【鉄道ファン必見!】富山にある鉄道ファン垂涎の喫茶店!(富山県富山市)



皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は、「てつきち」の日。今週も、乗り物の話題をお届けします。

先週は、富山新港の県営渡船と富山地方鉄道射水線の廃線跡のお話をしましたが、今週はその後で行った「鉄道ファン必見!の喫茶店」の話題をお届けいたします。

新港東口から乗った富山地鉄バスを「安野屋町」で下車し、歩く事2分。お目当ての店がありました!

その名も、珈琲駅「ブルートレイン」!外観からして、ワクワクしてきますね。

ショーケースのところに、模型がたくさん!鉄道ファンにとっては嬉しい光景ですね。左手には、グリーン車マークもきちんとあります。

店内に入ってみると、これまたびっくり!

まずはカウンター席から。鉄道ファンのご主人が、長年に渡って収集・製作したHOゲージの鉄道模型が店内をぐるりと一周走り回っています。それを眺めながら飲むコーヒーは、まるでビュッフェ車で飲んでいるような感じにさせてくれます!

ボックス席もご主人のオリジナル。ご主人曰く「オリエント急行の座席」をイメージして造ったとの事です。

模型の中には、北は北海道から南は九州まで全国の路面電車を集めたコーナーがありました。その中には、既に廃止されている路線の車両や、かつて富山の町を走っていた古い電車の模型もあります。最初見た時は事務的そうに見えたご主人でしたが、「今日、射水線の廃線跡を回ってきたのですよ」話を振ると、まるで堰を切った様に富山県の鉄道の話を色々としてくれました。

「富山から高岡行く直通電車は、西町から出ていたんですよ。そこから新富山まで市内線、新富山から射水線と入ってね。」

現代の話の他、今は廃止されてしまった路線の話も出て、ご主人の話も興味深く楽しめました。

肝心の珈琲の味は、豆からこだわって淹れているので、濃厚な味。是非ともブラックで味わいたい香りとコクでした。

特にボックス席で、走っている模型を眺めながらコーヒーを飲んでいると、まるで食堂車にてお茶しているような感じにもなります。

富山地方鉄道の模型のコーナーもありました。マルーンにベージュ色、というかつての急行型車両がまとっていた塗装は初めて見ました。今でもリバイバルカラーとして復活してもらいたいものですね!

ここには出ていませんが、元・京阪特急の10030形や、元・西武レッドアローの16010形の模型もちゃんとあり、さすがは富山県の、いや全国の鉄道ファンを釘付けにするお店だなぁ、と思いました。この雰囲気、どことなく東京は祐天寺にある鉄道カレーの名店「ナイアガラ」にも似ていますね!東の「ナイアガラ」に、西の「ブルートレイン」といったところでしょう。

富山の路面電車めぐり、鉄道旅のお供にこちらのお店へ是非いかがでしょうか?

【平成から令和へ】万葉線「万葉令和号」に乗ってきました!(富山県高岡市)



皆様こんばんは、「てつきち」です。長かった10連休も終わり、年号も「平成」から「令和」に変わりましたね。皆様は連休、いかがお過ごしでしたでしょうか。

私は富山県方面へ出かけて「雪の大谷」をめぐる立山高原バスに乗ったり、水戸岡デザインの一つである富山地方鉄道「アルプスエキスプレス」に乗ったりしてきました。そのリポートも随時、このページで上げていきたいと思います。

その中で、「平成」から「令和」へ年号が変わる瞬間を、電車の中で迎えましょう、という企画が富山県の万葉線で開かれると聞いたので、これは見逃せない!と行ってきました。

そんな訳で、2019年4月30日の高岡駅に着いたのは21時過ぎでした。既に何人かの同業者がいて、情報交換。この年号の改正に伴い、各鉄道会社でも記念乗車券の発売や、京王電鉄やこの万葉線の様に特別列車を走らせるという企画が各地で営まれるようです。

22時位になると三々五々、この特別電車「万葉令和号」に乗りたい、という乗客が集まってきました。電車の定員の関係で、先着70名様限定。22時半くらいから乗車整理券を配りますよ、と高岡市と万葉線のスタッフの方が告知していました。

駅の出発案内にも、こんな粋な表示が出ました。

 

 

出発案内にも特別電車「万葉令和号」の表示です。

今回のイベントのMCを務められている高岡市のスタッフの方です。

特別電車「万葉令和号」の到着に先立ちまして、地元高岡で活躍していらっしゃる津軽三味線芸人の中山孝志さんと安藤有希子さんによるお囃子がありました。

 

何曲か演奏があった後の22時55分頃、特別電車「万葉令和号」が高岡駅へと入線してきました。この時には、TV局や新聞社の取材クルーも多数駆け付けてきており、電車に向かって一斉にカメラが向けられました。

