甘辛い寿司あげが美味!豊橋駅の「いなり寿司」


愛知県は豊川稲荷の玄関口・豊橋駅。ここで駅弁屋を営んでいる壺屋弁当部では、明治時代末期より売られ続けている人気駅弁があります。
その名も「いなり寿司」550円です。

もともとは旅館だった壺屋弁当部。旧東海道船待ちの豊橋付近で、豊川を上下する船頭旅行相手に回槽問屋と料理旅館を経営。後に国鉄東海道本線の開業に伴い、豊橋駅前に旅館を開業しました。そして、明治時代後期からお弁当を発売するようになり、「いなり寿司」の販売もあわせて始まりました。

いなり寿司は、油揚げの味付けが命のシンプルなお弁当。油揚げもお米も、素材にこだわり抜いており、適したもののみを使用しています。
まず油揚げを半分にカットし、グラグラと煮えたぎった熱湯に通して油抜き。それと同時に、開業当時から継ぎ足して使っている醤油と白ザラメベースのタレに漬けて40~45分間煮込んで、味を浸み込ませます。

煮込んだ後は少し冷まし、1枚1枚油揚げをはがします。そして酢飯を、ひとつひとつ手作業で詰めていき、形を整えて完成です。

他店に比べると甘さが濃いのが特徴
この壺屋弁当部の「いなり寿司」は、醤油と白ザラメベースの秘伝のタレで煮込まれているため、他の駅の「いなり寿司」と食べ比べてみると、甘さがひと際強いのが目立っています。

現在では、「東の伊東駅、西の豊橋駅」と呼ばれるくらい人気がある「いなり寿司」となっています。豊川稲荷とお狐様をデザインした掛け紙は、今も昔も変わらないデザインです。

幕の内弁当「吉田伝説」(930円)

壺屋弁当部では、様々な種類のお弁当を出しています。平成初期に「新幹線グルメ駅弁」として誕生した「手筒花火」弁当、飯田線の秘境駅にちなんだ「秘境駅弁当」など。

中でも人気なのが、豊橋駅の昔の名前「吉田」を冠した幕の内弁当「吉田伝説」。ご飯はじゃこご飯、いなり寿司、のり巻と3種類あり、おかずも海老天ぷら、うずらの卵煮つけ、青じそ揚げなど地の味にこだわったお弁当。見ているだけで楽しい駅弁ですね!