【鉄道ファン必見!】富山にある鉄道ファン垂涎の喫茶店!(富山県富山市)



皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は、「てつきち」の日。今週も、乗り物の話題をお届けします。

先週は、富山新港の県営渡船と富山地方鉄道射水線の廃線跡のお話をしましたが、今週はその後で行った「鉄道ファン必見!の喫茶店」の話題をお届けいたします。

新港東口から乗った富山地鉄バスを「安野屋町」で下車し、歩く事2分。お目当ての店がありました!

その名も、珈琲駅「ブルートレイン」!外観からして、ワクワクしてきますね。

ショーケースのところに、模型がたくさん!鉄道ファンにとっては嬉しい光景ですね。左手には、グリーン車マークもきちんとあります。

店内に入ってみると、これまたびっくり!

まずはカウンター席から。鉄道ファンのご主人が、長年に渡って収集・製作したHOゲージの鉄道模型が店内をぐるりと一周走り回っています。それを眺めながら飲むコーヒーは、まるでビュッフェ車で飲んでいるような感じにさせてくれます!

ボックス席もご主人のオリジナル。ご主人曰く「オリエント急行の座席」をイメージして造ったとの事です。

模型の中には、北は北海道から南は九州まで全国の路面電車を集めたコーナーがありました。その中には、既に廃止されている路線の車両や、かつて富山の町を走っていた古い電車の模型もあります。最初見た時は事務的そうに見えたご主人でしたが、「今日、射水線の廃線跡を回ってきたのですよ」話を振ると、まるで堰を切った様に富山県の鉄道の話を色々としてくれました。

「富山から高岡行く直通電車は、西町から出ていたんですよ。そこから新富山まで市内線、新富山から射水線と入ってね。」

現代の話の他、今は廃止されてしまった路線の話も出て、ご主人の話も興味深く楽しめました。

肝心の珈琲の味は、豆からこだわって淹れているので、濃厚な味。是非ともブラックで味わいたい香りとコクでした。

特にボックス席で、走っている模型を眺めながらコーヒーを飲んでいると、まるで食堂車にてお茶しているような感じにもなります。

富山地方鉄道の模型のコーナーもありました。マルーンにベージュ色、というかつての急行型車両がまとっていた塗装は初めて見ました。今でもリバイバルカラーとして復活してもらいたいものですね!

ここには出ていませんが、元・京阪特急の10030形や、元・西武レッドアローの16010形の模型もちゃんとあり、さすがは富山県の、いや全国の鉄道ファンを釘付けにするお店だなぁ、と思いました。この雰囲気、どことなく東京は祐天寺にある鉄道カレーの名店「ナイアガラ」にも似ていますね!東の「ナイアガラ」に、西の「ブルートレイン」といったところでしょう。

富山の路面電車めぐり、鉄道旅のお供にこちらのお店へ是非いかがでしょうか?

電車とバスの博物館の運転シミュレーターで遊ぶには?(神奈川県川崎市宮前区)


東急田園都市線・宮崎台駅から徒歩1分。駅に隣接した高架下にあるのが、「電車とバスの博物館」です。
1982年(昭和57年)、東京急行電鉄が会社創立60周年を記念して、田園都市線・高津駅のガード下にオープンしたのがその始まりでした。その当時は、入場料が大人・子供ともに何と「10円」でした!

その後、展示物の充実化や、宮崎台駅への移転など大幅なリニューアルが行われ、今年(2016年)2月にリニューアルオープンしました。館内は以前よりも充実した内容になった、と口コミで聞いたので、どんなものかな、とワクワクしながら行ってまいりました。

こちらは「パノラマシアター」です。東京急行電鉄(東急)の歴史をパネルや模型で紹介しています。またHOゲージの鉄道模型が、鉄道音楽の第一人者・向谷実氏のオリジナル楽曲に合わせて、広いレイアウトの中を走るのは見ものです。また、その前にはNゲージ鉄道模型のレイアウト「Nゲージパーク」があり、自分の鉄道模型車両を持ち込んで走らせることもできます。

「東急コレクション~旧高津駅~」です。ここには昭和30年代の田園都市線・高津駅の駅舎が再現されています。ここには鉄道雑誌のバックナンバーが置いてあり、自由に読むことが出来ます。(貸し出しは行っていません)

復元された、旧・高津駅の普通運賃表です。お隣の「二子新地」駅が「二子新地前」駅になっていたり、「二子玉川園」駅から「砧本村」駅までの砧線(昭和44年5月10日廃止)があったり、東横線の終着駅が「桜木町」駅になっていたりと、細かいところまで再現されています。

同じく復元された、旧・高津駅の定期運賃表です。今となっては、貴重な鉄道財産ですね。

こちらは「デハ3456号車カットボディ」です。戦前に登場し、長らく東急で活躍したデハ3450形電車のカットボディで、運転台とモーターのセットとなっています。

これが、デハ3450形電車で実際に使用されていたモーターの実物です。運転席のマスコンハンドルを回せば、懐かしい「吊り掛けモーター」の音とともにモーターが作動し、ブレーキハンドルを回すと、実際にブレーキがかかるようになっています。どの様に電車が動くのか、遊びながら学ぶ事が出来る「生きた教材」と言えますね!

