【惜別】さようなら!川越丸広「わんぱくランド」は9月1日が最終日


皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきちの日」。今週は、9月1日(日曜日)限りでなくなる、「最後のデパート屋上遊園地」である川越丸広百貨店の話題をお送りしたいと思います。

まずは、もう日本に二台しかない「屋上観覧車」。こちらが現役稼働中のものとしては、日本最古の屋上観覧車になります。その乗車風景を、まずは動画でお楽しみください。

屋上観覧車からの風景です。乗車時間にして約3分というものでしたが、ちょっとした空中散策でした。

屋上をほぼ一周するミニモノレール「わんぱくビード」です。小さなモノレールですが、時折揺れてちょっとしたスリルも味わえます。

出発から到着までの様子を、動画で撮影してきました。約2分間の小さな旅です。

ミニ飛行機「わんぱくエアプレーン」です。こちらにも乗ってきました。飛行時間3分の小さな空の旅です。

動画でお楽しみください。

飛行機が飛んでいる時は、こんな感じで飛んでいます。

この様な「お子様専用のミニ飛行機」もありました!

コイン式のバス型遊具です。これで「未来のバス運転士さん」を目指した人は何人いたのでしょうね。

こんな、ミニドライブが楽しめる遊具もありました。

クレーンゲームも、こんなに充実していました。

昭和30年代は「デパートへのお出かけ」といえば、それはよそ行きの大行事でした。服装もちゃんと整え、デパートでお買い物。お昼は最上階の大食堂で「お子様ランチ」を食べ、最後は「屋上遊園地」で遊ばせてもらう。まさに夢のようなお出かけでした。

しかし先述の様に、1973年(昭和48年)に発生した熊本・大洋デパート火災で多数の犠牲者が出たことから、デパート屋上の在り方が見直される様になり、同時に遊具も老朽化したことから、「屋上遊園地」は次第に姿を消して行きました。

その中で、最後まで「本格的な屋上遊園地」として残っていた、ここ丸広百貨店川越本店の屋上遊園地「わんぱくランド」も、耐震化工事の資材置き場になることを理由により、今年9月1日限りで姿を消すことになりました。当初は工事終了後、屋上遊園地を再開する予定でありましたが、観覧車の部品がもう確保できない状態であり、再開は断念されました。

同時にこれは「デパートの屋上遊園地」の幕引きでもありました。

この週末は、川越へのお出かけなどいかがでしょうか?最終日は、16時30分までの営業になるそうです。

詳しくは丸広百貨店川越本店のホームページをご参照ください。

【体験記】今では全国に2ヶ所だけとなった「屋上遊園地」の観覧車に乗りました!(埼玉県川越市)


皆様、こんばんは。「てつきち」です。季節の変わり目、暑くなったり寒くなったりしていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今日の話題は、埼玉県川越市からお送りいたします。彩の国埼玉県を代表するデパート・丸広百貨店。地域密着型の百貨店として川越に本店を置き、県内に8店舗を展開しています。中でも1964年(昭和39年)に移転開業した川越本店は、昔ながらの「百貨店」の雰囲気を色濃く残しています。

子供の頃の百貨店へのお出かけと言えば、よそ行きの服を着せてもらい、百貨店(敢えて「デパート」とは言いません)へ行き。お買い物。そして最上階の大食堂で「お子様ランチ」を食べ、屋上の遊園地で遊ばせてもらう、というのが王道のコースでした。かつて、デパートの屋上と言えば遊園地があり、観賞魚売り場があり、ミニステージがあり、と何でもござれの楽しいスペースでした。

しかし、1973年(昭和48年)に発生した熊本・大洋デパート火災により多数の犠牲者が出て、屋上のあり方が見直されることになりました。そしてレジャーの変化と遊具の老朽化、陳腐化により多くの「屋上遊園地」が閉鎖されていきました。

しかし、この丸広百貨店川越店の屋上には、今となっては全国唯一となった屋上遊園地「わんぱくランド」が今でもあるのです!コイン式乗り物、ゲームコーナーの他、全国でも2ヶ所となった屋上観覧車、屋上を一周するミニモノレールなどが揃っています。

1968年(昭和43年)にオープンした当時からあるのが、小さな屋上観覧車「わんぱくホイール」です。

早速、乗ってきました!ゴンドラは登場当時の物をそのままメンテナンスして使用しているのが特徴です。ガラスのない「吹きさらし」なので、風を気持ちよく感じる事が出来ます。乗車時間は約3分ほど。眼下に、川越の街並みを一望することができます。

スタッフの方によれば、

「現役の屋上観覧車は、うちと蒲田東急プラザさんの2台だけ。それも、開設当時からのものを使っているのはうちだけです。」

と自慢げにおっしゃっていました。(蒲田東急プラザのものは1989年[平成元年]に交換したものです)

屋上観覧車で日本最古なものは、名古屋のオリエンタル中村(現在の名古屋三越)のもので、1956年(昭和31年)に設置されたものです。現在は重要文化財に指定されていることや老朽化などの理由により、乗車することは出来ません。よって、現役の屋上観覧車で最古なのは、この丸広百貨店川越店の「わんぱくホイール」ということになるのです。

この屋上遊園地「わんぱくランド」のもうひとつの目玉が、ミニモノレール「わんぱくビード」です。

こちらにも乗ってきました!この屋上遊園地の周りを1本レールで一周する2人乗りのミニモノレールで、乗ってみると結構揺れます。でも、そこから見る景色は最高で、大人でもハマるほどでした!

屋上遊具は、ミニ飛行機「わんぱくプレーン」を含めて昔からの機械をそのまま使用しています。それ故にメンテナンスも大変なのだそうです。でも、おじいちゃん、お父さん、子供の三世代で訪れるお客様もかなり多く、皆の笑顔を見ていると「機械が動くうちは続けないと」という気持ちになり、まめにメンテナンスを欠かしていないとの事です。その心意気には感服しました!

その心意気は、ゲームコーナー店内に貼ってあったポスターからも感じ取れました!これらの乗り物は大人、子供とも1乗車300円均一。お財布にも優しいお値段ですね!

他にもミニ飛行機や乗用ドラえもん、乗用アンパンマンなどのコイン式遊具があり、屋上遊園地「わんぱくランド」健在なり!です。

屋上遊園地「わんぱくランド」の1フロア下には、昔の「デパート大食堂」の雰囲気を色濃く残している「ファミリーレストラン」があります!

ラーメンあり、寿司あり、オムライスあり、ハンバーグありと和洋中何でもあり、メニュー選びが迷ってしまう程ですね!

「ファミリーレストラン」の店内です。昔の「デパート大食堂」という感じがしてきますね。ただ食券制ではなく後でレジで払う、というようなスタイルです。

「ファミリーレストラン」「キッズプレート」です。この丸広百貨店川越店では、大人の方も200円プラスでキッズメニューを食べることが出来ます。(但し、おまけのおもちゃは付きません)旗の立ったご飯にハンバーグ、海老フライ、フライドポテト、鶏のから揚げ、ゼリーと付いた充実の内容でした。

昭和レトロを感じる丸広百貨店川越店、皆様も川越へお出かけの際には是非いかがでしょうか?