【空港アクセス】新千歳空港行く時は指定席「uシート」で決まり!


こんばんは、「てつきち」です。今日の話題は、JR北海道からお届けいたします。

北海道の空の玄関口・新千歳空港。その新千歳空港と札幌、小樽を結ぶ快速電車が快速「エアポート」号です。この快速「エアポート」号は、今までは転換式クロスシートの採用された721系電車が使用されていましたが、老朽化と混雑化により段々とロングシートの731系に置き換えられる様になりました。

小樽駅で発車を待つ、新千歳空港行き快速「エアポート」号の731系です。

この快速「エアポート」号には、実は1両だけ座席指定車両「uシート」が連結されているのです。

座席指定車両「uシート」に貼られている、指定席表示です。JR北海道の快速列車の座席指定料金は510円。果たして、普通車とどう違うのでしょうか?

その車内を見て、びっくり仰天!何と、特急列車も顔負けの落ち着いている空間でした。これで座席指定料金510円なら、迷わず乗ります!

座席はゆったりしたリクライニングシート。レベルで言えば、湘南電車や横須賀線、常磐線などJR東日本管内の普通列車グリーン車と同等といったところです。これで普通車がロングシートでしたら、迷わずこの座席指定車両「uシート」を選びたくなります。

小樽築港駅から銭函駅までの間、函館本線は風光明媚な海岸線に沿って走ります。かつては、この海が銀色に染まる程ニシンの群れが押し寄せた、なんて言う昔話もあります。今は夏の海水浴シーズン以外は閑散としている状態です。

またこの快速「エアポート」号の中にはかつては旭川始発の便もあり、旭川から札幌までは特急「スーパーカムイ」として走り、札幌から新千歳空港までは快速「エアポート」号となっていました。この便には789系特急電車が使用され、座席指定車両「uシート」は各座席にコンセント付のゆったりシートという、新幹線並みのサービスでした。

しかし合理化等のため、旭川始発の快速「エアポート」号は廃止され、現在は小樽~札幌~新千歳空港間(一往復だけ、札沼線の石狩当別駅発着便あり)のみの運行になっています。

新千歳空港から札幌までは概ね15分に1本、小樽行きは30分に1本走っており、定時運行の確保できる鉄道の強みを活かした列車と言っても良いでしょう。北海道行かれた折には是非、快速「エアポート」号の座席指定車両「uシート」のご利用はいかがでしょうか?