【懐かしの1枚!】近鉄特急12200系「スナックカー」

皆様、おはようございます。「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」でしたが、昨日は取材のためお休みをいただき、今朝お送りいたします。

さて本日も、懐かしの画像から1枚。今日の1枚は、1988年(昭和63年)に中学の修学旅行で伊勢・奈良・京都を旅した時、近鉄名古屋から宇治山田まで乗った近鉄特急12200系「スナックカー」の写真です。

この時乗車したのが、近鉄名古屋11:10発の特急鳥羽行き。途中主要駅停車のいわゆる「乙特急」でした。当時の近鉄名古屋駅発の近鉄特急は、毎時00分が大阪難波行きのいわゆる「名阪ノンストップ特急(甲特急)」、10分と45分が鳥羽行きの「名伊乙特急」、25分が賢島行きの「名伊甲特急(宇治山田までノンストップ)、30分が大阪上本町もしくは難波行きの「名阪乙特急」でした。

この頃の近鉄特急では、オルゴール式チャイムが鳴ると同時にスチュワーデス(車内販売員)さんが、熱いおしぼりを各座席に配っていたものでした。今回の鳥羽行き特急でも、名古屋駅を出て地上線に出た時、ちゃんと熱いおしぼりが各座席に配られていました。

この「熱いおしぼりサービス」も、合理化のためいつしか無くなってしまったのは残念な話です。

ではこの12200系「スナックカー」とは、どんな車両なのでしょうか?
その初期車である12000系は1967年(昭和42年)に、名阪特急用として製造されました。この当時、近鉄特急の「名阪ノンストップ特急」は、開通したばかりの東海道新幹線に乗客を取られて苦戦していました。

そのため車内で快適なサービスを、という事で座席はグリーン車並みのリクライニングシートを採用、モ12000形の運転台後部には電子レンジを装備したスナックコーナーが設けられました。ここではカレーライスや中華ランチなどの軽食を電子レンジで調理して、各座席へシートサービスするものでした。担当が名古屋都ホテル(現在はありません)担当だったので、「みやこコーナー」の別名もありました。

このスナックコーナーは好評で、1969年(昭和44年)には増備車の12200系と、車両限界の関係で大型車が入線できなかった京都線系統専用の18400系が登場しました。京都線系統専用の18400系は従来の「スナックカー」より小さめに造られていたので「ミニスナックカー」の別名もありました。この「ミニスナックカー」は、乗車時間の長かった京都~賢島特急で使用されていました。

12200系「スナックカー」は、12000系よりスナックコーナーが大きくなり、近鉄特急の顔となりました。そして「名阪ノンストップ特急」で重点的に使用するため、10100系「二代目ビスタカー」の中間車1階部分にも小さなスナックコーナーが増設されました。

しかし華やかな時代は長くは続かず、「名阪ノンストップ特急」の利用者は落ち込むばかり。遂にはスナックコーナーは営業休止になり、スナックカウンターを撤去した車両もあった程です。

現在では、伊勢への観光特急「しまかぜ」でカフェ営業があり、本格的な食堂車の様な感じになっていますが、その元祖はこの「スナックカー」であったと言えます。