【リゾート列車】JR北海道「クリスタルエクスプレス」


皆様、おはようございます。「てつきち」です。5月も今日で終わりになりましたね。今日は、北海道のリゾート列車の話題をお送りしたいと思います。

こちらの列車は、JR北海道の「クリスタルエクスプレス」です。1989年(平成元年)、団体・臨時列車用として企画した「リゾート列車」のひとつで、石勝線方面への観光輸送を主目的として、自社の苗穂工場で設計、製作されたものです。撮影したのは2001年(平成13年)の事で、隣のホームには今はなき「赤い電車」711系が停車しているのが見えます。

最初は中間車1両を組み込んだ3両編成でしたが、後にラウンジや個室、ビュッフェ(現在は営業休止)を備えた、気動車列車では日本初の2階建て車両である中間車「キサロハ182形」を増結して4両編成となりました。

先頭車のキハ183形5101番台の車内です。先頭部は小田急ロマンスカーや名鉄パノラマカーの様な展望席になっていましたが、2010年(平成20年)1月に他の特急列車で踏切事故が発生し、安全を確保するため現在は展望席は閉鎖されています。

3号車であるキサロハ182形の2階席です。ここはグループ客向けにボックスシートになっています。座席がゆったりとしていて、グループでワイワイとやりながら旅するにはいいですね!

3号車「キサロハ182形」の車端部にあるラウンジです。窓が広く、眺望がいいのが特徴です。惜しむらくは合理化のため、ビュッフェの営業が休止されてしまったことです。ここで軽食や飲み物を楽しみながらの旅、なかなか楽しそうでしたね!

この「クリスタルエクスプレス」は、札幌~富良野間の「フラノラベンダーエクスプレス」号や、臨時特急等に今でも使用されています。JR北海道でも珍しい「リゾート列車」となりましたので、ご乗車や撮影はお早めにどうぞ。

【懐かしの1枚】2001年(平成13年)の札幌駅から


皆様、こんばんは。「てつきち」です。5月もあと1日で終わりですね。

今日は懐かしの画像から1枚。2001年(平成13年)の札幌駅にて撮影した、駅弁の立ち売りの光景です。今は売店やキオスク、車内販売での発売がメインになったため、この様なワゴンもなかなか見られなくなりました。

それでも旅情を感じるにはやはり、この様な立ち売りさんから買うのが一番強く感じますよね。

札幌駅にも個性的な駅弁が数多くありますが、イチオシは何といっても「石狩鮭めし」です。醤油味の茶飯の上に、鮭のフレークとイクラをこれでもか!という程どっさりと散らしたお弁当で、1923年(大正12年)から発売を開始したロングセラー駅弁です。札幌御来訪の折には、是非ご賞味あれ。

【路面電車の旅】札幌市内では元気に活躍中!

皆様、おはようございます。「てつきち」です。本日は、今回の札幌行きで撮影してきた路面電車の数々をお送りします。

最新鋭電車・A1200形です。「ポラリス」の愛称がある電車で、札幌市電では初めて冷房を搭載した電車です。

3300形電車です。1998年(平成10年)に登場した、330形の電装品を用いて車体を新製した車体更新車です。毎年冬に「雪ミク電車」になるのは、この形式です。

「ポラリス」と3300形電車のすれ違いを撮ってみました。

札幌市電の歴史は古く、1911年(明治43年)に開業した馬車鉄道がその前身となります。1916年(大正5年)10月には「馬車軌道」から「電気軌道」へ社名を変更して、路線の電化などがすすめられました。

その後市内各所に路線を伸ばし、今となっては珍しい「親子電車」「路面ディーゼルカー」等も走った札幌市電ですが、モータリゼーションの発達と、地下鉄南北線の建設に伴い、路線がどんどん縮小されていきました。

残りの西4丁目~中央図書館前~ススキノ間も廃止が検討されましたが、利用率が年々上がって路面電車の価値が見直されたことや、2001年(平成13年)「北海道遺産」に認定されたことなどから存続、ということになり、2015年(平成27年)12月20日、西4丁目~すすきの間が開業しループ化、同時に狸小路停留場が開業しました。

北海道札幌ご来訪の折には、市電の旅など是非いかがでしょうか?

夜のススキノを走る札幌市電を動画で撮影してみました。Youtube始めましたので、良かったらチャンネル登録どうぞよろしくお願いいたします!





【駅弁の旅】函館本線・長万部駅「かなやのかにめし」


「山線」と呼ばれるニセコ・小樽方面の函館本線と、「海線」と呼ばれる登別・東室蘭方面の室蘭本線が分岐する駅・長万部駅。ここは特急列車も停車する交通の要で、そこに昭和25年から販売している老舗駅弁があります。

その名も「かなやのかにめし」

製造元・かなや弁当店さんの歴史は、1928年(昭和3年)にさかのぼります。その年から長万部駅にて駅弁の立ち売りをしており、戦後の食糧不足・米不足でろくに駅弁が作れなかった時代、目の前の海で大量に獲れた毛ガニに注目。最初は、茹でた毛ガニをそのまま販売する、という今となってはこの上ない贅沢な販売をしていました!今の世の中だったら、皆こぞって買い求めるでしょうね!

