【駅弁】千葉駅の二大人気駅弁が期間限定でコラボ!


皆様、こんばんは。「てつきち」です。このページも更新がサボりがちですみません。本館ブログの方は毎日更新しており、昨年には300万アクセスを達成する事が出来ました。このページもそれに負けずに書いていきたいと思います。

今日の話題は千葉駅の駅弁から。卵と鶏肉のそぼろが綺麗な「菜の花弁当」や、安さの割にカツがでかい「黄色いカツ弁当」などの人気駅弁が勢ぞろいの千葉駅・万葉軒さんの駅弁。

まずは「黄色いカツ弁」という名前でお馴染みの万葉軒「トンかつ弁当」から。薄切りの大きなロースかつがウスターソースに和えられ、御飯の上に乗っかっています!そのお値段、何と500円という安さ!部活帰りの高校生たちがお小遣いで買えるように、容器を簡素化することでこの値段をキープしているところに脱帽ものです!

こちらが「菜の花弁当」です。千葉県の花・菜の花。その菜の花畑をお弁当で再現したもので、黄色い菜の花は卵そぼろ、土の部分は鶏そぼろ、そしてアサリの串焼きで飛んできた蝶々をイメージしています。こちらの「菜の花弁当」ですが、皇室ご一家が千葉県を訪れられた際にご賞味されたというお話も残っています。

 

その千葉駅の「二大人気駅弁」である「トンかつ弁当」「菜の花弁当」がコラボして、2月28日までの限定販売でトンかつ菜の花弁当として販売されています。

左側には「菜の花弁当」が、右側には「トンかつ弁当」が入っている、という欲張りなお弁当です!どっちも食べたくて迷うなぁ~、という人にはおススメですね!

こちらのお弁当は今年2月28日まで、千葉駅のみでの限定販売です。

小田急新宿駅に、新型ロマンスカーをイメージしたカフェが登場!


来たる3月17日に迫った、小田急電鉄のダイヤ改正。この中の最大の話題は、何といっても新型ロマンスカー70000形「GSE」車の登場でしょう!

その「GSE」車をイメージしたカフェが、2月19日(月曜日)~4月1日(日曜日)の期間限定で、新宿西口に開設されています。

早速、私も行ってきました!

 

JRの新宿駅西口中央改札から見上げた「GSE」カフェです。窓の広さなどで、新型ロマンスカーをイメージした素敵なデザインですね。

「GSE」カフェ入口の外観です。夢のあるデザインで、本物の列車に乗りそうなときめきがありますね!

カフェでオーダーしたコーヒー「ロマンスカープレミアムブレンド」です。ビスケット付きで350円でした。「GSE」ボールペンとオリジナルペーパーコースターまでいただけて、満足です!このオリジナルペーパーコースターは、3月12日分からはまた違ったデザインになるそうです。

カウンター席に置いてあった、VRスコープです。これを覗くと、70000形「GSE」車の展望席からの風景や、箱根ゴールデンコースの風景を間近に体感することが出来ます。思わず見入ってしまいました。

 

展示された70000形「GSE」車の展望席です。実際にシートに座ることも出来ました。前面のスクリーンでは実際の展望風景が映し出され、あたかもロマンスカーに乗っている気分にさせてくれます。小田急ロマンスカーの展望席、それも最前部は3100形「NSE」車や7000形「LSE」車で乗ったことはありますが、それ以上の迫力でした。

70000形「GSE」車の座席です。各座席には、携帯やスマホを充電できるコンセントも取り付けられ、ますます便利になりました。

座席をリクライニングされた状態です。小田急ロマンスカーで最初にリクライニングシートを採用したのが、1955年(昭和30年)の2300形ロマンスカーでした。その後リクライニングシートの採用は見送られていましたが、1980年(昭和55年)の7000形「LSE」車で再び採用されるようになりました。リクライニングシートの角度や座り心地は、7000形「LSE」車時代より大幅に改善され、長時間の乗車にも対応できるようになっていました。

こちらの「GSE」車をイメージしたカフェ、是非皆様も行かれてみてはいかがでしょうか?