【空の旅】バニラエア「お名残搭乗」で嬉しいサプライズ!




皆様、こんばんは。「てつきち」です。先週は北海道に、伊豆にと飛んでいたのでお休みをいただきました。今週から、毎週月曜日に定期更新してまいります。

思い立って行ってきた、北海道。その目的は、愛用しているLCC・バニラエアのお名残搭乗でした。この10月をもって、同じ全日空系列のLCC・ピーチと統合合併のため、バニラエアは姿を消します。既に成田~那覇線はピーチに移管され、愛用していた成田~新千歳線も8月31日を最後に移管されます。

ウイングレットのVの文字も、間もなく見納めです。今回は窓際の席に当たったので、上空からの写真を撮りまくっていました。

今回オーダーした機内食です。奄美大島の郷土料理・鶏飯雑炊と、バニラエアクリームパン(コーヒー付セット)で合計1,000円なり。バニラエアの就航している、奄美大島の郷土料理をまさか機内食で味わえるとは思いませんでした!

こちらがバニラエアの名物クリームパンです。成田ゆめ牧場のミルクを使ったカスタードクリームがぎっしりと詰まっていました。バニラエアのロゴが焼き付けてあるのがいい感じですね!

新千歳空港のラウンジから見た、バニラエアのA320です。

北海道では札幌、余市を回り、帰りもバニラエアでした。帰りの便は使用機材の到着遅れとかで10分ほど遅れての出発。

安定飛行になったと同時に、キャビンアテンダントさんに機内食をすぐさまオーダーしました。

今回は、ビーフシチュー(クロワッサン付き)とバニラエアピーチクリームパン(コーヒー付セット)、それにお土産としてクリアファイルも購入して1,300円なり。クロワッサンの袋は、気圧の関係でパンパンに膨らんでいました。

こちらがバニラエアピーチクリームパンです。ピーチ味のクリームがぎっしりと詰まっていました。キャビンアテンダントさん曰く、6月の限定商品なのだそうです。

「札幌行く時はいつもバニラエアだったんですが、ピーチと統合でお名残搭乗ですよ」と言った事もあってか、容器の蓋にはキャビンアテンダントさんからの直筆メッセージが書かれていました。日航や全日空などのレガシーキャリアでも、この様なサービスはないでしょう!

「本日のご搭乗、誠にありがとうございます。こちらをどうぞ。」空き容器を下げに来たキャビンアテンダントさんが、1枚のカードを下さいました。

こちらがその、手書きのメッセージカードです!今まで幾度となく飛行機には乗ってきましたが、この様なカードを頂いたことは初めてでした!これだけで「札幌行く時はいつもバニラエア使って良かった!」と思える出来事でした。

約1時間20分の空の旅を終えて、バニラエアJW920便は成田空港へ着陸。その到着アナウンスでも、バニラエアとピーチが統合することが告げられました。新しい路線のネットワーク、そして双方の会社のいい所を活かした新しいサービスに期待がかかります!

バニラエアのキャビンアテンダントの皆様、いい旅の思い出をありがとうございました!

【体験記】JALのファーストクラスに乗ってきました!


皆様、こんばんは。先日、北海道へ行ってきた「てつきち」です。池田、帯広、札幌と回ってきた2泊3日の旅でした。帰り道には、一生に一度乗りたかった「JALのファーストクラス」乗ってきました!

今回は、そのレポートをお送りいたします。

新千歳空港に搭乗手続きを済ませて、専用の「サクララウンジ」へ。

保安検査場はどこにあるのかな、と思っていたらラウンジ内に、専用の保安検査場がありました。このラウンジを使用できるのは、ファーストクラスの乗客と、JGC(JALグロ-バルクラブ)の会員のみ。ここからVIP気分が味わえます。

こちらが「サクララウンジ」の内部です。ゆったりした座席にはそれぞれ、専用のコンセントとUSBポートが付いています。これは今の時代にとって、便利なサービスですよね。

ちょっとシックな雰囲気のラウンジです。まさに「大人の旅人だけに許された旅の憩いの空間」でした。

「サクララウンジ」のドリンクバーです。お好みの飲み物を好きなだけ味わうことが出来ます。ゆったりとした時間を楽しむには、欠かせない存在ですね。

「サクララウンジ」からの風景です。この様に飛行機を間近に感じることが出来るのも、乗り物好きな私「てつきち」にとっては、最高の風景です!

