【駅弁】東海道本線一美味くておススメ!静岡駅の「幕の内弁当」


皆様、こんばんは。「てつきち」です。2月も下旬になり、静岡県の伊豆半島では早咲きの河津桜のたよりが聞こえてくるようになりましたね。

今日の話題は、静岡駅の幕の内駅弁(830円)のお話です。静岡駅の駅弁では以前「鯛めし」の事を取り上げたことがありますが、その時に静岡駅の幕の内駅弁が美味しい、というお話をほんの少ししました。そして先日、静岡駅を通る機会があったので、その静岡駅の幕の内駅弁(830円)を食べてきました。

お弁当自体はオーソドックスな幕の内弁当で、「駅弁三種の神器」と言われている焼き魚、カマボコ、卵焼きのいずれも揃っています。他にもチキンカツや、静岡駅ならではの「わさび漬け」まで付いています。カマボコにわさび漬け、最高の組み合わせですね!

この駅弁の美味しいところ、それは「御飯が美味しい」ことです!御飯の粒がしっかりとしており、炊き立てのご飯を詰めました、という仕事が伝わってくるかのようでした。炊き立てのご飯を使った駅弁と言えば、「鯛めし」の事を取り上げた時にも書きましたが、かつて東京から大垣に向かっていた夜行普通電車375M、通称「大垣夜行」の事を思い出します。

夜行運転のため、確か沼津駅から豊橋駅までは主要駅にのみ停車する快速運転でしたが、貨物列車退避と時間調整のため下りの375Mはかなり長時間、静岡駅で停車していました。

するとそこへ、「べんとー、べんとー」と駅弁の立ち売りさんが。東京駅や品川駅で5時間近く並んでやっと座った「大垣夜行」。そろそろ小腹が空く頃です。そこへ駅弁を売りに来たものですから、皆デッキに出たり、窓を開けたりしてお弁当を買いました。

この駅弁は普通の「幕の内駅弁」でしたが、列車の時間に合わせてご飯を詰めてくれていたので、御飯がホカホカと温かったことに感激したことを今も覚えています。定期の375Mと、「青春18きっぷ」シーズンに運転された臨時9375Mの時には、この静岡駅のお弁当を夜食に食べるのが楽しみでもありました。

後に「大垣夜行」は全車座席指定の快速「ムーンライトながら」号になり、165系から窓の開かない373系となりました。そして快速「ムーンライトながら」号も「青春18きっぷ」シーズンのみの臨時運行になったため、この静岡駅の深夜の駅弁立ち売りも昔語りとなってしまいました。

東京駅から東海道本線を普通電車で旅すると、途中の駅で様々な駅弁に出会えますが、今までは「地の味を活かした特殊駅弁」にばかり目が行っていました。一回、普通電車の乗り継ぎで東京から名古屋まで行き、幕の内駅弁を食べ歩く旅なんていうものもしてみたいものです。東京駅の幕の内の次は、横浜駅の「シウマイ御弁当」、それから大船駅、小田原駅、熱海駅、と食べ歩き。「青春18きっぷ」シーズンにでも実行してみようかな!

【懐かしの1枚】2001年(平成13年)の札幌駅から


皆様、こんばんは。「てつきち」です。5月もあと1日で終わりですね。

今日は懐かしの画像から1枚。2001年(平成13年)の札幌駅にて撮影した、駅弁の立ち売りの光景です。今は売店やキオスク、車内販売での発売がメインになったため、この様なワゴンもなかなか見られなくなりました。

それでも旅情を感じるにはやはり、この様な立ち売りさんから買うのが一番強く感じますよね。

札幌駅にも個性的な駅弁が数多くありますが、イチオシは何といっても「石狩鮭めし」です。醤油味の茶飯の上に、鮭のフレークとイクラをこれでもか!という程どっさりと散らしたお弁当で、1923年(大正12年)から発売を開始したロングセラー駅弁です。札幌御来訪の折には、是非ご賞味あれ。