【日本で唯一!】名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」



皆様、こんばんは。「てつきち」です。明日は嬉しい週末。このページもWordpressを使いこなす練習として、定期更新日の毎週月曜日以外にも不定期に更新していきたいと思います。

今日の話題は、尾張名古屋発。鉄道のようで、鉄道ではない。バスのようで完全なバスではない。そんな不思議な乗り物「ガイドウェイバス」が名古屋では走っています。

その名も、名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」

バスの始発地は、中央西線の「大曽根」駅。駅前の高架部分から発車しています。

「大曽根」を出発し、カーブを曲がるところを最前列からパシャリと1枚。

この大曽根駅~小幡緑地駅の区間は「軌道」扱いで、このバスを運転するには大型二種免許の他、無軌条電車[トロリーバス]の運転免許(無軌条電車運転免許)が必要となります。無軌条電車[トロリーバス]は、以前にもご紹介しましたが、現在では立山黒部アルペンルートの室堂~大観峰間にのみ残っています。

この区間はハンドル操作は行わず、バスの側面から出る補助車輪が高架区間(案内軌道)に接して走ることになります。また時速は60kmに抑えられ、普通の路線バスの様な「続行運転」は行われていません。高架区間内では、凡そ10分ヘッドで運行しています。

小幡緑地駅で撮影した、大曽根駅行きの「ガイドウェイバス」です。バスの様でバスではない、電車の様で電車ではない、不思議な乗り物ですね。

大曽根駅を出てすぐ、車窓右手にはナゴヤドームが見えてきます。バスを駅から撮影してみますと、両端に「案内軌道」があるのが見えます。走行音もかなり静かで、まさに「未来の乗り物」といった感じです。

バスの写真を撮りたかったので、「小幡緑地」駅で途中下車。ここで高架区間は終わり、「ガイドウェイバス」は一般の路線バスとして運行されます。

「小幡緑地」駅に入線してくる「ガイドウェイバス」です。

一見すると、普通の路線バスにしか見えませんが、この「ガイドウェイバス」は日本で唯一の存在なのです。

「小幡緑地」駅に停車中の所を1枚。

ここで「ガイドウェイバス」はスロープ(坂道)を下り、専用道(高架区間)から一般道へと入ります。

今度は一般道から専用道(高架区間)へ登って行くところを1枚。本当はもう少し近くで撮影したかったのですが、ここから先は安全のため立入禁止だったので、この様なショットになりました。次回の訪問時には、望遠レンズ持っていくぞ!

一般道への入口で信号待ちをしている「ガイドウェイバス」です。信号が変わったら一般道へと入り、途中の中志段味(なかしだみ)行きや、終点の高蔵寺行きなどに分かれて運行されます。

終点の「高蔵寺」駅に到着した「ガイドウェイバス」です。特に朝夕のラッシュ時には、一般道路区間だけでは渋滞するところを、高架区間で定時運行しているので、通勤・通学輸送にとても重宝されています。このバスが開業する前は、名古屋市内の区間は慢性的な渋滞。その渋滞とは無縁の専用軌道で走るのですから、他の渋滞が慢性的な都市でも是非、実現して欲しいものですね。

高蔵寺駅では中央西線の他、愛知環状鉄道線にも接続しており、岡崎方面へ足を伸ばすのにも便利な存在となっています。

名古屋御来訪の折には、是非いかがでしょうか。

【幻の駅弁】関西本線亀山駅「志ぐれ茶漬」弁当


皆様、こんばんは。「てつきち」です。名古屋駅から関西本線の電車に乗って、電化区間の終点・亀山駅へとやって来ました。

この亀山駅には、完全予約制の全国唯一となった「お茶漬け駅弁」があるのです!

その駅弁の名前は「志ぐれ茶漬」弁当・900円なり。駅前にあります、製造元のいとう弁当店さんで買うことが出来ます。またお茶漬けとして食べるため、100円でお茶も別売りされています。まずはそのまま食べて、次に熱いお茶を注いで食べます。すると上に乗っかっているアサリの時雨煮がチリチリと縮んでいきます。

「♪桑名の殿様 時雨で茶々漬・・・」と昔の囃し唄で歌われた様に、三重県桑名市はハマグリの特産の地で知られていました。そのハマグリ料理の締めに出てくるハマグリの時雨茶漬けを駅弁に、ということで登場したのがこの亀山駅「志ぐれ茶漬」弁当なのです。

名古屋~奈良間に走っていた、急行「かすが」号なき今では、関西本線を通しで乗ることが出来なくなり、亀山から奈良方面へはローカル線の様になっています。それでも「青春18きっぷ」シーズンには、乗りつぶしの鉄道ファンが同線を旅する姿が見られます。

その折に、この全国唯一となった「お茶漬け駅弁」などいかがでしょうか?

【お店データ】
*営業日:平日と土曜日(日曜日は定休日です)

*電話番号:0595-82-1225