【駅弁の旅】函館本線・長万部駅「かなやのかにめし」


「山線」と呼ばれるニセコ・小樽方面の函館本線と、「海線」と呼ばれる登別・東室蘭方面の室蘭本線が分岐する駅・長万部駅。ここは特急列車も停車する交通の要で、そこに昭和25年から販売している老舗駅弁があります。

その名も「かなやのかにめし」

製造元・かなや弁当店さんの歴史は、1928年(昭和3年)にさかのぼります。その年から長万部駅にて駅弁の立ち売りをしており、戦後の食糧不足・米不足でろくに駅弁が作れなかった時代、目の前の海で大量に獲れた毛ガニに注目。最初は、茹でた毛ガニをそのまま販売する、という今となってはこの上ない贅沢な販売をしていました!今の世の中だったら、皆こぞって買い求めるでしょうね!

その後1950年(昭和25年)、味付けご飯の上にカニのほぐし身を贅沢に散らした「かにめし」の販売を開始。何度かの改良を経て、現在の形に至りました。

毛ガニの身をほぐし、水分がなくなるまで筍と一緒に炒って、旨味をグッと凝縮。これが醤油味の茶飯とよく合うのです。製作までには50種類以上もの試作をしたと言われています。「かにめし」の上に散らされるシイタケ、梅干、グリーンピース、錦糸卵という具も変わりはないです。また水分をよく吸い、いつまでも出来立ての味を、ということで、かなやさんでは、経木の折箱にこだわっているそうです。

付け合わせには香の物、缶詰みかん、つくだ煮が付きます。特にこの佃煮は、ベテランの職人が作るこだわりの味。「おしゃまんべ物語」の名前で、1976年(昭和51年)に完成。「かにめし」同様、現在は通信販売も行っています。

長万部駅から歩いて2分の所(ほぼ駅前)にある、かなや弁当店さんの店舗です。「旅先の味をもう一度」「旅行で食べたかにめしが美味しかったので送ってください!」という声がかねてから多かったのですが、鮮度などを気にすることから当初はお断りしていました。しかしお客様の声は熱く、6年の試行錯誤を経て冷凍で全国発送を出来る「冷凍かにめし」を販売開始。電子レンジで温めることによって、あの美味しさを再現することに成功したのです。

店舗に併設された休憩所の内部です。ここでは、出来立ての「かにめし」をその場で食べられるように、と2017年春に休憩所が出来ました。この休憩所には、16人分の椅子が並べてありますが、これは何と元0系新幹線の転換式座席が使用されているのです!

そして最前部のモニターでは、車窓風景のVTRが流されており、気分はすっかり汽車旅気分!売店でお弁当を購入すれば、誰でも利用可能という、鉄道ファンにとっては嬉しいスペースですね!

また、一部の特急列車では「かにめし」を車内販売でも買うことが出来ます。(事前の予約も可能だそうです)

JR北海道の主要駅では、170円の「ご当地入場券」を観光客対象に販売しています。かなや弁当店さんでは、入場券購入当日に限り、この入場券をレジで提示すると「かにめし」1,080円が1,000円になるサービスがあります。

かなや弁当店WEBサイトです。

#北海道 #函館本線 #長万部駅 #駅弁 #かにめし #名物駅弁 #車内販売

小田急ロマンスカー「走る喫茶室」が限定で復活!


新宿から箱根や江の島、御殿場へと走っている小田急ロマンスカー。1949年(昭和24年)の1910形ロマンスカーデビューから、はや68年。

特に今年2017年は、小田急ロマンスカーを代表する名車・3000形SE(Super Express)車がデビューして60周年、ということでこの7月に様々なイベントが行われました。

その中で7月6日と7日、箱根特急の一部列車で昔懐かしい「走る喫茶室」の営業が再開され、ロマンスカーアテンダントさんが当時の制服で乗務し、さらに当時の人気メニューも販売、という嬉しい内容!

さっそく、箱根湯本駅から新宿駅まで小田急ロマンスカーの旅を楽しんできました。

箱根湯本駅に勢ぞろいしたロマンスカーアテンダントさんです。
 


こちらは、当時「走る喫茶室」の営業を担当していた日東紅茶、森永エンゼルの制服を着たアテンダントさんです。左側の紺色の制服が日東紅茶、右側の白い制服が森永エンゼルの制服です。

小田急ロマンスカー「走る喫茶室」の歴史は古く、1949年(昭和24年)の1910形ロマンスカーデビューの際、中間車サハ1960形の車内に喫茶カウンターを設け、日東紅茶による紅茶のシートサービスを始めたのが最初です。当時は電熱コンロなんて言うものはありませんでしたから、紅茶を沸かすためのお湯は、何と練炭コンロを使用していたといいます。

その後、1951年(昭和26年)デビューの1700形ロマンスカー、1955年(昭和30年)デビューの2300形ロマンスカーにも喫茶カウンターが設けられ、小田急ロマンスカーと言えば「走る喫茶室」とまで言われるようになりました。

1963年(昭和38年)の3100形ロマンスカーNSE(New Super Express)車デビューの時から森永エンゼルも加わり、2社体制で喫茶営業が行われてきました。

しかし、運転形態の見直しや旅客ニーズの変化から車内販売営業の形態も変わり、1993年(平成5年)には日東紅茶が、1995年(平成7年)には森永エンゼルが撤退し、シートサービスも姿を消しました。

2005年(平成17年)にデビューした50000形ロマンスカーVSE(Vault Super Express)車では、久しぶりにシートサービスが再開されましたが、これも合理化のためワゴン販売形態になってしまいました。

今回は、3000形SE(Super Express)車がデビューして60周年ということで、「走る喫茶室」のシートサービスが復活!果たして、どんな内容なのでしょうか。


その限定メニューは、森永エンゼル担当便で人気のあった「森永プリンとアイスココア」でした!800円で、ココアのグラスは記念に持ち帰ることが出来ました。森永プリンは、町中のコンビニで売っているものと同じですが、ロマンスカーの展望席で食べると、味わいもひとしおでした。ココアも、キンキンに氷が入って冷え冷え。夏に相応しい味でした。

惜しむらくは、日東紅茶担当便で人気のあった「クールケーキ(アイスクリームをカステラで巻いたロールケーキ」がなかったことでしょうか。この「クールケーキ」と月替わりのフルーツティーが、日東紅茶担当便での何よりもの楽しみだっただけに、これも是非復活してほしかったな!

町中の喫茶店とはまたひとあじ違った雰囲気で、展望席でのティータイムを楽しみ、新宿駅到着です。


新宿駅での50000形VSE車とアテンダントさんです。やはり小田急ロマンスカーと言えば、「走る喫茶室」のシートサービス。また、何かの機会で復活してもらいたいものです。