【リゾート列車】JR北海道「クリスタルエクスプレス」


皆様、おはようございます。「てつきち」です。5月も今日で終わりになりましたね。今日は、北海道のリゾート列車の話題をお送りしたいと思います。

こちらの列車は、JR北海道の「クリスタルエクスプレス」です。1989年(平成元年)、団体・臨時列車用として企画した「リゾート列車」のひとつで、石勝線方面への観光輸送を主目的として、自社の苗穂工場で設計、製作されたものです。撮影したのは2001年(平成13年)の事で、隣のホームには今はなき「赤い電車」711系が停車しているのが見えます。

最初は中間車1両を組み込んだ3両編成でしたが、後にラウンジや個室、ビュッフェ(現在は営業休止)を備えた、気動車列車では日本初の2階建て車両である中間車「キサロハ182形」を増結して4両編成となりました。

先頭車のキハ183形5101番台の車内です。先頭部は小田急ロマンスカーや名鉄パノラマカーの様な展望席になっていましたが、2010年(平成20年)1月に他の特急列車で踏切事故が発生し、安全を確保するため現在は展望席は閉鎖されています。

3号車であるキサロハ182形の2階席です。ここはグループ客向けにボックスシートになっています。座席がゆったりとしていて、グループでワイワイとやりながら旅するにはいいですね!

3号車「キサロハ182形」の車端部にあるラウンジです。窓が広く、眺望がいいのが特徴です。惜しむらくは合理化のため、ビュッフェの営業が休止されてしまったことです。ここで軽食や飲み物を楽しみながらの旅、なかなか楽しそうでしたね!

この「クリスタルエクスプレス」は、札幌~富良野間の「フラノラベンダーエクスプレス」号や、臨時特急等に今でも使用されています。JR北海道でも珍しい「リゾート列車」となりましたので、ご乗車や撮影はお早めにどうぞ。

【懐かしの1枚】2001年(平成13年)の札幌駅から


皆様、こんばんは。「てつきち」です。5月もあと1日で終わりですね。

今日は懐かしの画像から1枚。2001年(平成13年)の札幌駅にて撮影した、駅弁の立ち売りの光景です。今は売店やキオスク、車内販売での発売がメインになったため、この様なワゴンもなかなか見られなくなりました。

それでも旅情を感じるにはやはり、この様な立ち売りさんから買うのが一番強く感じますよね。

札幌駅にも個性的な駅弁が数多くありますが、イチオシは何といっても「石狩鮭めし」です。醤油味の茶飯の上に、鮭のフレークとイクラをこれでもか!という程どっさりと散らしたお弁当で、1923年(大正12年)から発売を開始したロングセラー駅弁です。札幌御来訪の折には、是非ご賞味あれ。