【機内食】ジェットスタージャパン「豆腐ステーキ丼」


久しぶりの話題です。
先日、札幌から帰る時に乗ったジェットスタージャパンの中で、有料の機内食をオーダーしてきました。

まずは、離陸前の救命設備のデモンストレーションから。

まずはシートベルトから。バックルの留め方まで詳しく説明しています。これがレガシーキャリア(大手航空会社)になると各席のモニターで事務的に説明となりますので、この光景を実演してもらえるのもLCC(格安航空会社)ならではでしょう。

次は、酸素マスクについての説明です。非常事態になって機内に酸素が必要な状態になると、この様に酸素マスクが、バンと下りてきます。それの口への付け方やその後の方法も詳しく説明していました。

最後は、救命胴衣の付け方。水中に入ると、自動的に発光されるとのことです。願わくは、この様な救命機材のご厄介になることなく、安全に飛んでもらいたいものです。

新千歳空港を離陸し、安定飛行状態になると機内販売が早速始まります。この時、事前にオーダーしていた有料機内食が来ました。予約サイトで「ベジタリアンメニュー」とあったので、どんなものかなぁ、と楽しみにしていました。

キャビンアテンダントさんが、ミネラルウォーターと一緒に運んできたのは、何と「豆腐ステーキ丼」でした!白いご飯の上に、照り焼きにしたお豆腐が2丁。あとは野菜の煮つけが添えられていました。これにミネラルウォーターが付いて1,000円なり。高いと言えば高い、手頃と言えば手頃といった価格帯でした。

この様なLCC(格安航空会社)では、機内食も有料。レガシーキャリア(大手航空会社)では事前に予約の出来る機内食(特別食)があります。宗教上の戒律で、食材に制約のあるもの、今回の様な魚肉貝類を一切使わない「ベジタリアンミール」、あるいはベジタリアンの中でも卵、乳製品、蜂蜜、野菜の中でも根菜類を一切使用しない更に厳格な「ストリクト・ベジタリアンミール」、疾病の関係で食材や調味料に制約がある特別食、お子様向きの機内食など、「特別な機内食」を語るだけで実に幅広い種類があります。

今回の「豆腐ステーキ丼」でしたが、少し薄味すぎたかなというお味でした。ここにお醬油をほんの一滴垂らせば、もっと味わいが良かったような気がしました。

#ジェットスタージャパン #ジェットスター #機内食 #特別食 #機内販売 #ベジタリアンミール #豆腐ステーキ