【懐かしの1枚!】近鉄特急12200系「スナックカー」

皆様、おはようございます。「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」でしたが、昨日は取材のためお休みをいただき、今朝お送りいたします。

さて本日も、懐かしの画像から1枚。今日の1枚は、1988年(昭和63年)に中学の修学旅行で伊勢・奈良・京都を旅した時、近鉄名古屋から宇治山田まで乗った近鉄特急12200系「スナックカー」の写真です。

この時乗車したのが、近鉄名古屋11:10発の特急鳥羽行き。途中主要駅停車のいわゆる「乙特急」でした。当時の近鉄名古屋駅発の近鉄特急は、毎時00分が大阪難波行きのいわゆる「名阪ノンストップ特急(甲特急)」、10分と45分が鳥羽行きの「名伊乙特急」、25分が賢島行きの「名伊甲特急(宇治山田までノンストップ)、30分が大阪上本町もしくは難波行きの「名阪乙特急」でした。

この頃の近鉄特急では、オルゴール式チャイムが鳴ると同時にスチュワーデス(車内販売員)さんが、熱いおしぼりを各座席に配っていたものでした。今回の鳥羽行き特急でも、名古屋駅を出て地上線に出た時、ちゃんと熱いおしぼりが各座席に配られていました。

この「熱いおしぼりサービス」も、合理化のためいつしか無くなってしまったのは残念な話です。

ではこの12200系「スナックカー」とは、どんな車両なのでしょうか?
その初期車である12000系は1967年(昭和42年)に、名阪特急用として製造されました。この当時、近鉄特急の「名阪ノンストップ特急」は、開通したばかりの東海道新幹線に乗客を取られて苦戦していました。

そのため車内で快適なサービスを、という事で座席はグリーン車並みのリクライニングシートを採用、モ12000形の運転台後部には電子レンジを装備したスナックコーナーが設けられました。ここではカレーライスや中華ランチなどの軽食を電子レンジで調理して、各座席へシートサービスするものでした。担当が名古屋都ホテル(現在はありません)担当だったので、「みやこコーナー」の別名もありました。

このスナックコーナーは好評で、1969年(昭和44年)には増備車の12200系と、車両限界の関係で大型車が入線できなかった京都線系統専用の18400系が登場しました。京都線系統専用の18400系は従来の「スナックカー」より小さめに造られていたので「ミニスナックカー」の別名もありました。この「ミニスナックカー」は、乗車時間の長かった京都~賢島特急で使用されていました。

12200系「スナックカー」は、12000系よりスナックコーナーが大きくなり、近鉄特急の顔となりました。そして「名阪ノンストップ特急」で重点的に使用するため、10100系「二代目ビスタカー」の中間車1階部分にも小さなスナックコーナーが増設されました。

しかし華やかな時代は長くは続かず、「名阪ノンストップ特急」の利用者は落ち込むばかり。遂にはスナックコーナーは営業休止になり、スナックカウンターを撤去した車両もあった程です。

現在では、伊勢への観光特急「しまかぜ」でカフェ営業があり、本格的な食堂車の様な感じになっていますが、その元祖はこの「スナックカー」であったと言えます。

日本最古のケーブルカーは、イヌにネコのカラフルな車両!(奈良県生駒市)


近鉄奈良線を生駒駅で下車し、少し歩いたところに近鉄生駒ケーブルの「鳥居前」駅があります。

近鉄生駒ケーブルは鳥居前駅~宝山寺駅間の「宝山寺線」、宝山寺駅~生駒山上駅間の「山上線」の2区間から形成されています。「宝山寺線」は日本最初の営業用ケーブルカーで「生駒聖天」と呼ばれている宝山寺への足であり、「山上線」は生駒山上にある遊園地「生駒山上遊園地」への足となっています。

開業したのは1918年(大正7年)8月、大阪電気軌道(現在の近鉄の前身)の関連会社である「生駒鋼索鉄道」の手によって開通した、日本では最古のケーブルカーです。後に生駒鋼索鉄道は大阪電気軌道に合併され、同社の生駒鋼索線となりました。

大阪電気軌道は開業直後の資金難の時に、経費や社員の給料として宝山寺から賽銭を融通してもらったこともあり、ケーブルカーの敷設はその見返りである、とも言われています。

