【保存車両】北陸鉄道加南線6010系「しらさぎ」号(石川県加賀市)



皆様こんばんは、「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきちの日」。今日の話題は、北陸は石川県加賀市からお送りいたします。

北陸を代表する温泉地「加賀温泉郷」。山代温泉、山中温泉、片山津温泉、粟津温泉を総称して言うこの温泉郷へは、かつて北陸本線の各駅から北陸鉄道加南線(かなんせん)がアクセスしていました。これは片山津線、粟津線、動橋線、連絡線、山中線の総称でした。加賀温泉郷を控えていたことから、1951年(昭和26年)からはセミクロスシートの観光電車を導入して、主に山代温泉や山中温泉へと向かう系統で走っていました。

翌1962年(昭和37年)には、6000系「くたに」号が登場しました。純然たる新車で、オレンジとクリームの「北陸鉄道カラー」。地元の伝統工芸品である九谷焼から名前を付けて、先頭部には九谷焼で出来た「くたに」のヘッドマークが取り付けられました。

その後1963年(昭和38年)に導入されたのが、この6010系「しらさぎ」号です。下回りや走行機器は従来車からの流用でしたが、車体は日本の高速電車では2番目となるアルミ合金製軽量車体が採用されました。その姿と、加南線終点に所在する山中温泉は鎌倉武士が浴する白鷺を見て発見されたという伝説から、「しらさぎ」号の愛称が与えられました。

扉間に転換式クロスシートを配し(車端部はロングシート)「観光電車」に相応しい作りだった6010系「しらさぎ」号と6000系「くたに」号は、たちまち加南線の主役となり、車内では民謡・山中節のメロディーまで流されていたそうです。しかし、加南線の黄金時代も長くは続かなかったのでした。モータリゼーションの発達で1962年(昭和37年)に粟津線、1965年(昭和40年)に片山津線が廃止されたのをきっかけに、北陸鉄道は鉄道線の全線廃止まで検討されました。これには地元自治体が猛反対し、合理化の結果、石川総線と浅野川線のみ残すことを決定しました。

と同時に、国鉄北陸本線の特急停車駅を大聖寺駅にするか動橋駅にするかについては沿線自治体間で激しい争いが続いた結果、国鉄が両駅の中間の作見駅を「加賀温泉駅」に改称した上で拠点的な特急停車駅とし、従来加南線各線を利用していた温泉観光客が加賀温泉駅経由でのアクセスに移行したことで当線の乗客数が激減していた経緯があり、1971年(昭和46年)7月11日に北陸鉄道加南線は全線廃止されたのです。

「しらさぎ」号と「くたに」号は、「加南線電車 さようならのヘッドマークを取り付けられて全線を運行。最終日の午後からは電車の乗車が無料開放となり、沿線住民の他、温泉観光客も加わって大混雑となりました。

そして最後、山代温泉駅に「しらさぎ」号と「くたに」号が並んで、北陸鉄道加南線の歴史に終止符が打たれたのでした。

この「しらさぎ」号と「くたに」号は、幸運にも静岡県の大井川鐵道に再就職が決まり、2編成揃って移籍しました。「しらさぎ」号は、性能が旧型だったことから部品確保や走行装置の確保が容易だったため、大井川鐵道では長らく主要車輌として活躍。時には有料急行電車としても活躍しました。

1989年(平成元年)に新金谷駅で撮影した6010系「しらさぎ」号です。ワンマン改造されたり、車内にジュース類の自動販売機が設置された他は、北陸鉄道加南線時代のままで走っていました。

1995年(平成7年)に千頭駅で撮影した時のものです。雨の日ということもあって、アルミ製の車体が輝いているかのようにも見えました。

大井川鐵道時代の6010系「しらさぎ」号の車内です。北陸鉄道加南線時代とはシートのモケットの色が違うのにお気づきでしょうか?車内には花も飾ってあり、この時代が一番生き生きとしていた時代なのかもしれませんね。

しかし2000年(平成12年)頃になると、さすがに車体のくたびれや部品確保の困難が出てきました。そして2001年(平成13年)に引退となり、長い事千頭駅構内に留置されていました。

その後2005年(平成17年)に本系列ゆかりの地である石川県江沼郡山中町(現・加賀市)での保存が決定しました。これは同年に市町村合併に伴い消滅することが決定した山中町より「地元の記念品として町内に展示保存したい」との申し入れがあり、それを快諾した大井川鐵道が本系列を同町へ無償譲渡したものです。

そして新金谷からトレーラーで運ばれ、現在は「道の駅山中温泉 ゆけむり健康村」に静態保存されています。

大井川鐵道から山中温泉へ里帰りした際に、北陸鉄道の社紋も復活されました。地元の人の「電車に対する愛情」をも感じます。

足回りにもガラスのはめられた、独特の形の乗降用ドアーです。大井川鐵道時代は、ここから「深い渓谷を見る事が出来る」と好評でした。

当時のままに残っている運転席です。右側には、大井川鐵道時代に取り付けられたワンマン装置が残っています。

大井川鐵道時代に取り付けられたワンマン装置です。ワンマン料金箱の操作やドアの開閉も、このスイッチで行っていました。

この電車も、少しくたびれかけた所が出ているのが気になります。でも「地元を走った証である」という話が長く受け継がれ、いつまでも残って欲しいと願わずにはいられませんでした。

最後に、姉貴分の6000系「くたに」号のお話も少ししたいと思います。共に大井川鐵道へ移籍しましたが、新性能電車故部品や走行機器の確保がままならない状態でした。そのためこの電車はトレーラー扱いになり、他の電車に牽引されないと走れない状態にまでなってしまいました。愛称も「くたに」から、南アルプスの赤石山脈に因んだ「あかいし」に変わりました。

その後小田急電鉄からデハ1906号車が移籍すると、この電車に牽引されて3両編成で走るようになり、サービス格差が大きかったことからデハ1906号車は「荷物車」扱いとなりました。

後に大井川鐵道がワンマン化されると、3両編成故ワンマン対応が出来ない同車は次第に活躍の場を失い、1994年(平成6年)の南海21000系電車第1編成導入に伴って本形式は運用から完全に離脱し、新金谷駅近くの側線に留置されていました。そして1996年(平成8年)に廃車解体されたのでした。