【駅めん】ミスマッチ?でも美味しい!春日部駅の「天ぷらラーメン」


今日は、駅そばの話題です。浅草からの「東武スカイツリーライン(伊勢崎線)」と、大宮からの「東武アーバンパークライン(野田線)」が接続する春日部駅。ここには、珍しい立ち食いラーメンがある、というので行ってきました。

お店があるのは、「東武アーバンパークライン(野田線)」がある方のホーム上。何人かの人が麺類を食べています。

ふと券売機を見ると、売っているのはうどん、そばではなくラーメンのみ!駅の立ち食いそば店では珍しい「立ち食いラーメン」のお店です。

こちらが春日部駅名物「天ぷらラーメン」(610円)。鶏ガラベースのあっさりスープの上に、ナルト、ワカメ、チャーシュー、そして大きな小エビのかき揚げがのっかっていました。かき揚げは普通、うどんかそばの上にのせるものですが、それがラーメンの上に乗っているとは驚きでした!

さて食べてみると、ラーメンの鶏がらスープとかき揚げがこれまたよく合うのですね!思わず箸も進みます。この類の「天ぷらラーメン」。改装前の井の頭線渋谷駅にもありましたが、再開発のビル新築でなくなってしまいました。今ではこの「天ぷらラーメン」を食べるため、春日部駅で電車を降りる、という人もかなりいるそうです。

「東武アーバンパークライン(野田線)」の線路脇にあった「クレヨンしんちゃん」の看板です。「クレヨンしんちゃん」のモデルになった春日部市では、市を挙げてこの漫画をアピールしており、2004年(平成16年)には、野原家の特別住民票が発行されたほどです。また駅近くのイトーヨーカドーも、漫画に出てくる架空のスーパーマーケット「サトーココノカドー」に期間限定で変身しました!

帰りは浅草まで、新型特急500系「リバティけごん」に乗って帰ってきましたが、そのお話はまた次の機会をお楽しみに。

#東武スカイツリーライン #東武アーバンパークライン #春日部駅 #駅めん #立ち食い #ラーメン #天ぷらラーメン