクライニングシートの採用も行われ、デラックスさをも感じさせてくれた特急車でした。中学生の時は、江ノ島特急「えのしま」号によく乗ったものですが、この7000形「LSE」が来ると、思わず小躍りしたものです!

考えてみれば7000形「LSE」は、小田急ロマンスカーの中では「特急列車時代を一番長生きしたロマンスカー」といっても過言ではないでしょう。

具体的に言えば、3000形ロマンスカー「SE」車は1957年(昭和32年)デビューの1992年(平成4年)引退(営業運転としては前年度に引退)ですから正味35年間です。ちなみにこの画像は、営業運転としては最終日になった1991年(平成3年)3月15日に松田連絡線にて撮影した下り「あさぎり7号」です。

その次の3100形ロマンスカー「NSE」車は1963年(昭和38年)デビューの1999年(平成11年)引退ですから正味36年。小田急ロマンスカーとしての黄金時代を作り上げた立役者でありました。

この7000形「LSE」車は1980年(昭和55年)のデビューから2018年(平成30年)で正味38年でした。これは小田急ロマンスカーの歴史の中で、一番の長寿車両ということになります。ちなみに小田急ロマンスカーの中で最短命だったのは、1955年(昭和30年)にデビューし、1959年(昭和34年)に特急列車としての一線を退いた2300形ロマンスカーです。

戦後すぐの1949年(昭和24年)にデビューした1910形から1700形、2300形、そして3000形ロマンスカー「SE」車と「小田急ロマンスカー」の歴史は進んできましたが、その栄光の歴史の中で一番長い時代を走り抜いたのがこの7000形「LSE」車ではないでしょうか。

その栄光のランナーに改めてメッセージを贈りたいと思います。

38年間の活躍、本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!

【懐かしの1枚】1996年(平成8年)の名鉄・犬山遊園駅


皆様、こんばんは。「てつきち」です。今日の東京は、寒い1日でした。

今日も懐かしの1枚からお送りします。1996年(平成8年)の春に、名鉄犬山線・犬山公園駅で撮影した1枚です。この時は、犬山線から各務原線経由で新岐阜(現在の名鉄岐阜)行きの7300系電車と、名鉄犬山モノレール(2008年12月に全線廃止)が並んだ姿が撮れました。

この名鉄7300系電車は、名鉄特急のネットワークを支線網にも広げよう、という目的で1971年(昭和46年)に旧型電車(3800系29両・800形1両)の機器を流用し、車体を更新して製造された特急電車です。

座席指定特急運用に使用するため、冷房装置の他、「座席指定」表示器と「どけよホーン(ミュージックホーン)も設置されましたが、駆動装置は吊り掛け式モーターの旧型でした。1972年(昭和47年)には、三河線の碧南駅から犬山を経由して上飯田駅へ向かう座席指定特急「明治村」号として使用されました。(犬山~上飯田間の小牧線内は普通列車扱いでした)

車内は特急用という事で、ゆったりとした転換式クロスシート(戸袋窓部はロングシート)が並び、7000系「パノラマカー」にも引けを取らない車内設備でした。車体は「パノラマカー」とほぼ同一でしたが、貫通式で展望席がない事や、吊り掛け式駆動であることから「ニセパノラマカー」等という有り難くないあだ名まで付けられていました。

名鉄時代は三河線を中心に、小牧線や各務原線、広見線などで多く使用されており、急行電車などで力強いモーター音を響かせて走っていました。1997年(平成9年)4月13日のさようなら運転を最後に名鉄での活躍を終了し、系列の豊橋鉄道渥美線へと転属しました。

豊橋鉄道では「観光電車」という事で塗装の変更が行われ、主に伊良湖岬方面への観光輸送として活躍しましたが、2扉電車であるという事がネックとなってしまいました。特に朝夕の通勤ラッシュ時間帯には、扉が2つしかないためお客様が集中し、列車遅延やダイヤの乱れが発生する事態が頻発しました。そしてわずか3年程で、元・東急の7200系電車が「1800系」として入線すると全車引退となり、廃車されました。

左に写っています「名鉄犬山モノレール」は、日本モンキーパークへのアクセス手段として、ゴムタイヤでコンクリート製のレール上を走行する「日立アルウェーグ式」による「日本初の跨座式モノレール」として1962年(昭和37年)3月21日に開業したものです。このモノレールは、後に開業した「東京モノレール」の礎にもなったモノレールであり、「東京モノレール」が浜松町~羽田間で開業した際には、技術指導、ということで名鉄の社員が数名出向で行った程です。

長らく日本モンキーパークや、成田山名古屋別院大聖寺へのアクセス鉄道として親しまれてきたこのモノレールでしたが、レジャーの多様化とニーズの変化により乗降者数は落ち込んでいきました。そのため、2008年(平成20年)12月18日、惜しまれつつも全線廃止となりました。

廃止後は、3両編成の車両のうち2両が旧「動物園」駅跡で展示保存され、外から見る事が出来ます。(中に入ることはできません)1両は、岐阜県可児市にある温泉施設「スパリゾート湯の華アイランド」にて、展望台として保存されています。

これからも「乗り物」にこだわった、楽しい画像や話題、懐かしい画像をどんどんお届けしていきたいと思います!