「世界三大夜景」までアクセス!函館バス「函館山登山バス」(北海道函館市)



函館空港に到着する直前のバニラエアから撮影した「上空から見た函館山と函館市街の風景」です。

2011年(平成23年)「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にて、眺望が三ツ星評価となったり、「世界三大夜景」の一つに数えられている函館山からの眺め。


函館公園入口から撮影した、昼の函館山展望台です。麓から見ると、こんな形をしているんですね!

函館山の山頂へは、山麓駅から「日本最大のゴンドラ」を誇る函館山ロープウェイでアクセスするのが一般的ですが、4月下旬から11月中旬までの「函館山観光道路」が開業している期間は、函館バスによる「函館山登山バス」が函館駅前から運行されています。(大人片道400円)

 

 


「函館山登山バス」停車停留場
函館駅前、東横イン函館朝市、函館国際ホテル、はこだて明治館、十字街、登山口
※尚、ほとんどの便は函館駅前発車時に満席になっているので、確実に座りたい場合は、始発の函館駅前からの乗車を推奨いたします。

◆お勧めの座席
往路の函館山山頂ゆきは「進行方向右側」、復路の函館駅前ゆきは「進行方向左側」の座席が、美しい夜景を眺める事が出来ます。

「函館山登山バス」乗車記
途中のバス停から乗車したので、車内は超満員。それでも何とか乗車することはできました。運転士の他車掌さんが乗務し、車窓案内や切符の出札を行っています。

途中で乗客を三々五々乗せ、「登山口」バス停を出ますと、夜景をより美しく鑑賞出来るように、と車内灯が消灯されました。今走っている「函館山観光道路」はカーブが多いので、夜景が右に左に流れるように見えて、飽きることがありません。


特におススメなのが2合目と7合目のビューポイントで、ここではバスも徐行してくれ、車窓から夜景を楽しむ事が出来ます。ちなみにこちらの画像は、2合目付近の夜景です。戦時中は軍の要塞として使用されていた事もあったので、地図から消されていた時代もあったそうです。


函館駅前から約30分で、終着の函館山山頂に到着しました。この時はロープウェイが法定点検でお休みだったこともあって、山麓駅からの臨時シャトルバスも運行されていました。


夜の函館山の賑わいです!函館山山頂は国内外の観光客で一杯で、写真を撮影するもままならないほどでした。この函館の夜景の特徴は、町の地形が独特な事。山頂から見て左側には函館港、右には津軽海峡と2つの海に挟まれる事によって、街明かりがぐっと引き立ちます。


函館山夜景の全体像です。2つの海に囲まれている、という事が一望できたのではないでしょうか。


函館駅前付近の夜景です。左側には、青函連絡船「摩周丸」がライトアップされるのもかすかに見る事が出来ます。

◆夜景の見頃の時間は?
太陽が沈んで漆黒の世界に入る時間、日没の10分~20分誤が狙い目です。また時間が経つと、人も多くなってくるのでゆっくり撮影したい場合は、早めの到着をおすすめいたします。


山頂で発車を待つ登山バスです。かなりの行列でした。帰りのバスでは、函館の観光名所の案内までもして下さい、益々函館の町が好きになりそうなアナウンスでした。

 

【機内食】カスタードクリームびっしり!バニラエアの機内限定クリームパン!


久しぶりの投稿です。先日、北海道の函館と札幌に2泊で行って来ました。旅費節約のため、行きも帰りもLCC(ローコスト・キャリア[格安航空会社]でしたが、往復ともオリジナルの機内食を味わって来ました!


成田空港では、ピーチを除くLCC(ローコスト・キャリア[格安航空会社]は、この専用の第3ターミナルから出発となります。往路に乗ったのは、バニラ・エア。全日空系列で、札幌、那覇などリゾート地に特化した路線を主に飛んでいます。出発を待っていたところ「機材のやり繰りの関係で、出発時刻が遅れます」とアナウンス。果たして、函館まで無事に飛べるのでしょうか?

それでも保安検査場を過ぎて、出発ロビーで飛行機を待つことにします。


手前から、春秋航空日本、バニラ・エア、ジェットスタージャパンの順に停泊しています。これらLCC(ローコスト・キャリア[格安航空会社]のおかげで、国内外の旅が気軽になった、とお思いの方も多いのではないでしょうか。

結局、45分程遅れて機内へと案内されました。飛行機まではターミナルからランプバスで連絡です。座席は右側の窓際。これが後程、特等席となりました!

出発時間になって機体のドアが閉まると、キャビンアテンダントさんによる「機内安全のためのデモンストレーション」が始まりました。レガシーキャリア(一般航空会社)では、オーディオサービスで行われるこの説明も、LCC(ローコスト・キャリア[格安航空会社]では、オーディオ装備などありませんので、実際にデモンストレーションを行いながら説明されます。


まずはシートベルトの付け方から。バックルをこの様に動かしてください、という解説と共にベルトを提示していきます。


続いて、酸素マスクの使い方。緊急事態が発生して、機内に酸素が必要になった時にこの様に下りてくるそうです。口への付け方、バンドの締め方一つ一つを解説していました。


最後は救命胴衣の付け方。頭からすっぽりとかぶり、機内から脱出するときに紐をひくと膨らみます。これは中に高圧ガスが入っているからだそうです。(以前、JALの整備工場を見学した際に教えてもらいました)膨らみが足りない時は、上のマウスピースから空気を吹き入れます。

このデモンストレーションが終わると、飛行機は滑走路に出て、函館に向けて離陸します。そして、飛行状態が安定した頃から機内販売が始まります。LCC(ローコスト・キャリア[格安航空会社]では、機内食、グッズは勿論のことドリンクも有料です。中でも今回、このバニラ・エアで食べたかったのが、「オリジナルのクリームパン」でした!


この「とろ~りクリームパン」は、成田ゆめ牧場の牛乳を使ったカスタードクリームがぎっしりと詰められており、パンの表面にはバニラ・エアのロゴがちゃんと焼き付けてありました。一口食べると、濃厚なカスタードクリームが、お口のなかにとろ~りと!これはもう、最高の味です!

このクリームパン、便によっては、すぐに売り切れてしまう場合もありますので、ご注意を。

空の上でのスナックタイムを終えると、飛行機はもう函館空港に着陸態勢になりました。すると右の眼下に見えてきたのは、立待岬。これは函館市内の上空が撮れるかな、と期待していました。


函館山付近の上空です。天気も曇り空ではありましたが、函館山と函館の街並みがバッチリと見えました。目の下には、青函連絡船「摩周丸」の姿も見えます。これは特等席でした!次回以降も函館行き飛行機乗る時は、指定料金払ってでも右側の窓際がいいかな、とまで思いました。

そして、定刻より約50分遅れで函館空港に到着。ここから北海道の旅は始まるのでした。