その後1950年(昭和25年)、味付けご飯の上にカニのほぐし身を贅沢に散らした「かにめし」の販売を開始。何度かの改良を経て、現在の形に至りました。

毛ガニの身をほぐし、水分がなくなるまで筍と一緒に炒って、旨味をグッと凝縮。これが醤油味の茶飯とよく合うのです。製作までには50種類以上もの試作をしたと言われています。「かにめし」の上に散らされるシイタケ、梅干、グリーンピース、錦糸卵という具も変わりはないです。また水分をよく吸い、いつまでも出来立ての味を、ということで、かなやさんでは、経木の折箱にこだわっているそうです。

付け合わせには香の物、缶詰みかん、つくだ煮が付きます。特にこの佃煮は、ベテランの職人が作るこだわりの味。「おしゃまんべ物語」の名前で、1976年(昭和51年)に完成。「かにめし」同様、現在は通信販売も行っています。

長万部駅から歩いて2分の所(ほぼ駅前)にある、かなや弁当店さんの店舗です。「旅先の味をもう一度」「旅行で食べたかにめしが美味しかったので送ってください!」という声がかねてから多かったのですが、鮮度などを気にすることから当初はお断りしていました。しかしお客様の声は熱く、6年の試行錯誤を経て冷凍で全国発送を出来る「冷凍かにめし」を販売開始。電子レンジで温めることによって、あの美味しさを再現することに成功したのです。

店舗に併設された休憩所の内部です。ここでは、出来立ての「かにめし」をその場で食べられるように、と2017年春に休憩所が出来ました。この休憩所には、16人分の椅子が並べてありますが、これは何と元0系新幹線の転換式座席が使用されているのです!

そして最前部のモニターでは、車窓風景のVTRが流されており、気分はすっかり汽車旅気分!売店でお弁当を購入すれば、誰でも利用可能という、鉄道ファンにとっては嬉しいスペースですね!

また、一部の特急列車では「かにめし」を車内販売でも買うことが出来ます。(事前の予約も可能だそうです)

JR北海道の主要駅では、170円の「ご当地入場券」を観光客対象に販売しています。かなや弁当店さんでは、入場券購入当日に限り、この入場券をレジで提示すると「かにめし」1,080円が1,000円になるサービスがあります。

かなや弁当店WEBサイトです。

#北海道 #函館本線 #長万部駅 #駅弁 #かにめし #名物駅弁 #車内販売

【名物駅弁】函館本線・森駅「いかめし」


今日は、駅弁の話題をお届けします。今、京王百貨店新宿店で「駅弁の甲子園」という別名もある程の大規模な駅弁大会が開催されています。

その出ている駅弁の中でも人気なのが、函館本線・森駅の「いかめし」弁当、730円なり。この「いかめし」を、昨年の秋に北海道に行った際、現地で食べてきました!今日はそのお話をしたいと思います。

函館本線の特急列車も停車する森駅。この駅にて、「日本三大駅弁」の一つに数えられる「いかめし」弁当が売られています。

下足(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に、研いだ米を詰め込み醤油ベースの出し汁で炊き上げたもので、爪楊枝等で米が飛び出さないように留めています。米はもち米とうるち米を混ぜているのが特徴で、腹持ちがいいのが人気です。

「いかめし」弁当の歴史を遡れば、太平洋戦争中にたどり着きます。函館本線森駅の駅弁調製業者だった阿部弁当店(現在のいかめし阿部商店)が、第二次世界大戦中の1941年(昭和16年)、戦時体制による食糧統制で米が不足していたために、当時豊漁だったスルメイカを用いて米を節約しても作れる料理として考案したのがその始まりです。当時の森駅は鉄道交通の要衝として、ソ連軍の侵攻に備えて北海道に配置された若い兵士たちを乗せた列車が乗り入れていました。そのため駅弁として売り出したところ、もち米入りで腹持ちが良いと評判を呼んだといいます。

函館本線を走る普通列車は、行き違いや特急列車退避のためこの森駅にて比較的長時間停車します。そのため、駅のキオスクで「いかめし」を買いやすいのが特徴です。また、イカのシーズンであり観光シーズンでもある7~8月には、特急列車の到着時刻に合わせて、プラットホームでの立ち売り販売も行われます。

キオスクで売られている「いかめし」グッズです。ちょっとしたお土産にもいいですね。

森駅駅前の直営売店です。ここで「いかめし」を買う事も出来ます。

 

駅前売店の店頭です。「いかめし」の他、「いかめし」味のスナック菓子も販売しています。お土産に是非、いかがでしょうか?

イカの不漁でこの夏(2017年)から780円に値上げしましたが、イカの大きさは以前と変わらず。イカにもち米入りのご飯を詰めて、秘伝のダシで煮込んだ味は変わらなかったです。

「駅弁の甲子園」という別名もある、新宿京王百貨店の駅弁大会には、1966年(昭和41年)の第1回大会から登場。翌年の第2回には、早くも売り上げ第1位を獲得。毎年、各地の駅弁大会では欠かせぬ存在となりました。

駅弁大会や名産展にいかめしが出店するときには、いかめしの中身の味付けご飯に衣をつけて揚げた「いかめしコロッケ」も売り出され、人気を集めています。

森町を代表する名産品として、同町の郵便局で売り出されている「ふるさと切手」には、名所旧跡の他この「いかめし」もデザインされています。

駅弁大会で買って食べるのも美味しいですが、本場の森駅を通過した際に食べた「いかめし」の味は最高でした!皆様も是非、いかがでしょうか。

#森駅 #いかめし #駅弁 #日本三大駅弁 #北海道 #森町