【名物駅弁】東海道本線・静岡駅「鯛めし」


皆様、こんばんは。「てつきち」です。関東地方も遂に梅雨入りしたみたいですね。私の地元を走る京王井の頭線沿線には、多くの紫陽花(あじさい)の花が植えられ、目を和ませてくれます。また東松原駅のライトアップ、撮りに行こうかな。

今日も駅弁の話題で、本日ご紹介いたしますのは東海道本線・静岡駅の名物駅弁「鯛めし」です。

この駅弁、何と発売されたのは明治時代なのです!

その歴史を紐解くには、1889年(明治22年)にまで歴史を遡ることになります。この年、静岡駅が開業したのですが同時に市内で大火が発生してしまい、駅近くの市の中心部が殆ど焼けてしまうほどの火事になりました。現在、静岡駅で駅弁を発売している東海軒さんの前身である加藤弁当店の主・加藤滝蔵さんは、自分の店が燃えているのも物とせず、救命・消火活動に身を挺していました。そして呼吸器をやられ、病の床に伏せってしまいます。

加藤弁当店は焼け跡で営業を再開し、奥さんのかくさんが店を切り盛りしていました。出入りの魚屋さんは毎日、「滝蔵さんの見舞いに」とアマダイを数匹置いていきました。しかしこのアマダイという魚は、火を通すと身がボロボロに崩れてしまうので、お弁当の素材としては使用できませんでした。そこでかくさんは、このアマダイを甘く煮つけ、おぼろにして食べていました。

そんなある日のことです。鉄道の高官方が子供連れで滝蔵さんのお見舞いに来ました。しかし、その子供は偏食が激しかったのか、出されたご馳走に一向に箸を付けようとしませんでした。

そこで一計を案じたかくさんは、アマダイのおぼろを乗せたご飯を「たいのご飯だよ」と言って子供に食べさせたところ、子供は大喜びで食べました。これを病床で聞いていた滝蔵さんは、かねてから「子供でも美味しく食べられる駅弁は出来ないか」と考えており、かくさんと調理人の長谷川氏と共に、この鯛のおぼろご飯を何とか駅弁に出来ないか、と試作を重ねました。

滝蔵さんは弁当の完成を待たずに世を去ってしまいますが、かくさんや調理人の長谷川氏らの努力で1896年(明治29年)「鯛めし」が発売を開始しました。茶飯の上に鯛のおぼろ(現在は少し、白身魚が入っています)をのせたこの駅弁はたちまち東海道本線の名物駅弁となり、他の駅でも別の弁当屋さんによって売り出されるようになりました。

さて、静岡駅の東海軒のお弁当と言いますと、かつての東京発大垣行き375M普通電車、通称「大垣夜行」のことを思い出す方も多いのではないでしょうか。下り375M大垣行きは、午前2時前後に静岡駅に到着し、貨物列車の退避のためかなり長時間停車していました。

そこで「べんとー、べんとー!」と、幕の内弁当の立ち売りが行われていました。この「大垣夜行」の到着する時間に合わせてご飯を詰めていたため、あったかい幕の内弁当が食べられたのを今でも覚えています。

今は375M「大垣夜行」も、臨時快速電車「ムーンライトながら」号に変わり、青春18きっぷシーズンのみの運転となったため、深夜の駅弁の立ち売りも無くなりました。

今まで、全国各地の名物駅弁や幕の内駅弁を食べてきた私「てつきち」ですが、幕の内弁当の駅弁で一番美味しかったのは、この静岡駅で食べた幕の内弁当でした。この幕の内弁当のお話もまた、機会を改めてできたらいいなと思います。

【駅弁の旅】函館本線・長万部駅「かなやのかにめし」


「山線」と呼ばれるニセコ・小樽方面の函館本線と、「海線」と呼ばれる登別・東室蘭方面の室蘭本線が分岐する駅・長万部駅。ここは特急列車も停車する交通の要で、そこに昭和25年から販売している老舗駅弁があります。

その名も「かなやのかにめし」

製造元・かなや弁当店さんの歴史は、1928年(昭和3年)にさかのぼります。その年から長万部駅にて駅弁の立ち売りをしており、戦後の食糧不足・米不足でろくに駅弁が作れなかった時代、目の前の海で大量に獲れた毛ガニに注目。最初は、茹でた毛ガニをそのまま販売する、という今となってはこの上ない贅沢な販売をしていました!今の世の中だったら、皆こぞって買い求めるでしょうね!

その後1950年(昭和25年)、味付けご飯の上にカニのほぐし身を贅沢に散らした「かにめし」の販売を開始。何度かの改良を経て、現在の形に至りました。

毛ガニの身をほぐし、水分がなくなるまで筍と一緒に炒って、旨味をグッと凝縮。これが醤油味の茶飯とよく合うのです。製作までには50種類以上もの試作をしたと言われています。「かにめし」の上に散らされるシイタケ、梅干、グリーンピース、錦糸卵という具も変わりはないです。また水分をよく吸い、いつまでも出来立ての味を、ということで、かなやさんでは、経木の折箱にこだわっているそうです。

付け合わせには香の物、缶詰みかん、つくだ煮が付きます。特にこの佃煮は、ベテランの職人が作るこだわりの味。「おしゃまんべ物語」の名前で、1976年(昭和51年)に完成。「かにめし」同様、現在は通信販売も行っています。

長万部駅から歩いて2分の所(ほぼ駅前)にある、かなや弁当店さんの店舗です。「旅先の味をもう一度」「旅行で食べたかにめしが美味しかったので送ってください!」という声がかねてから多かったのですが、鮮度などを気にすることから当初はお断りしていました。しかしお客様の声は熱く、6年の試行錯誤を経て冷凍で全国発送を出来る「冷凍かにめし」を販売開始。電子レンジで温めることによって、あの美味しさを再現することに成功したのです。

店舗に併設された休憩所の内部です。ここでは、出来立ての「かにめし」をその場で食べられるように、と2017年春に休憩所が出来ました。この休憩所には、16人分の椅子が並べてありますが、これは何と元0系新幹線の転換式座席が使用されているのです!

そして最前部のモニターでは、車窓風景のVTRが流されており、気分はすっかり汽車旅気分!売店でお弁当を購入すれば、誰でも利用可能という、鉄道ファンにとっては嬉しいスペースですね!

また、一部の特急列車では「かにめし」を車内販売でも買うことが出来ます。(事前の予約も可能だそうです)

JR北海道の主要駅では、170円の「ご当地入場券」を観光客対象に販売しています。かなや弁当店さんでは、入場券購入当日に限り、この入場券をレジで提示すると「かにめし」1,080円が1,000円になるサービスがあります。

かなや弁当店WEBサイトです。

#北海道 #函館本線 #長万部駅 #駅弁 #かにめし #名物駅弁 #車内販売