【惜別】さようなら上野動物園モノレール

皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?今日の話題は、パンダで沸いてる上野動物園から。

この上野動物園の東園と西園の間には、日本で最初の「懸垂式モノレール」が走っていましたが、施設の老朽化等によりこの10月31日で休止されることになりました。

東園駅に停車している、40形モノレールです。現在の車両で四代目だそうです。窓の大きさが広く、眺望を堪能出来るように配慮されています。

東園駅では、乗車記念のグッズが配られていました。

今回いただいたグッズです。上野動物園モノレールのペンダントストラップでした。

運転席です。乗車時間は短いですが、本格的に作り込まれています。ミュージックホーンを鳴らして、ハイ発車!

発車シーンを動画でお楽しみください。

乗車時間にして約2分の「空中散策」でしたが、満足出来ました。西園駅は、乗車を待つ人とグッズを買う人で大行列!この日はパンダ🐼よりも、モノレールの方が行列出来ていました。

東園と西園を結ぶ「こおろぎ橋」の所で、下からモノレールを撮影。ここも「大同業者まつり」でした!

1両目が近づいてきました。

連結部はこんなカラフルです。

編成全体は、こんな感じでした。

「こおろぎ橋」の所で、下からモノレールを動画撮影してみました。

子供の頃、親に上野動物園へ連れてきてもらった際、このモノレールに乗りたいとせがみましたが、「歩きで十分」と却下され悔しい思いをしました。そのリベンジを果たしたのが2006年(平成18年)の時でした。

この上野動物園モノレールは、将来の都市交通の試験線として開業した日本最古のモノレールで、もしもこのモノレールが実用化されていたら東京の都市交通は大きく変わっていたでしょうね。

しかし施設や車両の老朽化が進み、その修復費用に莫大な金額がかかる事や、園内施設のリニューアルなどから今回の「運行休止」に繋がったのです。これで「懸垂式モノレール」が走るのは、神奈川県の湘南モノレールと、千葉県の千葉都市モノレールのみになりました。

【惜別】さようなら!川越丸広「わんぱくランド」は9月1日が最終日


皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきちの日」。今週は、9月1日(日曜日)限りでなくなる、「最後のデパート屋上遊園地」である川越丸広百貨店の話題をお送りしたいと思います。

まずは、もう日本に二台しかない「屋上観覧車」。こちらが現役稼働中のものとしては、日本最古の屋上観覧車になります。その乗車風景を、まずは動画でお楽しみください。

屋上観覧車からの風景です。乗車時間にして約3分というものでしたが、ちょっとした空中散策でした。

屋上をほぼ一周するミニモノレール「わんぱくビード」です。小さなモノレールですが、時折揺れてちょっとしたスリルも味わえます。

出発から到着までの様子を、動画で撮影してきました。約2分間の小さな旅です。

ミニ飛行機「わんぱくエアプレーン」です。こちらにも乗ってきました。飛行時間3分の小さな空の旅です。

動画でお楽しみください。

飛行機が飛んでいる時は、こんな感じで飛んでいます。

この様な「お子様専用のミニ飛行機」もありました!

コイン式のバス型遊具です。これで「未来のバス運転士さん」を目指した人は何人いたのでしょうね。

こんな、ミニドライブが楽しめる遊具もありました。

クレーンゲームも、こんなに充実していました。

昭和30年代は「デパートへのお出かけ」といえば、それはよそ行きの大行事でした。服装もちゃんと整え、デパートでお買い物。お昼は最上階の大食堂で「お子様ランチ」を食べ、最後は「屋上遊園地」で遊ばせてもらう。まさに夢のようなお出かけでした。

しかし先述の様に、1973年(昭和48年)に発生した熊本・大洋デパート火災で多数の犠牲者が出たことから、デパート屋上の在り方が見直される様になり、同時に遊具も老朽化したことから、「屋上遊園地」は次第に姿を消して行きました。

その中で、最後まで「本格的な屋上遊園地」として残っていた、ここ丸広百貨店川越本店の屋上遊園地「わんぱくランド」も、耐震化工事の資材置き場になることを理由により、今年9月1日限りで姿を消すことになりました。当初は工事終了後、屋上遊園地を再開する予定でありましたが、観覧車の部品がもう確保できない状態であり、再開は断念されました。

同時にこれは「デパートの屋上遊園地」の幕引きでもありました。

この週末は、川越へのお出かけなどいかがでしょうか?最終日は、16時30分までの営業になるそうです。

詳しくは丸広百貨店川越本店のホームページをご参照ください。