【懐かしの1枚】1996年(平成8年)の名鉄・犬山遊園駅


皆様、こんばんは。「てつきち」です。今日の東京は、寒い1日でした。

今日も懐かしの1枚からお送りします。1996年(平成8年)の春に、名鉄犬山線・犬山公園駅で撮影した1枚です。この時は、犬山線から各務原線経由で新岐阜(現在の名鉄岐阜)行きの7300系電車と、名鉄犬山モノレール(2008年12月に全線廃止)が並んだ姿が撮れました。

この名鉄7300系電車は、名鉄特急のネットワークを支線網にも広げよう、という目的で1971年(昭和46年)に旧型電車(3800系29両・800形1両)の機器を流用し、車体を更新して製造された特急電車です。

座席指定特急運用に使用するため、冷房装置の他、「座席指定」表示器と「どけよホーン(ミュージックホーン)も設置されましたが、駆動装置は吊り掛け式モーターの旧型でした。1972年(昭和47年)には、三河線の碧南駅から犬山を経由して上飯田駅へ向かう座席指定特急「明治村」号として使用されました。(犬山~上飯田間の小牧線内は普通列車扱いでした)

車内は特急用という事で、ゆったりとした転換式クロスシート(戸袋窓部はロングシート)が並び、7000系「パノラマカー」にも引けを取らない車内設備でした。車体は「パノラマカー」とほぼ同一でしたが、貫通式で展望席がない事や、吊り掛け式駆動であることから「ニセパノラマカー」等という有り難くないあだ名まで付けられていました。

名鉄時代は三河線を中心に、小牧線や各務原線、広見線などで多く使用されており、急行電車などで力強いモーター音を響かせて走っていました。1997年(平成9年)4月13日のさようなら運転を最後に名鉄での活躍を終了し、系列の豊橋鉄道渥美線へと転属しました。

豊橋鉄道では「観光電車」という事で塗装の変更が行われ、主に伊良湖岬方面への観光輸送として活躍しましたが、2扉電車であるという事がネックとなってしまいました。特に朝夕の通勤ラッシュ時間帯には、扉が2つしかないためお客様が集中し、列車遅延やダイヤの乱れが発生する事態が頻発しました。そしてわずか3年程で、元・東急の7200系電車が「1800系」として入線すると全車引退となり、廃車されました。

左に写っています「名鉄犬山モノレール」は、日本モンキーパークへのアクセス手段として、ゴムタイヤでコンクリート製のレール上を走行する「日立アルウェーグ式」による「日本初の跨座式モノレール」として1962年(昭和37年)3月21日に開業したものです。このモノレールは、後に開業した「東京モノレール」の礎にもなったモノレールであり、「東京モノレール」が浜松町~羽田間で開業した際には、技術指導、ということで名鉄の社員が数名出向で行った程です。

長らく日本モンキーパークや、成田山名古屋別院大聖寺へのアクセス鉄道として親しまれてきたこのモノレールでしたが、レジャーの多様化とニーズの変化により乗降者数は落ち込んでいきました。そのため、2008年(平成20年)12月18日、惜しまれつつも全線廃止となりました。

廃止後は、3両編成の車両のうち2両が旧「動物園」駅跡で展示保存され、外から見る事が出来ます。(中に入ることはできません)1両は、岐阜県可児市にある温泉施設「スパリゾート湯の華アイランド」にて、展望台として保存されています。

これからも「乗り物」にこだわった、楽しい画像や話題、懐かしい画像をどんどんお届けしていきたいと思います!