【鉄道速報!】阪神電車から「青胴車」も2023年までに引退へ!

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」。今日も乗り物の話題をお届けしたいと思います。

さて、大阪の阪神電車から驚きの話題が飛び込んできました!

それは先日お話した、武庫川線の「赤胴車」7961形に続いて、本線系統の普通車に使用されている5001形(二代目)が、老朽化とバリアフリーの問題から、2023年を目途に全車引退するというものです。

この5001形(二代目)は、普通電車用に急加速・急減速が出来るような機能を備え、別名「ジェットカー」と呼ばれていました。1977年(昭和52年)に、普通電車の冷房化をも目指して登場し、初代5001形を引退させました。

側面の阪神のマークも輝いていますね!

しかし、老朽化とバリアフリー化が進む中で、世代交代の波が阪神電車にも押し寄せてきました。武庫川支線の「赤胴車」7961形に続いて、この青とクリームの塗装が目印の「青胴車」も、間もなく引退。今では各駅停車でしか見なくなっただけに、引退の日まで是非、撮影や乗車しておきたいものです。

尼崎駅から歩いて5分のところの「ヒノデあめ」さんです。手作りの飴が美味しく、芸能界の中でも愛用する方が多いと聞いております。