【惜別】さようなら上野動物園モノレール

皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?今日の話題は、パンダで沸いてる上野動物園から。

この上野動物園の東園と西園の間には、日本で最初の「懸垂式モノレール」が走っていましたが、施設の老朽化等によりこの10月31日で休止されることになりました。

東園駅に停車している、40形モノレールです。現在の車両で四代目だそうです。窓の大きさが広く、眺望を堪能出来るように配慮されています。

東園駅では、乗車記念のグッズが配られていました。

今回いただいたグッズです。上野動物園モノレールのペンダントストラップでした。

運転席です。乗車時間は短いですが、本格的に作り込まれています。ミュージックホーンを鳴らして、ハイ発車!

発車シーンを動画でお楽しみください。

乗車時間にして約2分の「空中散策」でしたが、満足出来ました。西園駅は、乗車を待つ人とグッズを買う人で大行列!この日はパンダ🐼よりも、モノレールの方が行列出来ていました。

東園と西園を結ぶ「こおろぎ橋」の所で、下からモノレールを撮影。ここも「大同業者まつり」でした!

1両目が近づいてきました。

連結部はこんなカラフルです。

編成全体は、こんな感じでした。

「こおろぎ橋」の所で、下からモノレールを動画撮影してみました。

子供の頃、親に上野動物園へ連れてきてもらった際、このモノレールに乗りたいとせがみましたが、「歩きで十分」と却下され悔しい思いをしました。そのリベンジを果たしたのが2006年(平成18年)の時でした。

この上野動物園モノレールは、将来の都市交通の試験線として開業した日本最古のモノレールで、もしもこのモノレールが実用化されていたら東京の都市交通は大きく変わっていたでしょうね。

しかし施設や車両の老朽化が進み、その修復費用に莫大な金額がかかる事や、園内施設のリニューアルなどから今回の「運行休止」に繋がったのです。これで「懸垂式モノレール」が走るのは、神奈川県の湘南モノレールと、千葉県の千葉都市モノレールのみになりました。

【これからが必見!】箱根登山鉄道とあじさい(神奈川県箱根町)



皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきちの日」と銘打っておきながら、昨日は更新できずに申し訳ございませんでした。そこで今週と来週は、火曜日にこのページを更新したいと思います。

今週の「てつきち」は、箱根からタイムリーな話題をお届けいたします!箱根と言えば登山電車、登山電車と言えば沿線の紫陽花(あじさい)!今年は例年に比べまして開花が遅いせいか、今頃辺りが紫陽花の見頃といえます。

元々は線路の法面補強の為に植えられた紫陽花ですが、いまでは立派な観光資源になりました。中でも一番のビューポイントは、箱根湯本駅から数えて二段目のスイッチバックがある大平台駅の辺りです。ここには、箱根湯本方向へ向かう線路と強羅方向へ向かう線路と二本あり、その間に紫陽花の群落があります。狭い場所のため、三脚を使用しての撮影には不向きと言えます。

強羅駅へと向かって山を登っていく「ベルニナ」号です。箱根登山鉄道の標準色ですね。赤いボディカラーと赤色の電車がよく映えますね。

箱根湯本駅から山を上がってきた「ベルニナ」号の旧塗装です。登場時はこの様に、小田急ロマンスカーを意識した塗装でした。

箱根湯本駅から1つめの駅・塔ノ沢駅です。箱根湯本方面のホームには紫陽花の花壇や、銭洗弁天があり、観光客の目を楽しませてくれます。

強羅方面のホームにも紫陽花が植えられ、電車がくると丁度いい絵になりますね!特にモハ1形やモハ2形などの旧型電車ですと、思わず「やったー!」と小躍りしたくなります。

塔ノ沢駅ホームの銭洗弁天です。提灯の雰囲気がいい感じですね!

「夜のあじさい電車」に乗ってきました!

箱根登山鉄道では、毎年6月中旬から7月上旬にかけて見頃を迎える「あじさいシーズン」の間、沿線のライトアップをするところがあります。そして、そのライトアップされた紫陽花を電車の中からどうぞ、ということで夜行の座席指定電車「夜のあじさい電車」を箱根湯本発、強羅発それぞれ毎日1便ずつ出します。

今年(2019年)からはネット予約限定となりましたが、私が乗った時はまだ電話予約で、予約の電話もなかなか繋がらず、ようやく繋がったと思ったら、

「箱根湯本発は全便満席になりました。〇月〇日の強羅発ならまだ空いてます」

てな具合の人気でした。また一人客は「ボックス席ではなく、ロングシート部分になるのでご了承ください」とも言われました。

強羅駅で受付を済ませて、予約していた「夜のあじさい電車」へ。発車のベルが鳴ると同時に、カウベルの音がカンカンと。ホームを見ると強羅駅の駅長さんや助役さんが、「夜のあじさい電車、行ってらっしゃい!と書いたボードを持って見送ってくれました。

「夜のあじさい電車」は、ライトアップされた区間を走るのでその時は車内灯が減光または消灯する旨告げられました。主なビューポイントは、彫刻の森駅付近、大平台駅、塔ノ沢駅がいいと車内放送がありました!

ライトアップされた、大平台駅付近の紫陽花です。ここの紫陽花を昼間に撮影してみたい、と思って後日再訪した程でした。

三ヶ所のスイッチバックを経て山を下ってきた「夜のあじさい電車」は、塔ノ沢駅で時間調整と列車交換のため11分間停車します。ここのホームの紫陽花は間近で見ると本当に見事でした!また、車掌さんの制帽を借りてヘッドマークを持って記念撮影も出来、行列が出来ていました。勿論、私も1枚撮影してきました!

終着駅・箱根湯本駅に到着した「夜のあじさい電車」です。この日の担当は、「ベルニナ」号の旧塗装でした。紫陽花と電車は実にいい絵になるな、とうっとりさせられたひと時でした。

「夜のあじさい号」の予約ページはこちらです。(箱根登山鉄道HPより)

また、このページでも既にお知らせしましたが、箱根登山鉄道最後の「吊り掛けモーター車」である、モハ103号車とモハ107号車の通称「サンナナ編成」が7月19日(金)にラストランを迎えます。そこで6月上旬より、オリジナルの装飾が施されて走っていますので、併せて撮影などいかがでしょうか?

混雑が予想されますので、撮影は譲り合いの気持ちを持って皆が気持ちよく撮影出来る環境を作りましょう!