【これからが必見!】箱根登山鉄道とあじさい(神奈川県箱根町)



皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきちの日」と銘打っておきながら、昨日は更新できずに申し訳ございませんでした。そこで今週と来週は、火曜日にこのページを更新したいと思います。

今週の「てつきち」は、箱根からタイムリーな話題をお届けいたします!箱根と言えば登山電車、登山電車と言えば沿線の紫陽花(あじさい)!今年は例年に比べまして開花が遅いせいか、今頃辺りが紫陽花の見頃といえます。

元々は線路の法面補強の為に植えられた紫陽花ですが、いまでは立派な観光資源になりました。中でも一番のビューポイントは、箱根湯本駅から数えて二段目のスイッチバックがある大平台駅の辺りです。ここには、箱根湯本方向へ向かう線路と強羅方向へ向かう線路と二本あり、その間に紫陽花の群落があります。狭い場所のため、三脚を使用しての撮影には不向きと言えます。

強羅駅へと向かって山を登っていく「ベルニナ」号です。箱根登山鉄道の標準色ですね。赤いボディカラーと赤色の電車がよく映えますね。

箱根湯本駅から山を上がってきた「ベルニナ」号の旧塗装です。登場時はこの様に、小田急ロマンスカーを意識した塗装でした。

箱根湯本駅から1つめの駅・塔ノ沢駅です。箱根湯本方面のホームには紫陽花の花壇や、銭洗弁天があり、観光客の目を楽しませてくれます。

強羅方面のホームにも紫陽花が植えられ、電車がくると丁度いい絵になりますね!特にモハ1形やモハ2形などの旧型電車ですと、思わず「やったー!」と小躍りしたくなります。

塔ノ沢駅ホームの銭洗弁天です。提灯の雰囲気がいい感じですね!

「夜のあじさい電車」に乗ってきました!

箱根登山鉄道では、毎年6月中旬から7月上旬にかけて見頃を迎える「あじさいシーズン」の間、沿線のライトアップをするところがあります。そして、そのライトアップされた紫陽花を電車の中からどうぞ、ということで夜行の座席指定電車「夜のあじさい電車」を箱根湯本発、強羅発それぞれ毎日1便ずつ出します。

今年(2019年)からはネット予約限定となりましたが、私が乗った時はまだ電話予約で、予約の電話もなかなか繋がらず、ようやく繋がったと思ったら、

「箱根湯本発は全便満席になりました。〇月〇日の強羅発ならまだ空いてます」

てな具合の人気でした。また一人客は「ボックス席ではなく、ロングシート部分になるのでご了承ください」とも言われました。

強羅駅で受付を済ませて、予約していた「夜のあじさい電車」へ。発車のベルが鳴ると同時に、カウベルの音がカンカンと。ホームを見ると強羅駅の駅長さんや助役さんが、「夜のあじさい電車、行ってらっしゃい!と書いたボードを持って見送ってくれました。

「夜のあじさい電車」は、ライトアップされた区間を走るのでその時は車内灯が減光または消灯する旨告げられました。主なビューポイントは、彫刻の森駅付近、大平台駅、塔ノ沢駅がいいと車内放送がありました!

ライトアップされた、大平台駅付近の紫陽花です。ここの紫陽花を昼間に撮影してみたい、と思って後日再訪した程でした。

三ヶ所のスイッチバックを経て山を下ってきた「夜のあじさい電車」は、塔ノ沢駅で時間調整と列車交換のため11分間停車します。ここのホームの紫陽花は間近で見ると本当に見事でした!また、車掌さんの制帽を借りてヘッドマークを持って記念撮影も出来、行列が出来ていました。勿論、私も1枚撮影してきました!

終着駅・箱根湯本駅に到着した「夜のあじさい電車」です。この日の担当は、「ベルニナ」号の旧塗装でした。紫陽花と電車は実にいい絵になるな、とうっとりさせられたひと時でした。

「夜のあじさい号」の予約ページはこちらです。(箱根登山鉄道HPより)

また、このページでも既にお知らせしましたが、箱根登山鉄道最後の「吊り掛けモーター車」である、モハ103号車とモハ107号車の通称「サンナナ編成」が7月19日(金)にラストランを迎えます。そこで6月上旬より、オリジナルの装飾が施されて走っていますので、併せて撮影などいかがでしょうか?

混雑が予想されますので、撮影は譲り合いの気持ちを持って皆が気持ちよく撮影出来る環境を作りましょう!

【惜別】さようなら東武1800系電車


皆様、こんにちは。今日・5月20日には各所で鉄道イベントが開催されましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さてその中で、本日ラストランを迎えた車両がありました。

それはかつて東武鉄道で赤城急行(現在は特急に格上げ)で使用された1800系電車の最後の1編成・1819F編成が、今日の「さようならツアー」を最後に引退したのです。このツアーチケットは、ほぼ発売と同時に完売の人気でした。

それではこの「東武鉄道1800系」というのはどんな電車だったのでしょうか?

