【鉄道ファン必見!】富山にある鉄道ファン垂涎の喫茶店!(富山県富山市)



皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は、「てつきち」の日。今週も、乗り物の話題をお届けします。

先週は、富山新港の県営渡船と富山地方鉄道射水線の廃線跡のお話をしましたが、今週はその後で行った「鉄道ファン必見!の喫茶店」の話題をお届けいたします。

新港東口から乗った富山地鉄バスを「安野屋町」で下車し、歩く事2分。お目当ての店がありました!

その名も、珈琲駅「ブルートレイン」!外観からして、ワクワクしてきますね。

ショーケースのところに、模型がたくさん!鉄道ファンにとっては嬉しい光景ですね。左手には、グリーン車マークもきちんとあります。

店内に入ってみると、これまたびっくり!

まずはカウンター席から。鉄道ファンのご主人が、長年に渡って収集・製作したHOゲージの鉄道模型が店内をぐるりと一周走り回っています。それを眺めながら飲むコーヒーは、まるでビュッフェ車で飲んでいるような感じにさせてくれます!

ボックス席もご主人のオリジナル。ご主人曰く「オリエント急行の座席」をイメージして造ったとの事です。

模型の中には、北は北海道から南は九州まで全国の路面電車を集めたコーナーがありました。その中には、既に廃止されている路線の車両や、かつて富山の町を走っていた古い電車の模型もあります。最初見た時は事務的そうに見えたご主人でしたが、「今日、射水線の廃線跡を回ってきたのですよ」話を振ると、まるで堰を切った様に富山県の鉄道の話を色々としてくれました。

「富山から高岡行く直通電車は、西町から出ていたんですよ。そこから新富山まで市内線、新富山から射水線と入ってね。」

現代の話の他、今は廃止されてしまった路線の話も出て、ご主人の話も興味深く楽しめました。

肝心の珈琲の味は、豆からこだわって淹れているので、濃厚な味。是非ともブラックで味わいたい香りとコクでした。

特にボックス席で、走っている模型を眺めながらコーヒーを飲んでいると、まるで食堂車にてお茶しているような感じにもなります。

富山地方鉄道の模型のコーナーもありました。マルーンにベージュ色、というかつての急行型車両がまとっていた塗装は初めて見ました。今でもリバイバルカラーとして復活してもらいたいものですね!

ここには出ていませんが、元・京阪特急の10030形や、元・西武レッドアローの16010形の模型もちゃんとあり、さすがは富山県の、いや全国の鉄道ファンを釘付けにするお店だなぁ、と思いました。この雰囲気、どことなく東京は祐天寺にある鉄道カレーの名店「ナイアガラ」にも似ていますね!東の「ナイアガラ」に、西の「ブルートレイン」といったところでしょう。

富山の路面電車めぐり、鉄道旅のお供にこちらのお店へ是非いかがでしょうか?

鉄道ファンの聖地・祐天寺「ナイアガラ」の名物カレーライス!(東京都目黒区)


東急東横線を「祐天寺」駅で降り、中目黒方向へ商店街を歩くこと約3分。看板に、本物の鉄道の踏切があるお店に着きます。

このお店が、鉄道ファンの間では「聖地」とも呼ばれているカレーのお店「ナイアガラ」です。

かつて寝台特急「あさかぜ」号用20系客車で実際に使われていたドアを開けますと、店内は鉄道ムード一色です。鉄道ファンなら、ワクワクする光景ですね。

座席は、かつての列車で使用されていたボックス席が3つ並んでいて、カウンター席にも切符や鉄道のグッズが配されています。まるで列車の食堂車に乗ったみたいですね!

ちなみに、こちらがカウンター席です。サボ(「サイン・ボード」の略。列車の行先表示板のこと)や駅名板がずらりと壁にかかっていますね。

カレーの辛さも、お子様向けの「鈍行(甘口)」から、「急行(中辛)」「特急(辛口)」とあります。また料金は追加でかかりますが、50倍の超辛口「超特急」もあります。

券売機で食券を買って出しますと、しばらくして「○○○(メニューの名前)、発車します!」という合図とともに、模型の汽車がカレーをお席に運んできてくれます。カウンター席の場合は、そのまま普通に出されます。

カレーの味は、気取ったところのない「昔ながらのカレーライス」という懐かしさを感じる味です。ご飯を大盛りにして食券を買うと、大盛りが「大森」と書かれて出てくるところも、鉄道ムード満点ですね。


カレーライスの他、炒めたスパゲティにカレールーをかけた「カレースパゲティ」や、「ドライカレー」「スパゲティナポリタン」など美味しいメニューが揃っています。スパゲティやピラフには、自家製のコールスローサラダが付き、隠れた人気となっています。

ここのマスター(駅長)・内藤博敏氏が戦時中の疎開で親元を離れたとき、母親の作ってくれたカレーの味を恋しく感じました。内藤氏は、近くの駅に行っては行きかう汽車を見て東京のことを思っていたところ、駅員さんの温かい優しさに触れました。そのマスターの子供の頃の体験が、鉄道好きをより強めたそうです。

お店の店先には、こんな懐かしい「新幹線ムーバー(コイン式の乗り物)」が置かれていました。但し、ご乗車になれるのはお子様限定ですのでご注意ください。

そして成人し、レストラン勤務の傍ら部品即売会などに出かけて鉄道グッズを買い集め、この祐天寺の地にカレーのお店「ナイアガラ」をオープンさせました。

その名前の由来は、お兄さまが英会話学校や教会の仕事をしていたので、米国風の名前にしようというもの、ナイアガラの滝、アメリカ大陸横断鉄道の旅客用機関車、「内藤」という苗字などから「ナイアガラ」と名付けられたのです。

また、C57形蒸気機関車の実際の動輪を譲り受け、商店街の一角に飾ってあります。今でも丁寧に手入れがなされ、ピカピカの状態を保っています。

動輪の脇には、やはり国鉄で実際に使用されていた「腕木式信号機」が保存されています。今ではほとんど見かけなくなったものだけに、貴重な存在です。

コレクションの珍しいものとしては、1979年に上野~アンドロメダ間に走ったミステリートレイン「銀河鉄道999」号のヘッドマークがあります。また店内には、各地の駅の駅長さんのサイン色紙や鉄道グッズが飾られており、鉄道ファンでない人たちも鉄道のとりこになってしまうほど、雰囲気たっぷりのお店です。

その後2回の店舗移転を経て現在に至ります。乗車(来店)すると、オリジナルのスタンプと入場券(硬券)がもらえ、いい記念になります。日本のメディアの他、海外のメディアにも数多く取り上げられ、現在では海外からのお客様も多いそうです。

【お店データ】

◆所在地:東京都目黒区祐天寺1-21-2

◆電話番号:03-3713-2602

◆営業時間:11:00~20:00

◆定休日:毎週月曜日、木曜日(祝日の場合は営業し、翌日が休みになります)

◆アクセス:東急東横線「祐天寺」駅下車、徒歩3分

※駐車場はありませんので、近くのコインパーキングをご利用ください。

ナイアガラホームページ