【懐かしの画像から】のと鉄道のジョイフルトレイン「のと恋路号」

皆様おはようございます、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?

ちょっと遅れてしまいましたが、今日は懐かしの画像から1枚。石川県はのと鉄道で、NT800形気動車「のと恋路号」の画像がありましたので、ご紹介したいと思います。

このNT800形車両は、1988年(昭和63年)の能登線第三セクター化の際、観光列車として登場したものです。車内には展望が楽しめる展望室やラウンジ、サービスカウンター、自動販売機などがあり、専属の列車アテンダントさんも乗務して、観光急行「のと恋路号」として走っていました。

2002年(平成14年)に観光急行「のと恋路号」の定期運用が廃止となると、団体列車用として稼働していましたが、2005年(平成17年)に能登線が廃止となると運用を失い、廃車となりました。

ちなみにこの画像は、1998年(平成10年)に九十九湾小木駅で撮影したものです。この時からもう、22年経つのですね。

こちらも同じ時期に能登半島を旅した時に撮影したものです。この頃はのと鉄道も、輪島や蛸島までの路線があり、この写真の様なお座敷列車が走っていました。

今は路線縮小でこれらの車両も思い出の彼方に行ってしまいました。古い写真をスキャンしていると、その時々の思い出がふと蘇ってくることがあります。また能登の地を訪れ、懐かしい車両たちに再会できる日が早く来て欲しいものです。本当に、写真は一期一会ですね!

「てつきち」ですが、Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。

【惜別】さようなら!JR北海道「クリスタルエクスプレス」



皆様、こんばんは。「てつきち」です。1週間のご無沙汰でした。昨日は多忙のため、今週の「てつきち」は火曜日配信となります。

さてこの9月30日、20年間に渡って北の台地・北海道を走ってきたリゾート列車「クリスタルエクスプレス」がラストランを迎えました。最終日の札幌駅には、全国各地から多くの鉄道ファンが詰めかけ、最後の走りや入線シーンを写真や動画で撮影する姿が見られ、全国区のニュースでも取り上げられた程です!

そのリゾート列車「クリスタルエクスプレス」ですが、私は2001年(平成13年)の秋に、特急「フラノラベンダーエクスプレス」号として札幌~富良野間を走った時に乗車しました。隣のホームにいる赤地に白帯の電車は、当時の札幌近郊の顔でした711系電車です。引退した今となっては、もっと写真撮っておきたかった!という後悔で一杯です。

運転席部分を2階に上げて前面展望を重視した姿は、イタリアの特急電車「セッテベロ」に端を発し、日本では1961年(昭和36年)に名古屋鉄道[名鉄]「パノラマカー」としてそのスタイルを踏襲。その2年後の1963年(昭和38年)には小田急電鉄が3100形ロマンスカー「NSE(New super Express)車として受け継ぎ、以後の小田急ロマンスカーシリーズでも今日の最新鋭・70000形「GSE」車にまで繋がっているデザインです。

それでは、車内を見てみることにしましょうか。

まずは先頭車の車内から。一般座席からも前面展望を、ということで一般席はハイデッカー構造となっており、前面部にはモニターTVもあります。座席は特急用に相応しく、ゆったりとしたリクライニングシートでした。

中間車は2階建で、2階席はグループ客利用を意識したゆったりした4名定員のボックス席が並んでいました。このスタイル、JR東日本の251系特急「スーパービュー踊り子」号が登場した時も確か、一部の号車で採用されていました。

1階部分には電子レンジなどを備えたビュッフェカウンターがあり、軽食や飲み物の販売も行われていましたが、この時は生憎と営業休止状態でした。最近ではJR北海道の特急列車そのものの車内販売が全廃された、という残念なニュースがあるだけに、せめてこの様な観光列車では是非、車内販売をやって欲しいものですね。人件費その他のコストを考えると難しいものはありますが。

中間車にあったラウンジです。ここは喫煙室も兼ねていたので、灰皿の設備もありますね。「観光列車」となりますと、乗客をただ運ぶだけではなく、この様に指定の座席を離れてくつろぐフリースペースは是非、欲しいものです。そうなると、日光・鬼怒川へと走っていた東武特急1720系「DRC(デラックス・ロマンスカー)にあったサロンルームは、時代の先を行っていたんだな、と思っています。そこには自動販売機とジュークボックスがあり、ちょうど旅の気分転換に良かったなぁ、と今でも感じられます。

この特急「フラノラベンダーエクスプレス」号が富良野に到着する時、富良野ということで、さだまさし氏が歌う「北の国から」のスキャットが流れてきた時は思わず笑ってしまいました。

最盛期には多くのリゾート列車が走っていた北海道。それも今となっては懐かしい思い出と化してしまいましたね。

【保存車】鉄道博物館のマイテ3911号展望車に乗ってきました!


皆様、おはようございます。「てつきち」です。今日は大宮にある「鉄道の殿堂」鉄道博物館に保存されている車両の話題をお届けいたします。

今回ご紹介するのは、「マイテ3911」号特急用1等展望車です。1930年(昭和5年)に鉄道省大井工場にて、国際連絡特急「富士」号に使用する1等展望車として製造されました。この国際連絡特急「富士」号は、下関で関釜連絡船に接続し、そこから鉄道の乗り継ぎでモスクワからヨーロッパ方面へ接続する、という特急列車でした。1935年(昭和10年)には、1等寝台車に日本の鉄道車両としては初のシャワールームが取り付けられたほどです。

「マイテ3911」の展望室車内です。普段は非公開でガラス越しに見るような形になっていますが、この時は車内が特別公開となっていました。この奥は非公開となっているので、何があるのか不思議なところですよね。

展望室車端部の車内机部分です。ここの机を使って、手紙などを書いたそうです。

また本棚として使用されていた、という説もありました。

「マイテ3911」のソファです。今回の車内公開で特別に座ることが出来ました。座り心地は上等で、このソファに座って汽車旅なんてどんなに素敵だったのだろうか、と思いました。

「マイテ3911」の天井部分です。外国人からは「日本らしい!」と好評でしたが、日本人からは「まるで霊柩車に乗っているようだ」と揶揄されていました。

 

マイテ39の欄間彫刻です。そこかしこに、当時の技術と芸術さが活かされていますね!

現在、この様なデッキのある展望車は、JR山口線の「SLやまぐち」号のグリーン展望車で乗ることが出来ます。これもこの1等展望車をモチーフに再現されたものだそうです。

またSL列車でお馴染みの大井川鐵道でも、西武鉄道の電車を改造した展望車「スイテ821」が走っています。こちらは時々団体用として一般のSL列車に連結されて走る他、各種イベント列車としても走る事があります。デッキで風に吹かれながら旅を楽しむ、何て素敵な旅でしょうね!