観光輸送が主体だった日光・鬼怒川線系統には、従来から花形特急列車が走っていましたが、ビジネス需要の強かった伊勢崎線系統にも、割合速度の速いビジネス急行列車が走り、一部は上毛電鉄の中央前橋駅まで乗り入れていた列車もありました。

しかし使われていた車両は、日光・鬼怒川線系統の特急電車のお古であるモハ5310形やモハ5700系という旧型車両ばかり。これを体質改善しようと1969年(昭和44年)から1987年(昭和62年)にかけて54両が製造された、赤城急行「りょうもう」号専用の急行電車です。

赤い車体に白い帯が入り、当初は4両固定編成でしたが後に中間車2両が増備され6両固定編成となりました。また、日本の鉄道車両の中で初めてジュース類の自動販売機を車内に設置した第1号の車両でもありました。

1800系の車内です。車内にはリクライニングこそしないものの、ゆったりとした回転式クロスシートが並び、背面には折り畳み式のテーブルまで備え付けられていました。これは当時の国鉄特急電車の座席を大いに意識したものであった、と言われています。

この様に長らく伊勢崎線系統の急行「りょうもう」号の顔として活躍してきた1800系電車も、平成の世に入ると後継車・200系の陰に薄れるようになりました。

その中で1814F編成は1994年(平成6年)に休車となり、北館林荷扱所にカバーで覆われて留置されていたが、2000年(平成12年)8月に廃車・解体されました。

残りの編成も、他社への移籍話や「東上線系統に移籍させて有料特急を走らせる」という様な話も出ましたがいずれも実現せず、1811Fと1812F、1815Fの3編成は中間車2両を廃車として4両固定編成の通勤車に改造され、デッキやトイレ、自動販売機、一部の座席を撤去したうえで佐野線などで走っていました。

通勤車に改造された1812F編成です。ドアが各車1ヶ所ずつだったので、乗降の際には時間が余計にかかったといいます。

通勤車に改造された1812Fの車内です。一部の座席が撤去されて立席スペースになり、つり革が増設されています。

しかしこの通勤車に改造された3編成も、佐野線や小泉線などのワンマン化に伴い2006年(平成18年)には運用を離脱、廃車解体となりました。

1813F・1816F~1818Fの4編成は日光・鬼怒川線対応のブレーキ等の改造を行い、300系(6両編成)・350系(4両編成)に改造され、宇都宮線系統の急行(現在は特急に格上げ)「しもつけ」号や、日光・鬼怒川線の不定期特急「きりふり」号、「ゆのさと」号、東武トップツアーズの団体列車扱いとして走る夜行特急「尾瀬夜行23:50」号、「スノーパル23:50」号として活躍しています。

東武日光駅で並んだ1819F編成と、350系特急「きりふり」号の並びです。元をたどれば同じ1800系ですが、塗装が変わるとイメージも変わるものですね!

しかし300系(6両編成)は既に廃車となり、残る350系も宇都宮特急「しもつけ」号や、多客時運転の日光・鬼怒川方面不定期特急「きりふり」号、「ゆのさと」号のみでの活躍となっています。また今年から夜行特急「尾瀬夜行23:50」号が新型特急の500系「リバティ」で運行されることが決定したため、350系の活躍もあと僅かとなりそうです。

撮影や乗車は、早いうちに済ませておきましょう!

今回最後まで残った1819F編成は、団体用や波動用として原色のまま残りました。その際、自動販売機と列車公衆電話は撤去されましたが、それ以外の設備はそのままで日光線の臨時快速列車や、団体列車として活躍してきました。

私自身も2010年(平成22年)に東武トラベル(現在の東武トップツアーズ)主催のミステリー列車でこの1819F編成に乗車しました。この時は、北千住~伊勢崎~東武動物公園~東武日光~北千住、という盛りだくさんなコースでした。先ほどご紹介した1819F編成と、350系特急「きりふり」号の並びは、そのツアーの際に撮影したものなのです。

もしも1800系が東上線系統に移籍していたら、どうなっていたのでしょうね。この設備からすると、塗装も栄光の紺色に黄色い帯を巻いて有料特急「フライング東上」号復活!なんてなっていたでしょうね。あるいは秩父鉄道直通特急「みつみね」号や「ながとろ」号復活とか。そんな夢を語ると、きりがありませんのでこの辺で。

東武鉄道1800系電車、長い間お疲れ様でした!ファンは決して、貴殿の事を忘れたりはしませんよ。