万葉線の電車という事で、この日の運転士さんの衣装も万葉時代の役人の服装でした。考えてみれば、「万葉」と名乗っています鉄道路線はこの富山県高岡市~新湊~射水市を走る「万葉線」だけですから、これは粋な演出ですね!そのため取材も数多く来ており、車内では乗っていた家族連れにTVスタッフがインタビューをしている光景も見受けられました。

こちらが特別電車「万葉令和号」の車内です。窓の上部分にも万葉風の装飾が凝らされています。

 

 

更に驚いたのは天井部分です!この新年号「令和」の由来となった万葉集の部分が書かれていたのです!これには思わず仰天しました。

津軽三味線芸人の中山孝志さんと安藤有希子さんによるオリジナル曲「まつりのあと」です。いい曲ですので、動画で撮影させていただきました。皆様も是非、この祭りの気分を味わってみてはいかがでしょうか?

特別電車「万葉令和号」と乗務員さんを一緒に撮影させていただきました。この頃には梅に因んで、梅の飲み物とお菓子が参加者の皆さんに振る舞われました。

高岡市のゆるキャラ「家持くん」と、射水市のゆるキャラ「ムズムズくん」も駆け付けてきました。

高岡市のゆるキャラ「家持くん」です。万葉の歌人・大伴家持をモチーフにしたキャラクターで、高岡にはピッタリのキャラクターですね。このお二人は、これから出発する特別電車「万葉令和号」の御見送りに駆け付けてくれたそうです。

そして出発の時刻が段々と迫りました。整理券70枚は30分ほどで無くなり、乗車する人は電車へと案内されます。この頃には高岡市長も駆け付けてきて、ひと言挨拶を述べていました。

新しい年号への、そして出発のカウントダウンから発車シーンを動画で撮影してみました。皆様も是非、この電車の雰囲気を味わってみてください!

そして午前0時00分。「平成」から「令和」へ年号が変わり、特別電車「万葉令和号」は発車しました。

この特別電車「万葉令和号」の終点は、お隣の末広町電停。時間にして2分間のミニクルーズでした。沿線には深夜というのにもかかわらず、多くの撮り鉄の皆様方がいらっしゃっており、この電車の雄姿をカメラにおさめていました。末広町電停では、この電車の乗客に乗車証明書が配布され、記念撮影タイムとなっていました。もう少しだけ、この余韻に浸っていたい。皆の思いは、そう感じました。

こちらは5月1日の昼間に撮影した「万葉令和号」です。万葉線によりますと、このラッピング車は10月までの期間限定で万葉線を走るそうです。

万葉の町・高岡に是非お出かけの際には、是非この「万葉令和号」に乗られてみてはいかがでしょうか?

【路面電車の旅】札幌市内では元気に活躍中!

皆様、おはようございます。「てつきち」です。本日は、今回の札幌行きで撮影してきた路面電車の数々をお送りします。

最新鋭電車・A1200形です。「ポラリス」の愛称がある電車で、札幌市電では初めて冷房を搭載した電車です。

3300形電車です。1998年(平成10年)に登場した、330形の電装品を用いて車体を新製した車体更新車です。毎年冬に「雪ミク電車」になるのは、この形式です。

「ポラリス」と3300形電車のすれ違いを撮ってみました。

札幌市電の歴史は古く、1911年(明治43年)に開業した馬車鉄道がその前身となります。1916年(大正5年)10月には「馬車軌道」から「電気軌道」へ社名を変更して、路線の電化などがすすめられました。

その後市内各所に路線を伸ばし、今となっては珍しい「親子電車」「路面ディーゼルカー」等も走った札幌市電ですが、モータリゼーションの発達と、地下鉄南北線の建設に伴い、路線がどんどん縮小されていきました。

残りの西4丁目~中央図書館前~ススキノ間も廃止が検討されましたが、利用率が年々上がって路面電車の価値が見直されたことや、2001年(平成13年)「北海道遺産」に認定されたことなどから存続、ということになり、2015年(平成27年)12月20日、西4丁目~すすきの間が開業しループ化、同時に狸小路停留場が開業しました。

北海道札幌ご来訪の折には、市電の旅など是非いかがでしょうか?

夜のススキノを走る札幌市電を動画で撮影してみました。Youtube始めましたので、良かったらチャンネル登録どうぞよろしくお願いいたします!