8090系電車のシミュレーターです。こちらはリニューアル後の最大の目玉施設と言っていいでしょう。かつて東急東横線の花形として走っていた8090系電車の運転台部分が再現され、田園都市線・大井町線・東横線の中から好きな路線をチョイスし、運転台体験をすることが出来ます。

こちらのシミュレーターを利用するには、1回300円の整理券が必要となっています。整理券は、開館後からこの電車の前の発行機で発券しています。尚、日曜祝日や学校の休みの時などの多客時には、整理券が早くなくなることもあるのでご注意ください。

東急玉川線(玉電)デハ204号電車です。1969年(昭和44年)5月に廃止された東急玉川線(渋谷~二子玉川園間の路面電車)で活躍していた連接車です。その丸っこい形と塗装の塗り分けから、「いもむし」「タルゴ」「たまご」などの様々な愛称がありましたが、一番知られていた愛称は、不二家の宣伝人形に似ていたことから「ペコちゃん」でした。休憩スペースとなっており、車内でお弁当を広げることもできます。

路線バス「日野RB10」です。昭和40年代の「ワンマンバス化」時代の路線バスで、方向幕の作動体験や車内放送装置体験、後部ドア開閉体験ができます。また床は透明で、バスの構造をリアルに学ぶことができるのが特徴です。

「東急コーチバス」で使われていた「三菱ふそうB623B」です。1975年(昭和50年)より運行を開始された「東急コーチバス」の初代車両で、乗客の要望に応じて迂回ルートを走ったり、停留所以外の所で降車を取り扱う「デマンドバス」の先駆けとして運行していました。

運転席はシミュレーターとなっており、運転体験のあとは点数が出るようになっています。これは楽しいですね!尚、このシミュレーターは整理券不要の先着順で楽しむ事が出来ます。(区間ごとの交代制となっています)

車内にあった「行先案内」の電光掲示です。迂回ルートのバス停(コールボックス)でボタンを押すと、その情報が運転席に伝わり、そのバスは迂回ルートを走るようになっていました。

「東急コーチバス」の車内です。観光バスの様に、乗降用扉が前1枚だけの「トップドアー車」で、シートも普通の路線バスとは違った豪華なつくりのハイバックシートになっていました。この博物館に安住の地を見つけてからは、「未来のバス運転士さん」達へ夢を与える第二の人生を送っています。

本館から少し離れた別館「キッズワールド」にある「モハ510形」電車です。戦前から東京横浜電鉄(現在の東横線の前身)で活躍していた電車で、現在は車内も公開されています。

「モハ510形」電車の車内です。ニス塗りで、木目調を活かしたデザインなど、今の時代にも十分通用するデザインですね。こんなタイプの「レトロ電車」が今走ったら、きっと大人気でしょうね!

別館「キッズワールド」に行くと、電車とバスの他にも更に、日本初の国産旅客機・YS-11の操縦席部分が展示されています。

このYS-11型旅客機は、かつて東急グループだった「東亜国内航空」(後の日本エアシステム)にて、「なると」号の名称で飛んでいたものです。

かつては操縦席シミュレーターとして営業していましたが、現在は営業を休止しているのが残念です。今では飛行機もハイテク時代になりましたが、ひと時代前の飛行機の操縦席のことを学べる貴重な資料です。

別館「キッズワールド」には他にもママ鉄さん、子鉄くん必見の、自由にプラレールで遊ぶことが出来る空間「プラレールパーク」(30分ごとの入れ替えで、要整理券。尚、プラレール車両の持ち込みは不可)やお子様向けシミュレーター「キッズ・シミュレーター」など、見逃せない施設が多数あります。尚、別館「キッズワールド」は、本館の入場券でそのまま入館できます。

【施設データ】

◆所在地 神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-12

◆電話番号 044-861-6787

◆営業時間 10:00~16:30(最終入場は16:00まで)

◆入館料 大人(高校生以上)200円、子供(3歳~中学生)100円

◆8090系運転シミュレーター 1回300円

◆Nゲージレイアウト 10分100円

◆休館日 毎週木曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

※尚、駐車場の設備がありませんので、電車またはバスでのご来館をお勧めします。

電車とバスの博物館ホームページ