【頑張れ銚電!】銚子電鉄途中下車の旅~終着駅・外川駅の巻

皆様、おはようございます。「てつきち」です。先日お伝えしました様に、現在、千葉県の銚子電気鉄道がピンチになっています!

そこでこのページでも「頑張れ銚子電鉄!」ということで、銚子電鉄各駅の沿線情報をお送りしていきたいと思います。コロナ収束後には、このページを参考にして是非銚子電鉄の旅を楽しんでいただけたら、という思いで書かせていただきます。

今回は終着駅・外川駅をご紹介したいと思います。

2015年(平成27年)に撮影した、外川駅の様子です。右のオレンジ色の電車は、元・営団地下鉄銀座線のデハ1001号車、左にいるのが既に引退したデハ801号車です。

2002年(平成14年)に撮影した、デハ301号車です。自宅のPCのハードディスクの中から見つけ出しました。この電車は鶴見臨港鉄道(現在のJR鶴見線)の電車で、同鉄道が国鉄に買収された後も「日本国有鉄道モハ115」として活躍を続け、銚子電鉄に移籍しました。最初はトロリーポールからの集電でしたが、後にビューゲル化。晩年はこの様に「架線点検車」として活躍していましたが、2008年(平成20年)限りで廃車となり、後に解体処分となりました。

現在の外川駅ホームの先には、引退したデハ801号電車と、郵便配達に使用される赤いバイクが飾ってありました。このデハ801号電車は、日中は車内も公開しているそうです。

2015年(平成27年)に撮影した外川駅の駅舎です。赤いレトロなポストがいい感じですね!

それでは駅から出て、ぶらぶらと歩いてみましょうか!

外川駅から外川漁港までは、この様に緩やかな坂道をぶらぶら下る事約6分です。都会の雑踏をしばし忘れて、散策するにはいいですね!(この画像を撮影した時は、生憎の雨でした)

また、旅行貯金(郵便局めぐり)をされている方に、耳寄りな情報です!外川駅から歩いて3分の「本州最東端の郵便局」外川郵便局では、局名印が3種類あり、文字のみ・イルカがデザイン・イワシがデザインの中から選ぶ事が出来ます。

こちらがイワシをデザインしたものです。この様な局名印がありますと、旅行貯金(郵便局めぐり)も楽しくなりますね!

地元のお魚問屋さんがやっている「外川ミニ郷土資料館」です。外川駅から徒歩1分。火曜日と水曜日は休館日です。

館内には銚子の観光、産業、漁業に関する資料が数多く展示されています。時間がある時は、ボランティアガイドの方が展示品について解説してくれることもあります。

歩き疲れたので、スイーツタイムにしましょうか!

「本州最東端の豆腐店」榊原豆腐店さんです。一見すると普通のお豆腐屋さんに見えますが、こちらのお店では大豆から作ったスイーツが大人気なのです!

その名も「豆乳プリン」!豆乳とにがりだけで造った、卵を使わないプリンです。この様にきな粉と黒蜜で味わうのが一番美味でした!(大納言味とメープル味もあります!)

店先ですぐに食べられるように、ベンチと自動販売機もあります。そして、何よりも嬉しいのは「自動販売機の飲料の値段が安い!」事です。缶コーヒー1本100円から!これも「街歩きの休憩をゆっくりどうぞ」という、お店のご主人の温かい心配りと言えましょう。

店頭の看板です。なるほど、「フ」が10個だから「トウフ」ということなんですね!明治時代から続いている老舗だけあって、長年に渡って愛されてきた味と言えましょう。

あとは地元でも評判のお寿司屋さん「治ろうや鮨処」で、人気の伊達巻と地魚のお寿司を食べたかったのですが、生憎と営業時間外でした。次回、銚子電鉄に乗りに行ける時はここでランチしたいものです!

さて、銚子電鉄の旅はこの外川駅で終点になりますが、私「てつきち」としては、是非とも読者の皆様へご紹介したい銚子のおススメポイントがあと2ヶ所あります!次回の最終回では、その2ヶ所をご紹介したいと思います。次回もどうぞお楽しみに!

※この情報は、緊急事態宣言以前に歩いて調べたものです。そのため、現在では緊急事態宣言を受けて営業休止や閉鎖になっている場合もありますので、宣言解除後のご来訪の折は最新の情報を確認されます様、よろしくお願いいたします。