1929年(昭和4年)3月、山上に出来た遊園地へのアクセス手段として「山上線」も開通しました。戦争中は「不要不急路線」として休止されますが、1945年(昭和20年)8月に再開されました。

インパクト大のケーブルカー「ブル」「ミケ」
現在の「宝山寺線(1号線)」を走る2台のケーブルカーには、それぞれ車掌の帽子をかぶった犬(ブルドッグ)を模した「ブル」、双眼鏡で景色を覗いた三毛猫を模した「ミケ」という名があります。ちなみにこの車両は2000年(平成12年)から運行を開始しました。

宝山寺駅での「ミケ」です。車内では「ネコふんじゃった」の音楽が流れ、途中で「ブル」とすれ違う時は「ニャ~ン」と鳴き声を発する楽しいケーブルカーです。(通勤通学時間帯の輸送では、音の演出はありません)

上から見た「ミケ」の車内です。クロスシートが、山麓方向に一方向でずらりと並んでいました。普通の観光用ケーブルカーは、座席がボックス席仕様になているなど観光客輸送を意識した感じで造られていますが、この近鉄生駒ケーブル「宝山寺線」では、通勤通学輸送としても使用されるので、座席も1人掛けを増やして立席で多くの人が乗車できるようになっています。

中間ですれ違った「ブル」です。こちらは車内では「ピクニック」の音楽が流れ、すれ違いの時には「ワン」と鳴き声を発する楽しいケーブルカーです。(通勤通学時間帯の輸送では、音の演出はありません)

「日本では最古!」宝山寺2号線のケーブルカー
「宝山寺線」には2号線もあり、こちらには1953年(昭和28年)製造の「すずらん」(朱色と白)、「白樺」(青と白)の2両が在籍しています。

鳥居前駅での「すずらん」号です。レトロな造りで、自分好みでした。この2号線は、現在では大晦日の終夜運転や、夏休みなどの繁忙期にのみ運行しているそうです。

宝山寺駅での「白樺」号です。この車両だけ漢字表記になっていますが、その理由には思わず笑ってしまいました!

それは、昔風に右から読むと「ばからし」と読まれてしまうから、という理由だそうです。何とも関西らしい理由ですね!この2両が、日本国内では現役で稼働する最古のケーブルカーなのです。

通勤通学にも使用されているケーブルカー
山上遊園地への観光輸送がメインの山上線に対して、鳥居前~宝山寺間の宝山寺線は、沿線の通勤・通学輸送も担っているのが特徴です。運行時間帯は6時台前半から23時台後半までと長いのが特徴。大晦日には宝山寺への初詣客を対象とした終夜運転も行われるそうです。

こちらが「宝山寺線」の線路です。左側が1号線、右側が2号線です。生活路線としても活躍していることもあり、ケーブルカーとしては珍しい踏切が3ヶ所あり、うち1ヶ所は車なども通れるほどの大規模な踏切があります。

宝山寺駅に到着です。隣の2号線には「白樺」号が留置されていました。ここから「生駒聖天」の別名がある宝山寺までは、旅館街の中にある坂道を歩いて20分ほどで着きます。

「日本最古のケーブルカー」と謳っているだけあって、宝山寺駅にはケーブルカーの仕組みについての展示がありました。

まずは「ケーブルカーのしくみ」から。山上駅と山麓駅を同時発車して、中間点ですれ違うのが一般的なケーブルカーですが、その構造について図で詳しく説明してありました。これは、小学生のお子さんの自由研究の課題になりそうですね!

 

ケーブルカーの車輪が展示してありました。ケーブルの上下で動かす、という事は知っていましたが、この様な車輪で走っていたとは初耳で勉強になりました。

観光輸送の「山上線」

「山上線」では、「ドレミ」号と「スイート」号という2台のカラフルなケーブルカーが活躍しています。車両が行き違う際、拍手と歓声が鳴り、ファンファーレが鳴る楽しいケーブルカーです。観光路線にはピッタリですね!

「山上線」には、途中に梅屋敷駅、霞ヶ丘駅の2ヶ所の途中駅がありますが、便によっては途中駅を通過する「直行」という種別も存在するそうです。

この「山上線」の終点にある山上遊園地には、日本最古の飛行塔があるそうです。そちらもいつか行ってみたいと思います。大阪からの「小さな旅」に、日本最古のケーブルカーの旅はいかがでしょうか?