「サクララウンジ」のインフォメーションカウンターです。そろそろ、乗る飛行機の時間が近づいてきましたので、ラウンジを出ることにしましょう。

「サクララウンジ」の、搭乗待合室側の入口です。高級感溢れてきますね。

そして、これから登場するJAL524便・羽田空港行きの出発案内がありました。まずは優先搭乗、という事で真っ先に機内へ。新千歳空港の搭乗口は前後2ヶ所あり、前の入口はファーストクラスと「クラスJ」専用、後方の入口はエコノミークラス(一般席)専用となっています。

まずはファーストクラスの機内を撮影させてもらいました!このB777-200型旅客機には14席のファーストクラスが設けられています。後の方に見える黒い座席は「クラスJ」の座席です。

「お写真お撮りしましょうか?」とパーサーのYさんが声をかけてくださいましたので、座席に座っているところを何枚も撮ってもらいました。恐らく、ファーストクラス初体験で浮き浮きしているのだろう、というこちらの思いを分かってくださったのかもしれません。

「てつきち様、本日はご搭乗ありがとうございます。本日担当をさせていただきます、Yと申します。」先ほどのパーサーが直々にご挨拶に来ました。僅か14席という事もあるのでしょうが、どこの席にどのお客様が座っているのかを細かく把握している、これはシティホテルのホテルマンも顔負けの「おもてなし」でした。

ほぼ定刻にJAL524便・羽田空港行きは新千歳空港を離陸しました。離陸してしばらくすると、機内食のサービスが始まります。今回はこれが楽しみで、大枚はたいてファーストクラスを利用したのですから!

今回サーブされた機内食です。JAL国内線のファーストクラス機内食は10日ごとにメニューが変わり、JALホームページでそのメニュー内容をチェックすることができます。従ってJALファンの中には、機内食のメニューをチェックしてから予約を入れる、という強者もいるそうです。

*今回のおしながき*
小鉢
茶碗蒸し 鶏飯風 梅肉のせ(蒸し鶏、椎茸、生姜、青葱、みかん皮)
ほんだま お浸し 人参

主菜
奄美島豚八幡巻(ゴーヤ、牛蒡)、奄美みき豆腐 黒胡麻味噌
赤うるめ 島ウコン豆乳煮
青パパイヤ漬け 海老塩茹 はじかみ 黄パプリカ

俵ご飯 宮崎県えびの産ヒノヒカリ

味噌汁 焼きばら海苔の味噌汁

茶菓 甘味きょら海工房“あまみ黒糖饅頭”

いずれも直前までオーブンで温められていたもので、まさか機上で温かい味噌汁が味わえるとは思わなかっただけに感激ものでした!(ちなみに羽田~伊丹間などの搭乗時間が短い路線では、加熱されず常温で出される物もあります)

今回のメニューは「奄美大島の郷土料理」をイメージしたもので、味にも身体にも良い「いい所取り」のメニューでした。

「食後のお飲み物、何になさいますか?」とパーサーのYさんが聞いてきました。

そこでJALのオリジナルドリンク「スカイタイム」をオーダーしました。キウイフルーツジュースベースのソフトドリンクで、JALに乗ると必ずオーダーするほど好きなドリンクです。おつまみに「ドライなっとう」とアラレの小袋を持ってきてくださいました。

この「ドライなっとう」は、従来の納豆を油で揚げ、フリーズドライしたもので、納豆の旨味を凝縮してあります。また揚げる事によって、納豆特有のにおいと糸引きさを抑えているので、納豆が苦手な人にも美味しく食べられるようになっています。

「私の出身都道府県シールです。良かったらお受け取りください。」パーサーのYさんが再び席に回ってきました。Yさんのご出身は神奈川県、江ノ島がデザインされたシールでした。

やがて飛行機は着陸態勢になり、ほぼ定刻に羽田空港に到着しました。

「本日はありがとうございました。またのご搭乗を心よりお待ち申し上げております。」パーサーのYさんが、一人一人に声をかけてくださいました。

国内線、国際線と数えきれない位、飛行機に乗った私ですが、これだけ「おもてなし」を受けた空の旅は初めてでした。

今度はANAの「プレミアムクラス」と、北海道新幹線の「グランクラス」にも乗ってみたいものです。