【駅弁】熱海の味覚のフルコース!東海道本線・熱海駅「熱海来福幕の内弁当」



皆様、おはようございます。「てつきち」です。このページも、せめて週に1回は書いていきたいと思います。前回のこのページでは、東海道本線・静岡駅の幕の内駅弁を取り上げて、かなりの反響がありました。今回は熱海駅でゲットした、熱海の味満載の幕の内弁当のお話を紹介したいと思います。

その名前は熱海来福幕の内弁当」で、小田原に本社のある東華軒さんが作っています。掛け紙には来宮神社や大湯間歇泉、熱海梅園、貫一お宮像など熱海の名所が描かれています。熱海への旅気分を、否が応でも高めてくれますね!

気になるその中身ですが、熱海の特産品や熱海ゆかりの品々で一杯でした。東華軒特製の鶏そぼろに始まり、金目鯛の照り焼き鳥の唐揚げ橙酢和えちくわの梅肉揚げ野菜の煮物百合根添え白玉団子麦こがし掛けなどなど。橙、百合根、麦こがしは毎年7月の「来宮神社のこがし祭り」にちなんだものです。

他にも熱海梅園に因んだちくわの梅肉揚げに、伊豆の近海で水揚げされる金目鯛の照り焼きが入り、熱海のいいとこどりの幕の内駅弁です。

発売箇所は、熱海駅の改札口を入ってすぐの駅弁売店か、駅ビル「ラスカ熱海」1階の駅弁売店で購入することが出来ます。

掛け紙も中身も熱海らしさで一杯のこのお弁当、皆様も熱海御来訪の折には是非いかがでしょうか?

【駅弁】京王電鉄新5000系記念弁当


いよいよ、今年2月から「座席指定特急」列車としての営業運転を開始する新5000系電車。京王電鉄としては、戦前の150形電車以来となるクロスシートが導入されるという事で、主に夕方の「通勤ライナー」的な存在の列車として、新宿~京王八王子・橋本間にて使用されるそうです。

さて現在、新宿西口にある京王百貨店では、「駅弁の甲子園」という別名もある程の大規模な駅弁大会を開催しています。この駅弁大会に出されるお弁当の種類は、恐らく日本一でしょう。

その駅弁大会でも早速、この新型電車・新5000系のお弁当が1,500円で売られていましたので、容器目当てで買ってまいりました。陶器でずっしりとした重さが特徴のこの駅弁、製造元は小田原の駅弁屋・東華軒さんです。

「5000系弁当」の内部です。一面に敷かれたチキンライスの上に、ミニオムレツ、ハンバーグ、ブロッコリーの塩ゆで、フライドポテト、エビフライが乗っかっています。言わば「駅弁版お子様ランチ」ですね。

容器代もあって、少し高い目のお弁当ではありますが、行楽シーズンなどには新宿駅などで是非販売してもらいたいものです。
また新5000系電車も、Wi-fi完備や各座席に専用コンセント設置という立派な装備を備えているのですから、「通勤ライナー」としての活用だけでなく、行楽シーズンの「ハイキング特急」等にも是非活用されてもらいたいものです。

今から、本格的デビューが待ち遠しい電車ですね!

#京王電鉄 #京王電鉄5000系 #京王電鉄新5000系 #駅弁 #記念弁当 #東華軒 #容器が特徴的 #京王