眼下に須磨の海岸線を一望できる駅~山陽電気鉄道・滝の茶屋駅


神戸三宮駅から阪急電車もしくは阪神電車に乗って、山陽電車へ直通。須磨浦公園駅を出ますと、電車は須磨の海岸線に沿って走ります。やがて到着する駅は滝の茶屋駅。山陽電車の各駅の中でも一番「海に近い駅」として知られています。

この駅名の由来ですが、駅の西に滝がかかっており、江戸時代にはこの滝が直接海に落ちていました。この滝は当時数少ない、船用の真水の水場であり、その上の古山陽道に茶屋があったとされています。ちなみにこの滝は、万葉集で志貴皇子(しきのみこ)に詠まれている

「岩ばしる 垂水の上の さわらびの もえいづる春に なりにけるかも」

「垂水(=滝)」の地名の元になったものといわれています。

下り線のホームからはJR神戸線(山陽本線)を挟んで、須磨浦の海岸線を一望できます。運がいいと、この様にJR神戸線(山陽本線)と海岸線を絡めた写真を撮影することが可能です。

天気がいいと、彼方に明石海峡大橋と淡路島を望むことができ、思わず途中下車してのんびりとしてしまいそうです。

かつては天然の海岸線が広がっていましたが、現在では埋め立て地になってしまいました。それでも、青い海を眺められるという点では、昔も今も変わりはありません。この駅の雰囲気、東日本で言えば江ノ電(江ノ島電鉄)の鎌倉高校前駅に似ていると思うのは私だけでしょうか?

新開地、神戸三宮方面の上りホームには、地元の中学生が描いた壁画が飾られています。1枚は虹と海と電車を描いた、夢のある画像です。

もう1枚は「海底を走る山陽電車」となっています。明石のタコも描かれており、どことなくほのぼのとする壁画ですね。電車待ちの時間も退屈にならないです。

台湾ラッピングの5000系による「直通特急」梅田行きが、滝の茶屋駅を出発していきました。ライバルであるJR神戸線(山陽本線)「新快速」とは、互角の勝負ですね!