【グルメ必見!】今、はとバスの日帰りツアーがチョー人気!



皆様、新年あけましておめでとうございます。「てつきち」です。本ページを本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

さて昨年、久しぶりにはとバスの日帰りバスツアーに2回行き、その面白さにハマってしまいました!今日は10月に行った南信州方面へのツアーレポートをお届けしたいと思います。

今回のツアーの新宿駅西口・明治安田生命ビル前です。既にバスの方がやってきました。

今回のツアー名です。「満腹肉屋の松茸料理がっつり食べ放題」、今から楽しみですね!

今回使用されるバス「プレミアムはと」の車内です。このバスは、従来の53人~60人乗りバスの定員を36名に限定し、最後部にトイレを設置してあります。これで渋滞時も安心ですね!「プレミアムはと」が使用されるツアーは、パンフレットにその旨記載があります。

ツアー参加者が出そろったので、いよいよ出発。16人のグループ1組と、あとは2人連れ。私の様な「おひとり様参加」は4名でした。首都高速から中央高速道路に入り、渋滞も目立ってなく、順調に飛ばしていきます。八王子を出た辺りで、ガイドさんからお茶のサービスがありました。このはとバスのツアーでは往復とも、お茶のシートサービスがあるので嬉しいです。

上野原の辺りでは、車窓に富士山を見る事が出来ました。

最初の休憩は、双葉SA。バスツアーでは定番の休憩場所です。他方面へと向かうバスが、停車していましたので、ガイドさんは「このバスは黄色いバスで、ナンバーは493です。」と案内していました。

双葉SAを出ると、車窓左手には南アルプスの山々が見えてきました。中央高速道路で一番、眺望のいい区間です。

今度は車窓右手に、八ヶ岳の山並みが。カメラを撮るのも忙しくなります。ガイドさん曰く、両方ともくっきりと見る事が出来る、というのは珍しいものなのだそうです。

岡谷JCTで長野自動車道が分岐し、そのまま中央高速道路を駒ヶ根ICまでひた走ります。駒ヶ根ICを降りると、すぐそばに昼食場所である「ビアンデさくら亭駒ヶ根店」あります。食事の前に、まずは「ぶなしめじつかみ取り」があるとの事で、ビニール袋が1人1枚渡されました。

「ビニール袋を破れない程度にのばしますと、量入りますよ!」ガイドさんとお店の方が説明していました。

手にゴム手袋をはめ、いよいよ詰め放題です!やはり男性より女性の方が夢中になっていらっしゃるようです。この様な詰め放題は以前、山梨県のお菓子屋さん「桔梗屋」さんで、信玄餅の詰め放題をやった事があるので二度目でした。しかし、袋を破れない程度にのばすと、意外と入るものですね!

私の袋は満タンになったので、レジで口を閉じてもらいました。同じツアーの他の皆様は、夢中になって詰めていらっしゃいます。いよいよ、念願の松茸食べ放題です。

テーブルには既に、1人前の松茸料理が用意してありました。テーブル割りは4名単位で、「おひとり様参加」同士が1つのテーブルになっていました。

まずは「松茸入りすき焼き」、お代わり自由!

「松茸御飯」、お代わり自由!

「松茸入り信州そば」、お代わり自由!

「焼き松茸」1人前。これはお代わり不可です。他にも、松茸入りきのこ汁、自家製寒天デザートがお代わり自由とのこと。

食事に先駆けて、お店の方から説明がありました。まずは1人前を食べていただき、それが無くなってからのお代わりになるそうです。さぁ、食うぞ!

「おひとり様参加」同士では、ツアーの情報交換になっていました。

「はとバスのツアーは、飯がいいですね!A社のツアーは最悪でしたよ!」

「何が悪かったんですか?」

「新鮮な海の幸の海鮮丼、と謳っておきながら、刺身はカピカピに乾き、ネギトロは脂だらけ。ワタリガニの味噌汁も、小さな足が2~3本しか入っていなかったのですよ。アンケート用紙に、ツアー代金値上げしてもいいから食事のグレード上げろ!と書いてやりましたよ。」

「クラツーは、当たり外れがでかいですよね。いいツアーは良いんだけど、悪いツアーは本当にお粗末ですよ。」

「阪急さんもそうですね。あと意外なところでは、読売旅行が食事はいいし、ツアー代金も安いですよ。」

今まで「バスツアーの昼食」と言えば、ドライブインでお仕着せの和定食か幕の内弁当、というのが相場でした。しかしはとバスのツアーでは「食事」に特にこだわり、お店や内容を厳選してツアーを企画しています。そのため、ツアーパンフレットを見ても、どんなものが食べられるのか一目瞭然で、パンフレットを見ているだけで楽しみになります。

代表的なものですと、お寿司食べ放題、浜焼き食べ放題、海鮮料理、会席料理、フレンチのミニコース、名店のハンバーグなど。ツアーの企画担当者が「お客様の声」をヒントに厳選して企画したのが、このはとバスのツアーの大きなポイントなのです。

肝心の松茸料理の味は、国産の松茸ではありませんでしたがそれなりに香りもあり、歯ごたえもしっかりしていました。そばと御飯を比較すると、松茸御飯は抜群に美味しく、松茸御飯と松茸すき焼きを何回もおかわりしました。

「お兄さん、よく食べますね!」その食べっぷりには、ツアーのお一人様のおば様客がびっくりしていた程です。

テーブルの上にソフトクリームの割引券があったので、お店の入口の売店で「すずらん牛乳ソフトクリーム」を賞味。

こちらがその「すずらん牛乳ソフトクリーム」です。380円のところ、割引券で330円になっていました。やはり使っている牛乳が違うだけあって、デザートには最高の味でした。

次に行ったのは、光前寺です。ここでは参拝の後、お土産物屋さんでゴマ団子の試食があるそうです。

天然記念物にも指定された「光前寺のヒカリゴケ」です。奥の方で緑色に光るのが、そのヒカリゴケです。

こちらが光前寺の三重塔です。

ガイドさんから渡された、ゴマ団子の試食券です。

こちらがその試食のゴマ団子です。中から黒胡麻の餡が、お口の中に溶け出してきました。

次に向かったのは駒ヶ根高原。ここでも「飲むヨーグルト」の試飲がありました。先ほどソフトクリームで食べた「すずらん牛乳」を使っているのだそうです。

更に、かんてんぱぱガーデンへとバスは向かいます。ここでは工場見学と、寒天ゼリーの試食があります。本当に「食い道楽なツアー」ですね!

 

今回は杏仁豆腐と、イチゴゼリーの試食でした。ここでお買い物をしてバスへ戻ると、寒天ジュースのお土産付き。さすがは、はとバスのツアーだけあります。

帰りの車中でもお茶が出て、あとはのんびりと中央高速道路を新宿に向けてひた走ります。他社のツアーですと、ここでカラオケ大会やビンゴ大会、ビデオ上映などが行われるのですが、はとバスのツアーでは「ゆっくりとした時間を」ということで、静かなひと時です。

そして定刻より少し早めに、ツアーバスは新宿駅西口へと戻ってきました。今までの日帰りバスツアーのイメージを打ち破り、食事や見学場所で個性強いツアーを実施するはとバスのツアー。特に食事は、グルメな皆様にも満足できる内容ですので、是非皆様も一度参加されてみてはいかがでしょうか?