【頑張れ銚電!】銚子電鉄途中下車の旅~君ヶ浜駅から犬吠駅の巻

皆様、おはようございます。「てつきち」です。先日お伝えしました様に、現在、千葉県の銚子電気鉄道がピンチになっています!

そこでこのページでも「頑張れ銚子電鉄!」ということで、銚子電鉄各駅の沿線情報をお送りしていきたいと思います。コロナ収束後には、このページを参考にして是非銚子電鉄の旅を楽しんでいただけたら、という思いで書かせていただきます。

今回は笠上黒生駅を後にして、君ヶ浜駅へと向かいます。

笠上黒生駅を出ますと、次は西海鹿島(にしあしかじま)駅、海鹿島(あしかじま)駅と過ぎていきます。中でも海鹿島(あしかじま)駅は、「関東で最東端の駅」として知られています。

今日のトップ画像になっているのが、次の君ヶ浜駅です。この画像は2010年(平成22年)に撮影したもので、元・営団地下鉄銀座線のデハ1001号車が現役バリバリで走っていました。

またかつてこの駅には、「きみちゃん」という名前の茶トラのネコが駅猫として棲みついていましたが惜しくも他界され、多くの人たちが最後のお別れに訪れました。

この君ヶ浜駅から歩いて5分程の君ヶ浜海岸は、風光明媚な海岸線ですが、高波のため遊泳は禁止されています。また、毎年1月1日の元旦には「本州で一番早い初日の出」を見る事ができる場所として知られています。

電車利用者ですと、一見すると犬吠駅で降りて歩き、犬吠埼灯台近くで御来光を拝む方が多いですが、この君ヶ浜からは「犬吠埼灯台を絡めた初日の出画像」が撮影出来るということもあって、ちょっとした穴場です。

君ヶ浜から見た犬吠埼灯台です。空が段々と白くなっていくのが見えますね。

君ヶ浜から撮影した、2019年度の初日の出です。2020年にも御来光をこの地で狙っていましたが、分厚い雲で断念しました。

2019年度の初日の出と犬吠埼灯台を絡めてみました。

この君ヶ浜海岸は「君ヶ浜しおさい公園」として整備されており、公衆トイレや飲料の自動販売機などもあります。犬吠駅から歩いて「御来光ポイント」まで行くとなりますと、トイレが余り無いのが難点ですので(犬吠駅まで行かないとない状態)、御来光を拝むのでしたら、こちらの君ヶ浜から拝むことをお勧め致します。

そして御来光を拝んだ後は、すぐそばの「絶景の宿 犬吠埼ホテル」さんで初湯(日帰り入浴)などいかがでしょうか?冷えた身体に嬉しい、甘酒の無料サービスもあります。「その年初めての太陽の光」を浴びながら露天風呂につかる、最高の気分ですよ!

続いて、犬吠埼灯台へ行ってみることにしましょう。この犬吠埼灯台は日本を代表する灯台の一つで、歴史的文化財的価値が高く、国の登録有形文化財に登録されています。また海上保安庁により「Aランク保存灯台」ともなっており「世界灯台100選」「日本の灯台50選」にも選ばれているのが特徴です。明治初期の1874年(明治7年)に初めて造られ、数々の歴史を乗り越えて今日に至っています。

灯塔高(地上から塔頂までの高さ)31.3メートルで、煉瓦製の建造物としては尻屋埼灯台に次ぐ、日本第2位の高さです。それでは、私達も上に上がってみることにしましょうか!

先程、御来光のところでご紹介した「君ヶ浜しおさい公園」の方向です。海岸線が広がっているのが見えますね!

灯台の下の方の岩場です。強い波が打ち寄せると、しぶきが上がります!

今度は、犬吠埼灯台近くにオープンした「犬吠テラステラス」さんに行ってみましょう。

1階は、地の野菜などを売るマーケットがメインになっています。

2階は、海の見えるちょっとお洒落な休憩スペースになっています。

こんなブランコもありました!

次は「地球の丸く見える丘展望館」へ行ってみましょう!

屋上の展望台から見た、屏風ヶ浦の海岸線です。所々に見えている風車は、風力発電のためのものです。

同じく、展望台からの風景です。こうしてみると、改めて「地球が丸く見える」気がしますね!

それでは、犬吠駅へと戻ることにしましょうか!

まずはランチということで、駅前すぐの島武水産さんへ。こちらでは、銚子港で水揚げされた地魚料理や、回転寿司を味わう事ができます。

こちらでいただいた、お刺身定食です。行った人の話によれば、こちらの回転寿司はかなりネタがデカかったそうです。次回はお寿司にしてみようかな!

踏切脇の所は、キャベツ畑を絡めて電車の撮影が出来るカメラスポットになっています。ここでグリーン塗装のデハ2001号編成を、パシャリと1枚。

キャベツ畑越しに、南欧風の駅舎である犬吠駅に停車している3000形編成をパシャリと1枚。こちらは道路からズームで撮影しました。

犬吠駅の入口脇には、観音駅から移転してきた鯛焼き屋さんがありました。

駅の中には、ぬれ煎餅などを扱っているお土産処があります。「銚電のぬれ煎餅」は、是非ここで買いましょう!

運がいいと、焼き立てのぬれ煎餅を食べられることもあります!

「てつきち」が、もう一つおススメする日帰り温泉があります!

それは、犬吠駅から歩いて4分の所にある「ホテルニュー大新」さんです。自慢の広い庭園を一望できる天然温泉の露天風呂が自慢でお風呂のみの他、会席料理の付いた食事つきプランもあります。

それでは次回は、終着駅・外川駅からぶらり旅をしたいと思います。次回もどうぞお楽しみに!

※この情報は、緊急事態宣言以前に歩いて調べたものです。そのため、現在では緊急事態宣言を受けて営業休止や閉鎖になっている場合もありますので、宣言解除後のご来訪の折は最新の情報を確認されます様、よろしくお願いいたします。