伊予鉄道「坊っちゃん列車」の方向転換の方法にびっくり!(愛媛県松山市)



夏目漱石の名作「坊っちゃん」にも出てくる「マッチ箱のような列車」
その列車を再現した観光列車、その名も「坊っちゃん列車」が、松山の市内を走っています。

松山市駅前で待っていると、蒸気機関車が客車1両(ダイヤによっては2両編成になることもあります)を牽引した「坊っちゃん列車」が到着しました。煙突からは煙をもくもくと吐いていますので、一見すると普通の蒸気機関車の様に見えますが、実は軽油で走るディーゼル機関車なのです。これなら、煙害の心配はありませんね。

この列車はこの松山市駅終点(一部の便は、JR松山駅前を経て古町駅が終点)なので、乗客を降ろすと、方向転換作業が始まりました。

まずは客車と機関車を切り離します。切り離した客車は、車掌さんと係員が手で押して移動しています。はるか昔には、客車を手で押して動かす「人車軌道」なる乗り物がありましたが、その原理みたいですね。

それでは、機関車はどうするのでしょうか?一般的には、起終点の駅にはターンテーブル(転車台)があって、そこで機関車の方向を転換するのですが、ここ松山市駅にはその様な設備はありません。果たして、どのようにして方向転換をするのでしょうか?

すると、機関車の前方を少しだけひょいと持ち上げ、後部台車を軸にして回転させたのです!これは見事な工夫ですね。

方向転換を無事終えた機関車は、車掌が転線させた客車と再度連結し、バックで乗り場へと入ってきました。これであとは乗客を乗せるだけですね。

この日の機関車のナンバーは「14」。すなわち「伊予鉄(いよてつ)」だから「14(いよ)」なのです。この列車に乗車するためには、大人800円の料金が必要。(「市内電車一日乗車券」では乗れませんのでご注意ください)他には、伊予鉄の第一号機関車を模した「1号機」が走っています。

その昔、実際の蒸気機関車が鳴らした様な汽笛を響かせて、「坊っちゃん列車」は松山市駅を後にしました。「坊っちゃん列車」の歴史は古く、1887年(明治10年)、四国初の鉄道として松山~三津間が開通したことに始まります。その時代に伊予鉄の線路を走っていて、夏目漱石の「坊っちゃん」にも登場した「マッチ箱のような列車」を、2001年(平成13年)に再現したのが「坊っちゃん列車」なのです。

松山市駅を出ると、「坊っちゃん列車」「大街道」電停のみに停車する「急行運転」で、道後温泉へと向かいます。この画像は、その「大街道」にて撮影した「坊っちゃん列車」です。乗客を乗せるとすぐに発車しました。

客車の車内は木目調で、明治の昔を彷彿とさせてくれる感じでした。現在は安全や防火の関係から、完全な「木造車」というものは認められていないので、この車両も鉄鋼製に木目調のパネルを貼り付けたような感じです。「マッチ箱のような列車」というだけあって、車内も客車自体もミニサイズでした。

「急行運転」とはいうものの、のんびりと市内を走って約20分で終着駅・道後温泉に到着しました。ここでは乗客を降ろすと、その先の折り返し線で方向転換します。

そして、客車を従えて、駅前広場前に設けられた「展示線」へと停車する。ここで折り返しまで、写真撮影などの観光用に待機するのです。

ここで面白い光景を見かけました!

停車していた「坊っちゃん列車」の脇に、石油屋さんの軽トラックが横付けされました。何をするのかな、と思って眺めていると、石油屋のお兄さんは機関車のカバーを開け、そこへホースを差し込みました。そうです!この「坊っちゃん列車」の機関車は軽油で走るディーゼル機関車なので、燃料の軽油を補給していたのです。これは、めったに見られない光景でした。

明治チックな道後温泉駅舎と「坊っちゃん列車」を絡めて撮影してみました。どことなくいい絵になりますね。

松山市内には、「坊っちゃん列車」が他にも見られるところがあります。

まずは伊予鉄高浜線「梅津寺」駅にある梅津寺公園。ここには、伊予鉄1号機関車とレプリカの客車が保存されており、機関車は「鉄道記念物」にも指定されています。

また「梅津寺」駅といえば、1991年(平成3年)のTVドラマ「東京ラブストーリー」で、鈴木保奈美扮するヒロイン・赤名リカがホームにハンカチをくくりつけて旅立った駅です。

そのため、同駅のホームにはそれにあやかってハンカチをくくりつける観光客が今でも多くなっています。

松山市駅近くの「子規堂」には「坊っちゃん列車」の客車が展示保存されています。これは明治時代当時の客車の実物で3等車(並等車)の区別を表す赤帯が締められているのが特徴です。

その近くの伊予鉄本社前には1号機関車の原寸大のレプリカが飾られています。本年(2016年)12月には、ここに「坊っちゃん列車ミュージアム」がオープンします。今から楽しみですね!

「坊っちゃん列車」の時刻等については、伊予鉄道ホームページをご参照ください。