【号外!】明るい話題です!箱根登山鉄道が7月末に復旧します!

皆様、おはようございます。「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?コロナウイルスの影響で、全国的にこの週末の外出は控えましょう、という事態になってしまいました。

そんな中で、箱根から明るいニュースが飛び込んできました!

それは、昨年秋の台風で線路がやられて不通になっていた箱根登山鉄道の箱根湯本~強羅間が、思いより復旧工事が早く進んだため、今年の秋に全線復旧の予定が、7月下旬に早まることになりました。

先日は、強羅から早雲山を結ぶ箱根ケーブルカーも3月20日に工事が終わって運転を始め、この箱根登山鉄道の復旧に合わせるかのように早雲山駅もリニューアル工事をしています。

これに伴い、箱根を乗り物で一周する「箱根ゴールデンコース」も復活します。この7月下旬の運転再開の時には、コロナウイルス騒ぎも収束してもらいたいものですね!

【速報】3月20日、ついに復活!箱根ケーブルカー

皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は「てつきちの日」。いかがお過ごしでしょうか?今日の話題は、箱根から。

車両交換のため一時休業していた、強羅駅と早雲山駅とを結んでいた「箱根登山ケーブルカー」が3月20日から新型車両にての営業運転を開始することになりました。

今回も2両編成ですが、混雑緩和のため車内はロングシート(ベンチ式)になっており、また車掌さんが発車時に車内をチェックしやすいように、車内カメラが設けられたようです。

先日、関係者向けの試運転並びに試乗会が行われました。


強羅駅を出発する、試運転列車を動画で撮影してみました。よろしかったら、チャンネル登録もどうぞよろしくお願いいたします。

今、箱根登山鉄道線は昨年の台風による土砂災害で、全線でバス代行輸送となっておりますが、このケーブルカーの車両リニューアルは明るいニュースですよね!是非、箱根ご来訪の折にはいかがでしょうか?

特に強羅駅前の餃子センターは、メニューも多くおススメですよ!

【速報】箱根登山鉄道の最後の「吊り掛け式車両」が引退へ!



皆様こんばんは、「てつきち」です。このページもようやくペースが掴めたのか、定期的に書くことが出来る様になりました。

今日の話題は、神奈川県の箱根登山鉄道から。箱根湯本までは小田急の車両が走っていますが、箱根湯本から先は線路の幅も電圧も違うので、専用の登山電車になります。古くから活躍してきた登山電車も最近では世代交代が進んでおりますが、今年2019年(令和元年)夏ごろには、箱根登山鉄道最後の「吊り掛け式モーター」車である103=107号編成、通称「サンナナ編成」(右の方の編成)が引退になるそうです。

今年1月2日、母校の箱根駅伝応援の帰り、強羅駅でこの「サンナナ編成」に遭遇しましたこれは乗らねば!と電車1本遅らせて乗車することにしました。

その「サンナナ編成」が、強羅駅に入線してくる所を動画で撮影してみました。

乗車すると、パンタグラフの下である運転台後ろの席を早速キープ。この強羅駅から箱根湯本駅まで、吊り掛け式モーターの力強い音に癒されて帰ろうと思います!

時代を感じさせる運転台です。今のハイテクな電車とは違い、運転士さんの運転技術とテクニックが物をいう運転台です。

列車は2両固定編成となっています。ただ連結面の通路は非常時用のみとなっており、一般の乗客は行き来出来ないようになっています。

運転台右手にあるハンドブレーキです。これまた時代を感じさせてくれますね!

強羅駅を発車し、力強い吊り掛けモーターの音を響かせて「サンナナ編成」は箱根の山を下っていきます。

ハンドブレーキ越しに撮影してみました。次は大平台、スイッチバック駅です。反対側のホームでは、強羅行きの「ベルニナ」号が発車をまっていました。

強羅駅から箱根湯本駅までの間には、3回のスイッチバックが続きます。そして塔ノ沢駅では、「金太郎」の腹掛け塗装となっている108号車とすれ違いました。

箱根湯本駅に到着した、「サンナナ編成」です。この後も強羅へ向けて、慌ただしく走っていきました。

その「サンナナ編成」発車シーンを、動画で是非どうぞ!

この「サンナナ編成」の引退という事で、夏ぐらいには様々なイベントが開催されるそうです。詳しくは箱根登山鉄道ホームページをご参照ください。